し から 始まる 県。 「クールビズ」始まる 県や山形市など|山形新聞

~長野県民支えあい 観光産業緊急支援事業~7月から始まる県民向け宿泊割引(クーポン)及び観光クーポンの対象事業者を募集します!/長野県

し から 始まる 県

12追加 郵便番号の最後は099番台の様です。 以下のコンテンツは999番台が最後である前提で書かれていますので、推理は間違っていたと言うことになります。 郵便番号は1〜0の順で振られているとの情報をUさんよりMAILにていただきましたので引用させていただきます。 これって実は何の不思議なことでもなかったりします。 結論から言うと、郵便番号は0〜9の順ではなく、1〜0の順に振られているのです。 確か、山形県の視聴者からの依頼で 「北海道や沖縄が999なら分かりますが、何で山形が最後なんでしょう?バカにされてるようで納得いかないので調べて下さい!」 というようなものがあって、郵政省かどこかでちゃんと裏づけを取っていた覚えがあるので間違いないはずです。 その視聴者の方も、隣の秋田県が意味的には1000番台と知って納得していたようでした。 なるほど、そうだったのですね。 私の仮説はもろくも崩れ去りました。 ちょっとした手直し程度では解消しないので、当分の間コンテンツはこのまま置いておきます。 ですから読まれる際、混乱の無いようお願いします。 さて、気になったのはベスト10のうち6個が900番台という事。 おそらく、郵便番号を000、100、200、とつけていって、900番台になってもまだ沢山残っていたので、無理矢理押し込んだのに違いありません。 そこで、900番台はどんな県が該当するのか、他の都道府県と共に、一覧にしてみました。 最初の1けた 対応する県名 郵便番号数 0 岩手県、秋田県、青森県、北海道 15997 1 神奈川県、東京都 7280 2 神奈川県、千葉県、東京都 7057 3 茨城県、群馬県、埼玉県、長野県、栃木県 12403 4 愛知県、三重県、山梨県、静岡県 13201 5 岐阜県、京都府、三重県、滋賀県、大阪府、兵庫県、和歌山県 13058 6 京都府、大阪府、鳥取県、島根県、奈良県、兵庫県、和歌山県 19148 7 愛媛県、岡山県、広島県、香川県、高知県、山口県、徳島県 14271 8 宮崎県、熊本県、佐賀県、鹿児島県、大分県、長崎県、福岡県 14163 9 沖縄県、宮城県、山形県、新潟県、石川県、長野県、富山県、福井県、福島県 25697 合計 142275 まず、北海道、北東北から始まって、北から順と思いきや、関東に飛んで、東海、近畿、中国、四国、九州と続き、最後に沖縄。 しかし、沖縄と並んで、南東北、北陸が最後に登場。 一体なぜなのでしょうか? いずれにしても、900番台がたくさん残っていたというのは本当で、含まれる県の数は9県と最も多いですし、郵便番号の数も25,697個と他に比べて多いのです。 100番台などは東京都と神奈川県のみで郵便番号の数は3分の1以下です。 最も「下4けたが有効につかわれている」939を取り上げてみました。 939で始まる郵便番号は、富山市とその周辺地域です。 下表で分かるように郵便番号が3けたの時代から、939-01、939-02、939-03...と4-5けた目をフルにつかってきた様です。 3けた 7のうち5 市郡 計 939 93900 富山市 1 93935 富山市 1 93980 富山市 70 93981 富山市 61 93982 富山市 39 93901 93901 羽咋郡 1 西礪波郡 53 93902 93902 射水郡 33 93903 93903 射水郡 95 93904 93904 射水郡 16 93905 93905 富山市 60 93935 富山市 43 93906 93906 下新川郡 53 93907 93907 下新川郡 39 93911 93911 高岡市 28 93912 93912 高岡市 18 93913 93913 砺波市 73 93914 93914 砺波市 33 93915 93915 東礪波郡 61 93916 93916 西礪波郡 52 93917 西礪波郡 37 93917 93917 西礪波郡 4 93918 93918 東礪波郡 63 93919 93919 東礪波郡 41 93921 93921 上新川郡 12 婦負郡 10 93922 93922 上新川郡 55 93923 93923 婦負郡 60 93924 婦負郡 86 93925 93925 東礪波郡 19 93926 93926 婦負郡 45 93927 93927 婦負郡 53 93935 93935 富山市 1 合 計 1316 後回しにされた広大な9県にたった100通りの900番台を割り当てる。 その結果、大量の枝番で処理せざるを得なかったようです。 7けたをフルに役立てている地域というわけですが、裏を返せば後回しにされたのが原因です。 そしてこれらの地域が「裏日本」と呼ばれる地域だというのが偶然の一致とは思えないのです。 31追加 ほのさんよりゲストブックに情報をいただきました。 ただ、子供のころの理解は、昔は001から始める考え方はなく100番から始めるもので、東京から始めて南へ下り、忘れていた北陸から南東北までいったら番号が足りなくなって、010に戻って、北海道では残りの「00*」までも使ってしまったのかと思っていました。 でもって、上の二桁が人口規模で百万人前後の小さな県のサイズのエリアで、3桁目が「0」の地域が県庁所在地やそのエリアの中心の町になるようで、その視点で東京の郵便番号の区分を調べると、渋谷が「150」で、目黒や世田谷までが「15*」のエリアであるなど、結構うまく分かれていることに感心しました。 上の三桁はいわゆる本局(集配局)を意味して、戦前の旧東京市15区に対応していることにも気づきましたし、おおむね地方の郡のサイズや人口十万人規模に対応していたようですから、とりあえず日本中を千個のエリアに分けるという意味では、順番を別にすれば合理的な区分ではあったと理解していました。 今の7桁の番号は、それぞれの本局エリアをプラス4桁で町名ごとに分けたものでしょうから、仮に富山県の「939」のエリアなどの町名の数がどれも千個以下であれば、6桁で済んでいたはずです。 京都に番号が多いのは、ひと区画ごとに町名が振られているからではないかと考えられ、一般には「西洞院錦小路西入る」で届く地域にも「空也町」という誰も知らない町名があったりするからだと思います。 ちなみに、オランダの郵便番号は「1058AB」のような形で、人口で言うと千人から一万人ほどの地域に4桁の番号を振り、プラスアルファベット2桁で通りの名前を表しますから、後は番地が分かれば届くので自動読み取り化は早かったようで、役所へ行っても郵便番号と番地を告げれば、名前が出てくるシステムがありました。 自動車のナンバーも合理的で、アルファベットと数字が適度に組み合わせれた全国共通の全部で6桁だけで、一度登録したら変える必要がなく、それだけで数千万通りになるので数十年持ち、いっぱいになったら色を変えてしまいます。 ほのさん、ありがとうございます。 3桁目が「0」のお話は、背後に緻密なルールが伺えますね。 全くの白紙状態からこれらの体系を考えた人たちは、結構楽しんでいたのかもしれません。 28追加 万年寝太郎さんよりゲストブックに情報をいただきました。 上3桁は郵政省直営、枝番は特定局というわけです。 郵便の仕分けは まず「92」石川県で金沢へ送り、 次に「6」七尾市へ。 最後に「01」で和倉町です。 これに現在では町名2桁が付く形です。 失礼ですが、田舎ほど郵政省直営の拠点は減るでしょうから番号は後回し・・・のような気がします。 昔は鉄道輸送でしょうから、鉄道路線順というのは、上2桁で区分した順番に袋詰め・・・と考えれば自然なような気がします。 また、未確認情報ですが、「0」は「6」「9」と読み間違えやすいから、できるだけ郵便の少ないところに・・・という噂も耳にしたことがあります。 初出02. 14 再編集03. 15 追加04. 12 この話題に関する情報、ご意見などがありましたら是非お寄せください。 文責:kita またはへ.

次の

「なりわ)これから始まる楽...」埼玉県

し から 始まる 県

日本ならではの、「地域再生モデル」があった。 共働き率と合計特殊出生率で全国平均を上回る北陸三県。 幸福度も世帯収入も高い。 その秘密は何だろうか? たとえば、メガネの生産で世界に名を馳せた福井県鯖江市。 市民は、「日本でもっとも早く中国にやられた町です」と笑う。 ところが、「もっとも早くやられた町」は、いつの間にか「最先端のデータシティ」に変貌を遂げていた。 地盤沈下しない都市には、歴史的な「強い教育力」と、平等な「協働システム」がある。 大阪、富山、福井を歩き、日本ならではの都市再生モデルを考察した、気鋭のルポ。 〇町を動かす「市民主役事業」 〇「お得感」の合意形成 〇「市長をやりませんか? 」プロジェクト 〇日本一早い「自発教育」 〇「思考のプロセス」が見える教室 〇女性も羽ばたく「一緒にやろう」経済 著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より 武田鉄矢さんのラジオで紹介されていたのをきっかけに購入しました。 私は九州生まれ、九州育ちで 福井県のことはほとんど知りません。 「福井県は日本で一番社長が多い」 「『全国学力調査』で福井県が例年トップの成績を収めている」 これらの事実も知りませんでした。 はっきり言うと 東京、大阪、名古屋のような大都市ではない福井県。 「なぜ福井県はそんなに優れているのか?」 この本を読む前は そんな疑問と興味とでいっぱいでした。 しかし この本を読むと 福井県の良さがだんだんと見えてきました。 それに加えて これまでの苦労や工夫がわかってきました。 さらには 未来に目を向けた 学校教育の取り組みについても知ることができました。 この本の中で紹介されている福井県や富山県のビジネスモデル。 他の地方自治体では容易には取り入れられない要素も少なからずありますが ヒントは数多く隠されていました。 特に 本の中で何回か出てくる「底つき体験」という言葉。 この「底つき体験」こそが地方の自立にとって重要だそうです。 この言葉の意味を知る。 それだけでも十分にこの本を読む価値はあります。 地域活性化に取り組んでいる方以外にも 新しいビジネスに着手している方や 教育に携わっている方など たくさんの方々にこの本の良さを伝えたい。 本を読み終わった今は、強くそう思います。 高齢化と少子化に依る人口減少。 日本に限らず経済に与えるその影響は大きい。 「消滅可能都市」を指定した 増田レポートを待つでもなく、その深刻さは地方で始まっていたのだ。 書名から、福井県の成功事例紹介だけかと思ったが、そうではなく、富山市の事例も含まれている。 特に、 冒頭の富山市のコンパクト・シティ実現への過程は、人口減少にあえぐ地方の参考になるのではないかと実感する。 現実を直視し、現在の社会システムの中で最善を目指す取り組みが提示されている。 欲を言えば、失敗事例も 挙げて欲しかったとおもう。 福井県鯖江市にみられるのは、時代環境に合わせて、会社や産業の形を変えていく様だ。 技術の転用、異業種 への進出。 これらを支えるのは、よそ者をも巻き込み、社会のつくり方を変えていく力だろう。

次の

鹿児島県知事選 期日前投票始まる 7月11日まで

し から 始まる 県

「ア」から始まる病気一覧• 病名(フリガナ) 治療に適した診療科目 アイシーユーショウコウグン• アイジョウシャダンショウコウグン• アイジーエージンショウ• アイスクリームズツウ• アイティーピー• アエンケツボウショウ• アエンケツボウセイミカクショウガイ• アオアザ• アカアザ• アカギレ• アカハナ• アカラガオ• アカントアメーバカクマクエン• アキュウセイコウカセイゼンノウエン• アキュウセイコウジョウセンエン• アキュウセイレンゴウセイセキズイヘンセイショウ• アキレスケンシュウイエン• アキレスケンダンレツ• アクシュウセイイシュクセイビエン• アクセイカコウネツ•

次の