とうもろこし 電子 レンジ で 何 分。 とうもろこしを電子レンジで茹でるには何分くらい?ラップは?皮ごとできるの?

とうもろこしはレンジ調理がベスト!皮ごとや皮なしラップのゆで方を解説

とうもろこし 電子 レンジ で 何 分

トウモロコシはレンジで何分チンするといい? 私がとうもろこしをレンジで作る場合、皮を剥いた状態からレンジで加熱します。 ポップコーンではないので爆発する事はありません。 まず簡単に水洗いをした後に 塩をきつめに塗り込みます。 イメージとしては出来上がりの時に「塩が粉になっている」くらいがベストです。 そこにラップを巻いてレンジでチンするだけです。 ワット数にもよりますが、 600ワットの場合だと6分前後は加熱する必要があります。 1本当たり6分前後と考えてもらうといいです。 2本3本と増える場合には、余計時間がかかりますので倍プラス2分するといいでしょう。 とうもろこしが皮つきの場合は、初めに5分程度レンジでチンする必要があります。 その後冷めてからは皮なしのとうもろこしと同じ手順でいいです。 レンジで屋台のトウモロコシの味付けにするには? とうもろこしの味付けと言えば「塩」か「砂糖醤油」が一般的でしょう。 屋台では「焼きとうもろこし」として砂糖醤油を使って甘く仕上げてあります。 とっても子供が好きそうな味ですよね。 焼きとうもろこしを作るには・・ レンジでトウモロコシを作った後にフライパンに「砂糖」「醤油」「バター」を入れて焼くのが主流です。 しかし私のおすすめは「キャンプ用のバーナー」で直接焦げを付けるのもおいしいです。 砂糖醤油を全体に塗り込んで、バーナーで「ボーッ」としてあげると「焼きとうもろこし」の出来上がりです! バーナーは店舗で買うと2000円近くしますが、通販だと1000円ちょっとで手に入ります。

次の

とうもろこし レンジ 何 分

とうもろこし 電子 レンジ で 何 分

2015年6月4日(木)に日本テレビ系列で放送された 「あのニュースで得する人損する人」では、「坂上忍の得ワザ! 損ワザ!」というコーナー内で、「とうもろこしの皮を簡単にむく方法」が紹介されていました。 甘くでおいしいトウモロコシ。 なので、今では簡単に食べ比べなんかができて嬉しいのですが、ひとつ厄介なのが、とうもろこしの皮むき。 皮もそうですが、それ以上にヒゲの処理に悪戦苦闘してしまいます(苦笑)。 茹でる前のこのひと工程がなかなかめんどくさい。 結構丁寧にむくのが難しいんですよね。 番組内では、なかなか難しいこのトウモロコシの皮むきをいとも簡単に達成する方法が紹介されていました。 ものすごくナチュラルに、ツルっとむけてくれるので、これまで皮むきにかけてきた労力は一体何だったんだろうと思うこと間違いなしの方法でした。 上記が、とうもろこしの皮を簡単にむく方法になります。 皮だけでなく、ヒゲの部分までつるっと一気にむけてくれるので、超お手軽! しかもその様はほんとに鮮やかで、今までとうもろこしの皮むきで苦労していたのが馬鹿らしくなるほど 笑。 また1分という温め時間は、500・600Wの電子レンジの場合になります。 皮がむけるメカニズム電子レンジで温めることによって、とうもろこしの皮と実の間にすき間が生まれます。 すき間ができている状態で下に振っているので、実の方は抵抗感・摩擦感なく、つるっと下に落ちるという仕組みになっています。 ちなみにこの電子レンジを使って皮をむく方法には、簡単に皮むきができるだけでなく、とうもろこし自体の味が、茹でた場合よりもおいしくなっているという副産物があります! 茹でた場合だと、お湯にどんどんとうもろこしの栄養分・旨味が放出されてしまいます。 茹で汁の方にとうもろこしのおいしさが取られちゃうわけなので、当然味が若干落ちてしまいます。 水っぽくなるんですね。 その点、レンジで温めればそういったことを防げるので、甘みを凝縮させた状態のとうもろこしを味わえるというわけです。 番組内では、「茹でたとうもろこし」と「レンジで温めたとうもろこし」の糖度比較をしていました。 結果は、茹でた方が12. 4度で、レンジの方が16. 5度でした。 その差は歴然ですね!.

次の

お手軽調理!とうもろこしはレンジで何分?

とうもろこし 電子 レンジ で 何 分

トウモロコシを食べる時に、アナタは普段どのように調理をしていますか? もらったトウモロコシですと、まず一度お湯で茹でるか蒸し器で蒸した後に、色々な調理を始めると思いますが、お湯じゃなくてもトウモロコシを食べれる状態に出来ますし、調理も簡単に出来る方法があります。 電子レンジを使うことで料理の手間暇を省くことが出来ますし、茹でたトウモロコシよりも糖度が高いと言われています。 電子レンジで茹でることも可能 普通は、トウモロコシの皮とヒゲをとってから、お湯で茹でますが電子レンジだけで代用が可能。 順序は、皮とヒゲを取り、水洗いするところまでは一緒です。 その後に、ラップをしてレンジでチンをするだけでOK。 気をつけるのが ワット数によってレンジの時間が変わること。 500ワットだと1本で3~4分程度。 2本なら倍の6~8分程度。 100グラムあたり1分30秒が目安。 トウモロコシ1本あたりの重さは、300~450g ワット数や本数でレンジ利用時間は変わってきますので、自宅のレンジのタイミングを見ながら覚えていくといいでしょう。 他にラップで包まなくても、皮などを残したままレンジで調理も出来ます。 この時、 皮がラップ代わりに保湿をする役割を果たします。 時間は、ラップの時よりも30秒~1分ほど長めに。 皮つきトウモロコシの裏ワザ! 皮つきのトウモロコシを電子レンジで調理する際の裏ワザがあります。 それは 超簡単に皮がむけるというものです。 たくさん付いているヒゲも一瞬でなくなりますよ! 方法は皮を剥かずに、電子レンジで加熱。 気熱が終わったトウモロコシの根本 ヒゲが無い方 から2センチぐらいの部分を輪切りに。 あとはヒゲを持って振るだけ。 スルッと皮からトウモロコシが抜け落ちます。 ぜひ試してみて下さい。 電子レンジを使うと味は変わる? 蒸し器や茹でる方法とくらべ、 電子レンジで調理した方が、糖度が高くなると言われています。 みずみずしさが欲しい方は、お湯で茹でたり蒸したりした方が気分的にいいでしょうし、糖度の高いものを食べたい方はレンジで調理するのが良いでしょう。 自分で食べ比べて味の違いを楽しむのもいいのではないでしょうか? Sponsored Link 電子レンジでトウモロコシを調理する時に気をつけること 特に、生のトウモロコシの時ですが、 「粗熱」に気を遣うことですね。 熱が強くて、電子レンジを使った直後は持てないぐらいではないでしょうか? 手の皮が厚い方はまぁ違うでしょうが他にも理由があり、水分を含んでいますのでラップや皮をとった時に、蒸気とともに トウモロコシの美味しさが逃げるので、電子レンジを利用した時には、すぐにラップを取らずに 常温になるまで冷ますことが大切です。 蒸し器も、茹でる手間暇もかからないのでオススメですよ!! 関連: Sponsored Link.

次の