明石家 さんま 吉本。 明石家さんまVS松本人志「吉本抗争」勃発か

明石家さんま

明石家 さんま 吉本

『モニタリング』で吉本興業上層部と安倍政権の癒着を批判したさんま 「吉本もな、安倍さんとアレしてるからなぁ」 今やすっかり幕引きされたかのように見える吉本興業問題。 しかし29日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS)で、あの明石家さんまが痛烈な皮肉を口にした。 この日放送された『モニタリング』は放送200回記念として明石家さんまが初出演、そしてブラックマヨネーズ・小杉竜一扮するコス麿呂と神楽坂の食レポをするというものだったが、問題の発言が出たのは、2人が訪れた神楽坂のうどん店「久露葉亭」でのことだった。 豪華な個室に通された2人だが、小杉が「隠れ家的な感じですけど、有名な方も食べにきたりするのですか?」と女将に質問、「歴代の総理大臣や大臣が」と女将が答えたのを受け、さんまがこんなことを言い出したのだ。 「ああー、そうか。 議員会館が近いからみんなこっちに来るんだ。 だから今、吉本もな、安倍さんとアレしてるからなぁ。 ここでやってるんとちゃうか? 安倍さんと大崎と、ゴチャゴチャ言うて。 『ちゃんとしてくれよ!大崎くん』とか言うてやな」 慌てた小杉がすぐに話題をかえてしまったが、しかし、このさんまの発言は明らかに、吉本興業上層部と安倍政権の癒着を批判したものだろう。 「大崎」というのは、もちろん吉本興業の大崎洋会長のこと。 この間の吉本報道でもクローズアップされたが、大崎会長率いる吉本興業は今、安倍政権と急接近している。 それは、吉本新喜劇に安倍首相を出演させたり、所属芸人が官邸を訪問する、というだけではない。 吉本は政府の公的ビジネスに食い込み、巨額の補助金を交付され、大崎会長は沖縄米軍基地跡地利用の有識者懇談会メンバーに選ばれている。 さんまは、こうした実態に、痛烈なブラックジョークを放ったのだ。 一連の騒動で吉本興業上層部を真っ向から批判することはなかったさんまだが、その言動の端々からは、明らかに吉本上層部に批判的であることがうかがえた。 宮迫博之が契約解除となった当初から、「芸人の味方や」といち早く個人事務所で引き受けると発言。 岡本社長の会見の時も、「言えないこととかグダグダにするときはテンポだけ出したらええねん」とギャグにしながらも「吉本をもとに戻さんほうがええ」と上層部の動きに釘を刺し、「大崎会長が辞めないなら、吉本興業を辞める」と発言しバッシングを浴びた加藤浩次を「加藤はああいう行動をとって僕は正しいと思います」「加藤のやっていることは、人としては賛同できます」と擁護した。 騒動が鎮圧されほとんどの芸人がこの問題について語らなくなってからも、さんまはこの問題をあの手この手で蒸し返している。 たとえば、8月24日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ)では、大崎会長べったりの島田紳助から「頼むから、(吉本の)会長と会うてやってくれ」と言われたが「お前、会長からなんぼもらってんねん!」とそれを拒否したことを暴露、また同番組では吉本が芸人と取り交わす「共同確認書」について、出演者の中川家らに「サインしてしもうたの? お前ら!」とツッコミ、確認書に問題ありとの姿勢を示している。 そして、今回の『モニタリング』でも、さんまは食レポの前の小杉との打ち合わせシーンで「以前食レポをやったのは宮迫の番組」だったと闇営業問題を蒸し返し、小杉が「今回は吉本の案件をいったん置いといて」と話題を避けようとすると、さんまは「おまえ、ええな、置けるから」と返していた。

次の

明石家さんま 吉本興業は「元に戻さん方がええ」と騒動を語る

明石家 さんま 吉本

大崎洋 吉本興業会長 出典: プロフィール 名前:大崎洋(おおさき ひろし) 生年月日:1953年7月28日 出身:大阪府堺市 高校:大阪府立泉北高等学校 大学:関西大学社会学部卒業 職業:吉本興業ホールディングス会長・前社長 経歴 大崎氏は関西大学に2浪して入りました。 吉本に入社した理由は、当時サーファーだったために私服で通勤可能な会社だったから選んだそうです。 同期入社3人のうち、ひとりは、なんば花月と人気者の桂三枝(現・文枝)や売り出し中の明石家さんまさんを担当、もうひとりは、うめだ花月と絶頂期の横山やすし・西川きよし、勢いのあった島田紳助・松本竜介を担当しました。 そして、自身はうめだ花月より格下と見られていた京都花月に配属され、「ミスター吉本」と呼ばれた木村政雄さんの下で猛烈にしごかれることになります。 大崎氏の経歴はWikipediaによれば次のようなものです。 1978年 吉本興業株式会社に入社 1980年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)へ上司の木村政雄と共に異動 1982年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任 2006年 吉本興業取締役副社長に就任 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任 引用: 上記の経歴には未記載ですが、現在の吉本社長は岡本昭彦氏で、大崎氏は会長になっています。 また一時期、「ガキ使」でお馴染みの藤原寛さんが吉本の社長になったという話も聞かれましたが、それは「吉本興業ホールディングス株式会社」ではなく、その子会社の「吉本興業株式会社」になります。 そしてその藤原氏は、おそらく岡本昭彦氏が社長に就任してからでしょうが、いつの間にか「副社長」に降格されているようです。 大崎洋と明石家さんまとのエピソード 明石家さんまはかねてから60歳になったら芸能界を引退する、としていました。 しかしさんまのギャラは吉本全体の8分の1ともいわれ、辞められては困る会社によってご機嫌取りをされて引き止められている状態です。 また「先代の林(裕章)社長には育ててもらった恩があるが、現在の(おそらく発言当時は大崎社長)社長にはお世話になっていないから、好きな時に辞めさせてもらう」と言っていました。 しかし義理堅いさんまはそれでも自分が抜ければ大きな穴ができると分かっているため、なかなか辞めるにやめられず、一説には島田紳助が辞めた時、「自分の力で紳助を復帰させるので、その代わり60歳で引退させてほしい」と言ったといいます。 紳助の引退会見直後、大崎氏に相談されたさんまは「俺に任せろ」と言い、関西ローカルなどで「紳助は復帰してもいい」などと発言して紳助復帰への空気作りをしていました。 しかし結果的にそれには成功せず、引退できなかったさんまは現在でも現役で活躍しています。 またさんまの「いつでも辞める」発言は、もう一つには「俺に代わる若手を育成しろ」という会社へのメッセージだと解釈している業界人も多いようです。 大崎洋とダウンタウンのエピソード 大崎氏はダウンタウンの初代マネージャーとしても有名です。 大崎氏が初めてダウンタウンを見たのは、1982年に『吉本総合芸能学院(NSC)』が開校し、大崎氏が同学院の担当になった時だといいます。 ダウンタウンはNSCの一期生でした。 それを見て、大崎洋はダウンタウンのネタの運びやしゃべり方の間、手振り身振りの表現力、何よりも発想の突拍子さに衝撃を受けたといいます。 大崎氏とダウンタウンとの興味深いエピソードとして次のようなものがあります。 最初はもちろん無名のダウンタウンのスケジュールは真っ白でした。 会社からも相手にされていないダウンタウンでしたが、大崎氏は彼らのマネージャーを引き受けます。 それでも2人は『これは仕事と違いますやん。 大崎さんと打ち合わせしているだけですやん』とは言わずに『ありがとうございます』と受け取って、時間どおりにやってきて、3人で一生懸命黙々とネタ作りに励んだ」 引用: 新人のころから鼻っ柱が強くて生意気だったと専ら言われているダウンタウンですが、意外にも健気な一面があったそうです。 またある日、松本人志と大崎氏は一緒にスポーツジムに行くと、そこで25メートルのプールがあって、2人でそこに入ったとき、ふっと「今は一緒に過ごしているけど、売れるようになったら僕の言うことなんか聞いてくれなくなるなぁ。 でも、松本が間違った方向へ進もうとしていたら、絶対にとめなければいけない」と思ったといいます。 そこで「25メートル1回も息継ぎせずに潜水したら、将来俺の言うことを聞いてくれるか?」と尋ね「ええ、いいですよ」と約束させました。 実は元水泳部で潜水はお手のものだった大崎社長。 泳ぎきった大崎社長は松本にそのことを約束させることに成功。 この日の約束は、後に果たされることとなる。 「ある出来事があって、松本が頑として首を縦に振らなかったときに『あのときのプールの約束、今使うわ』と言って。 松本は『えーっ、こんなときにですか……』と言いながら『わかりました』と苦笑していましたね(笑)」 引用: またまだ松本が映画を撮っていなかった時、楽屋で、「これから本出したり、映画撮ったりいろんなことしような」と話しかけると松本はこう返したといいます。 「大崎さん、何でそんなこと言うんですか。 僕は金持ちの家に生まれたわけでもないし、運動神経がいいわけでも、ギターが弾けるわけでもない。 やっとお笑いっていうものを見つけて、100メートル走を一生懸命、走ろうとしているのに。 走り幅跳びもしなさい、棒高跳びも、て」 引用: しかし結果的に松本人志さんは映画を何本か撮ることになります。 大崎洋が登場するダウンタウンのドッキリ動画 またダウンタウンの番組に出演している吉本社員といえば「藤原」さんが有名ですが、かつては大崎氏もダウンタウンの番組で、浜田と松本が大ゲンカするというドッキリ(下の動画)に仕掛け人として登場しています。

次の

明石家さんま 吉本興業・宮迫博之契約解消問題を語る

明石家 さんま 吉本

以下発言一部。 「フリーになったんやから、できればウチの事務所に欲しい。 どこかの事務所も狙っているかもしれんけど、ウチも声を掛けてみよう」と、自身の個人事務所「オフィス事務所」で雇う意向を明かした。 「会社、芸人サイドそれぞれの立場はあるけど、なにがあっても俺は芸人サイドの味方。 宮迫をフォローしたい」「そんなことを言うなら会社を辞めてくれ、と言われても仕方がない。 契約してないから」 7月20日放送ですが、19日収録です。 つまり明石家さんまさんは今日の会見を見ずして宮迫博之を擁護しているわけです。 これにはさすがと言わざる得ないです。 昨日まで世間は完全に「宮迫消えろ」状態でした。 今日の会見で変化した潮目を見て、今なら宮迫を庇っても大丈夫、という計算はまるでなかったことになります。 (内情を知っていた可能性はあるでしょうが) 明石家さんまは誰よりも好感度を気にしているのに、木村拓哉さんや今回の宮迫博之のように、とても義理堅く、肝心な時には好感度を捨ててでも仲間のために動いてくれます。 松本人志も動いている 松本人志さんは今日の会見を受けてツイッターを更新。 後輩芸人達は不安よな。 松本 動きます。 一瞬ですがインタビューに答えていました。 松ちゃんの行動力早くて尊敬するし本当に変えてくれると心から思えると言うか応援する。。。 なんか少年ジャンプ読んでる気分。。。 松本人志という名の大物キャラが助けに来る感。。。 更に松本人志さんは明日放送予定のワイドナショーで一部を生放送にして、宮迫博之と田村亮ら闇芸人と吉本興業の騒動について言及すると言われています。 (ワイドナショーは金曜日収録の録画番組なので明日放送分は本来収録が終了していました) この点は松本人志さんも明石家さんまに負けず劣らずの男気です。 芸人への愛情は勿論ですが、彼らの凄いところは状況を見ながら最適解を出せるところですね。 仲間を救える上に自分の株まで上げることができる最高のタイミングを肌で分かっています。 少し前の段階で吉本興業にたてついた場合、いくら松本さんまクラスでもこうはいかないです。 芸能界で長くトップに君臨したスターはやはり感覚が飛びぬけていると感じました。 (ビートたけしさんも情報7days内で、ここまで言わせた吉本興業が悪いと芸人の味方をしていました) 松本人志と明石家さんまの違い 上述したように宮迫博之と田村亮ら芸人への愛情や優しさは共通していますが、置かれている状況はかなり違います。 まず明石家さんまは吉本興業内でも主流派ではなく、吉本内で個人事務所を構えており仕事はそこを通して行っているようなので、吉本興業との繋がりはさほど強くありません。 むしろダウンタウン一派一色になっている吉本興業に対して、快く思っていないという話もあるようです。 ですので明石家さんまは、吉本興業を辞めることをその他芸人よりは恐れていないと思います。 階上の田んぼアート 2019 今年は、明石家さんまさんの田んぼアートになっています! — 八戸食べ歩き巡り 8meg031 逆にさんまが独立したら困るのは吉本興業側です。 ダウンタウンと並ぶ2大スターを失うのは痛手すぎますし、さんまクラスになると個人で局やら制作会社やらその他業界の大物と太いパイプがあるので干すこともそう簡単ではありません。 大義名分があれば独立されても問題なく活動されてしまうでしょう。 松本人志は吉本興業側でもある 明石家さんまと違って松本人志はかなり難しい立場です。 仲の良い宮迫博之や後輩芸人もかわいければ、吉本興業の岡本社長や大崎洋会長、よしもとクリエイティブエージェンシーの藤原寛副社長などは元マネージャーなので、こっちはこっちで身内でもあるわけです。 ですので松本人志には吉本を独立するメリットもなければ、その意志もないであろう状況になっています。 松本さんが、「お前が休んでる間、お前の番組、ノーギャラでも出てやるからな」と、宮迫さんに声かけたんだって、素敵。 — じゅんせい tennenpaamano 更に相方の浜田雅功さんとの兼ね合いもあるので、さんまさんのように身軽に動くことはできません。 しかし一方吉本社内に対してはさんまよりも強い影響力を持っています。 松本人志に本当の意味で上からモノを言えるのは大崎洋会長ぐらいじゃないでしょうか。 (大手企業のパワーバランスとしてそれはそれで別の問題があるかもしれませんが) 性格もまるで違う この二人は性格も全然違います。 明石家さんまは対人能力の高さでいえば多分日本最高峰クラスです。 どんな人間を相手にしても丸め込んで自分のペースにすることができます。 政治的な交渉ごとも多分凄く得意です。 対して松本人志は感性は飛びぬけてますが、内向的なので基本的には相手のペースに乗っかるタイプです。 実際にギャラ交渉などは浜田雅功さんが行っていました。 基本的には要領の悪いタイプなので、例えばフジテレビとごっつええ感じの件で揉めた時のように、やるかやられるかまで争うか、そうじゃなければ大人しくしている人間というイメージがあります。 ですので、どちらも身内である今回の争いごとで、うまく動けるのか若干の不安はあります。 さんまの名探偵 昔ファミコンのゲームにあった「さんまの名探偵」で島田紳助をヤクザと言ってたり社長が悪玉だったり・・っていうストーリーだったけど現実だったのか・・苦笑。 — ヒデKILLINGMACHINE hidekilling まあ「さんまの名探偵」をクリアしたことがある人なら吉本が悪いってのはわかってたよね — 麟閣 rinkaku89 こんなゲームがあったとは知りませんでした。 ネットの反応 ヤングタウン土曜日聴取中。 さんまさん、宮迫記者会見前日トーク。 驚きの「吉本を辞めてもいい」。 宮迫は俺が守る 俺の事務所で受け入れる?。 さんまさん、笑いを取りながら事務所に対し 余程腹に据えかねることがあったことが理解できる。 — みみふく通信 comimifuku ジャニーズと吉本のやってることほとんど同じで既視感しかないんだけど、松ちゃんはじめ所属タレントが声をあげてるのを見ると心から羨ましいし、あの時陣ちゃんみたいなことを言ってくれる人が一人でもいたらあの絶望感も少しは紛れたんじゃないかなと思った。 こんな体質の会社が続く訳がない。 それが露呈されたのが今回の事件・会見。 — jirooh27 jirooh27 さんまさんらしく、面白さを忘れず、芸人愛が詰まったオープニングトークでした。 さんまさんもたけしさんも松本さんも表現は違うけど、気持ちは同じ何でしょうね。 — 八木やす子 yaccoyagi さんまさんが吉本辞めて独立したら後輩芸人も付いて行くと思うけどな〜 — YOUHEI ShipsSnow 読んでて笑ってしまったw こんな大変な事なのによくユーモアも 交えながら話せるなと ショージさんも でも宮迫達や他の芸人を 心から心配して覚悟している彼の生き様 さすがさんちゃんです — くらげ1piki kuarge1piki 松本とさんまとたけしが見方とか宮迫凄いな、好き — るい 1225Louis 松本さんもたけしさんもさんまさんもカッコよすぎるね!!! 宮迫さんも亮くんもフリーになってどんどんテレビ出ればいいのよ。 またこんな時間に目が覚めた私。 — にょんこ nyokoko7777 さんまさんも松ちゃんも吉本と話す言うてるし、場合によっちゃ吉本終わったんやないかこれ 謝罪文も全部本人じゃなく会社で考えて言わせてるだろうし、嘘をつかせてるわけやしな。 — 乳酸筋@Mokaちゃん WKawa31 結局、さんまが好きやなあたしは。 いつだってどんなときも笑いがまず始めにある。 さんまさんも呼んでますよ それより解雇が無かったことになる事を願います — カズナリ kazu3cFIGHT 松ちゃん、吉本の後輩まるごと引き抜いて松本興業つくって「浜田!おまえは残れ!」ってやってほしい — zen🐊4日目-南キ31b FeelzenVr 吉本社員と芸人、落としどころはどうなるのか 宮迫博之はもう契約解除となってしまいました。 これは恐らく覆らないです。 ですので宮迫博之は明石家さんまの「オフィス事務所」が受け皿になるんじゃないでしょうか。 田村亮は微妙です。 今日の会見中に契約解除という情報もありますが、雨上がり決死隊と違ってロンドンブーツは事務所に田村淳というそこそこの大物芸人が残っています。 山本圭壱の時から吉本興業には不信感があるとも思いますので、ヘタしたら田村亮の契約解除を大義名分として吉本興業から独立されかねないです。 加藤浩次やハリセンボン春菜などもボルテージが上がっているので、一旦誰かに独立されると崩壊の引き金になりかねないです。 それだけは吉本興業も避けたいでしょう。 その他芸人はこのまま吉本に残留でしょうか。 吉本興業側は岡本昭彦さんは社長退任ですかね。 大崎洋さんとの繋がりが強いので、ほとぼりが冷めるまで子会社にいかせて、数年後大崎洋氏が健在であれば本社に戻す、という流れが本件の落としどころとして可能性が高いと思います。 さんまさんも言っているように、吉本には吉本の言い分があると思いますが、今日の会見をひっくり返すような一手が残されているとは思えないです。 一応会見的な事をするらしいので見守りましょう。

次の