高須克弥twitter。 高須克弥氏、東京女子医大の賞与カットに苦言「スタッフは宝」

『Twitter』の偽アカウント削除で高須克弥院長「いま、一瞬で2000人のフォロワーが消えた。クソリプも消えた」(2018年7月13日)|BIGLOBEニュース

高須克弥twitter

プロフィール 名前:高須 克弥(たかす かつや) 誕生日:1945年1月22日(71歳) 出身地: 愛知県 身長:170 cm 血液型:O型 所属:高須クリニック ・ 1973年:医学博士を取得。 ・ 1974年:高須クリニックを開設。 ・ 2010年:漫画家の西原理恵子と交際を開始。 ・ 2011年:昭和大学医学部形成外科学客員教授に就任。 ・ 2016年:肝のう胞感染で手術を受ける。 高須克弥の息子の経歴がヤバイ!? 高須克弥さんは、高須クリニックの医院長としてテレビやCMに出演をして、多くの人にその名前と顔が知られていますよね。 最近では、ツイッターなどでの発言が話題になるなどしていて、ネットでも常に注目を集めています。 そんな高須さんなのですが、息子さんの経歴が話題になっているそうです。 高須克弥さんの息子の経歴とは一体、どのようなものなのでしょうか。 スポンサーリンク そこで調べてみると、高須克弥さんには三人の子供がいて、それぞれ医師として働いているのだとか。 まず、長男の高須力弥さんは高須クリニック東京院・横浜院副院長として活躍をしています。 高須力弥さんは愛知大学医科大学医学部を卒業していて、その後、高須クリニックで美容外科医として働いているのだとか さらに、高須力弥さんの奥さんである高須敬子さんも美容外科の医師で大阪院で院長をしているそうです。 そして、次男の高須久弥さんは松本歯科大学を卒業をして愛知県内の歯科医院に勤務した後、高須クリニック名古屋院で勤務し、現在は大阪院で活動しているそうです。 ちなみに、既婚なのですが、奥さんについての情報は公開されていないようです。 そして、三男の高須幹弥さんも美容外科医で高須クリニック名古屋院の院長を務めているそうです。 高須幹弥さんは1999年に藤田保健衛生大学医学部を卒業し、麻酔救急科で活躍した後に藤田保健衛生大学の大学院で形成外科に入局して単一植毛手術の研究で医学博士を取得し、現在に至ります。 妻の英津子さんも皮膚科医として活躍をしていて、長男の高須力弥さん夫婦と同じく夫婦で医師として活躍しているようですね。 このように、三人の息子さんが全員高須克弥さんと同じく医師であるのですが、全員の経歴がヤバイですよね。 また、長男の高須力弥さんと三男の高須幹弥さんは、2003年に招待客を500人も集めて盛大な合同結婚式を行っていたこともあります。 政界や芸能界から鳩山邦夫さんや郷ひろみさんなどの著名人が結婚式に出席したそうなのですが、かなり豪華な結婚式だったそうです。 さらに高須家は、明治政府が認めた代から数えて4代続く医師の家系であるのですが、高須家のご先祖様は明智光秀に傷つけられた徳川家康を介抱したこともあって、その前から医師として活躍していたのだとか。 そのため、高須医院には徳川家康自身が植樹した「家康お手植えの松」が残されているそうなのですが、これも驚きの事実ですよね。 まさに名家といった感じなのですが、高須克弥さんはもちろん、三人の息子さんの立派な経歴も納得です。 スポンサーリンク 高須克弥の入院の原因となった驚きの病気とは!? 普段は人の病気などを診察しているお医者さんでも病気になって入院をすることがありますよね。 実は高須克弥さんも最近、入院をしていてその原因となった病気について注目が集まっているのだとか。 高須さんが入院する原因となった病気とはどのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、高須さんが体調を崩したのが2016年の6月のことで、6月11日から熱が下がらないなどの症状が出ていたのだとか。 一時は40度にも熱が上がってしまったことがあるそうなのですが、それに加えて、めまいがして歩けなくなってしまったそうです。 その時は、高須クリニックで鎮痛剤と解熱剤を処方されて体調が回復したそうなのですが、再び体調が悪化して15日に昭和大学病院に入院することになったのだとか。 入院中は鰻茶漬けを食べたり、現状をツイッターで報告したりしていたのですが、15日の昼頃に 「たぶん今夜大手術。 やりたいことやっていいって。 明朝きせきの復活だぜい」 とツイートをして手術を受けることを報告していています。 スポンサーリンク 手術を受けるほどの大病であったことで話題になったのですが、なかなかその病名を明かさないことでも話題になり、かなり深刻な病気なのではないかとも言われていたのだとか。 そんな中、高須さんが手術を受けるにあたって医師からの説明されたことを明かしたのですが、高須さんは「肝嚢胞(のうほう)感染」という病気であったのだとか。 肝嚢胞感染とは 「先天性の病気で、肝臓の中に液体のたまった袋ができてしまう病気です。 一個だけではなくて複数できてしまう場合もあり、大きさは数mmから10cmを超えるものまである。 」 (gooヘルスケアより) という病気であるそうなのですが、ほとんどのものが良性の病気のため、無自覚であることが多いのだとか。 なので、普段はまったく症状がないのですが、嚢胞内に感染が起きてしまうと発熱や腹痛などの症状が見られ、嚢胞内に出血が起きてしまうと急激な腹痛やショック状態を起こしてしまうそうです。 なので、今回、高須さんは嚢胞に感染が起きて熱が出てしまったのだとか。 そして、肝嚢胞感染についてなのですが、通常は嚢胞を超音波で観察しつつ、細い針を指して内容液を出していくのですが、それができない場合は開腹手術か内視鏡手術が行われるのだとか。 実際、高須さんが行ったのは開腹手術か内視鏡手術のどちらかだと言われているそうなのですが、回復が早かったことから内視鏡での手術だったのかもしれません。 三人の息子さんが全員医師として働いていて、その経歴が話題になっている高須克弥さんなのですが、肝嚢胞感染で手術を行い無事に復帰するなど、70歳を超えても体力があって元気で息子さんたちよりも活躍していて、今後も今以上のさらなる活躍が期待できそうですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

[B! 戦争] 高須克弥 on Twitter: 水木先生は落伍兵です。僕は水木先生の作品の戦争の行われたパプアニューギニアの現場検証しました。 健気によく戦っ…

高須克弥twitter

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 高須克弥 on Twitter: "国を、郷土を、家族を、愛する人たちを守るため率先して戦った誇りある方々を惨めにマンガで表現するのはいけないと思います。 水木先生は落伍兵です。 僕は水木先生の作品の戦争の行われたパプアニューギニアの現場検証しました。 水木先生は落伍兵です。 僕は水木先生の作品の戦争の行われたパプアニューギニアの現場検証しました。 水木先生は落伍兵です。 僕は水木先生の作品の戦争の行われたパプアニューギニアの現場検証しました。 水木先生は落伍兵です。 僕は水木先生の作品の戦争の行われたパプアニューギニアの現場検証しました。 ブックマークしたユーザー•

次の

高須院長がTwitter投稿でGW中に空き巣に入られ3千万円相当の被害にあった理由(高橋暁子)

高須克弥twitter

東京女子医科大学病院が、新型コロナウイルスコロナ禍で奮闘するスタッフや看護師の給料を減らした上、夏のボーナスをカットするなどの措置を取っていたことが判明。 このニュースを聞いた、同じ病院経営者の高須クリニック・院長が自身のTwitterで苦言を呈した。 東京女子医科大学病院は新型コロナウイルスの禍中、危険を顧みず働いた看護師やスタッフに対し、「病院の経営悪化」を理由に賃金をカットしたそう。 さらに、6月中旬には、理事長・学長・病院長の連名で「上半期賞与は支給しない」と通達があり、そこには病院が14億円の赤字になっていることが記されていた。 不満を持った労働組合は再検討するよう要求したが、拒否された模様で、コロナ患者を救うために尽力したにもかかわらず、給料が減りボーナスも出ないというなんとも酷い仕打ちが取られたという。 これについて、ニュースサイト『週刊文春オンライン』 文藝春秋 は、東京女子医科大学病院がコロナ禍のさなか、新しい教育棟を建設したほか、理事長の部屋を6億円かけ改修したと報道。 病院の利益を優先し、スタッフを冷遇する姿勢に嫌気が差した看護師は退職の意思を示しており、その数は400名にも上るという。 病院側はこの流れを把握しているが、「補充すればいい」などと、楽観視していると報じられた。 このニュースを聞いた高須クリニック院長で、愛知県西尾市で総合病院の経営も行う高須克弥氏は13日、自身のTwitterで「僕の経営する高須病院には院長室も理事長室もない。 理事長は給与返納して皆の給与に回している」と内情を明かす。 そして、「昨年なみにボーナス出すぞ。 スタッフは宝。 人は石垣人は城」と、人材を大事にするよう訴えた。 高須院長のつぶやきに「さすが高須院長。 人材の大事さをわかっている」「コロナで頑張っている人に報酬を与えないなんておかしい」「たとえ苦しくてもボーナスは出すべきだ。 しかも6億なんて…。 高須院長の病院で辞めた看護師を引き取って欲しい」などの声が上がった。 仮に東京女子医科大学が教育棟や理事長の部屋に大金を使い、コロナ禍で必死に働いたスタッフや看護師の賃金やボーナスをカットしていたとすれば、退職者が続出するのは当然。 医療従事者を大事にしない病院の姿勢が、残念でならない。

次の