炭八郎。 かまぼこ隊 (かまぼこたい)とは【ピクシブ百科事典】

ケイハチロウ 札幌(すすきの駅/居酒屋)

炭八郎

鬼殺隊は解散。 炭治郎の左腕はマヒになったかのように、上げ下げはできても握ることはできず。 ひじから下は触られていることも分からない状態。 そして右目も形は整っているものの機能していない状態になっていました。 ただ鬼となった炭治郎にかまれた禰豆子(ねずこ)は無事でした。 そしてその後は、これまで出会った人たちとの触れ合いの後、善逸や伊之助と共に家に戻った炭治郎。 ここまでが204話で描かれていました。 その後の展開ですが、左腕と右目に不自由を抱えていましたので、 体を使った仕事をすることが炭治郎には難しかったのかもしれません。 とはいえ炭治郎が最後に鬼を葬った事実は、周囲に知れ渡っていたことでしょう。 鬼殺隊は政府公認組織ではないため、表立った表彰などはなかったはず。 ただそれでも 藤の花の家紋の家は、炭治郎たち鬼殺隊の面々のその後の面倒を見たと思われます。 大きな傷を負った剣士・炭治郎は、左腕と右目が不自由でも周囲に助けられて、妹の禰豆子とゆっくりとした生活を続けていったでしょうね。 ヒノカミ神楽の継承も難しく また炭治郎の左腕と右目の状況からすると、おそらくですが 炭治郎はヒノカミ神楽を体で再現することは不可能だったはずです。 それでも、もしかすると 炭治郎はヒノカミ神楽のやり方を文章で残していた可能性はあるのかもしれません。 善逸も鬼を倒した時のことを小説として残していたように、炭治郎はヒノカミ神楽を念のために記録として残していた。 古き平安の世に鬼が出たのならば、また今後に鬼が出ないとも限らない。 そんな想いからヒノカミ神楽の文書化を進めていたと思われます。 禰豆子に善逸が迫り続ける そして妹の禰豆子には、善逸が迫り続けたことでしょう! 最終回の205話で描かれていた、我妻善照(あがつま よしてる)と我妻燈子(あがつま とうこ)はそれぞれ善逸と禰豆子に似ていました。 ということは善逸と禰豆子が一緒になったということなのでしょう。 個人的には女好きな善逸は禰豆子ではなく、別の女性と一緒になって欲しかったかな?という気持ちもあります。 女好きな善逸は浮気でもしたのではないか?と思うと、禰豆子がかわいそうに思えるからです。 この辺りはどうだったのでしょうか? 想像にすぎませんが、具体的に物語が描かれなくて正解だったのかもしれませんね。 カナヲと交友を深める炭治郎 また炭治郎に恋をしていたのでは?とウワサされていたカナヲ。 最後に登場した204話では、目も全然見えないわけではないとのことでしたが、「全然見えないわけではない」というその言い回しはほとんど見えていないほど状態がひどいことを表していたと思います。 そんなカナヲは伊黒の鏑丸(かぶらまる)を不死川にもらったと言っていました。 この鏑丸の世話をカナヲと炭治郎が行っていって、2人はその後も交友を深めていったのかもしれませんね。 スポンサードリンク 炭治郎、カナヲと結婚! カナヲと付き合う炭治郎 美容院連れてくのもなぁ、と思って娘の前髪を切ったらまあ案の定ぱっつんになってしまったんだけど。 そして心優しい炭治郎は自分も右目が見えない中で、カナヲの不自由さを解消しようと何かと助けていたのかもしれません。 そんな炭治郎の優しさに触れて、さらに炭治郎に対する恋心が強くなっていくカナヲ。 そして徐々に心を開いてきたカナヲとの会話がとても楽しくなってきた炭治郎。 いつしか炭治郎もそんなカナヲに対して恋心を抱くようになったのかもしれませんね。 カナヲと結婚する炭治郎 そしてついに炭治郎がプロポーズする時が訪れます。 スパッとプロポーズを切り出す炭治郎。 炭治郎のプロポーズを涙で受け止めるカナヲ。 目に不自由さを抱えた二人の結婚に周囲は少し心配したかもしれませんが、禰豆子はとびっきりの笑顔で大賛成。 善逸や伊之助、冨岡義勇や鱗滝などの鬼殺隊の面々もそろって二人の門出が祝われたことでしょう。 また大正時代には新婚旅行も一般化していたそうですが、ただ二人は目の不自由さを抱えていましたし、藤の花の家紋の家々から助けをもらいながらの生活だったはず。 新婚旅行は心優しい炭治郎がしないことを決めたのかもしれません。 子供は2人できた そんなささやかな結婚生活を営んでいた炭治郎たちが子宝に恵まれることになります。 先に女の子が誕生。 そして2年後に男の子が誕生。 他の人を助けたいと願う野口英世は、心優しい炭治郎と気が合ったかもしれません。 そして意気投合して医療の将来を熱く語る二人の姿がそこにはあった。 そんな微笑ましい光景が大正時代に見られたのかもしれません。 スポンサードリンク まとめ 鬼滅の刃かっこいいシーンとかあるのにたまにこうゆうバラエティ感ある発言とか絵好きだわ〜😆 — けい kei1003oo ここまで鬼滅の刃の炭治郎のその後を考察してきました。 鬼殺隊の面々は最終回の一つ前の204話までしか登場していませんでした。 そのため炭治郎をはじめとするメンバーのその後については、現時点では何も語られてはいません。 ただ最終回の205話で、炭治郎など鬼殺隊の子孫であろう人の姿はチラホラと見ることができ、そこから炭治郎とカナヲが無事にゴールインしたことも予想されます。 また炭治郎は左腕と右目に不自由さを抱えることになりました。 その後の生計を立てるのに苦労したのかな?とも思ったのですが、鬼舞辻無惨を倒したという功績は世間一般からは評価されなかったとしても、藤の花の家紋を掲げている家々からはその大きな功績から様々な援助の手が差し伸べられたはずです。 そうした周囲からの温かいサポートの中で、炭治郎もカナヲも不自由なく生活できていたかもしれませんが、心優しい炭治郎だけに、カナヲの世話をする中でカナヲの目を何とかしようと、医学を学ぶようになるかもしれないとも想像しました。 炭治郎のその後については他にも様々な可能性があるとは思いますが、ここで最終回を迎えた鬼滅の刃の「炭治郎のその後」に関する考察を終わります。 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!.

次の

ケイハチロウ 札幌(すすきの駅/居酒屋)

炭八郎

本当に赤ちゃんだった時代のことね? 無惨の想い 「私にはいつも 死の影が ぴたりと 張りついていた 私の心臓は 母親の腹の中で 何度も止まり」 「生まれた 時には 死産だと言われ 脈もなく 呼吸もしていなかった」 「荼毘に付されようという際に もがいて もがいて 私は産声を 上げた」 「私は私が 強く念じてきたことを 必ず叶えてきた 実行してきた しかし一個体にできることは限界があった」 「産屋敷 お前の言ったことは 正しかったと 認めざるを得ない」 「生き物は 例外なく死ぬ」 「想いこそが 永遠であり不滅 確かにそうだった」 「殺した人間など 誰一人 覚えていない 肉体は 死ねば 終わり」 「だが どうだ 想いは 受け継がれ 決して滅ばず この私すらも 打ち負かしたのだ」 そこは赤子無惨の中のようです・・・。 炭治郎ーーーーーっ!! 富岡が隊士に叫びます。 「離れろーーーーっ!!」 瞬間、 陽の光が炭治郎に! 「ギャッ」 陽に焼かれる炭治郎。 苦しがり、バタバタと地面をのたうち回ります。 富岡は隠に言います。 「惚けるな 離れろ!!」 「でも 炭治郎が・・・」 苦しがる炭治郎。 富岡はさらに、 「動ける者ーーーっ!!」 「武器を取って集まれーーーっ!!」 その声は、愈史郎、善逸、不死川の手当てをする隠に届きます。 そして、 「炭治郎が 鬼にされた 太陽の下に 固定して 焼き殺す」 「人を 殺す前に 炭治郎を殺せ!!」 炭治郎の鬼化と鬼の王 日陰に隠れようとする炭治郎を、富岡は刀で突きさし止めます! そして、 「一瞬遅れたら 間違いなく 隠を殺していた」 「頼む このまま 炭治郎のまま」 「死んでくれ・・・!!」 涙を流す富岡!! しかし! 次の瞬間、 炭治郎の陽光灼けが止まります! 富岡に攻撃を加える炭治郎。 顎が吹っ飛ぶ富岡。 急展開過ぎて付いていけない・・・!! 仲間 次の一撃を炭治郎が加えようとした瞬間! 伊之助が止めに入ります。 「半々羽織りだぞ 仲間だぞ!!」 善逸も隠の手を借りながらその場に駆け付けます。 しかし、鬼化した炭治郎には言葉は届いていないようです・・・。 善逸が、 「嘘だろ・・・炭治郎」 「もうみんな戦えないよ ボロボロで こんなの あんまりだ」 「禰豆子ちゃん どうするんだよ 炭治郎」 しかし、 富岡と伊之助に襲い掛かる炭治郎!! 伊之助は想います・・・。 炭治郎の言葉を・・・、 「俺たちは 仲間だからさ 兄弟みたいな ものだからさ」 「誰かが道を 踏み外しそうに なったら 皆で止めような」 「どんなに 苦しくても つらくても 正しい道を 歩こう」 伊之助は、そんな炭治郎を思い出しながらも、 「俺が斬る 俺が止める 俺が・・・っ」 その時思い浮かぶ炭治郎の優しい笑顔・・・。 炭治郎の攻撃はすぐそこに迫っています・・・!!!! ここで終了です。 こんな展開か もう、こうなるんじゃないかな? と思ってはいましたが、まさか本当に・・・。 あのまま無惨が死ぬとは思えなかったです。 でも、 「炭治郎の鬼化」。 そして、生き残った 「仲間達の絶望」。 こんな展開になろうとは・・・。 しかも太陽を克服してしまう強さ。 もうね、チートですよ、コレ。 富岡の、せめて「炭治郎が人を殺す前に」って考え方がカッコよかったです。 冷静な判断で隠の隊士を助けたことで、炭治郎の殺人を止めてくれました。 あと最後の伊之助。 もう涙が止まりません。 「権八郎」でもなく、ちゃんと『炭治郎』と呼んでいましたね・・・。

次の

鬼滅の刃最終回・炭治郎のその後はカナヲと結婚しなかった可能性も

炭八郎

じわじわ来る。 大分、伊之助の呼び方にはまっているみたいですね。 笑 こうなると、どんな呼び方があるのか気になってきます…。 伊之助の言い間違い一覧! 本日4月22日は 嘴平伊之助の誕生日! 盛大に祝おうぜぃ!!! 🎉🎂 Happy Birthday!! 竈門炭治郎 これもアニメしかみてませんが、 炭治郎の歌が流れる回では号泣しました。 コミック読みてえ…. — ふじもん fujimonmonnn まずは炭治郎につけたあだ名を紹介していきます! かまぼこ権八郎 鬼滅の刃 4巻27話での言い間違い。 響凱戦の後、山を下る時に言いました。 笑 余談ですが、このあだ名が元で、 炭治郎、善逸、伊之助の三人、または、禰豆子を加えた四人のことを 「かまぼこ隊」と呼ぶようになったらしいですよ。 デコ太郎 鬼滅の刃 4巻29話での言い間違い。 那田蜘蛛山の序盤、 初めて伊之助と炭治郎が下弦の伍・累に会った後に言いました。 これは、前の頭突きを引きずっていますね…。 笑 紋次郎 鬼滅の刃 4巻30話での言い間違い。 同じく 那田蜘蛛山で操り糸の鬼編の時に言いました。 一文字違い…。 おしい! 健太郎 鬼滅の刃 5巻35話での言い間違い。 那田蜘蛛山で炭治郎がお父さん鬼に飛ばされた時に言いました。 さっきはすごい近くなったのにまた遠くなってしまった…。 笑 豚太郎 鬼滅の刃 5巻36話での言い間違い。 那田蜘蛛山でお父さんの鬼に一人で対峙するときに言いました。 どこから豚が出てきたのでしょう。 笑 三太郎 鬼滅の刃 8巻62話にての言い間違い。 無限列車編で汽車から投げ出された炭治郎を心配していいました。 もうこの辺になると、長い付き合いなのに…。 笑 惣一郎 鬼滅の刃 9巻76話での言い間違い。 遊郭編で炭治郎と待ち合わせしている時に中々来ないことにいら立ち言いました。 このころになると炭治郎といえるようになってきたのですが、また的はずれな言い間違いですよね。 笑 炭八郎 鬼滅の刃 12巻100話にての言い間違い。 遊郭編での戦いが終わり、 しのぶさんの屋敷で治療している炭治郎に向けて言いました。 しのぶさんの屋敷での機能回復訓練でカナヲに負け続けたときに言いました。 言われた善逸本人も負けたことがショックだったのか紋逸に改名しようかなといっていましたよ。 笑 寝ぼけ丸 鬼滅の刃 10巻88話にてのあだ名。 遊郭編で伊之助が炭治郎に「堕姫は自分と善逸に任せろ」という意味で言いました。 この時善逸は実際に寝ぼけていたので適当なあだ名ですね。 笑 紋壱 鬼滅の刃 11巻91話にての言い間違い。 遊郭編で上弦の陸・堕姫を炭治郎、善逸、伊之助の三人で仕留めようとしたときの間違いです。 善逸の欠片もありませんね。 笑 最初の方が近いし…。 伊之助が那田蜘蛛山でお父さん鬼に殺されそうになった時に登場し、 鬼の頸を斬った義勇さんに向けて戦いを挑んだ時に言いました。 これは、見たままのあだ名ですね。 岩柱・悲鳴嶼さんの強化訓練で仲間と食事をしながら語っていた時に着けたあだ名です。 シンプルながらじわじわ来ますよね。 笑 数珠のオッサン 鬼滅の刃 197話にてのあだ名。 無惨戦で無惨に向かって 「亡くなった仲間の命を返せ」と言った時のあだ名です。 こんなあだ名をつけても泣きながら、無惨に「命を返せ、償え」と言っているところは過ぎ感動しました。 以上が伊之助がつけたあだ名と言い間違いでした。 すごいたくさんありますよね。 なお、 大正コソコソ話によると、 7回に1回は正しい名前を呼べるそう。 確かにちょびちょび炭治郎と善逸のことは呼んでいましたもんね…。 本当に色々な呼び方していますよね。 笑 特に炭治郎のバリエーションの多さには驚きましたよ、ほんと。 しかし、言い間違いの経過を見るのも楽しいです。 更に、悲鳴嶼さんにまであだ名をつけているのはさすが伊之助って感じですね。 笑 本人にばれたら無言で睨みつけられそうな…。 このように、面白いところがたくさんある伊之助。 今後どうなっていくか楽しみですね!.

次の