アパルトヘイト 政策。 アパルトヘイトとは?~政策内容や歴史~南アフリカを蝕む黒歴史

アパルトヘイト

アパルトヘイト 政策

アフリカーンス語で「分離」という意味をもつアパルトヘイト。 白人以外の人種の政治的・社会的権利を奪い、居住区まで指定した差別的政策です。 南アフリカでは長期にわたって施行され、その対象となったのは黒人のほか、インド人やパキスタン人などの有色人種。 国家の予算を減らすため、安くて大量の労働力を確保しようと限定的な居住区に押し込み、白人の絶対的優位を示しました。 そもそも南アフリカで政権を握っていた白人は、かねてからそこに住んでいたわけではありません。 植民地としてオランダからイギリスに譲渡されたことをきっかけに、白人の人口が徐々に増えていき、実権を握りはじめたのです。 彼らは自分たちに有利な法律を制定し、白人以外の人種を差別することで、南アフリカでの立場を向上させていきました。 アパルトヘイトの背景には、南アフリカの発展に大きく影響を与えた鉱山の開発があります。 1860年代に世界最大の金脈が発見され本格的な開発がスタートしましたが、鉱石が地中深くに存在していたため、採掘と運搬のために大量の人手と時間を必要としていました。 労働者の確保が最大の課題となっていたのです。 これを解消するために制定されたのが、「グレン・グレイ法」というもの。 黒人の共同利用の禁止、黒人を一定地域に集める、1年間のうち3ヶ月以上雇用されていない黒人には課税する、などを取り決め、労働力を得ようとします。 この法律はグレン・グレイ地方でのみ通用するものでしたが、アパルトヘイトの原点ともいわれ、1910年に南アフリカ連邦が成立して以降も、同様の意図をもった法律がさまざまな場所え制定されました。 その後、1913年に制定された「原住民土地法」では、人口の大多数を占めていた黒人を南アフリカ全土の9%ほどの土地に居住するよう制限。 さらに、第二次世界大戦後におこなわれた総選挙でオランダ系白人が所属する国民党が勝利したことで、「アパルトヘイト」という政策のかたちが次々と固められます。 こうして南アフリカは、人種隔離国となっていったのでした。 アパルトヘイトの内容 政策の内容の特徴は、白人の優遇と有色人種への制限です。 白人に対しては、 ・参政権 ・環境のよい居住区 ・高いレベルの教育 ・衛生管理と医療設備が完備された施設 これらが与えられるような法整備がおこなわれ、また給料も黒人の6倍から21倍もの額を支給されていたそうです。 一方の黒人や有色人種へは、 ・参政権のはく奪 ・異なる人種間の恋愛、結婚の禁止 ・居住地域の限定、分離 ・身分証明書の携帯の義務付け ・施設の利用の制限 などの措置がとられます。 アパルトヘイトによって、「裕福な白人」と「貧しい黒人・有色人種」という二極化が進行していきました。 この政策をとくに後押ししていたのが、白人のなかの貧困層たち。 彼らの間では排他的思想が蔓延し、自分たちが貧しいのは黒人のせいだという意識を強く持つようになっていたのです。 人種差別が国家的政策として長期にわたり実行されたのは、富裕層だけでなく、貧困層の白人までもが加担したことが大きく関係しています。 ネルソン・マンデラの反アパルトヘイト運動 1918年に、南アフリカのクヌ村という場所で首長の息子として生まれたネルソン・マンデラ。 幼少期から部族社会の闘争の歴史などを学び、また洗礼を受けてキリスト教徒として育ちました。 1944年、「アフリカ民族会議」という政党に入党したことから、彼の反アパルトヘイト運動は本格化していきます。 黒人のみが義務付けられていた身分証明書を焼くなど非暴力を貫いていましたが、1962年に武装闘争路線に変更。 たちまち国家反逆罪で逮捕されました。 ここから彼は、30年近くもの長い期間、牢獄生活を送ることになります。 刑務所内では、アパルトヘイトを主導していたアフリカーナーの歴史や言語を学んだり、少佐が好んでいるラグビーを勉強したりし、相手への敬意の姿勢を崩さなかったそう。 1990年に釈放されたときは、およそ70歳。 ケープタウンでおこなわれた釈放後の第一声には、10万人もの聴衆が集まり、祝福したといいます。 その後も当時の白人大統領デクラークとともにアパルトヘイト撤廃運動を続け、1993年にノーベル平和賞を受賞。 1994年には南アフリカ史上初めてすべての人種が参加する選挙がおこなわれ、大統領に就任しました。 彼は「仕返し」というものをせずにアパルトヘイトを終わらせます。 国際社会も多大なる賞賛を受け、2013年に95歳でその生涯を終えました。 マンデラは民族の和解を呼びかけ、協調を促し、格差の是正に努めました。 土地改革として黒人と白人間の不平等なの配分を見直し、衛生施設など富の再配分を目指します。 しかし財源不足で所得の是正が追い付かず、社会犯罪は増えるばかりでした。 一方でスポーツにおいては、1998年に サッカーワールドカップ初出場。 2010年にはアフリカ大陸で初開催を果たします。 多くの雇用を生んでインフラの整備が進みました。 ただ現在もまだまだ貧困層は多く存在し、格差が無くなったとは言えません。 さらに世界的に見ても犯罪がもっとも多い地域のひとつといわれるほど治安が悪く、多くの問題を抱えていることも理解しておかなければならないでしょう。 全人種の共存を望んだネルソン・マンデラ 日本貿易振興機構(ジェトロ)の駐在員としてアパルトヘイト前後の南アフリカを見てきた著者。 主に経済データを用いて、異なる人種間で共存する社会づくりの難しさと、グローバル化が加速する世界のなかの南アフリカを解説しています。 アパルトヘイト政策が廃止され、正当な権利を白人以外も得ることができた南アフリカ。 しかし、権力者による搾取や政治的腐敗がやまない現状をみると、アパルトヘイトからの解放が必ずしもすべての解決にはつながっていなかったことがわかります。 生々しい現状を知る貴重な資料としておすすめ。 彼らが抱える問題に、私たち読者はどのようなサポートをしていくべきなのでしょうか。 考えるきっかけになるはずです。 国家規模でおこなわれた人種差別。 その恐ろしさと危険性を、私たちはあらためて知る必要があるでしょう。

次の

アパルトヘイトはなぜ始まったのか

アパルトヘイト 政策

ただし、人種隔離政策と言っても、南アフリカの中で多数派を占める黒人系住民によってではなく、19世紀初頭から多く入植し始めた少数派の白人系住民 (アフリカーナー)によって、 白人とそれ以外の非白人関係が規定され、非白人に対する隔離的で政治的また経済的な差別措置をとった政策です。 ここでアパルトヘイトの中で行われた人種隔離や差別の例を簡単に紹介すると、次のようなものを挙げることが出来ます。 人種分類法(Race Classification Act)• 法律上で全国民を次の四つの人種に分類した• カラード(混血民)• 混合婚姻法(Mixed Marriages Act)• 異なる人種に分類される人々の婚姻を禁止した• 集団地域法(Group Areas Act)• 人種ごとに隔離された地域を居住地域とした• 特に非ヨーロッパ人は不毛の土地に過密な状態で暮らすことになった 1948年に法制として確立して以降、特に50年代には次々と関連法案が成立し、南アフリカでの人種隔離はかつてないほど明確になります。 差別の対象となった人々には悲惨な状況となり、過去数十年の歴史の中でおそらく最も人種に基づいた明白な隔離社会が南アフリカに出来上がったのです。 公共施設は人種ごとに分離された• 教育水準も異なった• 就業可能な職業にも人種ごとに制限された• 非白人の労働組合は活動を制限された• 非白人による(白人候補への投票を通じての)国政への参加は認められなかった など、白人と非白人の社会的隔離が決定的になっていったのです。 アパルトヘイトの下で南アフリカの国民から除外されてしまった黒人系住民達 1951年の バンツー統治機構法の下、 南ア政府は黒人系住民を部族に区分して再構築し、ホームランド(バンツースタン)と呼ばれた各部族ごとの居留地を割り当て、また、その際には地域統治機構という行政機関も設置します。 また、1959年の バンツー自治促進法では、黒人地域が10のホームランドに区分けされました。 そして、1970年の バンツー・ホームランド市民権法では、 南ア共和国のすべての黒人は、実際の居住地とは関係なく、いずれかのホームランド(バンツースタン)の市民権を持つと規定され、南アフリカ共和国の 黒人系住民は、南アフリカ国民から強制的に除外されてしまったのです。 結果として、ホームランドのうち4つは共和国としての独立が認められ、残りのホームランドについては、それぞれ程度の異なる自治政府が認められましたが、いずれのホームランドも、政治的、経済的に南アフリカ共和国に依存したままでした。 一方で、南ア経済は非白人の労働力に依存していたため、南ア政府がこの人種別分離発展政策を推進するのは簡単ではなかったのも事実です。 アパルトヘイトに反対する声や活動が高まる 南ア政府には事実上、政府の政策に対する批判的な意見があればすべて排除するだけの権力がありましたが、南ア国内にも、常にアパルトヘイトに対する反対意見は白人や黒人含め存在していました。 そして、そのような火種がくすぶり続けた結果、少数の白人から支援を得た黒人グループが、抗議デモやストライキを行い、 暴力的な抗議活動や破壊行為に発展する事例が多く発生し始めます。 なかでも最初にして最も暴力的な事件は、1960年3月21日、シャープビルで起こったアパルトヘイト政策に対する抗議デモでした。 このデモでは警官隊がデモ参加者に対して発砲して、黒人の死者69人に加えて多数の負傷者が発生します。 また、黒人生徒に対してアフリカーンス語 (白人系入植者によってオランダ語から派生した言語)の教育を必修とする試みがきっかけとなり、1976年には ソウェト蜂起と呼ばれる暴動事件が起こりました。 他にも白人の政治家のなかには、「小アパルトヘイト」と言われる細かな規制を緩和するように求めたり、人種間の平等を訴えたりする者も現れ始めます。 一方で、アパルトヘイトは、 国際社会からも激しい非難を受け始めます。 イギリス連邦の加盟国が南ア政府の人種隔離政策を支持しないと表明し、また、イギリス自体からも人種主義政策に対して強い非難を受けたため、南アフリカ共和国は1961年、イギリス連邦から脱退することになります。 そして1985年には、 イギリスおよびアメリカの両国が、アパルトヘイトを続ける南アフリカに対して限定的経済制裁を発動するまでに至ったのです。 アパルトヘイトが廃止される こうした国内外からの圧力に対して、南アフリカ政府は、1986年に「パス法」を廃止。 この時はまだ、依然として黒人は白人居住エリアに指定された地域に住むことは許されないなど、根本的な解決には至りませんでした。 しかし、さらなる抜本的な政策転換として、南ア政府のフレデリック・ウィレム・デクラーク大統領は、1990年から1991年にかけて、 人口登録法をはじめとするアパルトヘイト政策の根幹法であった社会立法のほとんどを廃止していきます。 それでもなお、組織的な人種隔離政策は南ア社会に深く根づいており、アパルトヘイト関連法が全廃されても事実上、人種差別的な実態は変わりませんでした。 ネルソン・マンデラ政権の誕生 アパルトヘイトが廃止された後、黒人とその他の人種グループ全て参政権を認めた暫定憲法が、1993年に採択され、1994年施行されます。 そして、1994年には南アフリカ史上初の「 全人種が参加する制憲議会選挙」が実施されました。 長年続いたアパルトヘイトの思想は、南ア社会や経済に深く根付いていたため、その後も南アフリカに多大な影響を与え続けましたが、ネルソン・マンデラの指導力の下、人種に関係なく民族の和解や融和が進んでいくことになります。 アパルトヘイトの内容を3つの軸で見ていこう アパルトヘイトの歴史や廃止までの流れは理解出来たかと思いますが、ここではアパルトヘイト時代、実際にどのような差別が行われていたのか「交通手段」、「医療と教育」、「住宅事情」の3つの軸で、その差別の内容の例を挙げてみたいと思います。 「交通手段」で見るアパルトヘイトの内容 アパルトヘイト下の差別内容として、公共の乗り物であった交通手段に関しての例を挙げてみましょう。 当時の電車は 白人と非白人の車両に分かれていました。 しかし、ほとんどの白人は車を所有していたため、電車にほとんど乗ることが無く、白人エリアは基本的に常にガラガラ。 (出典:) また、当時は白人が自主的に黒人を自らの車へ乗車させるにも許可が必要で、黒人を親切に隣町まで車で送っている途中、警察が来て車を道の端に寄せさせられ、その白人に「 黒人を運ぶ免許があるのか」と尋ねることもあったそうです。 「医療と教育」で見るアパルトヘイトの内容 医療も白人と非白人で分離され、またその質も大きく異なり不平等でした。 例えば、 白人用の病院は設備が整いスペースに余裕があり、患者は衛生的な環境で診察や治療を受けられる一方、 黒人用の病院では人々が床に寝かされている状況だったと言われます。 これは学校も同じで、黒人の子供達に対する学校の数は十分とは言えず、教室からは生徒が溢れ、中には学校に行けない子供もいました。 これに関しては、次のようにイメージするとその理由を理解しやすいかと思います。 つまり、 同じ予算を使っても人口の少ない白人はそれだけ一人当たりが享受できる額が大きいのに対して、非白人は享受出来る額は小さく、それが非白人に対する劣悪な公共サービスを生んでしまっていた理由の一つなのです。 「住宅事情」で見るアパルトヘイトの内容 ヨハネスブルクでは、ヨーロッパ人限定の居住区域が二か所ありましたが、その間には3つのエリアが存在し、これら三か所の居住区域内では、誰でも不動産を買うことができました。 しかし、 それらの地域は不潔で、家々は密集していて、通りにゴミが散乱している状態が日常茶飯事、さらに街頭もなく住宅自体も足りない状況でした。 結果として、そのような地域では多くの家族が小さな家でプライバシーのない暮らしをし、犯罪が頻発する結果となっていたのです。 また、黒人は家を買うために6年も待たなければならないこともあったため、非常に脆くて衛生状態が悪い小屋を自分で建てて暮らした人達もおり、多くの子供達が病気にかかって命を落としたと言われます。 2300万人• 470万人• カラード• 280万人• アジア人• 90万人• 二人のノーベル平和賞の受賞 アパルトヘイト廃止の立役者であるネルソン・マンデラがノーベル平和賞を受賞したことは良く知られていますが、もう一人の立役者「フレデリック・ウィレム・デクラーク」もマンデラと一緒に受賞しています。 フレデリック・ウィレム・デクラークは南アフリカの第7代大統領で、南アフリカの将来を決めていく上では黒人達との交渉が必要であることを訴え、それまでの政府方針を変えた人物です。 デクラークのこの方針転換があったからこそ、アパルトヘイトの廃止につながったのです。 アパルトヘイト以降について アパルトヘイトが廃止されてからも、 未だに白人と黒人の溝は完全には埋まっておらず、特に所得水準に関して見ると、まだまだ両者の差は大きい状態が続いています。 しかし、アパルトヘイトが廃止されて以降は黒人系住民の人口数が増え、また、彼らの 住環境に関してはより安全な家で電気が通っているなどの改善が見られます。 さらに、非白人系住民の中でもインド系住民の所得が上昇しているといった特徴や、 殺人発生率の低下なども確認されています。 合わせて読みたい世界雑学記事• また、アパルトヘイトが廃止となった現在でも南アフリカを影響しており、その影響から完全に脱却するためにはまだ時間がかかりそうです。

次の

アパルトヘイト撤廃20年、激変の南アフリカ

アパルトヘイト 政策

2倍(約122万平方km)。 もともとズールー族などが民族ごとに暮らしていましたが、17世紀半ば、西欧列強が香辛料を求めて東方に船を出した大航海時代に、オランダ東インド会社が喜望峰を中継基地として利用したことがきっかけで、ケープ植民地が開拓されました。 南アフリカは南緯25度に位置し、特に南部はヨーロッパの気候に似て暮らしやすく、領地拡大のためのオランダ移民は急増しました。 やがてそこに英国人が到来し、定住するようになると、オランダ移民と英国移民の間で対立が生まれるようになります。 英国が南部のケープタウンを占領する一方で、オランダ移民は19世紀、北部に3つの自治国を建設しました。 それが1860年代に始まる「ゴールドラッシュ」でした。 オランダ移民の自治国(現在のヨハネスブルグなどがある地方)で、金とダイヤモンドの鉱脈が発見されると、一獲千金を夢見て英国の白人鉱山技師らが相次いで移住。 しかし、オランダ移民の自治国では「外国人」である彼らには重税が課せられるなど、生活面での処遇には大きな差があったため、それが火種となって英国とオランダ移民の自治国との戦争にまで発展しました。 結果は英国の勝利に終わり、自治国などは「南アフリカ連邦」として1910年に独立。 同じ「白人」同士であるオランダ移民と英国移民の確執は落着することになりましたが、それとは入れ替えに、今度は「白人」と「黒人」とを徹底的に区別する動きが本格化していきます。 これは、金やダイヤなどの鉱山で働く白人と黒人の職種区分と人数比を全国で統一する法律で、白人政府が白人労働者の暮らしを守るために打ち出した最初の人種差別法でした。 その後も政府は、第1次世界大戦後の不況から白人貧困層を救済する目的で、次々に白人社会から黒人を排除しました。 1949年には、白人農民や都市貧困層を支持基盤とする国民党(NP)が政権を獲得し、「アパルトヘイト」を強力に推進していきました。 当時、トイレや公園などの公共施設は「White」(白人用)と「Non White」(白人以外用)に区別され、黒人が白人専用の場所に立ち入った場合は逮捕されました。 異人種間での恋愛や結婚も禁じられるなど、アパルトヘイト政策は徐々にエスカレートし、国際社会は「人類の人類に対する犯罪」と厳しく非難しました。 しかし、南アフリカ政府はこれを「人種ごとの分離発展のため」として、改めようとはしませんでした。 後に大統領となるネルソン・マンデラ氏らの運動はよく知られているところです。 黒人たちの怒りが高まるなか、1960年には、ヨハネスブルグ郊外のシャープビルで、「パス法」(白人の居住区域で黒人に身分証の形態を義務づける法律)に反対するデモ隊5,000~7,000人と警官隊が衝突する事件が発生しました。 69人が死亡、180人以上が負傷する大惨事となり、当時、英連邦の一員だった南アフリカ政府は、英国からも強く非難されました。 その後も、言語教育を巡る黒人学生1万人のデモ隊と警官隊の衝突などが起き、1980年代に反アパルトヘイト運動が激しさを増すなか、国際社会は経済制裁を発動して南アフリカ政府に対する働きかけを強めました。 そして、アパルトヘイト導入から80年たった1991年、デ・クラーク大統領(当時)はアパルトヘイト政策の撤廃を宣言したのでした。 この時、黒人政党のアフリカ民族会議(ANC)が勝利し、ネルソン・マンデラ総裁が初の黒人大統領に就任。 南アフリカは、の前身であるアフリカ統一機構(OAU)やに加盟し、さらに国連総会での議席を20年ぶりに回復しました。 そして、FIFAワールドカップなどスポーツの国際大会へも参加が許されるようになり、2010年の大会開催国となることができました。 南アフリカには現在、黒人と白人に加え、カラード(混血)、アジア系など、様々な人種と民族が暮らしています。 現在のズマ大統領も民族融和を唱え、肌の色の違いを超えた国民の連帯を進めています。 ネルソン・マンデラとロベン島刑務所(世界遺産) ネルソン・マンデラ元大統領は、大学で法律を学んだ後、反アパルトヘイト運動の闘士として活躍。 国家反逆罪で終身刑を言い渡され、1964年から1990年まで、政治犯や凶悪犯を収容する「ロベン島刑務所」などに収監されていました。 マンデラ元大統領は服役中も世の不平等と戦う志を捨てず、政治犯として投獄された同志たちと、雑居房で英語や教養などを教え合って志気を維持したと言われています。 この話は「ロベン島大学」として語り継がれています。 1993年、マンデラ元大統領はデ・クラーク元大統領とともにノーベル平和賞を受賞。 ロベン島刑務所は1996年に閉鎖されますが、3年後にの世界遺産に登録されました。 日本と南アフリカの交流は意外に古く、1910年、日本名誉総領事(英国人)が任命されたことから始まり、2010年には交流100年を迎えます。 アフリカ大陸では初となる日本の公館は、1918年、ケープタウンに設置されました。 第2次世界大戦後には、日本の総合商社や大手自動車メーカーなどが南アフリカに進出を始め、現在は日系企業79社(2009年9月時点)が現地で企業活動を展開。 日本は、をはじめ、グローバルな課題などについて議論を深める、などを通して、南アフリカと緊密な関係を築いています。

次の