パワプロ 名将甲子園。 名将甲子園 帝王実業高校 攻略メモ(戦力値6500突破)

【名将甲子園】無課金でも総合戦力5000超えする育成方法と基本的な考え方、おすすめキャラ【パワプロ2019】

パワプロ 名将甲子園

甲子園への道は険しくて厳しい パワプロで高校野球の監督と言えば栄冠ナインがありますが、 名将甲子園とは甲子園を目指す方向性は同じですが、それ以外のシステムなどは全く別物です。 これからプレイされる方はその点を考慮されて遊んだほうが良いです。 本モードの特徴してはやはり歴代サクセスキャラを教え子として育てられる点です。 通常なら覚えない特殊能力を付与したり、投手ならおあいにフォークを覚えさせたりと かなり自由に球種を覚えさせることが出来ます。 ただサクセスキャラは全員初めは一年生として入部してきますがかなり能力が低いです。 GやFが殆どでEすらありません。 シリーズの顔である猪狩守ですらスタミナFコントロールFで入部してきます。 なので初めから強いキャラで相手を蹂躙することは難しいです。 何より後で触れますが初回は選手のレア度が低い為か、選手の能力の上がり幅も少なく 3年間育てた選手でも野手の場合Dが1つあれば良く、最初から甲子園出場は厳しいです。 もっともサクスペやアプリのように選手を揃えてからが本番だと思います。 練習方法は毎週球速やミートといった練習に選手各々がいずれで練習を行っています。 、 監督は直接指導という方でそれら練習の中から1つを選ぶとその週の練習が行われます。 直接指導は選んだ練習の効率が上がるもので、その練習を行っていた選手に多めに経験値が入ります。 また練習ごとに施設作りで必要なポイントが入手できるのですが、練習ごとに違うので 毎回同じ練習ばかりする訳には行きません。 次に施設作りに関してですが、各種ポイントと引き換えに様々な効果を得られる施設があり、例えば経験値の入手量がアップするものや 1度限りですが直接経験値を得られるものや、やる気に関するものがあります。 正直施設作りが今回の育成に占める割合が大きく、どの施設を建てる順番によって育成具合も異なってきそうです。 今回は主人公が監督ですが、監督スキルというものがあり、時々得られる監督ポイントと引き換えに直接指導の効果アップや、特定の練習の経験値を増やすものがあり こちらも育成にかなり関わってきますが、施設と違い監督ポイントはかなり限られているので、監督スキルの選択は慎重に行いたいです。 また選手ごとにミッションがあり、特定の練習で~回直接指導するや試合で特定の条件を満たすことで 経験値などの報酬を貰えることが出来ます。 レア度が高い程ミッションの数が増える仕組みとなっています。 他にもシナリオ固有のミッションもありこちらは施設や勝利数などが関わってきます。 またミッションやイベントで~玉と呼ばれるものを入手でき、経験値を得られる経験値玉や、特定の能力を上げられる玉があります。 練習以外で選手を育てられる手段で、戦力アップには欠かせません。 ただレア度によってレベルが設定されています。 レア度によって上限レベルが決められており、例えば経験値玉を使うとレベルが上がりますが、 レベル上限のため無限に1人の選手に対して使うことが出来ないため、結果的にレベル上限が低い レア度の低い選手はあまり育ちづらい為、玉は高レア度の選手に使うのが得策となりそうです。 最後に試合の難易度ですが正直なところ相手はこちらよりも二回り強く、投手はそれなりに抑えてくれるのですが 打線が弱いと全く打てないため、打線の強化は欠かせません。 また夏は自分で操作できる場面があるのですが 秋は自動試合で進行するため、プレイヤースキルではどうにもならず、やはり監督としてのチーム作りが問われるゲームだと思います。

次の

【パワプロ2019】名将甲子園攻略

パワプロ 名将甲子園

名将甲子園シナリオモードで強いチームを作るコツ 最初の無料レアガチャについて 最初の無料レアガチャは「 SR 早川あおい」で確定。 最初に選ぶ4人の選手を厳選しよう レア度が高いキャラがそろうまでは、最初に選ぶ選手を選ぶ際はレア度よりも強さを優先しよう。 試合に勝つことで学校ランクが上がり設備を整えやすくなるからだ。 キャラがある程度揃ってきたら、レア度の高さを優先して選ぼう。 レア度が高いと選手のレベル上限が上がるため、チームの底力を上げやすい。 まずは一週目を終わらせよう 一周目をクリアすれば大量のボーナスがもらえ、レアガチャを引くことができるようになる。 なのでまずはとりあえず一週目を終わらせて、それからレアガチャを引いてチームの地力を上げよう。 ミッション達成が最重要事項 各キャラクターごとに設定されているミッションをクリアすると、大量の経験値を手に入れることができるうえにチームメイトにも経験点が入ることもある。 そのため強いチームを作るには選手のミッションを常に意識して直接指導していきたい。 また、キャラのレア度によってミッションが追加されていく。 レア度Nでは低ランクミッションが4つしかないが、SRでは10個ミッションがあり高ランクミッションにほど報酬も豪華になる。 オーラ練習(友情タッグ)のコツについて まずは野手ひとり、投手ひとりとのオーラ練習(友情タッグ)の成立を目指す。 ふたりのタッグを目指していく過程でどれだけ多くの選手とタッグを組めるかがポイント。 狙っていたタッグが組めたらあとはむやみにタッグの成立を狙わないで、各選手のミッション達成を目指していくと良い。 強力なコツは逃さないようにしよう 練習で!マークがある選手と練習し、強力なコツは逃さないようにしよう。 「キャッチャー」「広角打法」「パワーヒッター」など強力な特殊能力の獲得を目指そう。 各特殊能力は選手詳細で見ることができる。 「つくる」のコツ 「つくる」はまずLv1「整地」「物置小屋」「仮説部室」の3つそろえてから、一番上のライン 整地のライン を上げていこう。 Lv6まで上げると「紅白戦」ができるようになり、紅白戦を行うと選手のレベルが格段に上がりやすくなる レア度が低いとすぐにレベル上限に達してしまうほど その後は練習効率を上げる施設を作り、最後の大会前までに選手のやる気を上げる施設を作りたい。 能力を上げる経験値玉はすぐに使ってかまわない あとに残していても意味はない。 少しでも試合に勝ちやすくするためにも「球速アップ」などの経験値玉はすぐに使ってしまおう。 試合のコツ 試合は「指定したひとりをプレイ」を選び、強い選手を自分で操作した方が序盤は有利に進められる。 チームの地力が上がったらイニングでプレイしてもよい。

次の

【名将甲子園】アフロ猪狩 キャラ性能詳細

パワプロ 名将甲子園

太刀川手に入れたので帝王実業もプレイし直してみましたが、こちらも戦力値更新できました。 ちょうど300点アップで6741。 初のSランクです。 帝王実業はハマれば7000点くらいはあっさり出るようなのでまだまだ低いとは思いますが、現時点での攻略メモを。 友沢がSRなら投手6でも良いかも。 夏負けてランクが落ちるのを防ぐため、一人くらい打てるキャラを入れて勝てるように。 太刀川はサード起用。 野手枠が1つ減らせるので投手増やせていい感じ。 2年目も投手中心ですが、10回練習踏んで金特もらうためにも1人くらいはマネージャーを入れておきましょう。 人選は悩むところですがスタミナ3000と数値の大きい紺野を選択。 3年目は足りないポジションの野手とマネージャー。 帝王はキャラが多いのでマネージャーは3人入れてもモブなしで済みます。 投手削ることになりますが、モブ入れてマネージャー4人にしたほうがよいかも。 1年目夏で負けてそこそこに落ちないようにがんばりましょう。 VS練習が発生するようになったらなんでもよいのでVS練習を優先して踏むようにし、20回消化して虹が発生するようにします。 その後は虹と紫を回収してミッションを消化するのを繰り返すだけです。 一番重要なのは3年目3月4週までに紫6個開放ができる状態にしておくことです。 で、3月4週に開放して4月に入部したマネージャーのミッションを消化することで大幅な強化が期待できます。 選手と違ってマネージャーはどの練習にいてもよく調整しやすいので、紺野の練習10回のミッションはこのタイミングでの消化がおすすめ。 ここまでに9回練習踏んでおきましょう。 激励は試合に勝つために、知将と名将は試合回数を考えるとここで取っておきたいです。 逆にあまり早く取りすぎると不要なの効果が伸びるので後回しな部分もあります。 ガンガン使って早く6つ開放できるようにしましょう。 基本的には紫を狙います。 開放できたらミッション消化で大幅強化が期待できます。 紫以外だと緑と黄が狙い目で、緑は試合のタイミングで使えればレベルアップにつながり、黄は絆アップで早期のオーラ練習が狙えます。 それ以外の色はさっさと使ってしまってよいです。 この時のプレイは1年目は夏予選決勝負け、秋準決勝負けで微妙でしたが、以後はすべて甲子園優勝まで行ったので悪くはなかったです。 ミッション消化も2年目までの投手はみずき以外はミッション消化できたのでまずまず。 ただ、紫の解放があまりうまくいかず、3年目4月の新入部員のところ以外は微妙な感じでした。 このあたりがうまくいけば7000点も狙えるかもしれません。 Magnemite.

次の