副 鼻腔 炎 市販 薬。 急性副鼻腔炎は市販薬では治らない。医者の処方薬をネット購入する方法。もう医者いらずかも。

副鼻腔炎による咳に効くお薬は?

副 鼻腔 炎 市販 薬

年末年始で病院に行く暇などないのでマツキヨで買った小林製薬のチクナインを1箱飲みきった。 10箱も飲めば治るかもしれんな。 」そんな悠長なこと言っていられるか! 薬剤師の妹にチクナインの事を聞いてみた。 「急性副鼻腔炎(蓄膿症)は市販薬じゃなかなか治らないよ。 」 そんなもんだろうな〜。 「チクナインは漢方薬の辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)の名を変えただけだよ!このくらいならどの薬局にでも在庫があるよ。 」 漢方と言えばツムラ! ワシが愛用しているツムラの医療用漢方製剤という手帳で調べると104番にツムラの辛夷清肺湯がある。 しかし、小林製薬はこんなのが多い! その他にもナイシトール!(脂肪の分解・燃焼) 防風通聖散という有名な漢方薬である。 名を変えてCM出してるだけではないか!楽な商売だな。 こんなもんで痩せるのなら薬剤師のオヤジはみんな痩せているはずだ!そんな事は断じてない!気休めだな。 チクナイン(辛夷清肺湯)は酒飲みのワシには不向きである。 副作用:ツムラの医療用漢方製剤によると肝臓に負担がかかると明記されている。 GOT、GPT、ガンマGTPの高い人は気をつけたほう良い。 数値が上がるぞ! 風邪引いたぞ! 去年の暮れ位に風邪をひきました。 特にインフルエンザではなく、ただの風邪!ほっ! しばらくして、熱は収まり平熱に! その時から、鼻と喉の調子が・・。 まあいいか、もうすぐお正月だし今年は9連休!そんなもんほっておけば治るだろう! 1ヶ月以上、全然治らない! 正月も開けて、出勤!嫌だな〜。 しかし、まだ治らない。 鼻と喉! そして、今度は成人式の3連休!ヤッター!しかし、まだ治らない。 あれ、おかしいぞ!こんなに長いとは私に人生始まって以来のことである。 それからというもの、汚いですが青っぱなが止まらんのだ! それも、とんでもない量だ!未だかつてないぞ。 夜も寝てられにほど・・。 息ができない・・。 何度起きたのかはわからない。 その度に鼻をかんだのであった。 市販の風邪薬など1瓶飲んでも治らない。 どういうことだ?パブロン鼻炎カプセルなんぞもう飲み飽きたぞ。 ボーットして仕事にもならん!通勤も辛い!生き地獄だ。 おまけに味覚まで変になってきた。 なんか舌がピリピリする感じだ。 そんなことが1ヶ月も続き、クリニックに勤める奥さんに相談しました。 「早くお医者に医者にいけ!」それだけ。 そんな暇が無いから聞いてんのに・・。 今までは、駅でお姉さんが配っているティシュを当たり前のようにもらっていたがありがたく感じるようになった。 これはイイコトだな! 急性副鼻腔炎ですか〜。 奥さんが自分の務めるクリニックの先生に聞いてきてくれた。 「うちの主人、こんな調子なんですが・・。 」 私の症状を伝えると。 「そりゃあ、急性副鼻腔炎じゃないの?」 「診ていないからなんとも言えんがね。 この時期多いんだよ。 」 「やっぱり!」 何がやっぱりだ!わかっているなら早く言え! 先生が言うには、「抵抗力を上げるためによく寝たほうがいいよ!」だって。 寝て治せだと!一体どれだけ寝ればいいのだ。 2日か3日か、寝て治るなんて赤ん坊のかんの虫じゃあるまいし、ワシは原始人じゃないぞィ! もっとましなこと言えんのか!そんな事なら、ワシでも言える、医者なぞいらん! 副鼻腔の粘膜に細菌(肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌など)やウイルスが感染する病気の事。 慢性化すると厄介です。 俗名は蓄膿症 疲れていて体に抵抗力がないとかかりやすく、風邪を引いた後になる場合も多い。 という事だ。 ワシのことを言ってるのだろうか! ワシも年末の仕事に追われ、クタクタだったのである。 そこで風邪を引き、急性副鼻腔炎になったのである。 そんなもんに感染してしまったのか!道理で長すぎると思っていた。 長引くと慢性化するという。 「なんかめんどくさそうだなぁ。 」と思っていたのだ!慢性化しないうちに早く治さんといかん! ということで、急いで治療せねば! しかし、正月明けで忙しいのだ!医者に行く暇などないぞ。 いいオヤジが鼻を垂らして会社に行くわけにはいかんからな!.

次の

メイアクト 市販薬 セフェム系抗生物質 副鼻腔炎

副 鼻腔 炎 市販 薬

副鼻腔炎は市販薬で治る? 市販薬の中には、副鼻腔炎に効果があると記載されているものがありますが、 市販薬のみで副鼻腔炎の治療をすることはあまり推奨できません。 副鼻腔炎は状態にあわせた治療が必要であり、症状を確認するために鼻の中を直接検査する必要があります。 市販薬はあくまでも一時的な対処として使うようにし、副鼻腔炎の症状があるときには市販薬を使用する前に一度耳鼻科を受診しましょう。 副鼻腔炎の症状 副鼻腔炎を発症すると、 強い鼻づまりやドロドロとした膿のような鼻水が生じるようになります。 また、症状の現れ方は人によって異なりますが、 顔の痛み、頭痛、頭重感などが引き起こされ、集中力や注意力が散漫になるといった症状が現れることもあります。 副鼻腔による痛みは周囲に放散することもあるため、 歯の痛みや耳の痛みが現れることもあります。 「虫歯」による痛みと思い歯科医院を受診したところ、副鼻腔炎だった…ということもめずらしくありません。 副鼻腔炎は慢性化すると、夜間など横になったときにのどの奥に鼻水が流れ、咳が出るようになります。 長期間に渡ってそのような症状が続くと、気管支に慢性的な刺激が加わることで、喘息を引き起こすこともあります。 副鼻腔炎の市販薬の種類 副鼻腔炎の症状をおさえる効果が期待できる市販薬には、点鼻薬・飲み薬・抗アレルギー薬があります。 点鼻薬 市販の点鼻薬には、 「ステロイドを含むもの」と 「血管収縮剤を含むもの」の2種類があります。 中でも血管収縮剤の効果には即効性があるため、規定の使用回数を超えて使用してしまう人が多いのですが、この薬剤は過剰に使用すると逆に鼻を詰まりやすくしてしまう作用があるため注意が必要です。 そのような状態になると、その後の治療にも影響が及ぶ可能性があるため、使用する際には事前に医師や薬剤師に相談しましょう。 飲み薬 市販の飲み薬の中には、 副鼻腔炎の症状を改善する効果があるものもあります。 また、漢方薬では、鼻づまりを改善する辛夷清肺湯や鼻粘膜の腫れを抑える葛根湯加川きゅう辛夷なども市販されていますのでお勧めです。 ただし、これらの飲み薬は一時的に症状が改善しても、根本的に副鼻腔炎を治すことにはつながらないため、漫然と使用せずに症状が続く場合や再発しや膵場合には、必ず病院を受診して医師から治療に適した薬を処方してもらうようにしましょう。 抗アレルギー薬 アレルギーが原因の慢性副鼻腔炎の場合は、抗アレルギー薬を使用することで鼻詰まりを解消し、症状を改善できる可能性があります。 ただし、 副鼻腔炎が病原体など他の原因によるもの場合、抗アレルギー薬を使用しても効果が得られません。 鼻詰まりなどの症状が起こっている原因の特定は自己判断できません。 必ず耳鼻科を受診して原因を特定してもらいましょう。 副鼻腔炎に市販の漢方薬はある? 市販の漢方薬の中には、鼻炎を抑えて鼻通りをよくする効果や膿を減らす効果があるものがあります。 辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ) 粘稠性の膿性鼻汁、鼻周辺の熱感、鼻の閉塞を伴う慢性鼻炎・副鼻腔炎(蓄膿症)などに使用されます。 葛根湯加川きゅう辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ) 風邪による鼻詰まり・粘稠性の鼻汁、頭重感のある慢性鼻炎・急性期副鼻腔炎などに使用されます。 荊芥連翹湯(ケイガレンギョウトウ) 乾燥傾向のある、中耳炎、扁桃腺炎、にきび、皮膚などに使用されます。 防風通聖散(ボウフウツウショウサン) 葛根湯加川きゅう辛夷、辛夷清肺湯、荊芥連翹湯の主要な生薬が含まれている漢方薬で、主に副鼻腔炎に使用されます。 また、副鼻腔炎の主な症状である、粘稠性鼻炎、鼻詰まり、鼻汁、後鼻漏などに効果のある生薬に、以下のようなものがあります。 排膿薬(ハイノウヤク) 膿の排出を促進する効果あります。 辛夷(シンイ) 鼻詰まりを軽減する効果があります。 清熱薬(セイネツヤク)・山梔子(サンシシ)・連翹(レンギョウ) 鼻周辺の熱感や粘稠性黄色鼻汁に対して効果があるとされています。 漢方薬はその人の体質に合わないものも多くあるため、購入する際には薬剤師に相談するか、専門医に処方してもらうことをおすすめします。 また、原因になる病原体によっては市販薬だけでは対応できない場合があるので、症状がある場合はまず最初に耳鼻科で診てもらいましょう。 副鼻腔炎の症状を緩和できる薬以外のセルフケアはある? 副鼻腔炎の症状を緩和するため、次のようなセルフケアが役立つこともあります。 ゆっくり湯船に浸かるなどして副鼻腔内に溜まった鼻水をほぐし、排出を促す• 鼻を塗れたタオルやカイロなどで温めて血行を良くする• 適度な運動をする• 十分な睡眠や休息をとって免疫力をキープする おわりに:市販薬の使用はなるべく控え、医師に処方してもらいましょう 副鼻腔炎の市販薬にはさまざまなタイプがありますが、基本的には市販薬の使用は控えることが推奨されます。 副鼻腔炎は根本的な原因となる病原体を治療しなければ、いくら症状を抑えても意味がありません。 症状がある場合は耳鼻科を受診し、原因にあわせた治療をしてもらいましょう。

次の

副鼻腔炎の市販薬のおすすめは抗生物質ジスロマック?効かない?

副 鼻腔 炎 市販 薬

スポンサードリンク 2. ベルエムピL錠 クラシエ薬品から発売されているベルエムピL錠は、慢性鼻炎や蓄膿症に効果のある「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」という漢方処方です。 荊芥連翹湯は、ケイガイ、レンギョウ、トウキ、シャクヤク、センキュウなど17種類の生薬を配合した漢方薬で、炎症を鎮める作用、膿を排出する作用、血流を良くする作用があり、副鼻腔炎(蓄膿症)の症状を改善します。 1日3回服用タイプです。 以下の記事でベルエムピL錠の効果や副作用について詳しくご説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。 排膿散及湯エキス錠 ジェーピーエス製薬が発売している排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)エキス錠は、炎症を鎮めて、膿の排出を促す効果のある漢方薬です。 排膿散及湯は、キキョウ、キジツ、シャクヤク、カンゾウ、タイソウ、ショウキョウの6種の生薬を配合した漢方薬です。 キキョウには、膿を排出する作用があり、キジツ、シャクヤク、カンゾウには、炎症を鎮める作用があります。 また、タイソウは体を元気にし、利尿作用があり、ショウキョウは発汗作用があり、これらの生薬が、副鼻腔炎(蓄膿症)の症状の改善を促します。 1日3回服用タイプです。 まとめ 今回、ご紹介した副鼻腔炎(蓄膿症)のおすすめ市販薬、チクナイン、ベルエムピL錠、排膿散及湯エキス錠は、漢方製剤で、体の調子を整えて、症状を改善していきます。 副鼻腔炎(蓄膿症)の市販薬は、ほとんどが漢方処方になっています。 漢方薬は、徐々に体調を整えていくので、副鼻腔炎(蓄膿症)を繰り返さない体質に改善されることも期待できますね。 同じ漢方薬でも、体の状態(病態)によって、効果が見られやすい人、見られにくい人と、効果に個人差がある場合があります。 慢性化した副鼻腔炎(蓄膿症)の治療は、長期間かかるといわれています。 できれば慢性化してしまう前に早期発見、早期治療することが重要です。 鼻づまりがなかなか治らない、粘性のある黄色や緑色の鼻汁が出るなどの症状がみられたら、早めに耳鼻咽喉科で医師の診察を受けることをおすすめします。

次の