コロナ ナンパ。 コロナ禍の新世界ナンパについて(ナンパ市況)

【解説】 セックスと新型コロナウイルス、知っておくべきこと

コロナ ナンパ

これを書いているのは4月26日です。 状況は刻一刻と変化しますので了承ください。 これはとある密室で行われた会話である 3密ではあるが4密ではない 〖登場人物〗 ・ナンパ柱煉獄流星 路上ナンパ歴20年以上。 長年街と人々を見てきたしょうもない小デブの小じさん。 ・講習生マラ次郎 一般的な講習生。 今回のリスナー。 マラ次郎「本日はコロナ世界のナンパについて話して頂けるという事で、よろしくお願いします」 煉獄流星「よろしくお願いします」 マラ「早速ですがコロナ禍の今、ずばりナンパに出るべきでしょうか?」 流星「私は生徒達にも出ろとも出るなとも言っておらず、人それぞれ立場や思惑があると思うので強制するようなスタンスはとっていません」 流星「これは最初から言っている事ですが、うつして困る人がいる、コロナに罹っては困る立場や責任がある人は今は出るべきではないでしょう」 流星「自分一人の責任でコロナになっても問題がないのなら後は自己責任の世界です。 コロナで死なないと思うなら出ても良いと思うし、何らかの疾患を持っているなどコロナで死ぬ予感がする人は出ない方が間違いがないでしょう」 マラ「流星さん自身はコロナ禍でもたまに街に出ているようですが、今出る意義や何らかの優位性はあるのでしょうか?」 流星「んー、私がナンパ関連のコンテンツビジネスをしていなければ、今時期は積極的に出なかったのかもしれません。 私の立場は今の状況を踏まえた戦略や対策、街の状態や女性の心理のうつりかわりをファンに伝える事が自分の仕事だと思うので、その気持ちで出ている部分が強いですね」 マラ「流星さんは変なところで真面目なところがありますよね笑」 流星「優位性というわけではないですが、筋トレと同じでサボればその分衰えるのは間違いないでしょう。 修行が進んでいる人なら即日すぐ元に戻りますが、修行が進んでいない人なら元の状態に戻すまで時間がかかる人も多いと思います」 流星「また若い人ならそんなに変化はないと思いますが、36歳以上年を取っている人ほど一旦油断してスト値を下げてしまうと、元の状態に戻せない、中々戻らないという現象も起きると思います」 マラ「なるほど。 アフターコロナ時代に以前のように女遊びしたければ、自粛していても衰えないようにしないといけないですね」 流星「男性に限らずコロナデブとかコロナブスという言葉も今後出てきそう笑」 マラ「酷い笑(この人もデブ化してるから人の事言えないのに…)」 マラ「多くの人が気になっているコロナ禍ナンパでの注意、気を付けるべきことなどはありますか?」 流星「これは街によりますが、人が減っているということはローカルに行くほど目立つという事。 なので警備員や自警団的な人にナンパを注意される可能性、当局からの職質などに注意しなければいけません。 より周囲の目を気にした立ち振る舞いを身に付けるのが一つ」 マラ「確かに注意されるとモチベも下がりますし、狭い街だと今後出にくくなるのも嫌ですね汗」 流星「あとこれはかなり大事な事だけど、マスクしている人が増えているコロナ期だからこそのババアリスクもある」 マラ「最近叫んでいるGKK(じっくり観察して顔見て帰る)ですね笑。 確かにあります笑」 マラ「見極めのポイントはありますか?」 流星「まあ、筋だな」 マラ「筋、ですか?」 流星「これは年齢層が高いローカルストで鍛えられた能力だけど、遠目からでも筋ばってるのがわかるのが特徴だな。 講習生が「流星さんあれどうですか?」とか言われた時なんかは」 流星「よく見ろ!筋筋だろ!!」 流星「とか叫んでたな。 よく講習生に「女に聞こえますって!」って注意されてた気がするわ笑」 流星「具体的には首筋、手、肘、膝、膝裏、足首、太ももなどが筋張ってたらアウトだな」 画像は全て拾い画です 流星「一見髪色服装で若そうに見えても、こういうところの筋をきちんとチェックすれば顔を見なくても20半ばから後半のおばさんだなってのがわかるようになる」 画像は全て拾い画です マラ「なるほど。 勉強になるけど酷い笑」 流星「服装で全部隠しているやつもいるから、ファッションが若い子向けのデザインじゃないとか、カバンや髪の艶とか見るべきところは沢山ある。 後は服装で誤魔化されたけど目元が動いた瞬間にけっこう歳だなって感じて慌てて逃げるパターンもある」 マラ「OUですね笑」 流星「センスない講習生とかが「流星さんあれ!」とか言うからうっかり近づいて…」 流星「お~、お…う、うわーーーー!!」 慌てて講習生の元に戻る流星 「あいつヤベーーーーッ!!!!」 マラ「それホント聞かれてますって!笑」 流星「よーく顔見てから引き返すスト師を見た時、女ってどう思ってるんだろうね?」 マラ「YKB発生ですね。 けど、単純に失礼だと思いますよ笑」 流星「後は時間だね。 コロナ期は早い時間が勝負。 過去形だけど都内は夜8時には人がはけていた。 今は底を抜けて状況がよくなってきたからわからないけど、ローカルとか深夜は夜かなり厳しいと思う」 マラ「コロナ時代は昼ストになると」 流星「単純にタゲがいるかいないかだから、遅い時間でも自分が好きなタゲがいるならアリだし、いないなら運ゲーになるから無駄感も強くなる」 流星「正直30分に1声できなければ無駄感が強い。 仲間と話すとか若いならいいけど、歳を取るほど時間価値が高くなるから、時間の無駄を気にする人は多いと思う。 老い先短いから」 マラ「年寄みたいですね笑。 30分に1声できないなら出る価値がないって事ですね」 流星「正直今までいた客引きやスカウトがいなくなっている街は厳しいと思う。 それくらい人が歩いていないって事だし全国の数十万人以下の都市の繁華街はゴーストタウン化してる可能性あるね」 マラ「ゴーストタウンストですか…メンタルの修行にはなるかもですが無駄感は強いですね汗」 流星「1時間1声みたいな状態だとネトナンでしっかり人間関係作って会うみたいな感じにして、基本は家で好きな事してた方が良い時間の使い方かもしれないね。 QOLってやつ」 流星「ゴーストタウンでのストは5声の世界だと思った方が良いね笑」 マラ「こないだそれで2声や数声とかで普通に即ってましたね汗」 流星小声(監視されてるから余計な事言うんじゃねーよ!ブツブツブツ…) 流星「5声の世界になったら1声入魂が大事かもね。 多少のガンシカでもいつもより粘るとか。 あとは単純に確率を上げる努力だね。 そういうのも含め毎月リアルタイム配信してる恋愛道場には沢山ヒント書いてあるんだけど」 マラ「コロナグダ崩しについてのサービス記事とかも凄かったです。 一般的なnoteでよく見る架空のやりとりのグダ崩しとは次元が違う世界でした汗」 流星「あと単純に雨の日はダメだね。 元々いない客足が更にいなくなる的な。 土日は今までダメだったけど26日(日曜日)現在は天気もいいしけっこう人が出てるしタゲもいるぽい。 天気が良く、早い時間に狙って出る感じだね。 なんか釣りっぽいよね笑」 流星「あ、大事な事も忘れてた。 この時期外歩いてる女の質ね。 基本風俗とパパ活女は年中無休のコンビニ営業だから、コロナ期はこいつらに当たる確率が高い」 マラ「いかにもコロナリスク高そうな女性達ですね汗」 流星「そうそう。 この時期コロナに罹りたくないなら、濃厚接触しまくってるパパ活風俗、ヤリマン層は避けた方が良いね。 連れ出してからヒアリングしてやるかやらないか決めた方良いよ」 流星「そういう意味では今時期ネトナンで不特定多数と会ってる女もコロナリスクは高いと言える」 マラ「キープだけと遊んでいた方が良いですね汗」 流星「そうかな?むこうの生活を逐一チェックできてるならいいけど、出社してるとか電車乗ってるならキープだろうがコロナリスクは関係なくあるよ。 俺ならこの時期キープいても会わないと思うわ。 無駄にコロナ貰うリスク高くなるだけだし(新規じゃねーし)」 マラ「キープは大丈夫と信じたい泣」 流星「その考えもそもそもみんな間違ってると思うけどね。 ほんとに自粛してずっと家にいるならいいいけど、身近だから大丈夫だろうって考えはどうかな。 なら身近な人にコロナを移されるなら納得するのか、知らない人に移されたら納得しないのか」 流星「個人的には魔女狩り思想を辞めて、もし誰からうつされても仕方がないと思った方が良いと思うけどね」 流星「こういう時は自粛ストレスとか同調圧力が強いから、みんな攻撃対象を探したがるよね」 マラ「SNSでもよく政府批評とかしてますよね」 流星「俺らの世界だと遊んでる人が自粛してる人を馬鹿にしたり、自粛してる人がナンパ出てる人を責めたり、そういう単純思考になってしまうのはよくないよね」 流星「人それぞれの立場や考えがあるから、リスクと楽しいのバランスを取る事が大事だと思う」 マラ「確かに。 街に人が戻ってきているのも自粛に飽きたり、もう諦めてる人もいるのかなと思います」 流星「自分はそうしてるけど、ストレス発散でコロナがいない山奥とかに行けばいいと思うよ。 今ってコロナ禍だっけ?という気持ちになるしコロナとは無縁の世界。 家にずっといてると誰でもストレスがたまると思うよ」 マラ「コロナ禍ではより自分との闘いになりそうですね汗」 流星「個人的には歴史的な瞬間だから、こういう時の人々の心の動き、街の変化、光と闇の部分などなど、しっかり記憶に残したいと思うよ」 マラ「まとめると周りをよく見る、筋をチェックする、天気と時間帯、女性の質に気を付ける、の4つに気を付けるですね」 マラ「最近はzoomなどのオンラインチャットも流行っていますが今後どうなるのでしょうか?」 流星「そんなんしらんわ笑」 流星「しかし、生まれてからオンラインで仮想世界が当たり前の若い層とは違い、今までリアリティの世界で生きてきた人達が希薄なオンライン上の関係で我慢できるとは思えない」 流星「リモートワークになった事で今までいかに無駄な圧力を掛けられてきたかわかった人もいると思うし、こういうご時世だから同調圧力を強く感じた人もいると思うし。 田舎の講習生はコロナになったら魔女狩りみたいになるって言ってたし、職業差別の話しもSNSで見るよね」 流星「SNSも普段よりも殺伐としると思うし、人々のいつもとは違う面を見れるかもしれないし、色々なものが浮き彫りになるんじゃないかと思うね」 マラ「普段見れない人の本質も見えると」 流星「安易に流されずに冷静になる事だよね。 11の時も混乱に乗じて詐欺とか騙す人が一時増えたし。 変に美味しい話とか注意だね」 流星「今まではどんどん希薄な関係性になっていく世界だったけど、今回のコロナによってリアリティの見直しもおこるんじゃないかと思う。 女性の価値も変わると思うし」 マラ「女性の価値が変わるという認識はみなさん持ってますよね」 流星「パパ活女子も以前より捕まらないと嘆いていたし、不景気になれば男の金払いも悪くなる。 キャバクラとか夜系の店に客が来なくなると生活困る女の子とかも出てると思うし」 マラ「普通の仕事でも女性は真っ先に派遣切りやシフト減らされたり大変ですよね」 流星「一言でいうとざまあっていう状態になってるよね。 今までが明らかに女の価値が異様に高騰していておかしな世界だったから、ここで一旦壊れてくれるとタダマン狙いの密漁・値切り業者にとっては助かるよね笑」 流星「今まで一言目には「タバコ買って」みたいな舐めくさってた女の価値がどん底までいって、ただ穴があるだけでモテてた女達の価値の見直しが起って欲しいね。 世の中の小金持ってるパパ活してたおっさん連中が全員くいっぱぐれたら女に金を払わなくなるし、そういう世界になって欲しいと心から思うわ笑」 マラ「具体的に女性の価値の見直しが起きると何が起きるんですか?」 流星「一言でいうと昔に戻る感じだね。 今まで不当なまでに高騰して理不尽に吊り上がっていたバブルがはじけて、そこまで価値なかったよなぁ的な感じでみんな買わなくなると、端的に図に乗る女が少なくなる」 流星「今まで価値を勘違い甚だしい女が増えてたから、それがなくなるとタダマンもしやすくなるよね笑。 口を開けば何のメリットあるの?(金貰えるの?)みたいな調子に乗った連中が全員どん底まで落ちれば世界も平和になるよね」 マラ「ある意味で変わらずお金がある人はより強くなりそうですね」 流星「それはあるよね。 あと見通しの見えないコロナ禍で不安な日々を過ごしてるから、これを機に身を固めたいとか、まともな男性とお付き合いしたいという女性も増えると思うから、バブルがはじけた方が一般の男性達にも恩恵が大きくなるよね」 マラ「女性が男性を見る目も変わってくると」 流星「そういう事もおこるだろうね。 景気が悪いと公務員の人気が高くなるみたいに、男性を選ぶ基準が変わり安定志向、保守的に変わる人も出てくると思うよ」 マラ「男性みんなに出会いのチャンスが増えるかもしれませんね」 流星「そうそう。 男側も下手に遊ぶとコロナリスクがあると考えて、これを機に本命が欲しい、結婚したいという人も増えるかもね」 マラ「コロナ禍ナンパでのアドバイスをお願いします!」 流星「マスクで声を掛けるのがデフォルトだし、逆にマスクをしないで話しかけると礼儀や常識がないという扱いをされるかもね。 俺が女なら「コロナかもしれないのにつば飛ばしてくんなや」と迷惑だと思うわ笑」 流星「マスクデフォルトの世界になるとスト低にとっては追い風だよね笑」 マラ「はぁ…(流星さん嬉しそうだなぁ)」 流星「その分服装、髪型は今まで通り大事だけど、目周りの印象が大きく評価されるから、前から言ってる眼瞼下垂の人なんかは印象最悪だからかなり不利になると思うよ」 マラ「それよく言ってますよね」 流星「俺なんかはどさくさに紛れて20歳くらいサバ読もうと思うわ!笑」 マラ「それは流石に汗(無理だろ!)」 流星「15歳なら余裕だけど、まぁバカも多いから半分くらいイケるだろ!!笑」 マラ「ははは…(相変わらず適当だなぁ汗)」 流星「マスクして清潔感をアピールしてコロナリテラシーを高くしないと、コロナリテラシーが高い人は落とせないよ。 リテラシーが高いからスト高かは別として」 流星「このコロナ禍で不潔なやつとはやりたくないでしょ笑」 マラ「流星さん昔から不潔な女嫌いですもんね」 流星「結局感性だよね。 何も考えてないやつは中身がない扱いとか、リテラシーが低いとか感性がズレるとマッチしないから、最低限まともな人とマッチしたいならまともな感性を持つのが大事だよね」 マラ「あんま説得力ないような…汗」 マラ「そろそろ最後の質問ですが、世のナンパ師たちに最後に一言お願いします!」 流星「先行き見えない自粛で不安になっている人も多いと思うけど、こういう時に繋がりをなくして何も向上せず思考停止したら、アフターコロナでは間違いなく遅れを取ると思う」 流星「コロナ禍でも普通にナンパしてた人がアフターコロナにもすぐ対応できるのは当たり前だし、おろそかにして見た目も落ち込むと後で後悔すると思うよ。 かと言って無理に出る必要もないけど、家にいてもやれることはあるでしょって事」 流星「人との繋がりについて考える大きな機会がコロナなわけで、リアリティの見直しも絶対にある。 リアリティを補完するためのzoomだオンラインだってできてるけど、人はリアルを捨てる事はできない。 だから路上の出会いは今後もなくならないと思う」 流星「故意にコロナを人にうつすような行為は最低だけど、東京は徐々に賑わいを取り戻してるから見通しは明るいと思う。 今街に出てる人たちはGETという成果よりも、もっと大事な「歴史的な瞬間」に立ち会っているわけで、人々の生の声を沢山聴いているわけ。 それが勉強にもなるし、自分の人生の今後の指針になるような思考が生まれるかもしれないしね」 流星「自粛してる人は色々我慢して本当に偉いと思う。 そういう我慢した経験は魂の修行になるよね。 自粛を機に安易に培った経験を捨てるのももったいないと個人的に思う。 自粛するほど次に声掛けする楽しみが増えると思って、今できる準備はしておこう!」 流星「コロナに負けず、時代を生き抜こう!」 マラ「いつもよりイキイキしてるなー笑」.

次の

新型コロナ明け6月中旬のナンパ一期一会♪

コロナ ナンパ

【コロナ】ナンパできない時期にするべき5つのこと【今のうち】 この記事を書いているのは2020年4月10日です。 つい3日前にコロナで緊急事態宣言が発令されました。 全国のナンパ師のみなさんは今かなり困っているかと思います。 街に人がいないですし、アプリでも会う約束がしにくいですよね。 いま社会では、このコロナ騒動による「経済的損失」への対策が急務とされておりますが、ナンパ師にとっては 「今年のエッチ数の損失」への対策が急務です。 そこで今回は、今の時期にこそナンパ師がやるべき5つのことを紹介します。 「直接的にエッチ数の損失を補う」アプローチと、「ナンパが再開できるまでに即能力を高める」アプローチの両方を紹介します。 今すぐにでもナンパを開始できるようにスタンバイしておく必要があります。 こちらは「直接的にエッチ数の損失を補う」アプローチです。 その理由は、街に女の子さえいればナンパはいつでも可能だからです。 極端な話、今夜にでもやろうと思えばナンパはできます。 実際に僕は、緊急事態宣言が発令される3日ほど前に女の子をナンパして抱いています。 既に街にはほとんど人がいない状況にも関わらずです。 「緊急事態宣言が終了するまでは人が全然いないはず!」と思うかも知れませんが、女の子がどれくらい外出を我慢できるものなのか、分かりませんよね。 僕は今もTwitterで街の様子を常に確認するようにしています。 もちろん、ある程度女の子が戻ったらすぐ動くためにです。 そのためみなさんも油断は禁物で、今すぐにでもナンパを開始できるようにスタンバイしておいてください。 外出の抑制でストレスが溜まった女の子は即しやすいのは言うまでもありませんね。 ご存知の方もいるかもしれませんが、いまマッチングアプリでもコロナ対策が進んでいます。 例えばタップルでは直接すぐに会うための「おでかけ」機能が制限され、その代わりにビデオチャットを勧めてくるようになりました。 これは以外にも「即」に繋がるものになっています。 一度やってみると分かりますが、ただの通話に比べるとビデオチャットの親密感は半端ないですね。 本当に直接会ってる感覚に近いです。 一度ビデオチャットをしておくと、次回直接会えたときには既に1回会ったのと同様の距離感で会うことができます。 もともとLINEでも同じことができたのですが、なかなかビデオチャットって敷居が高いものでした。 ですが今の状況だと女の子も簡単に受け入れてくれます。 会話がハマると「あ、この子会った時ヤレる」という感覚が分かると思います。 「ビデオチャットか…ちょっと抵抗あるし面倒そう」と思うかもしれませんが、一度やってみればハマると思います。 それに今は時間をかけてでも 即確定数「1」を積み上げるべきです。 そのためこのビデオチャット、ぜひ試してみてください。 時間をかける価値ありです。 外見に関わるコンプレックスを今のうちに解消しておきましょう。 具体的には整形、メンズエステ、脱毛、ホワイトニングあたりですね。 時間に余裕があるうちに始めてしまうべきです。 いま始めるメリットが大きく2つあります。 1つ目は、特に整形で言えばダウンタイム(施術後数週間、傷が残ること)を上手くしのぐことが可能だからです。 テレワークなら職場にバレにくいという恩恵もありますし、ナンパがしにくい今のうちにやってしまった方がいいです。 2つ目は、実際に施術を受けるまでの時間の問題です。 一度カウンセリングが必須というパターンが多いので、思い立ってから最初の施術までに2週間くらいかかるケースが多いです。 そのため整形、メンズエステ、脱毛、ホワイトニングなどは早めに動き出しましょう。 外見が磨かれればナンパの成功率が上がることは確実です。 実はコロナの影響で、このあたりの業種は意外にも伸びているようです。 今でこそ会う約束がしにくい時期ですが、社会全体で「人と人が会う」ことに関しての価値観が大きく変わります。 何が言いたいかと言うと「女の子の登録がこれからめちゃくちゃ増えるから今のうちにたくさんアプリ登録しとけ!」という話です。 僕は現在Tinderとタップルを利用していますが、とりあえずpairsとwithあたりは追加しようと思っています。 「そんなに登録してたらお金がもったいない!」と感じる方もいると思いますが、僕は「人生で出来るだけたくさんの素人が抱きたい」と思っているので、アプリの利用料くらいは特に気になりません。 新たな大陸を開拓するイメージです。 今のうちに使用感に慣れておくためにも、1〜2個くらいのマッチングアプリを追加登録しておきましょう。 今のうちに思考をアップデートしておきましょう。 というのは、よっぽど外見に問題がない限りは、即ナンパはそこまで難易度の高いものではありません。 成功しないのだとしたら、ナンパへの考え方が根本的にズレていることに原因がある可能性が高いです。 当サイト〈なめくじナンパ 即ブログ〉では、「即」に焦点を当てたナンパノウハウや思考法を数多く掲載しています。 また、動画でも学べるようにYouTube〈〉も展開しています。 最後が自分の宣伝になってしまって大変恐縮ですが、時間のあるいまのうちに観ていただければと思います。 これまで全然上手くいかなかった人にとっては、かなり衝撃的に感じるナンパの事実が掲載されているはずです。 というわけで今回は以上になります。

次の

ナンパで「即できる」女の子の特徴【ナンパとコロナウイルス】

コロナ ナンパ

元患者:発熱と倦怠感が4月4日に始まりました。 仕事が休みで、昼間は普通に過ごせていたのですが、夕方にだるさを感じ始めて熱を測ると38. 5度ありました。 あと、せきはありませんでしたが、鼻水がすごく出ました。 最初から新型コロナ感染症だと思っていましたか? 元患者:専門的な知識はありませんが、これまで経験したことのないだるさだったので怪しいとは感じていました。 流行が連日報道されていることもありましたし、過去にインフルエンザにかかったときのような体の節々が痛む症状はなかったので、インフルエンザとは違うのかなと。 ただ、ニュースで聞いていたような味覚や嗅覚がなくなるという症状はありませんでした。 その日はどのように過ごしたのですか? 元患者:そのまま家で寝ましたが、翌日になっても熱が下がらなかったので、家にあったロキソニン(解熱剤)を飲みました。 すると、35度台まで一気に熱が下がり、体が楽になりました。 でも、知り合いの医療関係者に聞くと、ロキソニンには新型コロナ感染症を悪化させる可能性がある成分が含まれている可能性があると言われ、その後は別の薬に切り替えました。 熱の下がりは鈍くなりましたが、我慢していました。 食事はどうしていたのですか? 元患者:食欲はいつもと変わらずありましたが、熱もあったし、外に買い物に行くのは避けたほうがいいと考えたので、ウーバーイーツを利用しました。 商品は玄関のドアノブにかけてもらっていました。 溺れるような息苦しさ 病院や保健所には連絡しなかったのですか。 元患者:今は見直されましたが、「37. 5度以上の発熱が4日以上」が相談・受診の目安とされていたので控えていました。 でも熱が出て3日目の4月6日に、不安もあったので保健所に電話しました。 近所の病院で受診してほしいと言われたので、マスクをして歩いて行ける距離の病院に行きました。 すぐに新型コロナウイルス感染症と分かったのですか。 元患者:いいえ。 すぐにPCR検査にはならず、陽性の結果が出たのは最初に熱が出てから9日後の4月13日でした。 最初にかかった病院では、インフルエンザの検査をして、解熱剤と抗生物質を処方されました。 医師からは「普通の風邪だったら、抗生物質を2、3日飲んでいれば熱は下がる。 下がらなければ、また来てほしい」と言われ、帰宅しました。

次の