テセウスの船黒幕誰。 テセウスの船考察!犯人黒幕が原作違う理由は?さつき先生最終回は?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

テセウスの船の共犯者黒幕は誰?原作と違い校長や和子が!?ネタバレ動機考察

テセウスの船黒幕誰

テセウスの船スタンガン!日本国内での発売はいつ? とりあえず持道具協力からスタンガンのメーカーと型番を調べてみます。 今販売されてる物なら多分現代人が黒幕です!w — ロケ地マニアックス LocationManiacs ドラマを見ていて、ふと気になったのですが1989年の平成元年にスタンガンは巷にはあふれて無いんですね! アメリカでスタンガンが出始めたのは1950年代、当初牧畜用に電極棒でつくられたのが最初です。 その後、護身用にと改良されて致命性の低いものが流通し始めたのは1980年代になってからです。 といってもアメリカで流通した頃には、まだまだ日本には入ってきていません。 日本で起きたスタンガンの事件は、 2004年3月の乳幼児に押し当てたのが初めてです。 wikipedia. 1989年の音臼村にスタンガンが存在するのは、とても不自然なんですね。 その当時にドラマで使われているようなスタンガンがあるのなら、現実の世界では2004年までに犯罪が起きていると考えられます。 また、仮にスタンガンがあったとしたら国家権力である自衛隊か警察組織でないとあり得ないですよね。 そうなると、途中参加の小藪ってなりそうですが残念ながら、それはありません。 なぜなら、犯人は既に登場している人物の中にいるからですね。 話をもどしますね、テセウスの船の中で使用されているスタンガンは1989年の時代に持ち込まれた 未来のものですね。 となるとスタンガンを未来から持ち込めるのは誰か?になります。 スポンサーリンク テセウスの船スタンガンの持ち主は誰? 大人みきおの写真が有るから、子供みきおの写真は無い。 大人すずの写真が有るのに、子供すずの写真も有る。 田村心が過去に戻る時、近くにいたのは大人の加藤みきおです。 加藤みきおがスタンガンをもって過去に来ている可能性が高いんですね。 ただ、加藤みきおが犯人だと原作と同じになってしまします。 ただ、加藤みきおが未来から来ていて、スタンガンを誰かに使わせている可能性も考えられますよね。 元々のスタンガンの持ち主は、大人の加藤みきおだと考えます。 未来の加藤みきおが犯人だったら、原作と犯人が違うということで楽しみにしていたので、ちょこっとショックですね。 また、佐野文吾は大人の加藤みきおを知りませんから、10話の予告の佐野文吾が言った「 お前だったのか」は、知らない相手には言いませんよね! そうなると、未来から来たとされている加藤みきおもネットで話題になっている田村鈴も違います。 となると佐野文吾が知っている村人や警察関係者しかいないわけですよね。 村人全員説。 まぁ音臼村は、田舎の村なので一致団結しそうですが、音臼小事件で自分たちの村の子供たちを犠牲にしたりするでしょうか? そんなことをすると村が衰退してしまいますよね。 佐々木紀子説。 金丸茂雄刑事を突き落とした人物の声を聴いた佐々木紀子! しかも声の主を知っていると言っていましたね。 ところが金丸茂雄刑事が突き落とされた後、佐々木紀子は村を出ていって行方不明になっていますから佐々木紀子は白ですね。 次に金丸刑事が「よぉ!」と言える相手は誰か?そんなふうに言えるのは同じ仕事をしている人ですよね。 もしくは、幼馴染とか。 となると森刑事や馬淵実のどちらかかってなりますよね。 馬淵実説。 ただ馬淵実刑事は既に犯人がいると言われている話よりも後に出てきています。 真犯人を早期に見つけるためわざと佐野文吾を逮捕したか、殺されないように確保したかのどちらかだと考えます。 森刑事説。 森刑事なら最初から登場していることや、佐野家の家宅捜索のときにワープロを偽装したり、庭に青酸カリを埋めたりも出来ますよね。 でも、そうなると金丸刑事を突き落とした犯人と接点が結ばれません。 雪に写った影が、あまりにも細く、小さい頭に毛が無さそうだからです。 あれ?どこかで見たような・・・。 校長先生が怪しいとも言えますねを是非お読みください! つまり、森刑事も白ですね。 徳本卓也説。 次に音臼村祭りで母親を亡くしている徳本卓也が黒幕説ですが、 徳本は左利きです。 佐野文吾が監禁されていた場所で、犯人がみせたナイフ姿は右利きでしたね。 そのような理由から徳本の黒幕説は消えてしまいますね。 田中正志説は、どうでしょうか? 田中正志は、どの世界でも死んでしまいますね。 そんなところから重要人物ではなく仮に犯罪に加担していたとしても、単に黒幕に何も知らされず利用されているだけの人物ではないかと考えます。 つまり被害者ですね。 そして木村さつき説。 前回みきおが手にした青酸カリは30年後木村さつきの家にあったものと一緒。 原作では彼女は佐野家に青酸カリをおいてきます。 ドラマでは、未来から来た加藤みきおと出会い、佐野家にワープロ偽装や青酸カリを埋めに行った可能性も考えられます。 木村さつきが一人黒幕だとすると、佐野和子などを車から拉致することは出来ませんよね。 力無さそうだし運べないと考えます。 なので、木村さつき犯人に加担している説は考えられますが、佐野和子の件で黒幕ではないと思います。 校長先生説。 音臼村祭りのチラシは、単に田村心に校長のところへ行けというメッセージだったと考えます。 なぜなら田村心に真犯人が誰なのかを悩ませるためですね。 校長先生と加藤みきおのデッサン人形が気になる人はを、是非お読みください! 田村心、犯人に遊ばれていますね。 校長先生は木村さつきと何やら関係が、あるように描かれていますね。 言い争ったりもしていましたね。 佐野和子らを拉致できない点で一人での犯行は無理ですが、未来から大人の加藤みきおが来ているとすれば可能です。 未来の大人の加藤みきおが子供の加藤みきおに伝え、子供のみきおが木村さつきを利用したのではないかと考えます。 佐野和子が拉致される時には、校長先生は学校にいたし。 居ないのは、徳本卓也、田中正志は、井沢健次ですが、この3人ワープロは使えそうにないのですよね。 原作とは犯人が違うと言われていますが、ここまでくると大人の加藤みきおが黒幕で真犯人なのが一番しっくりきますね。

次の

【テセウスの船第9話】村人全員共犯で黒幕は校長?犯人鈴説も根強いみんなの考察まとめ<ネタバレ感想>

テセウスの船黒幕誰

参加者は職務柄、素顔を明らかにできないため全員マスクとサングラスを着用という異様な光景だ。 会場には、主演の竹内も登場。 参加者たちの異様ないでたちに「皆さんマスクとサングラス姿で、雰囲気が怖すぎる! 笑 」とたじろぐ場面もあったが、「プロの皆さんの考察が聞けるということで駆けつけました。 どんな考察をされるのか大変気になっています」と興味津々。 さらに、ドラマプレゼンターの赤ペン瀧川も登場。 ドラマに登場する人物たちの「怪しすぎる行動」を得意の3分間プレゼンで披露。 改めてすべての登場人物に犯人の可能性があると確認したところで、原作者・東元俊哉から届いた手紙が紹介された。 そこには、竹内への労いの言葉と共に 「原作と犯人が違うと聞いている」という衝撃の事実が…。 これは、主演の竹内も知らされていなかったようで「初めて知りました。 原作は読んでいますが、ドラマの台本では原作にない展開もあったので、どうなるのかなと思っていたんですが…」と驚いた様子。 テセウスの船ネタバレ考察!さつき先生最終回の最後はどうなる? 考察 1話視聴後 犯人は 麻生祐美さん演じる木村さつき? 覗いていた目と一番近いよ…!父親の死の回避後に犯人が文章を打っていて、超能力?という文は木村さつきの発想と考えられるし — むささび yiYO61kfzCeNzvT.

次の

テセウスの船|黒幕は誰?Twitterでは佐野文吾へ恨みがある人と予想!

テセウスの船黒幕誰

12年前の音臼村祭りの毒キノコで徳本の母が亡くなった時に毒キノコと知らずに入れてしまい子供だから罪にはならなかったが県会議員の父は自分の名誉のために正志を叱責し冷たく当たり、正志にはいい家庭環境ではなかった。 周囲からも冷たくされ結局、遠くに仕事に行くようになった。 みきおとは周囲のいじめや家庭に恵まれない点で共感し、みきおが父親に毒を飲ませることも正志は了承していた。 だから親が亡くなってからもあまり動揺しななかった。 正志は名誉だけを求める父親と違い、正義感に強く家族にも優しい文吾はうらやましい思いと嫉妬で、みきおが鈴に対する思いから二人で文吾を死刑犯罪者にしようと、音臼村祭の時よりも惨事になるようなお楽しみ会での大量殺人を計画した。 結局失敗したため、証拠を残すことで濡れ衣を着せようとした。 正志はフロッピーを発見したと装ったが文吾のワープロにコピーしてから捨て通報。 第9話で徳本と井沢がいのしし汁を作る時にいなかったのは庭に青酸カリを埋めるため。 現代でさつきは二人の事に気づいていたので、みきおを守るために紀子を殺害したが、大人のみきおは完全犯罪にするため正志とさつきを口封じに殺害した。 文吾が解放されて自宅に着いたときにタイミングよく現れたからです。 徳本卓也と親しいので彼の自宅から薬物を持ち出すことができ、キノコ鍋をご馳走している間に佐野家に侵入してワープロのデータを入力、さらには裏庭に青酸カリを埋めることを行ったと思います。 9話のシャベルはイノシシの罠を作るために使ったと思わせてやはり裏庭に青酸カリを埋めるために使ったと思います。 また記者たちを馬鹿ども呼ばわりするわりに田村心のように記者を止めたり、去った後すぐに現れることがなかったことから親しくしているように見せかけて内心嘲笑っているように感じました。 動機は音臼村祭が食中毒事件発生のためになくなってしまい、事件を防ぐことができなかった警察に不満が溜まっていたからだと思います。 正義感あふれる文吾が目障りに感じ、気にくわなかったからという理不尽な理由から世話をやくフリをして近づいて、彼と警察を陥れるため密かに準備をして狂気じみた行動に出たのではないかと思います。

次の