ご祈祷料 のし。 初穂料》お宮参り・初穂料とは・地鎮祭・のし袋・封筒・七五三・金額・新札

会社関係の初穂料ののし袋の書き方は?

ご祈祷料 のし

神社でご祈祷を受けられる際、地鎮祭など出張祭典を受けられる際にご祈祷料をご用意いただきます。 このご祈祷料に関して、 「熨斗袋(のしぶくろ)の表書きは何て書けばいいのか?」というご質問をよくいただきます。 一般的にご祈祷料の表書きには 「初穂料」「玉串料」「祈祷料」「御礼」などお書き添えください。 ここでは分かるようで分かりにくい、「初穂料」と「玉串料」の意味と使い分けについてご説明します。 初穂の代わり 初穂料 初穂料の意味 「初穂」とはその年に初めて収穫されたお米のことです。 この初穂、まずご神前にお供えして収穫と豊作を神様に感謝する習慣があります。 それは広く農作物や魚類にも広がり、現在でも「初物」としてお供えされています。 現在でもこの習慣は受け継がれ、全国神社で秋に執り行われる「新嘗祭」や「秋祭り」「収穫祭」の名称でお祭りが行われています。 初穂、初物は神様にお供えし感謝の気持ちを表すのですが、生産者以外の方、また季節がずれると初穂・初物は手に入りません。 そこで初穂・初物の代わりとして「お金」が神様にお供えされるようになりました。 また初穂そのものも「神様にお供えするもの」という意味合いが強くなり、神前にお供えする金銭を「初穂料」と呼ぶようになりました。 初穂料とは初穂・初物に代わるものという意味• 初穂料とは神様にお供えするものという意味 使える場面、使えない場面 初穂料は様々な場面で使うことができます。 交通安全祈願、厄除祈願、安産祈願、初宮詣、七五三詣など神社で執り行うすべての祭事で使えます。 唯一使用を控えるべき場面は「神葬祭」、すなわり神道式のお葬式です。 「初穂料の意味」でも記載していますが、どちらかといえば「感謝の気持ち」を表す言葉ですので、 弔意を以て臨むお葬式には不向きといえます。 お葬式には「玉串料」または「御榊料」などを用いるとよろしいでしょう。 玉串の代わり 玉串料 玉串料の意味 「初穂料」が「初穂」の代わりですので、「玉串料」は「玉串」の代わりです。 「玉串」とは榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたものです。 玉串は米、酒、魚、野菜などの神饌(しんせん、神様のお食事物)と同様に神様にお供えするものです。 これら神饌と異なる点は、祭典のなかで「玉串拝礼」「玉串奉奠」の行事で、祈願者自らがお供えします。 この玉串の意味については別の機会にご紹介したいと思います。 初穂・初物と同様に、神様にお供えすべき玉串を用意できない代わりに「お金」をお供えすることになってきます。 また「初穂料」同様に「ご神前にお供えするもの」という意味から、神前にお供えするものを「玉串料」と呼ぶようになりました。 玉串料は玉串に代わるものという意味(玉串拝礼を行う場合でも)• 玉串料は神様にお供えするものという意味 使える場面、使えない場面 初穂料同様に様々な場面で使えます。 神社で執り行う各種ご祈祷、結婚式はもとより神葬祭、すなわち神道式のお葬式でも使えます。 ただし、御守・御札などを受ける際には玉串料はあまり使用しません。 この場合は初穂料を使います。 まとまりのない文章ですが、少しご理解いただけたでしょうか。 なお「初穂料」「玉串料」どちらもあくまで「神様へ捧げるもの」であります。 ですのでその取り扱いは大切にすることが必要です。 熨斗袋でご用意いただければ結構ですが、場合によっては封筒で代用される方もいらっしゃいます。 なかにはお財布から直接出される方もいらっしゃいます。 もちろん御守・御札などを受ける場合にはその方が合理的ではありますが、 ご祈祷やご祈願をされる場合など突発的な出来事ではないはずで、前以てご用意される時間もあろうかと思います。 お電話でご質問された方には「熨斗袋などに入れていただければ丁寧です」とお答えしております。 最後に・・・ 神社では 「お布施」は使えません! 「お布施」とは仏教用語で「他人に施しを与える」ことだそうです。 確かに祈祷料を受け取っているのは神職、つまり人間ですが、 先にも述べたとおり祈祷料は「神様への捧げもの」であり、「人が神様に施しを与える」などということはありません。 どうぞご注意ください。

次の

お祓いで渡す封筒の書き方は?金額相場やお寺でのお祓いの場合も解説|終活ねっとのお坊さん

ご祈祷料 のし

「初穂料」「玉串料」「神饌料」とはいずれも神様にお供えするもののことで、神社に対してのお礼に値します。 「初穂料」と「玉串料」は使い方が非常によく似ており、七五三やお宮参りや厄よけなどを行った際にそのお礼としてこの名目で金封を用意します。 「神饌料」は地鎮祭や棟上げや通夜祭などでお祓いを頂いた時にお礼を贈る名目として使われます。 全て神様に対するものですが、それぞれ意味がありますので、用途に合わせて使いわけます。 包む袋は基本的には祝儀袋を用意しますが、普通の無地の封筒に包む場合も少なくありません。 中にはお財布から直接出される方もいるようです。 ですが、「神様に捧げるもの」ですのであらかじめ必要とわかっている時には、神様への敬意も示し、きちんとご祝儀袋に包んでお供えしたいものです。 水引は基本的には花結び(蝶結び)のものを選びます。 ただし、神前結婚式の場合には一度きりのお祝いに使用する結び切りの水引がかかったものを選びます。 水引の色は紅白で5本のものにします。 ただし、水引の選び方は地域によって違いがあり、例えば、関西では通常花結びを使う何度あっても嬉しい一般のお祝いにも淡路結びを用いるようで、地域によっては淡路結びと結び切りのみしか扱っていない文房具店も多々あるそうです。 基本的には、そのような一般のお祝いには花結びを使用し、何度も結び直せる花結び用いることで「繰り返したいお祝い」だということを表現しますが、大切なのはその地域のルールにならうことです。 ご自分の地域はどのようになっているのかを事前に確認をして、地域ごとのルールに合わせましょう。 お金の用意 まずは新札を用意しましょう。 いかなるお祝いにしても、お祝いする気持ちと礼儀を込めて包むお金は必ず新札にします。 新札でご祝儀を用意するのには「この日のために用意しました」という気待ちを表すためという理由も含まれいるため、できるだけ新札で用意できるように努めましょう。 近年では、金額が決められている神社も多く、事前にHPや電話などで問い合わせておくと良いでしょう。 また、「金額はお気持ちから」と掲載している神社もあり、その場合は5,000円〜が一般的となっています。 神社によっては、金額に応じて授与物(お守り・千歳飴・文房具など)が異なることもあります。 また、お宮参りの祈願は、七五三や厄除けなど、複数で祈祷を受けるのとは異なり、ひと家族ごとに行う傾向もある為、少し高めの金額設定になっている場合もあります。

次の

初穂料ののし袋の書き方~厄払い編~

ご祈祷料 のし

神社へご祈祷などをお願いするときの初穂料には、どんな意味があるのでしょうか? 初穂とはその年の最初に収穫した稲穂(お米)のことです。 もともと日本では、神様へ初めての稲穂をお供えして豊作と自然の恵みに感謝する習慣があります。 その習慣が現在では、お米などの初物をお供えできない人々もいるため、お米などの代わりにお金をお供えするようになりました。 神様へお供えする初穂の代わりにお金を渡すことも、感謝の意味として使われているため初穂料と呼ぶようになりました。 また、初穂料は、感謝の気持ちを表すほとんどの祭事に使用することができます。 しかし、神葬祭などの神道のお葬式では、感謝の気持ちを表す初穂料には不向きとなっていますので使うことはできません。 初穂料を使う場面として以下のようなものが挙げられます。 お守りやお札(おふだ)を授かる時 安全祈願・交通安全・家内安全・開運・健康長寿・合格祈願・縁結びなど• 祈願・祈祷・厄祓いの謝礼 商売繁盛・社運隆盛・厄除け・安全祈願など• お宮参り・七五三などの謝礼• 神前結婚式の謝礼• 地鎮祭・竣工式などの謝礼 初穂料と玉串料の違い 神社へお供えするお金のことを、一般的には初穂料または玉串料(たまぐしりょう)といいます。 どちらも神様にお供えするお金のことですが、この2つの違いは何でしょうか? 玉串とは、榊の枝に紙垂や木綿を付けたものになります。 榊は神様の依り代として降りてこられる木のことで、神式の儀式に使われています。 神様の依り代である玉串を準備できない代わりに、神様へお金をお供えするようになったといわれています。 玉串料も、 玉串を直接神様へ捧げる代わりにお金を捧げるようになったため、玉串料と呼ぶようになりました。 また、玉串料も初穂料と同じように、初穂や玉串の代わりにお供えするお金のことです。 玉串料は神様への直接の捧げものという意味があり、お守りやお札を授かるときには使用されません。 また、神道でのお葬儀に関しては、感謝の意味がある初穂料ではなく玉串料が使われます。 神社へ渡すのし袋の種類と選び方• 交通安全祈願• 厄除祈願• 安産祈願• お宮参り• 地鎮祭• 七五三 また、神前結婚式の場合にお渡しするのし袋には注意しましょう。 神前結婚式の場合であるのし袋には、水引が紅白で結び切りを選ぶようにします。 結び切りには結んだらほどけないという意味があり、結婚式は二度と繰り返してはいけないという思いが込められています。 神葬祭や式年祭ののし袋 次に、神葬式や式年祭でお渡しするのし袋の選び方についてみてみましょう。 神葬祭とは神道のお葬式になります。 また、式年祭とは、百日祭以降の一年祭・三年祭・五年祭といったものです。 のし袋には、仏式用である蓮の花がついているものは選ばないように注意してください。 不祝儀用である水引が黒白色か双銀が一般的になります。 以下は祭儀別の一般的な水引きの色になりますが、地域によって水引の色には決まりがあるので確認が必要です。 1人の場合 フルネームで書き、字の大きさは上段に書いた名目より若干小さく書きます。 2人の場合 夫婦の場合は世帯主を中央にフルネームで書き、少し小さく左側に妻の名前を書きます。 連名の場合は、上下関係がある場合は右側から上になる方から書きます。 また同格の人の場合は50音順に書きます。 3名の連名の場合までは同じです。 4名以上の場合 4名以上になる場合は連名で書かないのが一般的です。 中央に代表者の名前をフルネームで書き、左側に小さめに「外一同」と書きます。 会社の名入りの場合 代表者を中央にフルネームで書き、右側に小さめに会社名を、連名の場合に左側に「外一同」と書きます。 神社へ渡す初穂料の相場• 七五三 初穂料の子ども1人の相場は、5千円~1万円です。 兄弟姉妹で一緒におこなう場合の相場は、2人で8千円~、3人で1万円~です。 兄弟姉妹の金額設定がない場合もありますので、神社には事前に問い合わせましょう。 お宮参り 初穂料の相場は、5千円~1万円です。 ご祈祷 初穂料の相場は、5千円~1万円です。 祈願 御祈願の種類には商売繁盛・安産・学業成就などがあります。 初穂料の個人の相場は5千円~1万円です。 また、法人や会社の相場は2万円~です。 秋祭り 神社へ対しての奉納の相場は、1千円~1万円です。 お祭りの詰め所へ祝儀を贈る相場は、1千円~5千円です。 御輿への祝儀を贈る相場は、3千円~1万円です。 神葬祭 お玉串料(参列者)の相場は以下のようになります。 祖父母の場合 1万円~3万円 両親の場合 5万円~10万円 兄弟姉妹 3万円~5万円 叔父叔母 1万円~3万円 親戚等 5千円~2万円 友人知人 5千円~1万円 近所の方など 3千円~5千円 職場関係など 3千円~1万円 お祭祀料(神職への謝礼)の相場は30万~50万です。 他に用意するものとして、お車代(5千~1万円)や御膳料(5千~1万円)があります。 お供え物につけるのし袋(紙)の書き方 神社で神様へお供えする食べ物を 神饌(しんせん)といいます。 神饌とは、海・川・野で摂れる季節のものであり、種類は米・酒・餅・魚・卵・海藻・野菜・果物・菓子・塩・水になっています。 神様へのお供えする食べ物は、上の示した順に大切な神饌として扱われます。 また、神社へのお供え物は、お渡しするときにのし紙をかけます。 のし紙とは、かけ紙にのし・水引・表書きを印刷した紙のことになります。 現物の場合 神社に感謝の気持ちを添えてお供えをすることを奉納といい、その品には、 お米やお酒または季節の果物などの神饌にあたるものを奉納することもあります。 お供えものとして、香りの強い野菜(ニンニク・ネギ)などは避けたほうがよいとされています。 また、奉納するときのお供え物には、のし紙をかけてお渡します。 のし紙と表書きは以下のようになります。 初穂料は、神様へお供えするお米の代わりになるお金にすることで感謝の意味が込められている。 玉串料は、玉串を神様へ捧げる代わりに直接捧げたお金のことをいう。 玉串料も初穂料と同じように、初穂や玉串の代わりにお供えするお金のことである。 玉串料では神様への直接の捧げものという意味があるため、お守りやお札を授かるときには使用しない。 神道でのお葬儀については、感謝の意味がある初穂料ではなく玉串料が使われる。 一般的な祭事に使うのし袋は、水引が赤白の蝶結びを選ぶようにする。 神前結婚式は、のし袋に水引が赤白の結び切りを選ぶように注意する。 神葬祭の場合、蓮の花がついていないもので、水引の色は黒白色か双銀が一般的である。 一般的な祭事にお渡しするのし袋の表書きには、御初穂料・御礼・御玉串料になる。 神葬祭にお渡しするのし袋の表書きには、お渡しする方によって表書きを変える必要がある。 一般的な祭事にお渡しする初穂料の相場は5千円~1万円になっている。 神社への現物やお酒のお供え物には、お渡しするときにのし紙をかける。 神社に感謝の気持ちを添えてお供えをすることを奉納という。 のし紙には水引が紅白の蝶結び、表書きは、奉納・奉献とするのが一般的である。 神社へお渡しする初穂料を入れるのし袋のマナーについて、ご理解いただけたのではないでしょうか。 「終活ねっと」では、神社についてたくさんの記事を掲載していますので、ぜひあわせてご覧になってください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の