板倉 朋希。 テレビ朝日「報道ステーション」キャスター&アナウンサー出演者一覧

板倉朋希の身長はいくつで出身はどこ?大学時代についても!

板倉 朋希

口コミ・評判一覧• 飾らない自然体だけど爽やかなイケメン 目の形がシュッとしている所が私の好みでした。 目は大きすぎず小さすぎず、形が綺麗で丁度よい大きさだと思いました。 声も低すぎず聞いていて耳に入ってくるし心地よい感じがとてもよかったです。 また、表情も他のアナウンサーと比べて自然な笑顔だったので良いと思いました。 (えみママさん)• 母性本能をくすぐる可愛いアナウンサー 今年の4月から報道ステーションに出ていて気になっていました。 話し方はちょっと頼りない感じがしますけど、母性をくすぐられるようで応援したくなります。 顔は濃すぎずにキリッとした眉毛にクリッとした目がカッコいいです。 (まりもさん)• スマートで落ち着いた声のイケメン 体型もスマートで、聞き心地の良い落ち着いた声でニュースを読む姿がとてもかっこよくて素敵です。 短めの黒髪と、パーツが整った端正な顔立ちがスーツ姿に良く似合っていてイケメンだと思います。 (kodiさん)•

次の

板倉朋希(ともき)は新多摩川ハイムに在住?出自や池谷麻依との噂

板倉 朋希

口コミ・評判一覧• 飾らない自然体だけど爽やかなイケメン 目の形がシュッとしている所が私の好みでした。 目は大きすぎず小さすぎず、形が綺麗で丁度よい大きさだと思いました。 声も低すぎず聞いていて耳に入ってくるし心地よい感じがとてもよかったです。 また、表情も他のアナウンサーと比べて自然な笑顔だったので良いと思いました。 (えみママさん)• 母性本能をくすぐる可愛いアナウンサー 今年の4月から報道ステーションに出ていて気になっていました。 話し方はちょっと頼りない感じがしますけど、母性をくすぐられるようで応援したくなります。 顔は濃すぎずにキリッとした眉毛にクリッとした目がカッコいいです。 (まりもさん)• スマートで落ち着いた声のイケメン 体型もスマートで、聞き心地の良い落ち着いた声でニュースを読む姿がとてもかっこよくて素敵です。 短めの黒髪と、パーツが整った端正な顔立ちがスーツ姿に良く似合っていてイケメンだと思います。 (kodiさん)•

次の

板倉朋希の身長はいくつで出身はどこ?大学時代についても!

板倉 朋希

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 サンデーステーション ジャンル 出演者 ナレーター アナウンサー オープニング ・「Dear Family」 エンディング 「Made In JPN」 製作 プロデューサー 渡辺信太郎() 制作 放送 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - ゴールデンタイム時代 アナウンサー ( - 2018年9月) ( - 2019年9月) 放送期間 2017年 - 放送時間 20:54 - 21:54 放送枠 放送分 60分 回数 43 夕方時代 出演者 アナウンサー (2018年10月 - ) (2019年10月 - 2020年3月) (2019年10月 - 2020年3月) (2020年4月 - ) (2020年4月 - ) 放送期間 2018年 - 現在 放送時間 日曜日16:30 - 18:00 放送枠 放送分 90分 特記事項: ・初回は24分拡大(20:54 - 22:18)。 ・枠移動前最終回は、23:10 - 翌0:10に放送。 『サンデーステーション』は、で(29年)から、毎週()にされている、である。 では『 サンステ』の略称も用いられている。 番組開始から2018年3月25日までは日曜ゴールデンタイムでの放送であり、20:54 - 21:54の60分番組であったが、後述のように同年4月1日からは日曜夕方帯に枠移動・拡大となり、16:30 - 18:00の90分番組に拡大した。 概要 [ ] 放送開始までの経緯 [ ] これまで、土曜日・日曜日(週末)は『』(略称:『報ステ』)の放送がなく、プライムタイムのニュース・ワイドショーは、土曜日はの『』が、日曜日はの『』(フジテレビ・共同制作)が、夕方の大型ニュース・報道ドキュメンタリーは、土曜日はTBS系列の『』が、日曜日はの『』がそれぞれ独占的に放送していた。 テレビ朝日では2017年4月期の改編から、「 タイムテーブルの改革」を実施し、その一環として、本番組ならびに『』を新設するもので、テレビ朝日の会長兼CEOのは年頭のあいさつの中で、この土・日の21時台に報道番組を設けることによって「これで月曜日から日曜日のゴールデン・プライム帯にニュース番組が並ぶ独創的なタイムテーブルとなる」と話した が、2018年4月1日からは日曜夕方へ移動となっていた。 週末の21時台に報道番組を編成することについて、テレビ朝日側では「『報道ステーション』の実績や評価を踏まえ休日も視聴者ニーズがあると判断したこと」に加え「近年のによる災害や地震、火山噴火等が多発しテレビに常時機能が求められている事などによるもの」としている。 これによって、テレビ朝日のプライムタイムの時間帯は、月 - 金曜日の『報道ステーション』を含めて、月曜日から日曜日の毎日、大型の報道番組が編成されることになるとされた。 本番組が始まったことに伴い、『』(略称:『報ステSUNDAY』)は当番組へ改題リニューアルのため2017年4月2日で終了し、翌週の同月9日から『』(日曜版)が2年ぶりに復活。 『報道ステーション SUNDAY』のメインキャスターを務めていたは『サンデーステーション』のメインキャスターに就任する。 20:54 - 20:58の『・あすの空もよう』(スポットニュース・天気予報)もこの番組へ統合したうえで発展終了。 従来同時間帯に放送されていた、放送時間が2時間超の単発放送枠である『』は3月19日をもって終了となっていた。 番組内容 [ ] ニュースコーナーは、『報道ステーション』や『サタデーステーション』にはない「速報ニュース24h」を中心に構成。 コメンテーターによる解説をはさみながら、放送開始時点までの24時間の主なトピックスを、「政治」「社会」「事件」などのジャンルに分けて伝える。 さらに、通常編成ではスポーツニュースと天気予報のコーナーを設置。 プロ野球シーズン中のゴールデンタイム時代の通常編成では、「どこよりも早いプロ野球速報」と銘打って、および民放5大系列の番組では最も早い時間帯(21:30前後)にスポーツニュースを放送していた。 枠移動前はローカルニュース枠の設定がなく系列局は直後のミニ番組枠でローカルニュースを流すなどして対応していたが、枠移動後は後半にローカルニュース枠が設定されている。 視聴率・番組立ち上げ後の本番組の編成状況 [ ] 初回24分後拡大版から第4回まで順に8. 以下略)、この苦戦している視聴率推移が2017年の年度 視聴率の6週経過時点 において、にゴールデンタイム・プライムタイムで民放2位の座を明け渡す要因として挙がっている。 2017年の年度下期に入ってから、通常の放送時間で放送されることがほとんどなく、2時間スペシャルを放送した日が1度あったものの、単発の特別番組(ドラマスペシャル・映画・年1回放送のバラエティ等)放送のため、大幅な繰り下げ(若干の枠拡大もしくは大幅な枠縮小もセットで)や休止が頻発していた。 その後、2018年4月改編において、同月8日から本番組が放送されていた時間帯に『』(日曜21:00 - 23:05 )が開始されることに伴い、本番組は同月1日から日曜16:30 - 18:00に枠移動した (前身番組『報ステSUNDAY』の夕方時代と同じ放送時間。 なお、『ANNスーパーJチャンネル』日曜版第2期はレギュラー番組としてはわずか1年で打ち切り となった)。 なお、枠移動後は17:25 - 17:51を全国ニュースパート(最新の一般ニュースとスポーツニュースを放送)、17:51 - 18:00をローカル枠に充当している(そのうち17:55までを系列局単位でのローカルニュースパートに設定している。 また、大部分の系列局ではローカル枠を早く切り上げて17:55終了としている)。 また、夕方への枠移動に伴い当番組に代わる日曜日の最終版ニュースとして、同年4月2日から『(日曜版)』が約1年ぶりに単独番組扱いで復活した。 2020年3月以降、に伴う外出自粛要請の影響で、これにまつわる報道で軒並み2桁の高視聴率を記録している。 また、スタジオ内での密集による感染を防ぐため、コメンテーター陣は当面別室や自宅などからリモートで出演している。 また、スポンサーのは、この影響で、CMが自粛され、のCMに差し替えられた 。 2020年3月30日から『報道ステーション』のリニューアルに伴い、同年3月29日および4月5日放送分は建て替え工事でスタジオが使えない理由で、緑の背景、白色の舞台にスタジオを合成して放送された。 4月6日より『報道ステーション』『サタデーステーション』と3番組共用の新スタジオセットが使用開始され、本番組も4月12日放送分より新セットで放送している。 出演者 [ ] 番組公式ページの「キャスト」のクレジット順にソート。 メインキャスター• コメンテーター• (2018年4月1日 - ) 過去の出演者 [ ] 期間 メイン コメンテーター サブ スポーツ ランキング お天気 フィールド 読みくらべ 2017. 23 2018. 25 1 1 2 2 (配置なし) 1 (配置なし) 2018. 1 2018. 30 板倉朋希 森川夕貴 2018. 7 2019. 29 2019. 6 2020. 29 2020. 5 現在• 長野・後藤・プチ鹿島以外は全員。 1 『』から続役。 2 『』と兼務。 主なコーナー [ ]• ニュース 枠移動前、現在の土曜夜に放送されている『』と同様、放送開始時点までの24時間の主なニュースが伝えられる。 2017年上半期までは、「最新ニュース24h」として放送していた。 枠移動後、前番組・前身枠となる、『』や『』と同様、最新のニュースが伝えられる。 放送枠を日曜夕方に移動した2018年度からはオープニング直後と17時台後半に放送している。 注目ニュース 読みくらべ 枠移動後に新設されたコーナー。 プチ鹿島が担当する。 各紙の新聞読みくらべについて解説するコーナー。 16時台か17時台前半に行われる。 スポーツ 枠移動前は板倉と紀のコンビで、枠移動後は板倉が伝える最新のスポーツニュースコーナー。 前述したように、枠移動前は()のシーズン中には、他局より早く21:30頃から放送した。 放送枠を日曜夕方に移動した2018年度からは17:45頃から放送されている。 枠移動前、コーナーの最後には、「今日のガッツポーズ」(『報ステ』の「きょうの熱盛」に相当するミニ企画)を放送(放送しない場合もあった)。 放送日の主なスポーツイベントから、選手がガッツボーズを披露した瞬間の映像をダイジェスト形式で流す。 NPBの試合に特化した「きょうの熱盛」と違って、プロ野球以外のスポーツや、日本以外の国で催されたスポーツイベントもダイジェストの対象に含めていることが特徴。 Sunday Station Weekly Ranking 枠移動後に新設されたコーナー。 主に17時台前半に行われている。 で注目された1週間のニュースランキングトップ10を紹介。 『報ステSUNDAY』の「ビッグデーターキーワードランキング」と似たコーナー。 今週の言葉 枠移動後に新設されたコーナー。 言葉で伝える特集コーナー。 2018年3月25日までは、21:30頃にテレビ朝日屋上や毛利庭園から、全国の天気を伝えていた。 枠移動後は番組終盤の関東ローカル枠での放送となり、テレビ朝日と熊本朝日放送、山形テレビ 2020年5月以降、17:49ごろに放送される場合のみ 以外では放送されない。 もしもし後藤です・ 後藤さんがズバリ 後藤が話題のニュースの当事者に電話取材しその背景を解説する。 後者は電話取材がない場合である以外前者と同じ。 枠移動後は番組終盤の関東ローカル枠での放送となり、テレビ朝日と熊本朝日放送、山形テレビ 2020年5月以降、17:49ごろに放送される場合のみ 以外では放送されない。 また、短縮放送で後藤が出演しない場合はコーナー休止となる(その場合、天気予報の時間が通常より数分繰り下げられる)。 枠移動後、ネット局により放送終了時刻にずれがある。 これは番組終盤に設定されているローカル枠の途中で早く切り上げ、別のを放送する局があるためである。 なお、テレビ朝日以外のネット局では、番組終了時にテレビ朝日が地方局向けに制作した5秒間のエンドタイトル映像を流している(ただし流れない局もある)。 放送枠を日曜夕方に移動した2018年度からは、当番組の後半(17:25 - 17:51 2020年度からは17:49 )を全国ニュースパートに充てている。 そのため、当番組の放送時間帯で以下の事例に該当する系列局では、16:30 - 17:25までのパートを臨時にネット返上とし、17:25に飛び乗り形式で当番組を途中から放送する。 なお、17:25から飛び乗る場合には、全国ニュースパートおよびローカルニュースのみ放送。 全国ニュースパートでは、タイトル映像や出演者の挨拶を割愛したうえで、ネームテロップのみ表示する。 こうした事情から、ネットスポンサーが付くのは17:35以降 2020年度は17:12ごろ となっている。 17:25からネットする局がある場合は、通常17:35ごろ 2020年度は17:12ごろ に行うローカルスポンサーの読み上げが、17:24に読み上げられる。 上記のプロ野球デーゲーム中継以外で、自社制作の特別番組を当番組の放送枠内で放送する場合。 枠移動後の朝日放送テレビは、毎年8月の期間中はプロ野球中継時と事情が異なり、17:25時点で中継が続いている場合は全編ネット返上となる。 ただ、16時台終盤もしくは17時台前半に中継が終了した場合はプロ野球中継時と同様の対応を取る(雨天中止もしくは16:30以前に中継が終了した場合は通常通りローカル枠を除きフルネット)。 全編ネット返上となった場合は、中継終了後に『』を代替で放送する。 放送時間 [ ]• すべてで表す。 「サンデーステーション」放送時間の変遷 期間 放送時間() 2017. 23 2018. 25 日曜 20:54 - 21:54(60分) 2018. 1 現在 日曜 16:30 - 18:00(90分) ゴールデンタイム時代• 前述の通り、後期を中心に特番編成の都合で時間変更・休止となる事例が頻発し、休止となった場合は代替として当日深夜または翌日未明に5 - 15分間の『ANNニュース』または『』を放送した。 夕方時代• 年末年始と重なる場合は特別編成のため休止され、代替として17時台または18時台に30分間の『』が編成される。 また、スポーツ中継などに伴う特別編成で、放送時間が拡大もしくは大幅短縮となる場合がある。 その際、後者の場合後藤・久冨は休演し、キャスターは長野・板倉・下村の3人体制となる。 テーマ曲 [ ] 現在のテーマ曲 [ ]• オープニングテーマ曲:・『Dear Family』• エンディングテーマ曲:『Made In JPN』(2019年10月6日 - 現在)• スポーツコーナーテーマ曲:『Two-Seam』• エンディングテーマ曲:ディーン・フジオカ『』 (2017年4月23日 - 2019年9月29日)• 2011年10月2日 - 2017年4月2日の間、毎週日曜日に放送され、当番組の前身番組に当たる報道番組。 平日の『報道ステーション』との連携・強化が狙いとなっていた。 2015年3月29日までは昼前の放送だったが、2015年4月5日以降は2018年度以降の当番組と同じく16:30 - 18:00に放送されていた。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2017年4月3日 - 2018年4月1日の52週を指す。 2017年4月3日 - 5月14日。 テレビ朝日のみ、20:58 - 21:00に事前ミニ枠として『今夜の日曜プライム』を別途放送。 年末年始などニュース番組枠が短縮される際には日曜日にも本番組の代替として『ANNスーパーJチャンネル』が放送されることがある。 クレジット表記あり。 報道ステーションのコメンテーターとしても2016年4月11日から出演していたが、2020年3月26日放送分を持って同番組を降板したものの、当番組には引き続き出演• 2019年3月31日までは17:55終了。 枠移動前の2018年3月25日までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。 出典 [ ]• マイナビニュース. 2017年1月4日. 2017年1月4日閲覧。 マイナビニュース. 2017年1月4日. 2017年1月5日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年1月5日. 2017年1月5日閲覧。 2017年3月7日 MANTANWEB(まんたんウェブ)。 2017年3月7日 MANTANWEB(まんたんウェブ)。 マイナビニュース 2017年5月15日発行、同月16日閲覧。 マイナビニュース 2018年2月23日発行、同日閲覧。 まんたんウェブ 2018年3月8日発行、同日閲覧。 マイナビニュース 2018年2月23日発行、同日閲覧。 マイナビニュース 2018年2月23日閲覧。 スポーツニッポン 2018年3月8日発行、同日閲覧。 マイナビニュース 2020年3月30日発行、2020年5月18日閲覧。 2018年5月18日閲覧。 music. jp 2017年5月3日. 2018年12月27日閲覧。 E-TALENTBANK 2017年8月17日. 2018年5月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - 公式サイト• 2 月 - 木曜日の出演。 3 金曜日のみの出演。 4 『ニュースステーション』から同時間帯続投。 5 『ミュージックステーション』から異動。 6 『報道ステーション SUNDAY』のみの出演。 7 『報道ステーション SUNDAY』ではメインキャスターを担当。 8 2013年9月まで金曜日の『ミュージックステーション』を引き続き兼務。 9 2015年3月までは『報道ステーション SUNDAY』に出演。 2018年10月からは平日版に出演。 10 古舘伊知郎・河野明子・小川彩佳の夏季休暇・不在時のキャスター代理。 11 富川悠太の夏季休暇・不在時のメインキャスター代理。

次の