精力剤の原料と種類。 市販で購入できる「精力剤」効果のホントのところ!

精力剤の成分・原料

精力剤の原料と種類

漢方精力剤は、ED治療薬などと異なり生薬が原料となっています。 一部には、漢方精力剤は、「効果が弱い」、「副作用がない」などの意見もありますが、専門家の立場からすると、これは大きな誤解です。 確かに漢方系の精力剤は生薬のみ配合されているので、身体に掛かる負担が少ないという傾向はありますが、その一方で、使用されている成分の多くは医薬品指定されているものもあり、使用には十分注意が必要です。 現在、国内で販売されている漢方系の精力剤は、日本の漢方をベースにした国産製品と、中国漢方の中国製製品に大別されます。 大元のルーツでは同一の思想なのかもしれませんが、長年の歴史の間に、使用する成分などに差が出てきています。 また、注意点として、中国製の漢方の場合、粗悪な偽物が多数流通しています。 ただ効果がないだけならまだしも、健康被害も多数報告されていますので、購入する際には、最新の注意が必要です。 精力剤ランキング第1位:龍覇王 漢方精力剤の最高峰のひとつです。 文字通り隠れた名品です。 販売店が少ないのか知名度が低いのが残念。 はっきり言って、かなりお勧めします。 実はこの製品、中国の人気精力剤である牛寶の日本国内OEM製品。 中国漢方の効果と国産製品の安全性を兼ね備えた製品です。 4 漢方 7,800円 マカ威龍とは、勃起率93%という、中国の国立北京中医院が監修する精力剤です。 さすが中国漢方だけあり効果は凄いの一言・ 5 漢方 7,980円 赤ひげ薬局の初心者用の精力剤がこの突撃プラスです。 赤ひげ薬局には珍しく価格も1万円以下に抑えています。 6 漢方 10,800円 あかひげ薬局から発売されている今話題の精力剤成分が贅沢に配合された精力剤です。 7 漢方 15,500円 某ランキングサイトでは1位を獲得した人気漢方精力剤。 価格はちょっと割高だが、漢方ファンなら一度は試していただきたい。 8 漢方 14,040円 赤ひげ薬局の人気NO1らしいですね。 配合成分は、ある意味、赤ひげ薬局らしからぬ成分が数多く配合されています。 9 漢方 21,600円 絶倫粉エンペラーは、赤ひげ薬局が販売する、漢方の強精成分をベースとするとする精力剤です。 本サイトを編集するに当たり信頼できる精力剤に関するランキングを参考にさせていただきました。

次の

精力剤について|EDとは【浜松町第一クリニック】

精力剤の原料と種類

精力剤に入ってるものは大丈夫?! 一般的に、精力剤と言われるものにはサプリメント(食品)として流通しているものと、医薬品や医薬部外品として流通しているものがあります。 精力剤といっても、目的や配合する成分によって医薬品と健康食品に分類されます。 医薬品は、大きく分けるとED治療を目的として病院で処方されるものと、男性ホルモンの増加を目的としたホルモン製剤系の2種類となります。 一方、健康食品系の精力剤では、精力減退の対策として滋養強壮に良いとされる動物性成分、植物性成分、ミネラル成分等を配合したものを食品や清涼飲料水として補給するものになります。 精力剤やサプリメントなどに使用される原料は各々の原料メーカーが仕入れている成分は異なります。 例えば、原料となる植物が枯れた土壌で栽培されていたり、栽培時に使用された農薬が残留している可能性もあり、サプリメントなどで摂取する場合には信頼のおける製品を選ぶことが重要となります。 クラチャイダム クラチャイダムとは原産国であるタイの呼び名で、日本では「黒しょうが(黒生姜)」や「黒ウコン」と呼ばれています。 クラチャイダムは生姜科の植物であり根の部分が特に栄養価が高く精力増強、性機能回復の効果が期待されています。 クラチャイダムにはバイアグラほどの即効性は無いものの滋養強壮効果も高く、長期的に服用する事で、身体の内面から全体の機能を活性化させ元気になる働きがあります。 クラチャイダムは性力増強効果が高いと言われているアルギニンが含まれており、そして精力剤として有名なマカが2. 4倍以上も含まれています。 そのため、クラチャイダムは性力増強、ペニス増大サプリとして非常に人気があります。 しかも、クラチャイダムの効果は性力増強だけではなく滋養強壮の元となる成分も多量に含まれており、老化防止のアンチエイジング効果も高いです。 クラチャイダムにはアルギニンという必須アミノ酸の一種が含まれているので、ホルモンの分泌も促進してくれて精力減ED(勃起不全)の改善に効果が期待できます。 他にもアルギニンは体内で一酸化窒素の生成を助け活性酸素を除く役割も担ってくれるので動脈硬化の予防にも貢献しています。 また、アルギニンは精子の製造にも深く関わっており、アルギニンは精子を作るだけではなく精子の機能性向上にも効果的に働いてくれます。 マカはアブラナ科の多年草植物です。 原産は南米ペルーで、4,000〜5,000mのアンデス高地で自生や栽培されており、その根や茎の部分が食用として古くから利用されてきました。 マカは完全食ともいわれており、ミネラル、ビタミン、アミノ酸などの栄養を豊富に含んでいます。 その中でも、ストレス性インポテンツ(性機能不全)に効果があるといわれている「アルカロイド」、陰茎活動の血流を活発にしてくれる「デキストリン」といった機能性成分が含まれていることも特徴です。 プエラリアは世界中で約650属、18,000種を含むマメ科植物の1種である。。 本種をタイではタイ語でガウクルア、クワーオクルア、グアオークルアと呼ばれ、「木に巻き上がる蔓草」という意味をもつ。 タイには多数の木に巻き上がるマメ科の蔓植物があり、これらの植物の中にはプエラリア・ミリフィカと同様に塊根を形成し、見かけも非常に似ているものが多くあるため、現地の人でも判別は非常に困難という。 サプリメントや健康食品によく使われているのはアカガウクルア(別名ソフォン)と呼ばれているものがある。 アカガウクルアの他に白ガウクルア、黒ガウクルア、鼠色ガウクルアの計4種類があり、まとめてガウクルアとして使われていることもある。 タイでは、現在でもガウクルアの根をすりつぶし、はちみつなどで固めて食べられています。 古くから男性の強壮や強精剤として知られており、疲れやすい方や体力の衰えた方にガウクルアは注目されてきました。 精力剤やサプリメントによく使われているアカガウクルアには男性ホルモンの一種であるDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)が含まれています。 アカガウクルアには体力増強作用や抗炎症作用、抗ストレス作用など様々な働きがあり、各器官や細胞の血流に影響を与えるため、免疫力や老化などに対して効果的だと考えられております。 ガウクルアの中でも白ガウクルアは別名プエラリア・ミリフィカとも呼ばれ、女性向けのサプリメントとして最近注目されるようになっています。 プエラリア・ミリフィカが含むミロエストロールという強力なエストロゲン活性をもつ成分は、その効果の強さから、当然に副作用をも考慮する必要がある。 サプリメントとして濃縮されたものについては、過剰摂取に注意が必要である。 しかし、濃縮されていないプエラリアを食べる場合には、現地でも古来から食べている食品なので問題はないとされる。 全長45-80センチメートル。 まれに体長が1メートル近くになる。 北海道産の個体は大型で、60センチメートルを超える個体が多い。 伊豆大島には「赤まむし」の別名を持つ体色が赤い個体が多いと言われている。 マムシに含まれる主成分はアミノ酸です。 体内で生成することができない必須アミノ酸も含めてタウリン、メチオニン、チロジン、グルタミン酸など様々なアミノ酸成分が含まれています。 マムシの筋肉と内臓にはペプチドと呼ばれる血液の流れを良くする働きがあり、男性器への血流を促すことでEDの改善も期待できます。 他にもマムシの内臓にはリノール酸というコレステロールの減少、動脈硬化の予防などの効果効能がある栄養素もあります。 マムシの強壮効果は他にも、強心作用、ストレスによる胃潰瘍の予防、急性潰瘍の予防、慢性潰瘍の治療、免疫力向上など様々な薬理活性が証明されている。 ニンニクの効能や効果は古く六千年前より認知されており、エジプト、ギリシャ、ローマ、インド、中国などの古代文明でニンニクが食用・薬用として重宝されていたことが分かっています。 日本でも「古事記」に登場しており、昔の人は体感的にニンニクが体に良いということを実感して広く民間療法として知られていました。 ちなみに中国が世界のニンニク生産量の8割を占めている。

次の

まだまだこれから!30代、40代におすすめの精力剤ランキングTOP12!

精力剤の原料と種類

精力剤の摂取量を守る• 精力剤を毎日飲む• もちろん、摂取量を守っていれば過剰摂取になり副作用を恐れることはないのですが・・・効果を早く出したいからといって、たくさん飲むと危険なんですよ。 精力剤に含まれている代表的な原材料を過剰摂取した場合の危険性・副作用を簡単にまとめた表が以下です。 原材料 危険度 症状 アルギニン 頭痛・動悸・下痢・腹痛・肝臓機能低下など シトルリン 頭痛・動悸・下痢・腹痛・肝臓機能低下など 亜鉛 下痢、腹痛、頭痛など マカ 頭痛・動悸・下痢・腹痛・肝臓機能低下など クラチャイダム 頭痛・動悸・下痢・腹痛・肝臓機能低下など 代表的な原材料以外は、精力剤に多く含まれていないので過剰摂取の危険性を心配する必要はありません。 主原料だけ気にすればOKです。 参考: 摂取量を守るのは精力剤の効果を最大限に発揮する・・・というよりは体を守るためと考えた方が良いですね。 精力剤を毎日飲む 精力剤は基本的に飲んですぐに効果を得られるものではありません。 精力アップに効果的な栄養を補給することで、徐々に体質が改善していき精力アップや滋養強壮効果を発揮してくれるんですよ。 原材料 効果 アルギニン 勃起力の回復・精子の生産性向上など シトルリン 勃起力の回復など 亜鉛 男性ホルモン(テストステロン)の分泌量アップ・精子の運動率向上など マカ 勃起力・精子の生産・運動率向上など クラチャイダム 勃起力・精子の生産・運動率向上など これらの効果は、基本的に栄養補給で得られる効果です。 栄養補給は積み重ねでしか効果を発揮できないので、 絶対に毎日続けないといけませんよ。 例え、1週間ジムに通って筋トレを行っても、すぐに肉体の変化って現れませんよね?1ヶ月・・・2ヶ月・・・3ヶ月・・・くらい続けてやっと効果を得られるものです。 ダイエットも一緒です。 TVなどでは、極端なおデブさんが合宿などで一気に痩せる姿や、ライザップで徹底的にトレーニングして痩せる姿が話題になりますが、基本的にはダイエットサプリとかを飲んだって、すぐに痩せるわけではないですよね? 筋トレもダイエットも精力アップも同じです。 日々の継続が重要なんです。 精力アップの場合は精力剤を毎日飲むだけでも効果を感じられるので、筋トレやダイエットに比べて簡単なのは魅力的ですけどね。 栄養の偏りが、精力減退の一番の原因だからですよ。 精力剤を複数回に分けて飲む 精力剤の摂取量は商品によって様々ですが、摂取量を守れば1度に飲んでもよいというわけではありません。 1度に摂取すると精力剤に入っている栄養が吸収しきれずに無駄になってしまいます。 例えば、 栄養ドリンクやエナジードリンクを飲んだ時を思い出してみてください。 「飲んだ後の尿が異常に黄色くなっていましたよね?」 尿が黄色いのはエナジードリンクから摂取した 栄養が多すぎて吸収できずに、尿と一緒に排出されてしまっている証拠です。 エナジードリンクは、タウリンなどいかにも「体に効きそうな栄養をたくさん」配合してインパクト重視の宣伝をしていますが、吸収しきれていないので実は体にとってさほど意味がないんです。 体に吸収しきれない栄養は無駄なものになってしまうので、精力剤を出来るだけ細目に分けて飲むのが重要なんですよ。 精力剤の飲むタイミング 精力剤を飲むタイミングについては、2つの検討しなければならないポイントがありますね。 【検討ポイント】• 朝昼晩のいつのタイミングに飲むか• 食前と食後のどのタイミングに飲むか それぞれを詳しく解説していきますね。 精力剤は朝昼晩のどこで飲むのが効果的か? 精力剤はいつ飲んでも効果を得られるものではあるものの、やっぱり適したタイミングというのは存在します。 体の中に栄養があまり足りていないタイミングに飲んだり、新陳代謝が活発な寝ている間に精力剤の栄養を体にとどめて置けることを意識しておくとよいですよ。 精力剤は食前と食後のどちらに飲むのが効果的か? 精力剤を食前に飲むのか、食後に飲むのかも迷うところですよね?実はどちらが良いというのはなくて、それぞれ特徴があるんです。 特徴 食前 食事による栄養補給がされていないので精力剤の栄養を吸収しやすい。 ただし、精力剤によって胃が荒れる可能性あり。 食後 食事により栄養補給がされているので精力剤の栄養吸収効率が悪い。 ただし、胃には優しいので安心して飲める。 精力剤の効果だけのことを考えるなら、食前の方が効率的です。 体に栄養が足りていない状態の方が吸収しやすくなっているからですね。 ただ、食前に飲むことで胃が荒れる可能性があるので注意したいですね。 精力剤のカプセルが胃の中に入ることで、胃酸が分泌されてしまい胃を傷つける可能性があるからです。 胃の中にカプセルしかない状態なのに胃酸が分泌されると、胃をダイレクトに胃酸が攻撃して、胃が弱ってしまうんですね。 もちろん、食前に飲んでも胃の調子がおかしくならない人もいるので、体質によって違います。 食前に飲んでみて、何ともなければ食前に飲んでみてもよいかもしれません。 ちなみに、薬を食後に飲むようにといわれるのは、同じ理由です。 薬の場合は念のため食後に飲んで胃酸による胃への負担を避けるようにしているんですね。 精力剤の効果的飲み方のおさらい ポイントだけおさらいしておきましょう。

次の