洗濯 機 選び方。 衣類乾燥機のおすすめ!家電のプロに教わる選び方、使用上の注意!総まとめ

洗濯乾燥機の選び方とは?生活スタイルに合った機能や容量をチェック

洗濯 機 選び方

すっかり定着した感のあるドラム式は、便利で省スペースなだけでなく、デザインもよく魅力があるのは当然です。 そして最近は、タテ型にも高機能タイプの洗濯乾燥機が登場し人気となっています。 しかし、高性能モデルともなると約20万~30万円と高額なため、失敗は許されません。 洗濯時・乾燥時ともに省エネ性がかなりアップし、大幅な節電・節水ができるタイプが増えています。 また洗浄力の向上をはじめ、乾燥仕上がり・除菌消臭機能・静音性など様々な機能が搭載され、ますます高性能になっています。 では、我が家にぴったりのモノを選ぶにはどうすれば良いか悩まれる方も多いのではないでしょうか? そこで洗濯機の基礎知識から選び方のポイントを整理してみました。 洗濯機は様々な要素により、最終的な使い心地は左右されます。 ある程度絞り込みができたら、製品レビュー記事や店頭などで最終確認をすることをおすすめします。 また忘れがちなのが寸法。 本体の寸法もそうですが、設置スペースも必ず確認しておきましょう。 洗濯機選びに役立つ!洗濯機の種類・機能まとめ 洗濯機の選び方の整理をするために、ポイントをまとめました。 ぜひ自分に合った洗濯機に出会ってください。 洗濯機にはどんな種類があるの? 機能別に整理してみました。 扉の開閉タイプによって注意することは?• 洗濯機はどれくらいの容量が必要なの?• 洗濯方式はドラム式? うずまき(タテ)式? それぞれの違いは? メリット、デメリットは?• 洗濯機の乾燥方式、ヒーターとヒートポンプ、どう違うの?• 省エネ・所要時間・静音性など、知らないと後から後悔することに。 意外と忘れやすいのが洗濯機のサイズと設置スペース。 洗濯機のスペック以外で他にも購入前に何を確認しておきべき? また、洗濯機の人気ランキングや、最新ニュースも用意していますので、そちらもご活用ください。 【関連記事】•

次の

衣類乾燥機のおすすめ!家電のプロに教わる選び方、使用上の注意!総まとめ

洗濯 機 選び方

最近多く目にする様になってきた洗濯乾燥機ですが巷では電気代が高くかかると噂になっていると聞きます。 実際に電気代がいくらかかっているのでしょうか。 ドラム型vs縦型 ただ、最近洗濯機で流行りのドラム型と縦型でも電気代が違いますしこの2つで何よりも違うのが乾燥容量の差です。 洗濯容量は同じく9kgに対しドラム型は乾燥容量が6kgが一般的、縦型は4. 5kgしか乾燥容量がありません。 ただ今回は電気代についてお伝えしたいので容量に対しての効率は度外視したいと思います。 それぞれについても電気代を試算してみます。 では、メーカーが示す消費電力量と乾燥にかかる時間に電気料金 関西電力が示す22円で試算 を乗じてどの方式が一番お得なのか考えてみましょう。 縦型洗濯機 縦型洗濯機はヒーター方式という乾燥方式を用いており、概ね190分の乾燥時間で消費電力は1. 95kWhでした。 これに電気料金を乗じて 42. 9円となります。 ドラム式洗濯乾燥機 続いてドラム式洗濯乾燥機ですが、ドラム式は乾燥方式が2パターンあり、縦型と同じくヒーター方式とヒートポンプ方式というものがあります。 ヒートポンプは最近省エネに有効として名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。 電気代を試算してみるとやはり省エネで一番安い結果となりました。 ドラム型ヒーター方式は1. 8kWhで150分かかりますので 39. 6円となり ヒートポンプ方式は600Whで150分程度とずば抜けて消費電力量が少なく、電気代は驚きの 13. 2円という結果になりました。 つまり・・・ ドラム型のヒートポンプ乾燥が最もおすすめ! ここまで、読んで、「意外と電気代かかってる!じゃあ、乾燥機の使用を控えよう!」と思われる方もいるかもしれません。 そんな方に、乾燥機のメリットをご紹介したいと思います。 電気代がかかるといっても余裕でペイできる程度の出費です。 仕事は待ってくれないので、そこを天秤にかけると洗濯乾燥機を使うことを選ぶのではないでしょうか。 大半の理由はこちらになるかと思いますが、他にもあります。 5、これが原因でアレルギーを起こす人が年々増えていっています。 室内干しが出来る家でなければ外で干すしか無いですしそれでアレルギーが出てしまうという悪循環が起こります。 これを避けるためにも電気代がかかってでも洗濯乾燥機を使うという価値はあると思います。 アレルギーが出ることで病院に行かなければいけない手間や金額を考えると電気代の方が安いのではないでしょうか。 他にも天気を気にしなくてもよかったり、真冬など、季節的に乾きにくい時期や梅雨のジメジメして洗濯物がにおいやすくなる時期など。 早めに乾いて欲しいものがあるとき電気代がかかってでも洗濯乾燥機を使う理由になると思います。 お子様がいる家庭となると汚れ物が増えに増えて洗濯が追いつかなくなる時が多々あり、そんな時に電気代を引き換えに乾燥機を使うという方もいるのではないでしょうか。 電気代がかかっても洗濯機を使ったほうがいい理由については、ライフワークによるメリットが大きくなるから、という結論に落ち着きそうです。 では次に、おすすめの節約術をご紹介します。 節約のポイントは・・・ずばり「フィルター」! ドラム式の洗濯乾燥機を長く使用されている方ですと「フィルターを掃除してください」とエラー表示がされているのを見たことがある方は少なくないと思います。 ですがこの表示、表示されていても特に洗濯乾燥機が使えなくなるという事ではありませんので無視してそのまま使用たという方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかしこのフィルターを掃除してください、というエラー。 表示されるのには訳があるんです。 たかがフィルター掃除、と思われるかもしれませんがこの掃除をこまめにするのとしないのとでは洗濯乾燥機の使用頻度にもよりますが月にしておよそ1000円程の差にもなるのです。 月に1000円、となると年間にしておよそ1万円以上の節約になりますのでなかなか無視できない数字ですよね。 またフィルターだけではなくフィルター奥にダクトと呼ばれる所があり、そこにホコリが溜まることでエラーが表示されることも多くあるそうです。 フィルターを外したうえで掃除をするという事になりますのであくまで自己責任となりますがこのフィルター奥を掃除する事でも電気代を節約することが出来るかもしれません。 この記事に関連するキーワード: 節電、節約でこんなお悩みをお持ちの方!• 5万円節約できるケースも少なくありません。 まずは試しに5分程度で出来ますので料金シミレーションで今の電気料金と比較をしてみましょう。 以下料金シミレーションが出来る、おすすめの電力会社をご紹介します。 【Looop でんき】? 全国対応、シンプルに電気代が安い? オススメポイント• 3人以上の世帯は特にお得になる! 紹介記事 1、 2、 【東京ガス】? 豊富なセット割で利用者80万人超え? オススメポイント• ガソリン、灯油、経由がお得に? オススメポイント•

次の

2019年版!洗濯機の選び方と、最新売れ筋人気ランキングを紹介

洗濯 機 選び方

ドラム式洗濯機の選び方 1. 洗浄力で選ぶ 洗浄力で比べた場合、「縦型の方が良い」とお聞きになったことはあるでしょうか?洗浄の仕方はドラム式と縦型で全く異なるため、ドラム式は縦型と比較して洗浄力が弱いと言われることがあります。 ほとんどの場合は、縦型は洗濯物同士をこすり合わせて洗うため泥汚れなどのガンコな汚れに力を発揮するのです。 一方、ドラム式は、横や斜めになっているドラムを回して少量の水で洗うことができ、皮脂汚れなどには強いと言われています。 ドラム式でも、水温を調整してきちんと汚れを落としてくれるものや、湿度を調節しておしゃれ着洗いができるものなど、多種多様な機能や種類があります。 ご自分のライフスタイルにフィットする洗浄力や機能のあるものをセレクトしてください。 乾燥方法をチェック 乾燥機能は、縦型よりもドラム式が優れていると考えられている機能の1つです。 乾燥方法はヒーター乾燥とヒートポンプ式乾燥の2種類が存在します。 ほとんどの場合は、ヒートポンプ式の方が省エネで衣類も傷みにくいと評判です。 しかしながら、近頃ではヒーター乾燥でも省エネのものが販売されています。 その他の機能とも合わせ、乾燥方法がヒーター乾燥なのかヒートポンプ式なのかもチェックすることをお薦めします。 大きさに注意 大容量であることもドラム式の大きな特徴だと考えられますが、同時に大きすぎて予想以上に幅を取ってしまい困ってしまうということがありえます。 そういうことがないように購入にあたってはしっかり洗濯機を置くスペースをチェックしておきましょう。 洗濯機のドアと部屋の壁の位置なども計測しておくと良いでしょう。 その他、実際に置くスペース意外にも、マンションのエレベーターや玄関を通せるサイズかどうかも重要なポイントです。 いっぺんに洗濯できる容量は、4kgや10kg、12kgなど商品によって多種多様です。 独り暮らし、二人暮らし、大家族など、家族形態に応じて使い勝手が良いサイズの洗濯機をセレクトしてください。 掃除がしやすいかを確認 ご自身で洗濯機をメンテナンスしやすいか、という点も忘れずにリサーチしておきましょう。 洗濯機は家電の中でも際立って異常動作しやすいと言われているため、常日頃のお手入れが肝心です。 洗剤フィルターと乾燥フィルターのお掃除は欠かすことは出来ません。 この2つフィルターのお掃除をおろそかにすると故障に結びつきやすいと考えられていますから、お掃除しやすいかを確認してみて下さい。 シャツやブラウスといった、白物のおしゃれ着洗いをするシーンで大活躍します。 また、洗剤と柔軟剤を前もって入れておくことができる「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能も利点。 衣類の量に合わせ洗剤や柔軟剤がひとりでに投入されるため、洗濯の度に洗剤を計量する手間を省くことができるのです。

次の