ポケモン トレーナー。 ポケモントレーナーとは (ポケモントレーナーとは) [単語記事]

【ポケモンサンムーン】今作で1番可愛い一般トレーナーは「エリートトレーナー」だよな(画像あり)

ポケモン トレーナー

概要 初出は、のを担当するによって描かれた『』のの表。 表のは&、&、&の三組のが対峙する構図となっているが、このうちは中には一切登場せず、極端な言い方をするならばのだった。 のの一つ『』ではこのがという名で登場。 ではあるがからはと呼ばれるようになった。 、一回のとなる『』ではの性別を選べるようになり、がの意を取り入れたものとなっている(など)。 、二回のとなる『』では正式にという名を与えられ、年の時を経てに初登場した。 についてはを意識したのかは定かではないが、『』以降初代は、はという名で登場しているための名を与えられたと思われる。 容姿については、が『』当時の姿で登場していることもあってか当時ののをほぼしているが、一部のの要素を取り入れている。 ちなみにゲーム中では ボサ気味のの。 年齢は、と同じくらいと思われ、より少し年上。 どこからを仕入れてきたのかに潜むといわれる強なの捕獲に情熱を燃やしている。 性格面はで非な性格。 としての腕は確かでを使いこなすほか、に出入りしていることからを勝ち抜きのも手にしたことがあると思われる。 がの捕獲に成功し、から出ると遅れてやってきたから「強なを探しているな」の話を聞くことができ、とすれ違いでに入っていったという。 再びを訪れると最部でを探しており、がしたと知るやして襲い掛かる。 後はやたらに向かってを投げつけてくるが、く 「をごと私のにする」とのこと。 ひとの ものを とったら どろぼう!どころのお話ではない。 以降はする度にで再戦できるようになる。 ちなみに「しょうぶをしかけてきた!」のはのの(もしくは通信時)のが。 (同作のもののが。 ) では()の名前で登場している。 (ではが発売されてない為、版のはの名前で登場している……とのになっている。 ) 使用ポケモン ピカブイ• に出入りしているだけあってに勝るとも劣らない実の持ち。 、同様高いでが取れたで、切り札のをさせてくる。 高い特攻から繰り出されるロプは尋常ではない威を誇るので、なるべくならで迎え撃ちたいところ。 先鋒のは。 前の感覚でを出そうものなら痛いを見るので注意。 何気に手持ちのの率が同じというしい。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

ポケモントレーナー一覧

ポケモン トレーナー

第二世代• 第三世代 ルビー・サファイア・エメラルド• ファイアレッド・リーフグリーン• トレーナーの種類としてはここが初 第四世代 ダイヤモンド・パール・プラチナ• ハートゴールド・ソウルシルバー• 第五世代• 第六世代 X・Y• オメガルビー・アルファサファイア• 第七世代• 第八世代• ポケモンコロシアム・ポケモンXD• ポケモンバトルレボリューション を参照.

次の

【ポケモンGO】トレーナーと対戦するタスクの報酬ポケモンと達成条件|フィールドリサーチ|ポケらく

ポケモン トレーナー

ポケモントレーナーとは、に出てくる、いは肩書きである。 概要 を育てている人全般を差す言葉で、狭義にはその中でもにをする者を言う。 そのため、も、も、もや、、や敵の組織の面々もみんなポケモントレーナーとなる。 似たようなものにコーディネーターやも居るが、を育てることと言うのはどのことでも繋がるのでコーディネーターでありポケモントレーナーやーダーでありポケモントレーナーという人も居る。 すると一般、、、、、となる。 一般トレーナー が合うと戦わなければならない人たち。 稼ぎ、のためなどに戦う。 最初はやぐらいしか出てこないが、話が進むとやなどの実者も出てくる。 「」「」「」など専門があるや、しいを出してくる「」など何かしら傾向があるも多い。 のでは以外にも様々な場所や用途で人とともにが活躍しており必ずを軸においている人ばかりではないのだが、「」が釣ったばかりので向かってきたり、「」がので向かってきたりと的でないと思われるであっても代わりに戦いを仕掛けてくることもある。 達や、に関わる一般も存在する。 初代では「」「」などそれぞれの肩書きで呼ばれていたが、 第ニ世代からは「の」「のリカ」といったように名前も表示されるようになった。 第三世代以降はいろいろな肩書きを持ったがを組んでを挑んでくる場合があり、 「」「」「」といった専用の肩書きも存在する。 第五世代ではさらに種類が増えたが とポケモントレーナーの見分けが付かなくなると言う事態が発生し、話かけるのすら場合によっては慎重にならないといけなくなった。 屋とか屋とか屋とか……。 第六世代ではペアになった )達がペア名が着くようになった。 やなど特に肩書きのない人物、は「ポケモントレーナー」という肩書きが付く。 また、同じ肩書きを持っていても、性別や出現場所によってが異なることがある。 一般の種類 第一世代から:、、、スヘッズ、、 他 第代から:、、、、、、、 他 第三世代から:おゃま、、、、、 他 第四世代から:、、けんきゅういん、ごっこ、げいじゅつか、、 他 第五世代から:ベーカリー、、、パッ、、、、園児 他 第六世代から:、ースー 他 そして第五世代にはという一般ではあるがその強さでの印に残ったも居る。 、など、 はだと、ナ。 だと、になる。 二年後 に関わってくる一般 モミ ゲン マイ バク ジムリーダー それぞれのにでも八人居る。 例外としてのサネではは二人(で)居たり、ではサンヨケモンでは相手のにあわせるということで、が三人いる。 八つあるの、九割方と言う専門を持っている。 には仕掛けがあるところもあり、解いたり中にいると戦ったりしてをし、戦い、を得ることがの的の一つとなっている。 初代では名前のみで呼ばれていたが、第代からは「」という肩書きが付いた。 には特殊効果が着いていてを進めるための秘伝技が使えるでもあるのでどうしても戦わなければならない。 第五世代では秘伝技はなしでも使えるようにはなったが、を進める上でに便宜を図って貰ったりしないと先に進めないことばかりなので、のはどのみち必須である。 の表は以下の通り、詳細はを参照に。 によっては強化後のとも戦える。 世代交代していたり、によってがになったりしているところもある。 また、第五世代ではだとはだと、だととなっており、二年後のでは、の一部に変更が見られる。 としての役を降りた人物に関しては内で事情がられている。 (戦う順番も一部変更が見られるため、変更があるところ記載) 二年後 キャプテン・しまキング・しまクイーン 第七世代に登場。 今までとは異なり、に与えられた試練をこなし、しま・しまとをする大試練に挑むという独特の習にならう形になる。 試練は基本的に「ぬし」を倒し、Zを手に入れることでとなるため、自らと戦うことはないが、をある程度進めた後にの自宅などを訪ねるとが発生したり、後に現れる場合もある。 にいるの数はそれぞれ異なるが、しま・しまは必ず一人存在している ポニは一部例外あり。 試練をするとパスにが追加される。 効果はの同様他人から貰ったでもいうことを聞くようになったりで買える品数が増えるというもの。 メレメレ しま アーカラ しま ウラウラ しま ポニ しま 四天王 を八個集めてから行けるに待ち受けている四人。 彼等を倒すことでに挑める。 第四世代までは四人に連続して勝たなければには辿り着けない。 第五世代以降では戦える順番はに選べるようになったが、細かいところは変わっていない。 は持ち込み放題なので物量でも倒せるが、論、ある程度ののがあることは必須。 専門のを持っている点はと共通する。 最近はによっては強化もされている。 初代では名前のみで呼ばれていたが、第代からは「してんのう」という肩書きが付くようになった。 は参照。 本部 (・) ・ ・ ・ ・ ・ チャンピオン を倒したら挑める人、とも言う。 のを倒せば『』を果たして一応と言うことにはなるが(第五・六世代は例外、第七世代はが異なる)、を終わらせた後もはまだまだ続く。 続くったら続く。 最近は他ののように強化されるようにもなってきた。 詳しい説明は参照。 手持ちはが統一される場合と全にである場合に大きく分かれる。 元々は名前のみで呼ばれていたが、第代から「」が肩書きになる。 は一人ではあるが二人明記されているのはやの年代によって違うため。 あるいはの都合。 本部 (・) ・ ・ ・ () ・ フロンティアブレーン+サブウェイマスター+バトルシャトレーヌ のそれぞれの施設の。 やよりも強いとされている。 とは言え、はほぼのように戦うわけではないため、はっきりと強いとも言いづ 肩書きはそれぞれの施設ごとに異なっている。 説明は参照 とは・ライモンシのという )に乗ってで勝ち進んでいくと出会えるポケモントレーナーのことである。 まとめてここに記述。 は、の。 にも出ている。 (結果的にではあるが)によって解散させられるのがお決まりとなっている。 初代では以外のが「だんいん」という同じ括りにされていたが、第代以降は「かんぶ」と「したっぱ」の2つに大きく分けられるようになり、また新たにのが登場した。 ちなみにこの「かんぶ」と「したっぱ」は一般における「名前」と同じ位置付けにあった。 第3世代以降は幹部に固有の名前が付けられるようになり、またにも肩書きが与えられた。 各組織のは以下の通り。 未だにのは登場していない。 (・) () () () () () ブサ アオギリ () () スマブラにおけるポケモントレーナー 以上を踏まえた上で、「」に登場するポケモントレーナーについても記述する。 「X」と「SP」にてとして登場。 自身はには立たず、の向こうから、、の3匹を交代で繰り出し他の達と渡り合う。 は「」の()のもの(「SP」では()も)であるが、としての名前は「ポケモントレーナー」となっている。 これにより、で操作できるポケモントレーナーはに登場するのかではないということ、ひいては同じのが中にいる(もちろんに同じの人物が登場するという意味ではなく、同じで遊んでいる人が大勢いるという意味)ことを強調するのに成功している。 ときおり版と混同して「」などと呼ばれることもあるが、こちらのポケモントレーナーはあくまでのを化したものでありではない。 そもそもて装も顔立ちも異なる上にはという方が担当しているのでとは別人である。 アニメのポケモントレーナー もみんなポケモントレーナーではあるが最近では特徴のあるポケモントレーナーがよく出るようになった。 になりやすいのはに出てきたやでだろうか。 どんな人物か知りたい時は参照。 など や、もに出てくるがが出ているわけではなく、(とか)、の性格も一部変わっている。 ポケスペでのポケモントレーナー を持っていたり、を持っていたりする者もいる。 はそれととか(的な意味で)が起きたりもするため、身体をる機会が多い。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の