地震予知 グラグラ。 グラグラの地震予知研究所というサイトは当たるのですか??地震...

グラグラという人が地震予測してますが、

地震予知 グラグラ

地震予知SOEとは? 地震の前兆は? 早速ですが 「SOE」とは 地震予知サイトです。 名前の由来は Song of Earth の略だと言われています。 地球の歌?? 意味は分かりませんが… 訳さなければいい響きですね 笑 「SOE」の中身はというと 堅苦しいサイトではなく 地震そのものが予測されている、 といった感じではありません。 どちらかといえば 地震の際に活用できる、 といった感じでしょうか。 地震に関しては 近くで起きたりすると どうしても 「次はあるかも」なんて 心配になりますよね… そんな時に役に立ちそうな サイトです。 書き込みサイトとも いえますでしょうか。 そして 地震の前兆には どういったものが あるのでしょうか。 身近な前兆の知り方には雲がありますね。 こちらの記事で地震雲を写真付きで 解説しています。 生物の異常 ペットが吠える、走り回るなど 明らかにおかしな動きをします。 鳥が鳴く 鳥が夜中に泣き騒ぐなどは 前兆といわれています。 ミミズの大量発生 地下活動の変化でミミズが 地面に出てくるといわれています。 クジラやイルカの変化 クジラやイルカが浅瀬に乗り上げてきます。 超音波で会話する為、地磁気の変化で 方向が分からなくなるといわれています。 気象現象 地震雲は有名ですね。 地磁気の変化で珍しい雲が 多くみられるようです。 地鳴り 地震前になるとゴォーっと 地鳴りがするといわれています。 人体変化 耳鳴りを感じる方がいます。 地鳴りに似たような耳鳴りだそうです。 頭痛 敏感な方ですと地磁気の変化で 頭痛を感じる方がいるようです。 圧迫感・吐き気 地震の前兆を感じて胸の圧迫や 吐き気を感じる方がいるようです。 無意識にストレスを 感じているものだそうです。 どれも科学的には 証明されてはいませんが 参考に覚えておくのはいいと思います。 あくまで参考として、 意識しすぎず 過ごしてもらえたらと思います。 地震予知グラグラは当たるのか!? SOEの他に 地震予知グラグラという サイトがあるのは ご存知でしょうか? サイトに限らずTwitterでも 情報発信してますよね。 皆さんの反応は いかがなものでしょうか。 色々見てみると賛否両論… 全く当たらないやデタラメ、 M6以下の小さな地震を対象にしている 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる的な 感じだとかいわれています。 残念ながら私の知る限りで 当たるという話は 見受けられませんでした… しかし東日本大震災から 「何か出来ることはないか」と データ予測をもとに 地震予知情報を発信してくれています。 当たる、当たらないは別として 参考にはなりそうですね。 ミッヒーのTweetBlog 「透視ビジョン」で 色んな予言を的中させる主婦。 地震を「体感予知」できると 知られています。 頭痛で地震を体感するようです。 具体的に示す事が多くて、 実際にも予知に近い所で 地震が発生する事も 少なくないそうです。 最近では「霊さん」 といわれる年配女性の霊が 地震を教えてくれるんだそう。 ロシア・ヴォスコフ博士の地震予知サイト ロシアの地球物理学者 ヴォスコフが毎日発信している。 地図上にプロットした 画像のみの情報なので 分かりやすいようです。 日本の地震リスク 米国で日本の各都市の 地震発生確率を パーセントで示し、 日ごとに発信している。 気温の変化や電波、海水温、 月の位相や衛星画像での雲などの データを元に予測しているようです。 色んなサイトやブログ、 Twitterでさまざまな媒体を用いて、 情報発信してくれているようです。 多数ありますので 皆さんに合ったところで、 皆さんの何かの参考になると いいなと思います。 スポンサードリンク まとめ 話題にもなっている方は たくさんいらっしゃいます。 地震を予測してはいますが、 科学的要因がある訳でなく 体感や情報をもとにあくまで 「予測」ですから 参考までにしてもらえたら と思います。 中にはつぶやいた事が 当たる方もいらっしゃいますので 気になる方を見つけてみて下さいね。 個人的にですが… さまざまな方が地震と向き合って、 予測してくれていますが 当たればいいですが、 間違えば叩かれるこの時代… そんな中、毎日地震のデータや 体感と向き合い 更新してくれている方々に 私は感謝します。 参考にしかならなくても、 参考にさせてもらえる 記事がある事を有難く思います。 私の地域では 南海トラフ巨大地震がくれば 大惨事になるでしょう… 参考にしているものもあります。 なので今後も色んな事をもとに 発信していってもらいたいと思います。

次の

地震予知サイトSOEとは?地震予知グラグラとは?当たるのか!?

地震予知 グラグラ

地震予知SOEとは? 地震の前兆は? 早速ですが 「SOE」とは 地震予知サイトです。 名前の由来は Song of Earth の略だと言われています。 地球の歌?? 意味は分かりませんが… 訳さなければいい響きですね 笑 「SOE」の中身はというと 堅苦しいサイトではなく 地震そのものが予測されている、 といった感じではありません。 どちらかといえば 地震の際に活用できる、 といった感じでしょうか。 地震に関しては 近くで起きたりすると どうしても 「次はあるかも」なんて 心配になりますよね… そんな時に役に立ちそうな サイトです。 書き込みサイトとも いえますでしょうか。 そして 地震の前兆には どういったものが あるのでしょうか。 身近な前兆の知り方には雲がありますね。 こちらの記事で地震雲を写真付きで 解説しています。 生物の異常 ペットが吠える、走り回るなど 明らかにおかしな動きをします。 鳥が鳴く 鳥が夜中に泣き騒ぐなどは 前兆といわれています。 ミミズの大量発生 地下活動の変化でミミズが 地面に出てくるといわれています。 クジラやイルカの変化 クジラやイルカが浅瀬に乗り上げてきます。 超音波で会話する為、地磁気の変化で 方向が分からなくなるといわれています。 気象現象 地震雲は有名ですね。 地磁気の変化で珍しい雲が 多くみられるようです。 地鳴り 地震前になるとゴォーっと 地鳴りがするといわれています。 人体変化 耳鳴りを感じる方がいます。 地鳴りに似たような耳鳴りだそうです。 頭痛 敏感な方ですと地磁気の変化で 頭痛を感じる方がいるようです。 圧迫感・吐き気 地震の前兆を感じて胸の圧迫や 吐き気を感じる方がいるようです。 無意識にストレスを 感じているものだそうです。 どれも科学的には 証明されてはいませんが 参考に覚えておくのはいいと思います。 あくまで参考として、 意識しすぎず 過ごしてもらえたらと思います。 地震予知グラグラは当たるのか!? SOEの他に 地震予知グラグラという サイトがあるのは ご存知でしょうか? サイトに限らずTwitterでも 情報発信してますよね。 皆さんの反応は いかがなものでしょうか。 色々見てみると賛否両論… 全く当たらないやデタラメ、 M6以下の小さな地震を対象にしている 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる的な 感じだとかいわれています。 残念ながら私の知る限りで 当たるという話は 見受けられませんでした… しかし東日本大震災から 「何か出来ることはないか」と データ予測をもとに 地震予知情報を発信してくれています。 当たる、当たらないは別として 参考にはなりそうですね。 ミッヒーのTweetBlog 「透視ビジョン」で 色んな予言を的中させる主婦。 地震を「体感予知」できると 知られています。 頭痛で地震を体感するようです。 具体的に示す事が多くて、 実際にも予知に近い所で 地震が発生する事も 少なくないそうです。 最近では「霊さん」 といわれる年配女性の霊が 地震を教えてくれるんだそう。 ロシア・ヴォスコフ博士の地震予知サイト ロシアの地球物理学者 ヴォスコフが毎日発信している。 地図上にプロットした 画像のみの情報なので 分かりやすいようです。 日本の地震リスク 米国で日本の各都市の 地震発生確率を パーセントで示し、 日ごとに発信している。 気温の変化や電波、海水温、 月の位相や衛星画像での雲などの データを元に予測しているようです。 色んなサイトやブログ、 Twitterでさまざまな媒体を用いて、 情報発信してくれているようです。 多数ありますので 皆さんに合ったところで、 皆さんの何かの参考になると いいなと思います。 スポンサードリンク まとめ 話題にもなっている方は たくさんいらっしゃいます。 地震を予測してはいますが、 科学的要因がある訳でなく 体感や情報をもとにあくまで 「予測」ですから 参考までにしてもらえたら と思います。 中にはつぶやいた事が 当たる方もいらっしゃいますので 気になる方を見つけてみて下さいね。 個人的にですが… さまざまな方が地震と向き合って、 予測してくれていますが 当たればいいですが、 間違えば叩かれるこの時代… そんな中、毎日地震のデータや 体感と向き合い 更新してくれている方々に 私は感謝します。 参考にしかならなくても、 参考にさせてもらえる 記事がある事を有難く思います。 私の地域では 南海トラフ巨大地震がくれば 大惨事になるでしょう… 参考にしているものもあります。 なので今後も色んな事をもとに 発信していってもらいたいと思います。

次の

地震予知ブログのおすすめ11選 徹底解析!【2019年版】

地震予知 グラグラ

グラグラという地震予知サイトの無知ぶりには驚かされますね。 三重県は南東側からフィリピン海プレートが潜り込んでいるのを観察しやすい場所なんです。 そのため初心者でも容易にプレート潜り込みを調べることができるんですけど、相当に深い300km以深では太平洋プレートが東から潜り込んでおり、その境界面でも地震が起きるジャンクションなんです。 そして300km以深で起きる地震の方は観測地点となる地上までの距離が300km以上もありますので、M2未満の地震が記録される事もなく、地震の発生頻度確率を計算するには別扱いしないと極度に短い期間となってしまうのです。 実際に計算してみると、これだけの違いがあるんですよ。 5では 3. 4年に1回 1. 7~ 4. 8年に1回 M6. 6では 3. 8年に1回 1. 9~ 5. 3年に1回 M6. 7では 4. 1年に1回 2. 1~ 5. 9年に1回 M6. 8では 4. 6年に1回 2. 3~ 6. 5年に1回 M6. 9では 5. 0年に1回 2. 5~ 7. 1年に1回 M7. 0では 5. 6年に1回 2. 8~ 7. 9年に1回 M7. 1では 6. 1年に1回 3. 1~ 8. 7年に1回 M7. 2では 6. 8年に1回 3. 4~ 9. 6年に1回 M7. 3では 7. 5年に1回 3. 7~ 10. 6年に1回 M7. 4では 8. 2年に1回 4. 1~ 11. 6年に1回 M7. 5では 9. 1年に1回 4. 5~ 12. 5では 237. 1年に1回 118. 5~ 335. 3年に1回 M6. 6では 282. 5年に1回 141. 3~ 399. 6年に1回 M6. 7では 336. 7年に1回 168. 4~ 476. 2年に1回 M6. 8では 401. 3年に1回 200. 6~ 567. 5年に1回 M6. 9では 478. 2年に1回 239. 1~ 676. 2年に1回 M7. 0では 569. 9年に1回 284. 9~ 805. 9年に1回 M7. 1では 679. 1年に1回 339. 6~ 960. 4年に1回 M7. 2では 809. 3年に1回 404. 6~1144. 5年に1回 M7. 3では 964. 5年に1回 482. 2~1363. 9年に1回 M7. 4では1149. 4年に1回 574. 7~1625. 4年に1回 M7. 5では1369. 7年に1回 684. 9~1937. 1年に1回 もちろん南海トラフ地震と呼ばれる地震は被害地震ですから、距離が遠くなる深い方の地震ではないことは明白です。 つまり、すべての深度の地震での計算は誤りで、浅い側での確率計算が必要なのです。 ちなみにマップも計算も今年上半期(1月から6月)の記録を利用しています。

次の