低 容量 ピル 避妊。 低用量ピルの効果は避妊だけじゃない!生理痛・生理不順・過多月経・ニキビ にも効果があるの?詳しい効能について、医師が解説します。

避妊以外のピルのメリット 名古屋市栄にある婦人科・ピル処方・アフターピル処方・緊急避妊 ともこレディースクリニック

低 容量 ピル 避妊

1993年東邦大学医学部卒業。 2001年同大学院医学研究科卒業後、東邦大学医学部助手、東邦大学医療センター大橋病院講師を経て、2010年より医療法人晧慈会浅川産婦人科へ。 東邦大学医療センター大橋病院客... 避妊や生理不順の改善のために「低用量ピル」が使われることがあります。 しかし、服用するとなると、その副作用が気になりますよね。 今回は低用量ピルの副作用について、具体的にどんな症状が現れるのか、いつからいつまで続くのかなどをご説明します。 低量用ピルの効果は? 経口避妊薬である低用量ピルには「エストロゲン(卵巣ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つの女性ホルモンに似た成分が配合されています。 低用量ピルを服用することで、体内のホルモンバランスが妊娠したときと同じ状態になり、脳に「妊娠した」と勘違いさせて排卵を止める効果があります。 適切に服用すれば、ほぼ100%避妊ができます。 また、女性ホルモンの作用が補われることにより、生理周期が規則正しくなったり、月経前症候群(PMS)や生理痛、月経困難症の不快症状が軽減されたりする効果もあります。 また、子宮内膜症や子宮体がん、卵巣がんなど女性特有の病気リスクを下げる効果もあり、低用量ピルは様々な目的で処方されています。 関連記事 低量用ピルの副作用は? 近年使われている低量用ピルは、避妊効果を保ちながら、ホルモン含有量が最小限に抑えられているため、体への負担はそれほど大きくありません。 症状の程度には個人差がありますが、頭痛や吐き気、乳房の張りなどを感じる場合もあります。 また、生理ではないときに少量の不正性器出血が見られることも。 これらの副作用は、低用量ピルを継続的に飲むことで徐々に治まっていくことがほとんどですが、どうしてもつらいときや長期的に続く場合は、担当医に相談してみましょう。 場合によっては、服用を中止するなど適切な処置をとる必要があります。 関連記事 低用量ピルの副作用で血栓症になる? 低用量ピルの副作用でもっとも重大なものが、血が固まって血管を塞いでしまう「静脈血栓症」です。 発生頻度は低いものの、一旦発症すると命に関わる危険性もあります。 日本産科婦人科学会の見解によると、ピルを服用していない女性の静脈血栓症の発症率が年間1万人あたり1~5人であるのに対し、低用量ピルを服用していると1万人あたり3~9人です。 激しい腹痛や胸の痛み、頭痛、ふくらはぎが痛み・むくみ、手足のしびれ、舌のもつれや失神、けいれんなどが見られた場合、静脈血栓症の兆候の可能性があるので、病院をすみやかに受診しましょう。 関連記事 婦人科系の病気の既往歴がある人 子宮筋腫や子宮内膜症、乳がんなどにかかっている、もしくはかかったことがある女性の場合、低用量ピルの服用により悪化・再発の恐れがあります。 ピルを処方してもらう際に、必ず医師に申し出ましょう。 低用量ピルの副作用を理解し、適切な服用を 低用量ピルには、避妊のほか、婦人科系の病気の予防や、生理痛の症状緩和など、様々な効果があります。 ただし、頻度は不明ながら副作用が現れることもあるので、医師による診察を受けたうえで飲み始め、定期的に検診を受けながら、適切な服用を続けてください。 また、避妊などの効果を得るには、正しく服用する必要があるため、用法・用量を守って飲むようにしましょう。

次の

低用量ピルとは?避妊効果や生理への影響、値段は?

低 容量 ピル 避妊

東京女子医科大学医学部出身 現在産婦人科医として多方面にて活動をおこなっている。 信憑性ある情報を発信していく。 低用量ピルは、避妊薬として注目されています。 この記事では、低用量ピルの種類についてご紹介します。 効果や飲み方もそれぞれ異なるので参考にしてみてください。 低用量ピルの基礎知識 21日タイプと28日タイプのピルがある 低用量ピルには21日タイプと28日タイプがあります。 薬の効果や内容はどちらも同じですが、飲み方だけが異なります。 21日タイプ 1シートに21錠のホルモン剤が入っています。 21日間ピルを服用した後、7日間は服用しません。 休薬期間が明けた後、また服用を再開する形になります。 1週間の期間が空くため、飲み忘れを起こすかもしれないというデメリットがあります。 28日タイプ 偽薬が含まれるタイプのピルです。 1シートに21錠のホルモン剤と7錠の偽薬が含まれています。 偽薬は『プラセボ』と呼ばれ、 飲み忘れを防ぐために開発されたニセモノの薬です。 そのため有効成分は入っておらず、人体には何の影響もありません。 ピルには1~3まで世代がある ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含まれており、それぞれのホルモンにはさらに種類があります。 ピルに含まれる黄体ホルモンの成分は4種類あり、どれが使われているかによって世代が分かれます。 ・第1世代:ノルエチステロン• ・第2世代:レボノルゲストレル• ・第3世代:デソゲストレル、ドロスピレノン 一方、卵胞ホルモンの成分は『エチニルエストラジオール』一択なので、ピルの世代に影響しません。 ピルの相性について ピルは、 ホルモンの配合量によって1相性と3相性に分けられます。 個人によって合うものが若干異なりますので、医師とよく相談してみて下さい。 1相性 21錠すべてホルモンの配合量が同じものです。 マーベロン、オーソMなどがこれにあたります。 3相性 自然のホルモンバランスに近づけるため、ホルモンの配合量が3段階に変化しているものです。 トリキュラー、オーソ777、アンジュ、リビアン、トライディオール、ノリニール、シンフェーズなどが該当します。 飲み方によってピルの効果が変わる! ピルの種類によって飲み方が違うので、効果が出るタイミングもそれぞれ異なります。 デイワンスタート 生理開始日から飲み始めるタイプのピルです。 低用量ピルの最も基本的な飲み方で、服用当日から避妊の効果が現れます。 ただし生理が始まって24時間以内に服用しないと、 当日の避妊効果は得られません。 サンデースタート 生理がきた週の日曜日から飲み始めるタイプのピルです。 飲み忘れが少ない、周期を把握しやすい、生理日を週末に重ならないようにできる、といったメリットがあります。 避妊効果は、 服用の1週間ほど後に現れます。 低用量ピルの種類と特徴 アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ:第2世代3相性 日本で一番普及しているのが、第2世代3相性のピルです。 黄体ホルモンの作用で子宮内膜が安定する、服用中の不正出血が起こりづらい、休薬期間にきちんと生理がくる場合が多い、という特徴があります。 トリキュラー、アンジュ、ラベルフィーユがこれにあたります。 マーベロン、ファボワール錠:第3世代1相性 第3世代のピルは男性ホルモンの作用が最も少なく、 大人ニキビに悩む方におすすめです。 不正出血がみられることもありますが、頭痛や吐き気、体重増加などの副作用は比較的少ないというメリットがあります。 一般的には、ピルが大人ニキビに効果をもたらすまで3ヵ月程度かかると言われていますが、マーベロンは1ヵ月という比較的早い段階で効果がみられます。 飲み始めた頃にむくみがみられることもあるため、医師と相談しながら使用しましょう。 オーソ:第1世代1相性 オーソは子宮内膜の増殖を抑える効果が高く、 出血量を大幅に減らすことができるという特徴があり、子宮内膜症の治療にもよく使われます。 生理痛を軽減させる効果があるため、痛みが強い人にもおすすめです。 また1相性のピルはホルモン量が一定なので、PMS(月経前症候群)に効果があるほか精神的な安定も期待できます。 シンフェーズ:第1世代3相性 シンフェーズはサンデースタートタイプのピルです。 子宮内膜が安定し、不正出血が起こりにくいというメリットがあります。 ただし毎日飲む順番を守る必要があるため、飲み間違いがないように管理しなくてはなりません。 ルナベル、ヤーズ配合錠:保険適応のピル ピルは基本的に自由診療ですが、保険適応治療薬としてオーソと同じ成分の『ルナベル(第1世代1相性)』や、国内発の超低用量ピルである『ヤーズ配合錠』などもあります。 低用量ピルを処方してもらうには? 1. 産婦人科を受診。 処方は事前に確認を! 低用量ピルを使用したい場合、婦人科や産婦人科で処方を受ける必要があります。 ただし全ての産婦人科で取り扱いがあるわけではなく、お産を専門にしている病院などでは処方してもらえないこともあるため事前に確認しましょう。 避妊目的の場合基本的には問診のみで処方してもらえますが、必要に応じて血液検査や血圧測定などを行い、その人に最適なピルを選択していきます。 費用について ピルの処方にかかる費用は 1ヵ月で2,000~4,000円程度になります。 ピルは基本的に自由診療なので、費用は自己負担です。 ただし生理痛などの月経困難症を治療する目的で使用する場合は、保険適用が可能となることもあります。 初めて低用量ピルを飲む場合の注意点 飲み忘れに注意 低用量ピルは、毎日忘れずに飲むことが大切です。 1日飲み忘れてしまった場合は、 次の日に2錠飲みます。 飲み忘れが2日以上続いた場合は、本来の日付に追いつくまで1日2錠服用します。 2日以上服用しないと避妊効果が弱まる ピルを服用しない状態が2日以上続くと、 避妊成功率が下がります。 その場合は別の避妊方法が必要になるため注意が必要です。 服用中の飲酒について ピルの服用中にお酒を飲むことは問題ありません。 しかし飲みすぎにより嘔吐してしまうとピルの成分が十分に吸収されず、避妊効果が弱まる可能性があるため注意が必要です。 まとめ 低用量ピルはさまざまなメーカーからいろいろな種類のものが販売されています。 産婦人科で処方してもらう場合はよく相談して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。 初めて服用する場合は頭痛や胸やけなどの副作用がでることがありますが、飲み続けていれば症状は治まります。 不快な症状が続く場合は、医師に相談しましょう。

次の

低容量ピル、フリウェルに避妊効果はまったくないのでしょうか?子宮...

低 容量 ピル 避妊

低用量ピルには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。 エストロゲンは排卵をうながすホルモンで、美肌など女性らしさをサポートする働きがあります。 黄体ホルモンはプロゲステロンともいい、子宮の内膜に働きかけて、受精、妊娠の準備をするホルモンです。 2006年現在、日本で発売されている低用量ピルは含有する黄体ホルモンによって大きく3種類に分けられます。 まず、1960年代に開発されたノルエチステロンを使った第1世代。 レボノルゲストレルを使った第2世代、そして80年代に開発されたデソゲストレルを使った第3世代です。 また、第1世代、第2世代のピルはさらにホルモンの配合比によって2種類に分けられます。 ひとつは一相性といって、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンの量が服用周期の間、一定量で変わらないもの。 もうひとつは三相性といい、ホルモンの配合比が1周期の中で3段階に変化していくものです。 どのピルが良いの?というと、こればかりは個人がもともと持っているホルモンバランスや体質によって異なります。 1剤だけではなく、いろいろと試しながら自分にぴったりのピルを見つけてください。 女性のからだは毎月、排卵、受精・妊娠の準備、月経を繰り返しています。 その周期をコントロールしているのは、脳下垂体と呼ばれる脳の中枢から分泌される性腺刺激ホルモンです。 通常はこのホルモンが卵巣を刺激して排卵が起こるのですが、低用量ピルを飲んでいると脳下垂体が「からだの中には十分女性ホルモンがある」と判断して性腺刺激ホルモンの分泌を抑えます。 その結果、卵巣がお休みして排卵が抑えられるわけです。 当然、受精・妊娠はありえませんね。 そのほかにも子宮内膜に働きかけて、受精卵を着床しにくくしたり、子宮頸管(しきゅうけいかん)の粘膜を変質させて精子が入り込まないようにする作用があります。 低用量ピル(OC)で避妊ができる仕組み 低用量ピルは望まない妊娠を避けるための薬です。 正しく服用した場合の避妊失敗率(妊娠率)はわずかに0. 3%とほぼ完璧! 時々飲み忘れたりした場合でも8%です。 パートナーとの素敵なセックスの後、次の月経が始まるまで不安な毎日を送った経験がある女性はたくさんいるはず。 そんな辛い思いを避けるためにも低用量ピルを試してみませんか。 1~0. 6 0. 1~0. またイライラや気分の落ち込みを経験することもあるでしょう。 これらのトラブルはエストロゲンや黄体ホルモンのバランスが変化したことによるもので、2~3カ月で自然に治まります。 3シート目が終わってもトラブルが続くようであれば、服用中の低用量ピルが体質に合わないことが考えられます。 医師に相談してみてください。 血栓症に要注意 低用量ピルの重大な副作用として、注意をするべきものに「血栓症」があります。 血栓とは血管の中でできる血液の塊のことで、本来止血の働きがあります。 しかし動脈硬化などの要因で血管壁がボロボロになっていると、血栓は溶解せずにそのまま血液の流れを止めてしまいます。 また、ある場所でできた血栓がはがれて脳血管や心血管に運ばれ、その場所の血液の流れを止めてしまい脳梗塞や心筋梗塞の原因になることもあります。 血栓症の既往や家族歴がある場合は、初診時に血液凝固系の検査を受ける、医師に相談するなど、十分な注意が必要です。 女性は「産むことができる」性です。 自分のライフスタイルに合わせて、「産む」「産まない」を選択する権利に加えて、きちんと育てるという責任を負っているといえるでしょう。 だからこそ、パートナーだけに頼らず、妊娠、出産を考える必要があります。 ポピュラーな避妊法には、コンドームのほか、IUD(子宮内避妊器具)やペッサリーを子宮内に入れる方法があります。 IUDは低用量ピルに次いで避妊効果が高いのですが、医師の指導のもとで挿入する必要があること、不正性器出血や過多月経が見られることなどから、あまり評判が良くないようです。 その点、低用量ピルは女性が自分の意志で「飲む」「飲まない」を選択できる、確実でからだへの負担が少ない避妊方法です。 構成・文/井手ゆきえ 低用量ピルの基礎知識.

次の