皆川 フェード。 画力は文句なし!皆川亮二のおすすめ漫画作品ランキング!

[B!] 皆川亮二作品が好きすぎるのでおすすめ作品の魅力や特徴を全力で紹介する / 代表作「SPRIGGAN」「ARMS」や【皆川フェード】などの技巧まで

皆川 フェード

僕が非常に敬愛している漫画家さんといえば皆川亮二という漫画家さんなんですけど、作品の素晴らしさの割りにはイマイチ知名度が低いんですよね。 もちろん漫画が好きな人は当然のように読んでますし、作品名を言えばわかる人も少なからずいるとは思うんですけど物足りなさを感じておりました。 ちがうやろと。 この人の漫画は漫画喫茶にひっそりと佇んでいい漫画ちゃうやろと。 これはもう使命感みたいなものなんですけど僕が伝えていくしかないかなと。 エバンジェリストになるしかないなと。 リアルに進めれる友達ほとんどいないのでせめてブログの中で吠えてみようと思った次第でございます。 このブログを読んで僕の愛の深さに恐れおののいていだければ本望です。 高校時代に、同級生だった神崎将臣に誘われ漫画を描き始める。 1988年「HEAVEN」が第22回小学館新人コミック大賞少年部門に入選。 1989年に代表作「スプリガン」連載開始(原作:たかしげ宙)• 1995年「KYO」をなぜか小学6年生で連載(原作:たかしげ宙)• 1997年「ARMS」連載開始(原案協力:七月鏡一)。 全22巻の長編に。 2002年「D-LIVE」を連載開始。 多くの作家に脚本、原案を協力してもらう。 2007年ウルトラジャンプで「PEACE MAKER」を連載開始• 2007年イブニングで「ADAMAS」を連載(脚本:岡エリ)• 2016年ゲッサンで「海王ダンテ」連載(原作:泉福朗 とこんな感じ。 基本的には原作や脚本と一緒に描くことが多いが絵柄が強烈なことと世界観からいずれも「皆川亮二」作品として受け止められている。 また、サンデー中心に活動していたが「D-LIVE」以降は集英社、講談社でも作品を発表している。 講談社出の作品。 「PEACE MAKER」とほぼ同時期に作品を発表した。 女性が主人公という皆川作品でもめずらしいものだが作者が女性なのでそうなったのか?女性中心とはいえ、初期のスプリガンを思わせるような作品で少年漫画で皆川ファンは結構高評価。 ラストに向かって進む感じが良い。 天才なのに嫌味がない主人公達が素敵 皆川亮二作品の主人公は基本超天才で所謂俺つえー系の主人公とも言えるかもしれません。 作品をピックアップして主人公の特徴を見てみます。 普段は高校生。 アーマードマッスルスーツというオリハルコンで出来たバトルスーツとオリハルコンで出来たナイフを装備。 過去に米軍に拉致されCOSMOSと呼ばれる少年兵育成機関で殺人機械として育てられるもキレて世界最強部隊であるCOSMOSを一人で壊滅させる。 こんなどんだけ厨二設定を盛り込んでいながらなぜか嫌味がないという奇跡のバランスを保つ。 厨二設定部分を太字にしようと思ったけど全部太くなりそうなのでやめました。 移植されたARMSはジャバウォックというコードネームで呼ばれており世界を滅ぼすほどの力を秘めている。 主人公は冷静沈着で両親に子供の頃仕込まれたサバイバルの知識で活躍。 軍隊以上のブービートラップの達人。 もみあげがすごい。 乗り物に乗っていないと役に立たない。 またまた高校生。 弱点は乗り物に愛着を持ちすぎるところ。 常に生活が困窮している。 とんでも中年おじさん大暴れ 皆川亮二作品の大きな特徴として おじさん達がやたら強いことがあげられます。 ていうか強すぎてこいつらが最初から全部やれやって思うぐらいです。 個人的に最強の中年はARMSの涼の父親高槻巌。 サイレントウルフと言われていて、世界中どこにでも侵入できる単身赴任のサラリーマン。 ちなみに嫁もラッフィングパンサーと言われている最強の傭兵。 アームズにはなかったんですがSPRIGANとD-LIVEは師匠超えが大きなテーマです。 超強い中年師匠と戦います。 師弟愛をこじらせてます、完全に。 国家以上の権力を持つ謎の巨大組織と陰謀論 もうとにかく謎の巨大組織がわんさか出てくるわ、陰謀だらけだわ…ですぞ!• 煽り、コピー、決め台詞がカッコイイ 主人公の決め台詞や作品の宣伝文句がいちいち厨二病を刺激してくるぐらいカッコイイです。 皆川フェード 人の顔を透かして背景をフェードインさせる技法。 人の心情と場面転換が一石二鳥でできる妙技。 いわれてみると多様しています。 迫力のある演出 皆川さんは本当に画力がすごいので演出が際立つことがあります。 まだ未読の人はぜひ作品を読んで震えてください。 まとめ ちなみに僕は中2でSPRIGGANに出会いました。 もはや運命ですよね。 けど、皆川亮二作品は厨二製造マシーンとか言われてますがイマイチしっくり来ないんですよね。 個人的には「ハードボイルド厨二」というジャンルで捉えてます。 いましたよね?中2でやたら老けたやつ。 あんな感じです。 大人のお茶漬けみたいな感じです。 もうね、皆さん下の毛ボーボーだと思うんですけど、ハードボイルド厨二の皆川亮二作品を是非手に取ってみてください。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

皆川亮二作品が好きすぎるのでおすすめ作品の魅力や特徴を全力で紹介する / 代表作「SPRIGGAN」「ARMS」や【皆川フェード】などの技巧まで

皆川 フェード

15,623• 3,711• 7,500• 2,020• 217• 1,635• 497• 599• 169• 116• 11,325• 103• 1,481• 1,570• 542• 277• 372• 544• 130• 274• 368• 196• 295• 226• 330• 446• 213• 126• 430• 238• 117• 139• 2,195• 777• 399• 115• 259• 177• 151• 129•

次の

画力は文句なし!皆川亮二のおすすめ漫画作品ランキング!

皆川 フェード

僕が非常に敬愛している漫画家さんといえば皆川亮二という漫画家さんなんですけど、作品の素晴らしさの割りにはイマイチ知名度が低いんですよね。 もちろん漫画が好きな人は当然のように読んでますし、作品名を言えばわかる人も少なからずいるとは思うんですけど物足りなさを感じておりました。 ちがうやろと。 この人の漫画は漫画喫茶にひっそりと佇んでいい漫画ちゃうやろと。 これはもう使命感みたいなものなんですけど僕が伝えていくしかないかなと。 エバンジェリストになるしかないなと。 リアルに進めれる友達ほとんどいないのでせめてブログの中で吠えてみようと思った次第でございます。 このブログを読んで僕の愛の深さに恐れおののいていだければ本望です。 高校時代に、同級生だった神崎将臣に誘われ漫画を描き始める。 1988年「HEAVEN」が第22回小学館新人コミック大賞少年部門に入選。 1989年に代表作「スプリガン」連載開始(原作:たかしげ宙)• 1995年「KYO」をなぜか小学6年生で連載(原作:たかしげ宙)• 1997年「ARMS」連載開始(原案協力:七月鏡一)。 全22巻の長編に。 2002年「D-LIVE」を連載開始。 多くの作家に脚本、原案を協力してもらう。 2007年ウルトラジャンプで「PEACE MAKER」を連載開始• 2007年イブニングで「ADAMAS」を連載(脚本:岡エリ)• 2016年ゲッサンで「海王ダンテ」連載(原作:泉福朗 とこんな感じ。 基本的には原作や脚本と一緒に描くことが多いが絵柄が強烈なことと世界観からいずれも「皆川亮二」作品として受け止められている。 また、サンデー中心に活動していたが「D-LIVE」以降は集英社、講談社でも作品を発表している。 講談社出の作品。 「PEACE MAKER」とほぼ同時期に作品を発表した。 女性が主人公という皆川作品でもめずらしいものだが作者が女性なのでそうなったのか?女性中心とはいえ、初期のスプリガンを思わせるような作品で少年漫画で皆川ファンは結構高評価。 ラストに向かって進む感じが良い。 天才なのに嫌味がない主人公達が素敵 皆川亮二作品の主人公は基本超天才で所謂俺つえー系の主人公とも言えるかもしれません。 作品をピックアップして主人公の特徴を見てみます。 普段は高校生。 アーマードマッスルスーツというオリハルコンで出来たバトルスーツとオリハルコンで出来たナイフを装備。 過去に米軍に拉致されCOSMOSと呼ばれる少年兵育成機関で殺人機械として育てられるもキレて世界最強部隊であるCOSMOSを一人で壊滅させる。 こんなどんだけ厨二設定を盛り込んでいながらなぜか嫌味がないという奇跡のバランスを保つ。 厨二設定部分を太字にしようと思ったけど全部太くなりそうなのでやめました。 移植されたARMSはジャバウォックというコードネームで呼ばれており世界を滅ぼすほどの力を秘めている。 主人公は冷静沈着で両親に子供の頃仕込まれたサバイバルの知識で活躍。 軍隊以上のブービートラップの達人。 もみあげがすごい。 乗り物に乗っていないと役に立たない。 またまた高校生。 弱点は乗り物に愛着を持ちすぎるところ。 常に生活が困窮している。 とんでも中年おじさん大暴れ 皆川亮二作品の大きな特徴として おじさん達がやたら強いことがあげられます。 ていうか強すぎてこいつらが最初から全部やれやって思うぐらいです。 個人的に最強の中年はARMSの涼の父親高槻巌。 サイレントウルフと言われていて、世界中どこにでも侵入できる単身赴任のサラリーマン。 ちなみに嫁もラッフィングパンサーと言われている最強の傭兵。 アームズにはなかったんですがSPRIGANとD-LIVEは師匠超えが大きなテーマです。 超強い中年師匠と戦います。 師弟愛をこじらせてます、完全に。 国家以上の権力を持つ謎の巨大組織と陰謀論 もうとにかく謎の巨大組織がわんさか出てくるわ、陰謀だらけだわ…ですぞ!• 煽り、コピー、決め台詞がカッコイイ 主人公の決め台詞や作品の宣伝文句がいちいち厨二病を刺激してくるぐらいカッコイイです。 皆川フェード 人の顔を透かして背景をフェードインさせる技法。 人の心情と場面転換が一石二鳥でできる妙技。 いわれてみると多様しています。 迫力のある演出 皆川さんは本当に画力がすごいので演出が際立つことがあります。 まだ未読の人はぜひ作品を読んで震えてください。 まとめ ちなみに僕は中2でSPRIGGANに出会いました。 もはや運命ですよね。 けど、皆川亮二作品は厨二製造マシーンとか言われてますがイマイチしっくり来ないんですよね。 個人的には「ハードボイルド厨二」というジャンルで捉えてます。 いましたよね?中2でやたら老けたやつ。 あんな感じです。 大人のお茶漬けみたいな感じです。 もうね、皆さん下の毛ボーボーだと思うんですけど、ハードボイルド厨二の皆川亮二作品を是非手に取ってみてください。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の