近鉄特急 ひのとり 料金。 近鉄の新型名阪特急ひのとりの予約方法や時刻表、車内、設備、料金などを解説。ゆったり広々のプレミアムシート体験情報も記載。メタリックレッドの斬新な車両と上質な車内で快適|のぞみは西へ、みずほは九州へ

近鉄、新型名阪特急「ひのとり」(80000系)を2020年3月14日運行開始。全席バックシェル&コンセント 大阪難波駅~近鉄名古屋駅間を運行

近鉄特急 ひのとり 料金

試乗会に参加した「鉄道チャンネル」華やか部門の二人から 「ひのとり」がいかに素晴らしいかという話を聞き及んでいたのですが、このご時世、大阪や名古屋へ出向くわけにもいかず……そんな折に「N700S」取材で久々に新大阪を訪れたので、この機を逃すわけにはいかぬと思いたち「ひのとり」で帰ることにしたのです。 html 「ひのとり」ってどんな車両? 「ひのとり」は今年3月14日(土)にデビューした近鉄の新型特急車両。 大阪と名古屋をつなぐ名阪特急の新たな担い手として、2021年度末までに11編成72両が新造・投入される予定です。 大阪~名古屋間の移動に関しては東海道新幹線と近鉄の名阪特急が競合しており、速さの東海道新幹線に対し安くて快適な近鉄特急という構図になっています。 2020年はJR東海が「のぞみ12本ダイヤ」や「N700S」の投入で輸送品質の向上を図り、一方の近鉄は「ひのとり」で対抗するという流れでした。 料金や所要時間を具体的に比較してみましょう。 「ひかり」指定席なら6,470円、「のぞみ」指定席なら6,680円。 所要時間は「のぞみ」なら約50分。 一方の「ひのとり」は大阪難波~近鉄名古屋間を約2時間8分で移動。 従来の近鉄特急が4,340円、デラックスシートで4,860円であったことを考えると若干割高になりましたが、過去のリリースや乗車体験記を読むに座席や車内設備に相当力を入れていることが分かります。 もちろん大阪~名古屋間の移動なら新快速を乗り継いでいく手もありますし、高速バスなら更に安い。 名阪特急は名阪間における様々な移動手段の中でも、グレードの高い選択肢として位置付けられているとみて良いでしょう。 その実力のほどを拝見しようじゃないの……ということで「プレミアムシート」に乗ろうと思ったのですが、残念ながら当日の「窓側の席」は満席。 というわけで今回はレギュラーシートに乗ります。 「ひのとり」コーヒーは200円。 お湯は無料。 コーヒーの提供時間はおよそ40秒。 普段泥水のようなコーヒーしか飲まない味音痴なので「セブンイレブンのコーヒーとあんまり変わらなくない?」という印象を抱いてしまったのですが、普通に美味しいですし、車内で買えるコーヒーというのはそれだけで100円の差額を払う価値のあるもの。 記念に一杯買っていきましょう。 その対面にはICカードロッカーがあり、ICOCAやPASMOを持っていれば無料でロッカーが使うことも。 こういう設備があることは知識としては知っていたのですが、改めてこの贅沢なサービスを目の当たりにするとちょっと真顔になりますね。 治安の悪いインターネットの住民が見たら「福利厚生じゃん、こんなの……」と呟くレベル。 その感触が腰に残っている状態で座ればさすがに見劣りするんじゃないかな……と思いながら「ひのとり」レギュラーシートに腰を落ち着けたところ、あまりの快適さに一歩も移動したくなくなってしまいました。 リクライニングした瞬間がすごいんですよ、ひのとり。 座面の先端が浮く。 膝のあたりがほんの少し持ち上げられて快適な乗り心地になってる。 しかも全席バックシェルなので後ろの人を気にせずにリクライニング出来る。 もちろん「N700S」の座席も素晴らしいのですが、ひのとりのシートからは速度で劣り快適さに賭ける近鉄特急が座席の質で負けるわけにはいかない、というプライドが伝わってきます。 腰とかに。 もちろん、サービスは座席の質によってのみ決まるものではありませんが、レギュラーでこれならプレミアムシートはグランクラスを余裕で超えていくんじゃないのか?と期待が膨らみますね。 ちなみに座席の背面には傘などをかけられるフックも搭載。 これは「N700S」の普通車にも装備されていて、全席コンセント・Free Wi-Fiなどともに令和の標準装備みたいな感覚がありますね。 雨の日は傘の置き場に困ることもたびたびですが、このフックは柄を引っ掛けて固定するのに大変使いやすくて便利でした。 びっくりするほど揺れない。 ひのとりの静けさと揺れなさは「リクライニングチェアでくつろいでいると窓の外の画面が勝手に切り替わっていく」イメージです。 あまりの揺れなさに「電車に乗っている」ことを忘れてしまうほど。 もちろん、新幹線だって揺れる乗り物じゃありません。 記者が生まれる前の話ですが、東北新幹線の試運転では「タバコが立つ」と噂になったそうで。 長野新幹線や北陸新幹線では「コインが立つ」という話もあります(実際試したことはないのですが……)。 「N700S」だって揺れの大きい車両にはフルアクティブサスペンションを備えています。 それでも乗り比べてみると「『ひのとり』はいいぞ」になってしまう。 大阪難波から近鉄名古屋まで2時間ちょっと。 しかも料金は「のぞみ」で行くのとさほど変わりない。 もっと安い移動手段も充実している。 いずれは「ひのとり」プレミアムシートと「グランクラス」で乗り比べをしてみたいものです。 文/写真:一橋正浩.

次の

近鉄「ひのとり」にワンコイン(500円)安く乗る方法

近鉄特急 ひのとり 料金

シートの生地は本革が使用され、電動リクライニング、電動レッグレストなどの設備も搭載された。 まさに在来線のグランクラスといってよい。 これらのシートにはヒーターも設置されている。 「座っているうちに腰のあたりが暖かくなる」(深井部長)というきめ細かな配慮が施されている。 プレミアム車両は通常より床面の高いハイデッカー構造となっており、前面、側面の大きなガラス越しの眺望も抜群だ。 ただ、その構造上、客室に入るためには階段がある。 バリアフリーの面では改善の余地がある。 「レギュラー」もグリーン車並み 通常の「レギュラー車両」の快適性も高めた。 シートの前後間隔は従来の車両より11cm広い116cmで、新幹線のグリーン車並みだ。 レギュラー車両のシートにもバックシェルを採用している。 2両あるプレミアム車両のデッキには「カフェスポット」が設けられた。 コーヒーサーバーがあり、1杯200円でコーヒーが買えるほか、スナックの自動販売機も設置している。 最近、新幹線を中心にコーヒーの車内販売を取りやめるケースが増えているが、コーヒーサーバーがあれば、豆を挽き立てのコーヒーの味と香りが楽しめる。 今回のケースがきっかけとなって、コーヒーサーバーを設置する列車が増えるかもしれない。

次の

近鉄特急『ひのとり』の【 時刻表・料金・予約方法・お得な割引 】

近鉄特急 ひのとり 料金

先進的でスピード感のある車体フォルム、艶感のあるメタリックレッドといった外観デザイン、ゆったりとした空間や上質なサービスを提供する気品ある車両のイメージを、翼を多く広げて飛翔する 「ひのとり」に重ね合わせて命名したそうです。 コンセプトが「くつろぎのアップデート」とあるように 後方に気兼ねなく、リクライニングできるのはもちろん、本革を利用した本格的な 電動リクライニングシートを採用しています。 車内は全席3列シート。 前後間隔は130センチと日本鉄道上、最大級の感覚を確保しているとのこと。 実際にすわると前の座席との間隔の広さ、大きな窓の開放感が心地よい。 LEDの読書灯も完備 シートの調整は自動でシートヒートはもちろん完備 窓が広く開放感がすごい。 最高な座り心地で、大型テーブル、コンセント、freewifi完備。 といたれりつくせり の時間を約2時間過ごすことができる!これはめちゃいいですよね。 快適そのもの。 通常のレギュラー車両もシートの前後間隔は116センチと新幹線のグリーン車並み! レギュラー車両のシートもバックシェルを採用. 後方に気兼ねなくリクライニングすることができます。 ちなみにひのとりは全席禁煙ですが、3号車に喫煙室を完備しています。 挽きたてのコーヒーと共に一服もできちゃいます。 近鉄特急ひのとりの料金や乗り方は!? 気になる「近鉄特急ひのとり」の料金ですが、 大阪難波間~近鉄名古屋間でレギュラー車両の場合、 運賃2410円+特急料金1930円+ひのとり特別料金200円=4540円となります。 ここにプレミアム車両を利用の場合 4540円+特別車両料金900円=5440円となります。 速さでは新幹線のぞみにはかないませんが、 この金額は新幹線のぞみを使うよりも割安なので快適性などを考えると断然おすすめですね! 特急券はインターネット予約が可能です。 詳しくはをご覧ください。 ダイヤはで確認してみてくださいね。 乗る事自体に価値をみいだせる列車だと思いますのでぜひ体感してみてください!.

次の