オーバー ゼア air。 【新商品】 ダイワ 「オーバーゼア」&「オーバーゼア AIR」

【オーバーゼア/オーバーゼアAIR】全モデル10ftオーバーの遠投仕様!ダイワの注目SWショアキャスティングNEWロッドシリーズをご紹介

オーバー ゼア air

宮崎サーフの冬の風物詩である「オオニベ」狙いに通い始めて久しく経つ。 2020年、とうとう悲願の記録魚に巡り合うことができた当時の状況を回想する。 波打ち際の先にジグが到達したところで突然ゴンッとロッドティップに衝撃が走り、そのまま沖に向かって一気に走り出す。 途中、大型魚特有の強烈な首振りでロッドティップが何度も強く叩かれたが、ロッドの柔軟なティップがこの衝撃を吸収し、危機を回避。 さらに、ロッドのバットパワーでテンションを掛け続けていると、ファーストランはラインが220m出たところで止まる。 ここからは経験値がものをいう。 相手が休んでいる間に、バットパワーを最大限に活用して刺激を与えずゆっくりとラインを巻き取る。 巻いては出されの攻防を繰り返していると、相手にも疲れが出始め、次第に距離が詰まり始めた。 さすがのモンスターに限界が訪れる。 そのモンスターがついに水面に姿を現した。 「デカい」。 思わず叫びがもれる。 一気にエラを掴んで引きずり上げ、あまりの大きさに暫し茫然としたほど。 ようやく我に返って、喜びを噛み締めることができた。 オオニベの自己最大魚。 記録にも残ったが、それ以上に記憶に焼き付いて離れない自分自身の記録である。 高橋慶朗 サーフゲームの主役と言えばヒラメ・マゴチであるが、サーフフィネスのターゲットは、なかなか口を使わない食い渋ったヒラメ・マゴチだ。 近年のサーフゲーム人気でフィールドは連日賑わうようになったが、これにより魚もルアーにスレてしまい、なかなか口を使わなくなってきた。 海水温の急激な低下により魚の活性が低くなるパターンでも、ルアーの追いが悪くなりヒット率は大幅に下がる。 河川からの濁りや波による濁りが出始めると、ベイトフィッシュが濁りで見えなくなり、視界に入り込んで、かつ確実に捕えられると判断した獲物しか追わなくなる。 このような理由により食い渋ったヒラメ・マゴチには「サーフフィネス釣法」が特効薬となる。 サーフフィネスではルアーアクションが釣果に大きく影響するが、ここに紹介するルアーは、それぞれフィネスに対応したセッティング。 3インチはルアーサイズを落とすダウンサイジング釣法対応。 フラットフィッシュ専用メタルジグで、ポーズ中(ボトムべた置き状態)でもテールに搭載のバイトマーカーティンセルが海流によってフワフワと漂い、バイトを誘発。 リトリーブ中も多面高フラッシングデザインで広範囲にアピールが可能。 ワームのように一気にリフトでき、フォール時はユラユラと水平にローリングしながら落ちる。 ワームでは届かなかったエリアもスローなリフト&フォールで攻略可能。 ヒラメ・マゴチは、活性が高い状況ではルアーを追いかけてヒットしてくるが、スレてきたり低活性になると少しずつルアーを追いかける距離が短くなり、最終的にはルアーの動きを止めないと口を使わなくなる。 ルアーを追いかける範囲から外れた距離でも、着底後のポーズを長めに取ることで確実に捕食できると判断させれば、ワンテンポ遅れて追尾を始める。 フォール中にコンッと前アタリがあったら、そのままボトムでシェイキングしてみるとゴンッと追い食いするパターンも多い。 ターゲットが5kgクラスのショア青物ジギングなら、サムライジグがあればほとんどのシチュエーションに対応可能だ。 ショアジギングにおけるジグ性能のキモは飛距離とアクションだが、食い渋り時はアクションで釣果に大きな差が出る。 具体的にはフォールがキモで、渋いときほどゆっくりヒラヒラとフォールするアクションへの反応が良くなる。 サムライジグの売りは、フォール時はセンターウエイトバランス特有のヒラヒラアクションと、スロージャークでもバタバタとテールを振るアピール重視のアクション。 飛距離はもとより、食い渋り時、如何にして魚に口を使わせるかにこだわったセッティングとなっている。 5kgクラスの青物狙いにも最適な、前後太軸アシストフック仕様のサムライジグ真鯛チューンも用意されている。 ショアジギングの基本的な誘い方は「ワンピッチジャーク」。 キャスト後、底までジグを沈めたのち、ハンドル1回転毎に1シャクリのリズムでテンポ良く手前までシャクリ上げる誘い方で、ほとんどの対象魚が釣れる。 青物もまた然りで、ワンピッチジャークのピッチ(シャクリ幅)とスピード(リズム)を変えることで、ブリ、ヒラマサ、カンパチの釣り分けや高活性・低活性時の攻略といった様々なシチュエーションに対応できるのだ。 例えば、ブリ狙いの時はスロースピードのミドルピッチ、ヒラマサではミドルスピードのロングピッチ、カンパチならハイスピードのショートピッチで攻めると釣り分けが可能となる。 高活性でジグの追いが良いときはスピードとピッチを上げ、逆に低活性時は下げるとヒット率は向上する。 類い稀なるバーサタイル性の新機軸。 サーフ、堤防で釣れるターゲットは多岐にわたる。 これらの魚を、様々な釣法で狙っていくのがバーサタイルゲームの魅力。 リフト&フォールなどの細やかなロッド操作、40gのジグをシャープに弾き飛ばす軽快なジャークの双方が可能で、同クラスシーバスロッドよりもパワーを上げた、Hに近いMHパワーのバットセッティングにより不意の大型魚にも対応可能。 シーバスロッドでは不安だが本格ショアジギングロッドでは強すぎるという声に応えた、使いやすい中間のパワーセッティングとなっている。 大小様々なサイズの魚種を狙うのに最適な1本となった。 上記に挙げた魚種はほとんどがサーフと堤防から釣ることができる。 ブリ、ヒラマサ、カンパチ、シイラ、サゴシ、サバ等の青物系回遊魚は水深があり潮通しの良い堤防が基本的に有利となるが、ベイトさえ岸に寄っていればサーフからでも十分狙える。 底に生息している底生魚の場合は、底質によってそれぞれで釣れる魚種が変わってくる。 砂底のエリアはヒラメ・マゴチが多く生息するが根魚系は少ない。 ゴロタ底のエリアは、ヒラメ・マゴチに加え、岩の隙間に潜むカサゴ、キジハタなどの根魚系も狙える。 これに岩礁帯が絡むと、前述の魚種に加えて磯場を好むソイやアイナメ、マダイ、イサキなどが加わる。 この他、河口周辺では汽水を好むマゴチやメッキ、シーバスが高確率で狙え、東北・北海道に至っては遡上目的で接岸したサクラマスも狙える。 ターゲットが多彩な分だけ釣り方も多岐にわたるが、ショアジギング・サーフフィネスの項で解説したルアーに加え、これらのルアーがあれば全ての魚種を攻略可能だ。 瀕死の小魚を模したショアスロージギング専用設計。 ターゲットは多彩だが、中でも磯に潜む根魚狙いでは、スパイラルしにくいバランス設計とフロント2本リア1本のアシストフックセッティングにより岩と岩の隙間に落とし込んでも根掛かりを最小限に抑えることが可能となり、ヒット率が大幅に向上。 口の小さいイサキ狙いにも最適。 ショアラバゲームで必要となる浮き上がり性能とアピール力を徹底追及したブレード付き遊動式ヘッド。 狙える魚は無限大で、マダイ、根魚、青物、ヒラメ、マゴチ等あらゆるターゲットが対象。 タチウオワインド用のダートジグヘッド+ワームセット。 食い渋り時のフッキングミスを低減させる、タチウオのバイトポジションにドンピシャのフックセッティング。 ショートジャークでもしっかりダートし、フォール時のバイトも誘発するスライドフォールを実現。 サゴシ狙いにも最適。 使い方はワインド。 あらゆるシチュエーションに対応するスタンダードキャスティングジグ「サムライジグ」の、歯モノ対応ワイヤーアシストフック搭載モデル。 サゴシ用、タチウオ用それぞれに専用カラーを用意。 基本的な使い方はワンピッチジャーク、タダ巻き。 フルベンドで大物の疾走を耐え切る。 サーフや堤防からでも、大型のブリやマダイ、オオニベなど、大型魚を狙えるフィールドが日本近海には多数存在する。 このフィールドに眠っているモンスターを獲るためのタックルが求められる。 109MHは、ダイビングペンシルやポッパー、メタルジグなどを積極的に操って大物を誘い出すハイパワーロングモデル。 軽量にもかかわらず、返りの速いブランクが空気抵抗の大きな大型ルアーを弾き飛ばし、アクション時はルアーにしっかりと水をまとわせアクションさせることができる。 そのうえで、ヒット後は強靭なバットにより大型魚とのパワーファイトにも対応し、モンスターの疾走を耐え切り、手中にする。 オオニベは、最大で150cm、重量は30kgオーバーと、モンスター級の大きさを誇るサーフ最大級のターゲットだ。 この魚が狙えるのは宮崎サーフ。 シーズンは産卵のために接岸する11月~2月。 狙うポイントは、河口や離岸流など流れによってその周辺が深く掘れているような場所で、水深があるほど体の大きいオオニベも回遊してくる確率は高くなる。 オオニベはグチ(標準和名シログチ)を好んで捕食することから、グチの泳層であるボトムを完全に意識しているので、ルアーは遠投が可能で、かつボトムをしっかりトレースできる30g前後のメタルジグと鉄板バイブレーションがメインとなる。 具体的には、底から2~3回リフトしたのちボトムまでフォールさせるパターンの繰り返しで狙えば良い。 マダイのファイトは強烈で、良型の青物と変わらない程の突っ込みを見せる。 中でも産卵のために接岸したマダイはサイズが良く、90cmを超える大型が毎年このタイミングで釣れている。 産卵期はエリアによって異なり、九州は2~4月、関西、関東は3~5月、東北は5月以降と、北上するほどシーズンは遅れる傾向。 この時期、大型マダイは体力を蓄えるためにイワシやキビナゴなどの小魚を好んで捕食することから、ルアーへの反応がすこぶる良くなる。 こうなると、産卵を控えた大型もベイトを追って浅場に入り込んでくるので、サーフにベイトフィッシュが接岸したタイミングが最大のチャンスとなる。 狙い方は、まずフローティングミノーのジャーキングで表層を探り、反応がなければ鉄板バイブレーションやジグ、ショアラバのタダ巻きで底付近を探るパターンで良い。 特にコノシロ等の大型ベイトフィッシュが接岸した時はチャンスで、釣れるブリの平均サイズも大きくなる。 狙い方は、ベイトがイワシやキビナゴなど小さい場合はミノーやシンペンのジャーキングかジグのスローワンピッチが良く、コノシロの場合はダイビングペンシルやポッパーなど、大型でアピール力の強いルアーのジャーキングが効果的。 夏から秋にかけてはシイラも面白い。 この魚はトップウォータープラグへの反応がすこぶる良く、釣れるサイズも大きいので、ショアからのメーターオーバー狙いの登竜門として最適なターゲットとなる。 急深サーフや堤防先端など水深のある場所が狙い目なので、ブリ同様ダイビングペンシルやポッパーのジャーキングで攻めてみよう。 ブリやシイラなどの大型青物狙いで欠かせない、シンペン、ダイビングペンシル、ポッパー。 上手く使いこなして夢のビッグワンを手にしよう。 大型青物対応の頑強、ぶっ飛びヘビーウエイトシンキングペンシル。 飛びのディンプルボディ、水平フラッシングローリングフォールで食い渋りの大型青物も思わず口を使う。 ダイビングアクションとドッグウォークアクションを両立した大型青物対応ダイビングペンシル。 飛びのディンプルボディ。 アクション時はディンプルから発生するバブルマスク(ポッパーのような泡)でターゲットに猛アピール。 食い渋り時は即座にドッグウォークアクションに移行しリアクションバイトを誘発。 大型青物対応、スプラッシュ&バブル&ウォブルで集魚と食わせを両立したポッパー。 飛びのディンプルボディ。 ダイブ初期はスプラッシュ、水中に潜ってからはバブルで魚を寄せ、カップのエアがなくなるとウォブリングアクションに移行し口を使わせる。 8 7-45 7-50 8-16 0. 8-2. 8 7-60 10-65 8-36 0. 8-2. 8 15-60 12-65 10-20 1. 0-2. 8 15-60 12-65 10-20 1. 0-2. 7 7-45 7-50 8-16 0. 8-2. 7 10-60 10-65 8-20 0. 8-2. 0 92 24,000 038334 103MH 190 312 2 160 2. 7 15-60 12-65 10-20 1. 0-2. 5 90 24,000 038341 109MH 206 328 2 168 2. 7 15-60 12-65 10-20 1. 0-2. 5 91 24,500 038358 *スペック表は横スクロールしてご覧ください.

次の

ダイワの新商品!オーバーゼアシリーズを徹底解説!

オーバー ゼア air

ダイワの新商品!オーバーゼアシリーズを徹底解説!• 2020年4月21日• 2020年6月11日• 出典: ダイワは数多くの魅力的なロッドやリールなどを販売していますが、2020年3月より新商品であるロッド、「オーバーゼア」、「オーバーゼアAIR」の2機種が販売されます。 どちらのロッドも 4種類のモデルが用意されており、アングラーの好みに応じてロッドを選ぶ事が出来ます。 初心者はもちろんの事、ベテランの方にも満足していただけるスペックになっていますので、ぜひとも注目していただきたいロッドに仕上がっています。 今回は、「オーバーゼア」、「オーバーゼアAIR」の2機種についてご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。 オーバーゼアシリーズとは 出典: 「オーバーゼア」、「オーバーゼアAIR」のオーバーゼアシリーズは、簡単にいえばオールラウンドに使う事が出来るキャスティングロッドです。 4種類あるモデルにはそれぞれターゲットやおすすめルアーなどが明確化されていますが、そこまで気にする必要はありません。 基本的には、どの程度の重さのルアーを使いたいのかという点を意識をすれば問題ありません。 どんなアングラーにおすすめかを言うのであれば、長さはどのモデルも10フィートを超えているので、 サーフや堤防でとにかく遠投をしたいアングラーです。 ロングロッドは慣れない間は長さ故の使いにくさがあるかもしれませんが、慣れてしまえば圧倒的な飛距離、長さを生かして魚をいなす、足元の根を避けられるといった数多くのメリットを得る事が出来ます。 オーバーゼアシリーズでは、このモデルではこの魚は獲れないといった事はほとんどなく、上手くやり取りを行えば不意の大物にもしっかりと対応する事が出来ます。 以下からは、「オーバーゼア」、「オーバーゼアAIR」それぞれについてご紹介します。 ルアーキャスティング入門者には「オーバーゼア」 出典: 「オーバーゼア」は「オーバーゼアAIR」よりも価格が安くなっており、コストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。 価格を抑えていながらもルアーをしっかりと飛ばす事が出来るブランクスや、ルアーを操るための繊細なティップ、大物が掛かっても安心のバットなど、ルアーキャスティングゲームを行う上で必要なものは十分に備えられています。 4種類あるモデルは、上位機種である「オーバーゼアAIR」と長さや適合ルアーウエイトがほとんど変わらないので、 コストパフォーマンスを重視したいというアングラーにはぜひとも「オーバーゼア」をおすすめします。 もちろん、上位機種である「オーバーゼアAIR」の方がカーボン含有率や重量の点では優れているので、その点はご了承ください。 ステップアップ、ベテランアングラーには「オーバーゼアAIR」 出典: 「オーバーゼアAIR」は「オーバーゼア」の上位機種にあたるモデルで、ダイワ独自のテクノロジーがふんだんに盛り込まれています。 ロッドのねじれを防ぐ 「X45」、軽量化・高強度・高感度に作られたリールシートの 「エアセンサーシート」、並継ぎの継ぎ目もスムーズに曲がる様に作られた 「Vジョイント」、カーボンの密度を高めてより筋肉質なロッドに仕上げる 「HVF」といった魅力的なテクノロジーが詰まっています。 ロングロッドの扱いに慣れてステップアップをしたい方や、ベテランアングラーの方にはぜひ使っていただきたいモデルとなっています。 「オーバーゼア」よりもパワーを備えたロッドになっているので、 不意の大物に備えたい方や、 根に潜られるとラインを切られてしまう様なフィールドで釣りをする方におすすめです。 オーバーゼアシリーズの各モデルに迫る 出典: 「オーバーゼア」、「オーバーゼアAIR」にはそれぞれ4つのモデルがラインナップされています。 どちらもカーボン含有率や重量、価格などを除けばほぼ同じスペックになっているので、以下からは各モデルのおすすめポイントやおすすめの使い方などをご紹介します。 どのモデルも扱いやすいものに仕上がっていますが、アングラーによって使用ラインや使用ルアーに差があるので、ぜひお好みの一本を見つけてください。 それでは早速チェックしていきましょう。 長さが10フィートを超えているので遠投性能はもちろんの事、大物が掛かってもしっかりと魚をいなす事が出来ます。 適合ルアーウエイトが7~45g、メタルジグは7~50gまで使用する事が出来るので サーフはもちろんの事、堤防や沖堤防などでも扱いやすいロッドです。 サーフでのフラットフィッシュゲームやシーバスゲーム、30~40g程度のメタルジグを使ったライトショアジギングなど多彩な釣法を楽しむ事が出来ますよ。 沖のブレイクを攻略するにはロッドの遠投性能が重要となりますが、本モデルは最も長いモデルなので、沖のブレイク攻略の強い味方となってくれます。 適合ルアーウエイトは10~60g、メタルジグは10~65gまで扱う事が出来ます。 幅広いルアーウエイトを扱う事が出来るので場所は選びませんが、ロングロッドに不慣れな方は取り回しに苦労してしまうかもしれません。 しかし、ロングロッドは足元が根の荒い地磯や沖磯では大活躍するロッドです。 長さを生かして足元の根をかわし、ラインブレイクを防ぐことが出来るという事は大きなメリットになります。 とにかく飛距離を追い求める方、足元の根をかわしたい方は注目のモデルと言えます。 ショアジギングに重きを置くなら「103MH」 オーバーゼアシリーズの103MHは、3種類ある硬さの中では最も硬いモデルになっており、パワーゲームを繰り広げたいアングラーに最適な一本です。 適合ルアーウエイトは15~60g、メタルジグは12~65gとなっており、 ショアジギングに向いた設計となっています。 長さはオーバーゼアシリーズの中で最も短い10. 3フィートですが、短い分メタルジグのしゃくりやすさに貢献しています。 3フィートの長さは実際の所決して短くはなく、むしろロングロッドに位置するので飛距離は問題なく稼ぐ事が出来ますよ。 20g程度の軽量なルアーは苦手ですが、40~50g程度のメタルジグやメタルバイブレーションは非常に扱いやすくなっています。 ブリやシイラといった強烈な引きが魅力的な魚をターゲットに定めているので、大物ハンターのアングラーには魅力的な一本となっています。 プラッギングに重きを置くなら「109MH」 最後にご紹介するのが、オーバーゼアシリーズの109MHです。 硬さは103MHと同じMHクラスで、103MHのロングモデルの位置付けになっています。 適合ルアーウエイトは103MHと同じで15~60g、メタルジグは12~65gとなっています。 103MHがショアジギング向けのモデルであるのに対して、本モデルは ダイビングペンシルやポッパーなどを使ったプラッギングゲームに向いています。 もちろん、メタルジグを使ってショアジギングを楽しむ事も出来ますので、しゃくりやすさを優先して103MHにするのか、遠投性能やプラグの操作性能を優先して109MHにするのかはお好みで選んでみてください。 地磯や沖磯でヒラマサやカンパチを狙ったトップウォーターゲームも楽しめる一本なので、大物とのビッグゲームを追い求めるアングラーにおすすめのモデルとなっています。 オーバーゼアシリーズを駆使して釣りを楽しもう! 出典: 新商品であるオーバーゼアシリーズは、初心者のみならずベテランアングラーも納得の仕上がりになっています。 それぞれ特徴のあるモデルが4機種ラインナップされているので、お好みの一本を見つける事が出来るのも嬉しいポイントですね。 これからルアーキャスティングゲームを始めてみたい方や、サブロッドを探している方、様々なルアーを扱う事が出来るなんでもロッドを探している方など、 多くのアングラーのニーズに答えてくれるのがオーバーゼアシリーズです。 性能に妥協はなく、不意の大物にもしっかりと対応出来るスペックを持っているので安心して使っていただけます。 本記事を読んで頂いた方がお気に入りの一本を見つけて、釣りをもっともっと楽しんで頂ければ幸いです。 ぜひ、相棒となる一本を見つけてメモリアルフィッシュとなる一匹を釣り上げてくださいね。 釣りをする際はライフジャケットの着用を徹底し、安全な状態で釣りを楽しんでください。

次の

Over There(オーバーゼア)|DAIWA

オーバー ゼア air

03 デビュー 1010M MH 水平線へ向かってキャスト!サーフ&堤防のマルチルアーロッドシリーズ。 果てしなく広がる大海原、途切れることなく打ち寄せる波。 それに逆らうようにルアーを投げる。 はるか沖へ、彼方へ、その下に潜むのは青物か、フラットフィッシュか、海アメか、それとも未知なるターゲットか。 ジグやプラグ、ショアラバと、あらゆるルアーへの対応力と、頼もしい遠投性で OVER THERE が広大な海の可能性探索をサポートする。 ヘビーシンキングのミノーやシンペンをシャープに弾き飛ばす。 リトリーブやリフト&フォールといったアクションに最適。 103MH サムライジグ メタルジグやメタルバイブなどで手返しよく広範囲を探るハイパワーモデル、ルアーのウエイトを乗せやすい調子により、シャクリなど積極的なロッドワークの釣りに最適。 109MH ラフライド 中型のダイビングペンシルやポッパーを中心に、メタルジグなどを積極的に操って大物を誘い出すハイパワーモデル。 空気抵抗の大きなルアーもしっかりと弾き飛ばす。 パワー、操作性に革命をもたらすネジレ防止の最適構造。 「Xトルク」は世界共通の商標として「X45」に呼称変更いたしました。 用途に応じて専用設計することで汎用リールシートでは体験できない操作性を実現。 節の合わせ部分にDAIWA独自のバイアス構造を採用。 合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度が向上。 贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。 粘りや強度を重視した竿に最適な素材となっている。 28 2 168 178 1. 8 7~45 7~50 8~16 0. 8~2. 30 2 169 195 2. 8 10~60 10~65 8~20 0. 8~2. 12 2 160 189 未定 15~60 12~65 10~20 1. 0~2. 28 2 168 203 未定 15~60 12~65 10~20 1. 0~2. All Rights Reserved.

次の