アネット fe。 アネット=ファンティーヌ=ドミニクとは (モゾモゾドコドコドーンとは) [単語記事]

【ファイアーエムブレム風花雪月】アネットのおすすめ兵種と5年後プロフィール【FE風花雪月】

アネット fe

FEH攻略Wikiの最新情報 FEH最新情報• 6月の武器錬成対象キャラ• エフラムは専用武器を特殊タイプで錬成すると、HPが90%以上で攻撃した時に絶対追撃できるようになります。 厳しい条件ですが、杖キャラを編成すると比較的容易に条件を満たしやすくなります。 歴戦の英雄たちの力を借り得る「召喚師」として特別な力を持つあなたは、滅亡の危機に瀕するアスク王国を救うため、特務機関「ヴァイス・ブレイヴ」の一員となり、果てない戦いに挑みます。 対立していた両国だったが、炎の王「スルト」が率いるムスペル王国の圧倒的な力によって戦いは終焉を迎えようとしていた。 ニフルの王女「フィヨルム」は滅亡した祖国から逃れ、アスク王国で「ヴァイス・ブレイヴ」のメンバーに出逢う。 そこへ、死の王国「ヘル」の不気味な兵士たちが突如襲いかかる。 苦しみながらも敵兵を撃退するアルフォンスらは、歴史に残る伝説の王「リーヴ」「スラシル」を名乗る死の王国の将たちと遭遇する。 一方死の王国では、女王「ヘル」が王女「エイル」へ恐ろしい指示を下していた。 『生者どもの軍に入り、生者どもに尽くせ。 身も心も服従せよ。 そして十分に信用を得た後…私が命じたその時、 生者どもを殺せ。 』母の命を受けヴァイス・ブレイヴと行動を共にするエイル。 しかし、アルフォンスらも現場近くで強い眠気にとらわれ、意識を失ってしまう。 夢うつつで目覚めた彼らが出会ったのは、人に夢を見せる美しい妖精だった。 悪夢の妖精との戦いと、夢の中から現実世界に戻るための旅が始まる。 味方をスワイプして敵に重ね攻撃するなど、手軽な操作で楽しめます。 英雄召喚 バトルで共に戦う英雄は、オーブと呼ばれるアイテムで召喚します。 ランダムで登場する5つの召喚石から、手に入れたい英雄の属性の色を選びます。 オーブはストーリーで入手したり、ショップで購入したりすることもできます。 仲間 共に戦う部隊の編成やカスタマイズができます。 スキルの習得や装備の変更、英雄の能力をさらに引き出す特別な強化なども行えます。 闘技場 世界中のライバルと戦い、一定期間のスコアを競います。 ランキングに応じて英雄の能力を高める報酬が手に入ります。 公式プロモーション映像.

次の

ユニット/アネット

アネット fe

主人公 男性• 蒼月の章 ベレトは、レアより大司教の座を譲り受けると同時に、アネットとの婚姻を発表した。 アネットは聖教会の運営にも積極的に参与し、その知恵を生かしてフォドラの復興と発展に大きく貢献。 それと並行して士官学校の魔道講師としても教鞭を執り、大魔道士を幾人も育て上げたという。 しかし、努力が空回るアネットの気質は生涯直らず、彼女の失敗談は後世にまで伝わっている。 そのどれもが微笑ましいものであるのは、彼女の夫の見事な助けがあったからだともいわれているが、真相は闇の中である。 紅花の章 すべての戦いが終わり、ベレトは再開された仕官学校の教師に復帰した。 そして彼の妻となったアネットも、夫の復職と同時に仕官学校に雇用され、魔道の講師として教鞭を執る。 数十年の間、生徒を育て、見守り、送り出してきた二人は、やがて一線を退き、アネットの故郷に程近いある街で慎ましい暮らしを送り始めた。 だが、そんな静かな日々は、彼らにとって退屈だったのかもしれない。 二人は街で学校を開くと、老いて亡くなるその日まで、街の子供に学問を授け、教導し続けたという。 翠風の章・銀雪の章 ベレトは、フォドラ統一王国の初代王位に就くと同時に、アネットとの婚姻を発表した。 アネットは王政に積極的に参与し、その知恵を生かしてフォドラの復興と発展に大きく貢献。 そして、王妃の身ながら時には魔道学院の講師として自ら教鞭を執り、大魔道士を幾人も育て上げたという。 しかし、努力が空回るアネットの気質は生涯直らず、彼女の失敗談は後世にまで伝わっている。 そのどれもが微笑ましいものであるのは、彼女の夫の見事な助けがあったからだともいわれているが、真相は闇の中である。 フェリクス• 蒼月の章 戦争の終結後、亡父ロドリグの跡を継ぎ、フラルダリウス公爵となったフェリクスは、アネットと婚儀を催した。 父の跡を継いで懸命に領地の復興に取り組む若き公爵と、その明るさで夫を、そして領民たちを励ました公爵夫人は、人々から広く愛されるようになる。 のちにアネットは作曲の才能を開花。 自作の歌を数多く披露していった。 フェリクスが彼女を積極的に支援していたこともあり、アネットの曲は後世に歌い継がれていく。 親しみやすい旋律は人気を博したが、歌詞のほうはどこかの時代で変わってしまったという。 蒼月以外の章 終戦後、フェリクスは貴族の身分を捨て、剣一本で身を立てる道を選ぼうとする……が、彼の旅立ちは、アネットの泣き落としによって阻止されてしまう。 フェリクスは、士官学校が再開次第教鞭を執るつもりだと言うアネットに無理矢理連行される形で、剣術師範を務めることになった。 初めこそ不満を垂れていたフェリクスだったが、次第に剣術指導に楽しみを見出したのか、アネットと共に士官学校に腰を落ち着ける。 生徒は語る。 渋面の剣術師範は、ある魔道の教師の前でのみ笑顔を見せるのだ、と。 メルセデス• 紅花以外の章 アネットは故郷フェルディアに戻り、魔道学院の講師として教鞭を執る。 一方、メルセデスは家を飛び出し、ガルグ=マクの修道士となった。 二人は毎日のように手紙を交わし、嬉しいことも悲しいことも、自らの身に起きた出来事のように喜び、悲しんだという。 数十年の後、アネットは教職を辞してガルグ=マクへと移り住む。 メルセデスは親友との再会を喜び、アネットと二人、城郭都市の小さな家で、気ままに晩年を過ごす。 それは決して裕福な暮らしではなかったが、二人の間には最後まで明るい笑顔が絶えなかった。 紅花の章 アネットはフェルディアに戻り、魔道学院の講師となる。 一方、メルセデスは家を飛び出し、ファーガス地方の小さな村で孤児院を開いた。 二人は毎日のように手紙を交わし、嬉しいことも悲しいことも、自らの身に起きた出来事のように喜び、悲しんだという。 数十年の後、アネットは教職を辞してメルセデスの暮らす村へと移り住み、彼女の孤児院を手伝い始める。 決して裕福な暮らしではなかったが、二人と、そして子供たちの間には常に明るい笑顔が絶えなかった。 カスパル• 紅花の章 カスパルは戦争での功績が認められ、新生アドラステア帝国の軍務卿となる。 彼女は労を厭わず、一兵卒の気持ちまで推し測ってカスパルの軍務を支え続け、帝国軍は史上例を見ないほど規律正しく精強なものとなった。 カスパルとアネットは家庭においてもよく協力し合ったが、アネットがたまにする大失敗をカスパルが挽回するなど、 公務とは逆の関係性になりがちだったという。 紅花以外の章 アネットはフェルディアの魔道学院で教鞭を執り、教え子たちを立派に育て上げる。 だが彼女の空回る性分は一向に直らず、ある日の課題中には山で生徒たちからはぐれ、遭難してしまう。 途方に暮れるアネットを救出したのは、気ままに諸国を遍歴する途中、フェルディアに立ち寄ったというカスパルだった。 思いがけずアネットと再会した彼は、彼女を放っておけずにフェルディアに居着くようになり、やがて自然と二人は結ばれる。 運命的な再会を果たして結ばれた彼らに、憧れる生徒たちも多かったという。

次の

ユニット/アネット

アネット fe

魔力・技が高く守備が低い、典型的魔道士。 メルセデスと比べると技に秀でる分速さ・魔防に劣る。 加えて、習得する魔法の大半に必殺率が設定されているので必殺の補強が難しい魔法職でありながら必殺が出やすいのも強み。 一方で速さは低く、重装兵以外に対して追撃は取りづらい。 ただ、リシテアほどではないにせよきちんと育てば物理兵種をワンパンできるくらいの火力は出せるので、騎士団などで単発火力を補強するとよい。 指揮が得意なので強力な騎士団も早めに配備できる。 また、守備も魔防も控えめなので、敵との撃ち合いや殴り合いは不得意。 敵に反撃されないように行動したいところ。 再移動で脱出できるクラスにしたり、射程強化をするとより使いやすくなるだろう。 個性を活かすのが難しいユニットとの評価が長らく続いたが、アップデートとDLCで高い命中精度や応援が活きる高難易度ルナティック、相性のいい新兵種が登場したことで評価が見直された。 発売直後とアップデート実装後で最も大きく評価が変わったユニットかもしれない 詳細は後述。 スキル• 斧・理学・指揮が得意で、弓・重装が苦手。 習得魔法の命中率は全て90以上。 しかも技が伸びやすいため、理学のLvスキルさえつけていれば魔殺し持ちのグラップラーや、アサシン、飛行兵種といった鬼回避の敵相手にも安定して当ててくれる。 加えて対飛行なら特効があるエクスカリバーで叩き落とすことも可能。 なお信仰は特に得意ではないが、Aまで鍛えればアプラクサスを習得する。 序盤が特に役に立つ。 親友のメルセデスが最強のヒーラーだとしたら、アネットは最強の応援要員といえる。 指揮得意なので早期習得も容易。 この動きをスキル枠1つでできてしまうのがアネットの特徴で、問題なくアタッカーと兼任できるのが強み。 ただし、回復・応援要員として考えると兵種の移動力の低さが大きく足を引っ張る。 このため、歩行兵よりは再移動のある騎兵やダークペガサスでの運用が望ましい。 このため、弾数補助のない兵種でも魔法が使いやすい。 英雄の遺産「打ち砕くもの」、そして斧の運用については後述。 以下、斧の使い方について。 斧を鍛えることで戦技「雷斧」を習得する。 Bまで鍛えればボルトアクスが使えるので使用機会はあまり多くはないだろうが、ハンマーを持たせておくと対アーマー系でとんでもない火力を発揮する。 アネットのユニット性質上、弾数補強のない魔法騎兵やダークペガサスの方が使いやすいということもあり、攻撃回数を稼ぐために斧を鍛えるのも手。 ボルトアクス+は射程3と習得魔法より長射程なのも大きい。 斧にスキル枠を割く余裕があるかと言われると微妙なところだが、アネットは技が高めなので自力でも一定の命中は確保しやすい。 支援や騎士団の補正を活かせば、斧は関連スキル無しでもそれなりには使い物になるだろう。 育成の手間はかかるが、彗眼の一撃を習得しておけば斧も魔法も当てやすくなり無駄がない。 要DLC 運用・育成• 得意技能だけでは選択肢が狭い上に習得魔法も平凡なので、得意でない技能も合わせた育成や豊富な応援を活かした運用をしないと個性を発揮しにくい。 命中精度の高さを活かしたアタッカーかつ、応援要員としての育成がおすすめ。 指揮得意な分得意でない技能にも経験値は入れやすいため、理学が要求技能に含まれているクラスなら無理なく目標にできる。 最終目標は火力重視ならグレモリィorバトルシスター、応援要員として使うならダークナイトかヴァルキュリア、ダークペガサス辺りか。 ただし、バトルシスター、ヴァルキュリア、ダークペガサスは要DLCなので注意。 グレモリィ• 魔法弾数が最も多く、火力も順当に最も高くなるが、移動の低さがネックになるため、回復・応援要員として使うのは微妙。 また、黒魔法のラインナップが似ており、より優秀な白魔法を覚えるフレンの劣化になりやすい。 とはいえ、成長率補正は魔法兵種の中では最も無駄がないため十分有用な兵種といえる。 特に、育成段階での選択肢として頭に入れておきたい。 バトルシスター• 魔法歩兵の割に移動が高いが、魔法弾数半減が痛い。 魔法よりは打ち砕くもの、ボルトアクス、オーラナックル等の魔法武器をメインに使う方向になるだろう。 特にオーラナックルは育成こそ大変だが、魔法で2回攻撃という特性は高い魔力を活かしつつ弱点である速さをカバーできるため、見返りも大きい。 育成において魔法と格闘は両立させにくいため、個別指導などで意識して伸ばす必要があることには注意。 ダークナイト• 弾数は増えず魔力補正も控えめだが、達人スキルがあるため火力は十分。 さらに移動力が最も高く、再移動もできるので応援要員としても使いやすい。 ただし射程が1-2のままなので何かしらの補強は欲しい。 資格取得に槍Cと馬術Aを要求されるのが最大のネック。 現在はDLCがあるならヴァルキュリアを経由する事でハードルを下げられるが、アネットは槍も馬術も得意ではないので資格を取るのがかなり面倒だった。 ヴァルキュリア• マスタースキルの彗眼の一撃を習得する事で命中精度を更に上げることもできる。 達人スキルはないが魔力補正は高いので火力も十分。 ただし移動力は6 下馬時は4・砂漠で移動コストがかからない と騎兵としては低い事に注意。 魔法の射程を伸ばせるのは強力な特性だが、応援を活かすためには射程を補強するより移動力を上げることを優先したいので、最終的にはダークナイトかダークペガサスの資格も取るようにしたい。 特にダークナイトは技能が共通している上に魔力成長率もヴァルキュリアより高い。 槍の技能も上げて資格を取れるようにしておきたい。 要求技能も槍が不要で馬術もBあれば良いのでヴァルキュリア自体のハードルもそう高くない。 ダークペガサス• ヴァルキュリアと比較すると、移動の自由度が極めて高い。 そのため、応援をガンガン使っていく方針とは最もマッチする。 他にも、ヌーヴェル天魔隊の命中補正でも十分当てられる上に、低めの速さを補えるためアネットとはなかなか相性のよい兵種。 達人スキルはあるが魔力補正が皆無なのでヴァルキュリアと黒魔法攻撃力の差が1しかない。 そのためヌーヴェル天魔隊を配備しないと火力で大きく遅れを取ってしまう事に注意。 ドラゴンマスター• 魔道に長けたユニットを魔法が使えない物理職で運用するのは完全な趣味運用に思えるかもしれないが、様々な事情が絡んだ結果として選択肢の一つとなった。 発売当初は射程が長い攻撃魔法がないので戦闘参加が難しい、リブロー・リザーブがないので回復役としても微妙、同じ欠点を抱えているリシテアと比較しても様々な点で見劣りしてしまうと魔法だけで運用するには厳しいと評され、 特長の応援で他の魔道士達と差別化しようとするなら機動力を上げないといけないが、ダークナイトは槍術も馬術も得意ではないので資格を取るのが大変な上になんとか資格を取ったとしても本作は騎馬が悪路に弱いので思ったように動けない事があると最適解とは言いがたい性能。 なら大した魔法を覚えないし斧術得意を活かして機動力の高いドラゴンに乗せた方がいいんじゃないかという事でアネットをドラゴンマスターにする運用が生まれた。 しかし…• Ver. 2のルナティック実装で高命中魔法 特にエクスカリバー が重用されるようになりアネットの習得する攻撃魔法に対する評価が変わった• 応援の重要度も上がったのでドラゴン運用の価値が下がった訳ではないがアネットの多芸さを見直すきっかけに。 Ver. 0のDLCで空を飛びながら魔法を扱えるダークペガサスと射程を伸ばせる魔法騎馬でダークナイトへの繋ぎにもなるヴァルキュリアが実装された事で女性であれば魔法職でも機動力を確保しやすくなった• …とアップデートをする度にアネットを取り巻く環境が変化したため、現在はDLCを導入しているのであればアネットをドラゴンに乗せるのが強い運用法という訳ではなくなった。 機動力が最も高い最上級飛兵なので応援をより活かせる・スキルや装備品無しで射程3の攻撃ができる・打ち砕くものを達人補正込みで使えるのが利点。 しかし、ドラゴンナイト・ドラゴンマスター共に魔力成長率にマイナス補正がかかってしまう事と武器修理の費用が嵩んでしまうのが難点。 打ち砕くものは魔法武器なのでアネットでも問題なく使えるが、射程1なので使いどころは選ぶ。 また、耐久面に難のあるアネットを前線に置くのはリスクが伴う。 騎馬系や飛行系で一撃離脱を心掛ければ使いやすさが増すか。 なお、この武器は青獅子以外では手に入らないので注意。 紋章一致の戦技「砕塵」は英雄の遺産の戦技の中でもダントツの威力補正。

次の