ほこりとり。 【楽天市場】(送料無料)(まとめ買い)フィルたん アレルブロック ホコリとりフィルター 屋外通気口用2枚入(×8個)アレル物質・花粉対応(メール便配送不可):東洋アルミエコープロダクツCUQ

ほこりを溜めない部屋を作る!ほこりの掃除方法と予防方法

ほこりとり

洗濯物の糸くずの正体 そもそも洗濯機は洗濯物をきれいにするものなのに、たたむときに出現する糸くずの正体とは一体なんなのでしょうか?その原因からひも解いていきましょう。 洗濯物の糸くずの正体1:ほこり 洗濯物についている糸くずの多くはゴミやほこりからきています。 服などに小さなゴミがついたまま洗濯されてしまうので、水分を含み衣類に残ってしまうのです。 これを防ぐためには、洗濯機に入れる前にゴミやほこりがついていないか全体をチェックしてみましょう。 このひと手間だけでもイライラが少し軽減されます。 洗濯物の糸くずの正体2:糸くず 次に厄介なのが、どこから出てきたのか分からない糸くずです。 この糸くずの正体は一体なんなのでしょうか? タオルや毛足の長い衣類が、洗濯機の中でこすれあうことで、ほつれ、絡み合い、糸くずになって衣類についてしまいます。 糸くずの衣類への付着を防ぐためには、くず取りネットが効果的です。 洗濯機に設置するだけで、水面に浮いてきた糸くずを、このくず取りネットがキャッチしてくれます。 糸くずが気になる人は、くず取りネットを付けてみましょう。 洗濯物の糸くずの正体3:洗濯槽の汚れ 最後は、衣類ではなく洗濯機に関するものです。 洗濯機は使う頻度が多く、洗濯槽の中は汚れが溜まってしまっています。 この汚れが洗濯のたびに剥がれ落ち、衣類についてしまいます。 洗濯槽は専用のクリーナーを入れるだけで簡単にお掃除ができるので1ヶ月に1回を目安にお手入れをするようにしましょう。 糸くずを取る方法1:コロコロで取る 目に見えるような大きな糸くずなら手で取れますが、無数にある場合、手で取りきることはできません。 そんな時には、粘着シートがついている通称コロコロを使い、粘着部分につけて取り除きましょう。 糸くずを取る方法2:エチケットブラシで汚れを取る コロコロでとっても取り切れない微細なものは、エチケットブラシで汚れを拭き取るようにして丁寧にブラッシングして取り除きます。 100均でもさまざまなサイズのエチケットブラシが売られているので、1個持っていると便利ですよ。 糸くずを取る方法3:スポンジで吸い取る もうひとつ、微細なゴミに有効なのがスポンジです。 柔らかい面を生地にあててこすってゴミを取り除きます。 その際、 小さいスポンジだと力が入り過ぎてしまい生地を傷めてしまうので、大きめで柔らかいスポンジを使うのがポイントです。 洗濯物に糸くずをつけない方法 糸くずの正体と対処法、そしてついてしまったゴミの取り方を見てきましたが、できることならこれらのゴミはつけたくないものです。 そこで、ここからは、洗濯物に糸くずをつけない方法について考えてみたいと思います。 洗濯する前にゴミを取る 洗濯物についてしまう糸くずの原因は、小さなごみやほこりなので、洗濯する前にゴミを取るだけでも、糸くず対策には有効です。 洋服を脱いだらそのまま洗濯機に入れるのではなく、全体を確認して取れるものは取ってから洗濯機に入れます。 毎回確認するのが大変という人は、洗濯用のかごを作っておき、洗濯機に入れる際にチェックしていきましょう。 洗濯ネットを使う 洗濯ネットを使っている人も多いかも知れませんが、衣類に応じて使い分けをしていますか?「洗濯ネットって下着用なのでは?」と思ったあなた。 洗濯ネットは衣類に応じて使い分けると、洗濯に関するさまざまなトラブルを解消することができます。 例えば、衣類に糸くずをつけたくないなら、1枚ずつ洗濯ネットに入れてもいいですし、大きめのネットなら数枚一緒に入れて洗えばゴミもつきません。 絡まないので衣類を傷める心配もないので嬉しいことだらけです。 お気に入りの洋服などは個別に洗濯ネットに入れて、洗濯ネットを有効活用しましょう。 Amazonの情報を掲載しています 繰り返しになりますが、洗濯槽の中は想像以上に汚れています。 洗濯槽の掃除といっても、お水を溜めて洗濯槽用のクリーナーを入れ、数時間放置した後、通常の洗濯と同様、標準コースで洗濯機を回すだけで掃除が完了します。 いろいろなタイプの洗濯機クリーナーが販売されていますが、おすすめは除菌・消臭効果があり、活性酸素の力で99. 「もう何ヶ月も洗濯槽を掃除していないかも」と思った人は、早速使ってみましょう。 洗濯物に糸くずをつけない対策グッズ 洗濯機の性能が年々多機能化しているのと同じように、糸くず対策グッズも多様化しています。 ここからは、糸くず対策に便利なグッズをご紹介していきたいと思います。 くず取りネット洗濯ボール Amazonの情報を掲載しています こちらの洗濯ボールは、衣類の絡み防止用ですが、衣類が絡み合い、生地がほつれ、糸くずが出るのを防ぐ効果も期待できるのです。 衣類からゴミを出さないようにするアイテムとして、くず取りネットと併用してみてはいかがでしょうか。 洗濯物の糸くず対策に便利な100均グッズ 次は、生活用品の強い見方、100均の糸くず対策に便利なグッズを見ていきましょう。 大きさとデザインで選ぶ洗濯ネット ほこりや糸くず、小さなゴミもつけたくない人におすすめなのが、大きさとデザインが豊富な洗濯ネットです。 1枚ずつ入れてもいいですし、大き目サイズにまとめて入れるなど使い方もあなた次第。 掃除が面倒な人は、100均の洗濯ネットを使い分けて糸くず対策をしてみてはいかがでしょうか。 くず取りネット フックで洗濯機に引っ掛けるタイプのくず取りネットは、汚れたら新しいものに買い替えるなど、なんといってもリーズナブルなのが魅力!100円なので毎月交換しても、掃除をする手間を考えたら安く済むかもしれません。 洗濯ボール 100均にも洗濯ボールはあります。 こちらの洗濯ボールは糸くずやほこりをからめ取ってくれる優れもの。 試す価値がある一品です。 まとめ 洗濯物の気になるゴミの正体は、ほこりや衣類の繊維が原因です。 正体が分かれば対処法も変わってくるので、フィルターやネットを活用しながら、糸くず対策を実施してみましょう。 ちょっとした手間で、あのたたむときのイライラが軽減できるのでぜひ試してみてください。

次の

ほこりを溜めない部屋を作る!ほこりの掃除方法と予防方法

ほこりとり

車の中って、意外とほこりが溜まっている って こと、ご存知ですか? 泥や砂はもちろん、花粉やPM2. 5など、目に見えないほこりが、入ってきています。 お部屋のお掃除は定期的に行っても、車内の掃除って、いつ行ったか覚えてないほどではないでしょうか? 帰省をする春休みや夏休みなど、使用する頻度や時間が長いほど、汚れているのです。 もちろん、そうでない人も、綺麗にしておくだけで気分も上がりますよ。 自分が出来そうなお掃除から、はじめてみてはいかがですか? 目次• 車内掃除の頻度って? 以前まで、車のお掃除って言えるほどのお掃除って、正直全くしていませんでした 笑 自分が、毎日車に乗るようになり、車中の臭いや足元のゴミが気になり始め、少しずつお掃除を心掛けるようになりました。 特に、長距離運転した後、後部座席の子どものお菓子の食べかすがひどいものでした!? 掃除する事で、たくさんのほこりが隙間にあることに気付いたのです。 それを機に、まずは、ガソリンを入れに行くときに、ちょこっとお掃除から始めてみました。 うちの車は、月2回ガソリンを入れに行くため、それを定期的なお掃除日と決めました。 あとは、ちょっとずつちょっとずつです。 とにかく、長く続けるためにも、出来る範囲でするようにしています。 定期的な簡単なお掃除項目• 車内のゴミを捨てる• 簡単にほこりを取る(目につく場所) 時間がある時のお掃除項目• スタンドに置いてある貸しタオルで、ダッシュボードや窓ガラスを 簡単に拭く• 「簡単に」が合言葉です。 これが、お掃除頻度が長続きできる一番の秘訣だと思います。 掃除機じゃダメ? 出典: 一般的には、普通の掃除機の使用でもいいと思います。 しかしながら、少なからずデメリットもあることを頭に置いておきましょう。 自分の許容範囲を把握した上で、使用してみることをおすすめします。 家からコードを引く場合、延長コードが必要となる• 掃除機自体が大きいため、作業効率が悪い• コンパクトで、作業効率がよい• 出費がかさむ 車用ほこり取りの種類って? 車用ほこり取りの種類って、本当にたくさんあります。 ちょっとした隙間時間にできるアイテムや自分の性格にあったアイテムを味方にして、お掃除を楽しみましょう。 ちょっとした隙間時間に使える• 取っ手付きを選ぶと、手が汚れない• モップタイプよりは、ほこりが立ちにくい• ピカっときれいにできる• 直に持つため、手が汚れる• ほこりがつく原因は静電気! 車内を清潔にしていても、いつの間にかほこりがくっついている…。 その原因は静電気です。 静電気といえば、下敷きで髪の毛をこすったり、車ならドアを開けようとした時にバチッとくる印象がありますね。 いずれも物同士の接触で発生しているのですが、車内も座席に座ったりハンドルを握ったり、さらには洗車したりと摩擦が置きやすい環境。 それゆえ、静電気が発生しやすくなっています。 静電気の発生している車内では、座席などにに生じている電気がプラスに偏りがち。 一方ほこりはマイナスの電気を帯びているため、プラスとマイナスの電極が惹かれあう形でくっついてしまうんです。 ゆえにどんなに掃除を徹底しても、ほこりがつきやすくなってしまうというわけ。 静電気対策が重要な鍵! つまりほこりを予防するなら、静電気対策が必要です。 対策グッズは様々な種類がありますが、人用・車用など用途が違うのでうまく使い分ける必要があります。 車内の静電気を逃がすなら地面とをつなぐグッズで対処 静電気対策グッズは色々ありますが、特に車と地面とをつなぐアースの役割を果たす商品がおすすめ。 車はタイヤのみが地面に接しており、車体は空中にあるため、たまった静電気を逃がすことが難しいのもほこりをためやすい原因。 ゆえに外から車と地面とをつないで静電気を逃がしてあげましょう。 ユキトレーディング アースベルト リヤバンパーから地面へ放電 ユキトレーディングのアースベルトがその1つ。 リアバンパー部分に取り付けることで地面へと静電気を逃がしてくれます。 ただ設置時に車にネジ穴を空ける必要があること、きちんとつけないと効果を感じにくいケースもあるので、心配な方は整備工場などに相談してみましょう。 水で地面に静電気を流しやすく また洗車時のケアでおすすめなのが、地面に水をまくこと。 水を伝って静電気が地面へと流れやすくなるので、洗車中の摩擦で静電気が発生しても、車内に留まりにくくなります。 利用者が静電気を貯めていないかチェック! 車内に静電気がたまるのは、もしかしたら利用しているあなたが原因の可能性も。 静電気を帯びた人が利用することで、車に静電気が発生することもあるんです。 車だけでなく人の静電気対策も行うことで、車にほこりをためるリスクをより下げることができます。 ほこり取りシートで傷がつくってホント? 自分の愛車に傷がつくなんて、とても気になる点ですよね!? しかし、どんなにやわらかなシートで丁寧に拭いても、少なからず傷はついてしまうのです。 その傷を最小限にとどめるためには、 汚れている上からの、拭き掃除は控えた方が賢明です。 そのため、ほこりを叩いたり、掃除機で吸ってから、拭くように心掛けています。 お掃除で、きれいになっても、掃除で傷つくなんて、嫌ですもんね。 自分自身の許容範囲と相談しながら、掃除方法や掃除アイテムを探しましょう。 車用ほこり取りを選ぶときのポイントって? 自分の性格に合っているかどうかの見極めが大切です。 メリットをつくって、やる気を奮い立たせることも大切です。 長く続けるためには、自分の性格にあっていることが、一番の近道となるでしょう。 繰り返し使用できるものを選びましょう• 使い捨てのアイテムを使うことを、おすすめします• 簡単な作業の方が、掃除を継続することが可能となるのです。 ダイソンだけに、お値段が高いことはご存知の通りです。 しかしながら、ダイソンの 吸引力の凄さはこのお値段を持っても、おすすめなのです。 こちらは、コードレスということで、車内掃除も簡単に可能となりました。 車内掃除を考えて、設計されているため、コードレスでノズルの付け替えだけで、今まで吸引が届きにくかった場所のゴミも取り除くことが出来るのです! 何度も言いますが、 強い吸引力で、小石や泥までも吸引できる点が魅力です。 強い吸引力をお望みの方は、ぜひとも、まずはこちらをお試ししていただきたいのです。 吸引力に妥協を許さない人なら、なおさら、安いものを何個も購入するより、はじめからこちらを1個購入する方が、はるかに安い買い物となるはずです。 手に届く場所に置いておき、気付いた時にお掃除でき、隙間時間を無駄にしません。 掴んだゴミは、掃除機で吸い取ることで簡単に除去できるため、メンテナンスも簡単で、何度も繰り返し使用できる点が経済的です。 私は、おうち用として使用していて、とても気に入ったので、車用に、もう1つ買い足しました。 から拭きでも使用可能ですが、濡らしても使えます。 クリーナーは水洗いできるものから、水洗い不可のものまでありますが、日ごろのお手入れは、使用後のゴミをすて、細かいほこりなどをざっくりと拭いて取り除けばよいのですが、定期的にフィルターのお手入れが必要となります。 マイクロファイバークロスは細かいほこりもからめとることができ、クリーナーも傷つけません。 レックのマイクロファイバークロスは、カラフルで10枚もの大容量なので、色ごとに使い分けることも出来ます。 RINREI 車内艶出し PoliXコート これまた、アマゾン ベストセラー第1位 ほこり取りと言えば、車の中のほこりだけではありません。 これは、エアコンの内部がきれいにお掃除できていないため、カビなどが発生した時の臭いなのです。 クリーンエアフィルター交換と同時施工が可能です。 拭き掃除の様に、簡単にはできませんが、一度、試す価値はあると思います。 プロに依頼すると高額になるため、このようなアイテムを使う事で綺麗になれば、家計にも優しいお掃除方法ですよね。 雨の日の運転中に、フロントガラスの視界の悪さに気付いたんです!? 急な雨で、避ける場所もなく、前に進むしかありませんでした。 外側は、激しい雨がフロントガラスを打ち付け、内側は子どもの手あかや油、以前の拭きムラが膜のようになり、外が見づらく、事故を起こさないよう、細心の注意を払いながら運転しました。 あの経験をしてからというもの、定期的にフロントガラスのお掃除をするようになりました。 急に雨が降り出してもおかしくない梅雨時期の前には、必ず行うことにしています。 窓の内側が曇った時や子どもの手あか汚れが気になった時、気軽に使え、汚れをためずOFFでき、掃除のハードルも、低くなるはずです。 新車のように戻った愛車でドライブを 出典: いかがでしたか?自分に合うお掃除アイテムを見つけることができましたか?気軽に、隙間時間で自分に出来るお掃除から、始めてみてはいかがでしょう。 これから、暑くなってきて、海に山に、車を利用する機会が増えてくる時期でもあります。 せっかくなので、きれいな車内で、快適に過ごしたいですよね。 自分の愛車を大切にきれいに保つことで、楽しく運転できるはずです。

次の

洗濯ものの糸くず対策には100均がおすすめ。対策と便利グッズを紹介

ほこりとり

ほこりは何からできているのでしょうか? 冬場、あまり窓を開けない時にもほこりは部屋にたまるので、外から来るものだけでは無さそうです。 ほこりの原因の一つは、「洋服の繊維」があげられます。 特にウールなどの毛羽立つ素材は、着たり脱いだりするだけで細かい繊維が床に落ちるのです。 外から帰ってきた時には、洋服の繊維にゴミがくっついたものも部屋に入って来ますから、服の繊維だからといって清潔なわけではありません。 「ティッシュペーパーやトイレットペーパーが細かくなった粉」も、ほこりになります。 特にトイレのペーパーホルダーやトイレの床は、こまめに掃除をしないと細かい紙でできたほこりがたまりがちです。 ほこりの中には、「髪の毛」や「皮膚」もあります。 髪の毛以外の体毛や、背中がかゆい時にかいて落ちた皮膚のカケラなど、ちゃんと毎日お風呂に入っている人でも、産毛や皮膚は床に落ちているのです。 あまり考えたくありませんが、ダニやノミといった小さな「虫の死骸や卵」「虫のフン」もほこりの中に含まれています。 家の中にネズミやハクビシン、アライグマなどの害獣がいる場合は、特にダニやノミが発生しやすい状態になっているので、ほこりの中に虫の死骸やフンも多く含まれます。 病気の元となるような「菌」や「花粉」も、ほこりの中に含まれています。 窓を開けるとどうしても花粉は入ってきてしまいます。 そして、目には見えませんが「ウイルス」や「細菌」もやってきます。 これらがほこりの中に交じる可能性も十分にあります。 家の中で発生した「カビ」も、ほこりの一部です。 カビは胞子をばら撒くことで増えていきますので、梅雨時などカビやすい時期には、胞子がほこりの中に入っています。 外から来る砂や土、植物の種といったものも、部屋に入るとほこりになります。 ほこりはグレーのフワフワした物体に見えますが、このような様々なものが組み合わさってできているのです。 普段、床に落ちているほこりは、最初は壁にくっついています。 ほこりは静電気で壁にくっついています。 試しに、懐中電灯でドアや壁を横から照らしてみましょう。 思った以上にほこりがくっついていますよ。 絨毯の上を歩くだけで、床と自分の間で静電気が生じますし、風が吹くだけで静電気が生じます。 ほこりは静電気が大好きなので、次々と仲間が集まって塊になるというわけです。 壁についたほこりは、他のほこりとくっついて少しずつ大きくなっていきます。 そして大きくなったことで重くなり、床に落ちるのです。 一度は床に落ちたほこりですが、そのまま床にとどまっているわけではありません。 人が移動したり風が吹いたりすると、再び舞い上がって壁に付着する場合もあります。 そして再び床に落ちるという繰り返しで、ほこりは大きく塊になっていくのです。 ほこりを無くすには、壁にほこりを付けなければ良いことがわかりました。 ほこりは壁に(静電気)でくっついているので、壁の静電気を「除電」すれば床のほこりも自然と減ります。 市販のグッズで手軽に除電できるのが、パソコン用の静電気用ブラシやハケです。 これらは「除電ブラシ」と呼ばれているものですが、ホコリをブラシに集めると同時に、静電気も除去してくれるというグッズです。 掃除した後、ゴミ箱の上で軽く振ったり、水で手洗いすればほこりをブラシから取リ除くことができます。 ブラシに使われているのは導電性の繊維で、ホコリと同時に静電気を取ってくれる優れものなのです。 また、「金鳥 サッサ」や「レック 激落ちクロス」のような化学ぞうきんでも、ほこりと除電を同時にできます。 拭き続けているうちに、除電の効果が見られなくなったら気軽に新しいぞうきんと取り替えられるのも便利ですよね。 市販の除電グッズを購入しなくてもお掃除に柔軟剤を使用するだけで、ほこりを寄せ付けない「魔法の雑巾」を作ることができます。 除電してくれる「魔法の雑巾」は、ほこりは壁からやってくる特集で話題を呼んだ「ためしてガッテン」の番組内で取り上げられました。 除電雑巾の作り方は簡単です。 水に柔軟剤を入れて雑巾をひたし、その雑巾を完璧に乾かして使うだけです。 柔軟剤の分量は、それぞれの柔軟剤に指定されている分量でかまいません。 柔軟剤入りの水に浸けた雑巾は、必ず乾燥させて使いましょう。 濡れたまま使用してしまうと、拭いた所が湿るので、そこにほこりが集まりやすくなってしまうからです。 除電してくれる柔軟剤にひたした雑巾で、壁や床、ドアや棚などを月に一度拭くだけで、家の中のほこりが劇的に減少しますよ。 柔軟剤は人によっては苦手な方もいるので、試しに部屋の一角で使用して、家族の反応を見てから家全体に使用するようにしてください。 家族がアレルギーやぜんそくを患っていると、どのような掃除機を使用すれば良いか悩んでしまいますよね。 掃除機をかけると掃除機の排気で吸われなかったほこりや、壁のほこりなどが数時間部屋の中を舞ってしまいます。 舞い上がったほこりは、部屋の中を6時間以上フワフワと飛んでいるので、朝掃除をしても夕方には床にほこりがあるのはそのためです。 掃除機の紙パックの中には、ダニや花粉を排気として出さずに、紙パックがキャッチしてくれるものがあります。 そのような工夫がされている紙パックであれば、掃除機で吸った細かいほこりが、再び掃除機から出ていってしまうことはありません。 また、掃除機を選ぶ時には、紙パックにシャッター機能がついているものであれば、紙パック交換の時にほこりを吸い込んでしまう危険性も少なくなります。 家の中にほこりが入ってくる原因の多くは、足元からです。 一見、足元には何もついていないように見えますが、靴や靴下、ズボンのスソには、地面の土ぼこりや汚れ、植物の種や葉など、さまざまな汚れがついています。 例えば離島など、自然環境を守らなくてはいけない場所に上陸する時には、靴の裏を洗浄してから入ります。 そうでないと、外来種の種や病原菌が入ってしまい、中の自然環境が破壊されてしまう危険性があるのです。 家に帰ったら、部屋の奥に行く前に靴下を早く脱いだり、玄関でズボンのスソにブラシをかけてから部屋に入る習慣をつけましょう。 また、今日はいた靴は今日のうちに靴みがきをして、足元のほこりを家の中に入れない工夫をするようにしてください。 部屋の中のカーペットやラグは、目に見えにくいのですがほこりが蓄積されています。 フローリングであれば床の上のほこりは目に見えますが、カーペットやラグは毛の間にほこりが入り込んでしまうので発見しにくいのです。 特に、玄関マットは外からのほこりが入ってくるので非常に汚なくなっています。 トイレマットも、トイレットペーパーの紙の繊維や尿の飛沫が繊維の中に入り込んでいます。 敷物やマットをこまめに洗ったり、掃除機をかけたりすることも大切ですが、本当に必要のある場所だけ敷物やマットを置くようにしましょう。 習慣で置いているだけであれば、マットを取ってしまったほうが掃除もしやすく、ほこりもたまらなくなりますよ。 今回は、ほこりの掃除方法について調査しました。 ほこりは静電気で壁についたほこりが床に落ちてできるので、床掃除の前に壁掃除をしなくてはいけないことがわかりました。 壁やドアの掃除は、床掃除ほどは頻繁にしていない家庭が多いので、これからは壁掃除にも気をつけたいですね。 市販の除電グッズや、柔軟剤にひたした雑巾を乾かしたものを使用することで、静電気を除電してほこりがつきにくい壁や床になります。 除電のためのお掃除を月に一度するだけで、ほこりに悩まされなくなりますよ。 また、ほこりを家の中に入れてしまう原因は、靴やズボンのスソ、スーツのスソについてくるほこりやゴミだということもわかりました。 花粉症シーズンになると、服をはたいてから家の中に入る人も多いと思いますが、上半身以上に下半身をはたくことが必要ですね。

次の