山田 孝之 裸 監督。 全裸監督

「全裸監督」山田孝之キャノン砲発射!? 村西とおると'80年代への思い語る

山田 孝之 裸 監督

母からの抑圧と、殻を破って妖しく美しく花開いていく姿を神がかった熱演で表現し、スタッフ・キャストの度肝を抜いた。 2011年のデビュー以来、数々の映画やドラマ、CMで活躍してきた森田さん。 中でも日比谷シャンテ30周年を記念したCM「日比谷シャンテ 30周年 歌うように生きよう篇」は記憶に新しく、日比谷シャンテらしくミュージカル風に構成されたCMの中で、特技のフィギュアスケートやクラシックバレエを活かしたしなやかなダンスと歌声を披露し、大きな話題となった。 また、テレビ東京系列で「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「孤独のグルメ」シリーズなど、数々の名作ドラマを生み出してきたドラマ24の枠で放送されるムロツヨシと古田新太のダブル主演ドラマ「Iターン」へも、スナックのホステス・めぐみ役で出演することが決定しており、注目度は日に日に増している。 本作の総監督を務めた武正晴監督は、彼女をヒロインに大抜擢した理由を「村西が恵美に出逢ったように、新人を発掘し出逢いたかった」と語る。 さらに、「マグマの様な情熱とスポンジの様な探究心と好奇心。 彼女の出現には、日本中が恐らく度肝を抜かれるだろう。 世界が彼女に喝采を送る日が近づいていると、信じて疑わない」と最大級の賛辞を送った。 アダルト業界で真剣に自身の道を切り拓いた若者たちを熱く描いた本格エンターテインメント。 果たして、彼女はどのように恵美を演じきったのか。 Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督」は8月8日(木)よりNetflixにて全世界独占配信。 《text:cinemacafe. net》.

次の

山田孝之、裸でカメラ担ぐ! Netflix「全裸監督」特報&ティザーキーアート

山田 孝之 裸 監督

が、12月5日に放送された『』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。 人気ドラマ『全裸監督』の裏話を明かした。 元AV監督のをが演じて話題となった『全裸監督』(Netflixで配信中)で、元セクシー女優の黒木香を演じたのが、新進気鋭の女優・森田。 そんな彼女は、ドラマに出るまで、下積みを重ねていた無名女優だった。 『全裸監督』出演後、SNSでは、外国からもコメントをもらうようになり、フォロワー数も3万人増加。 食事をしていたら外国人から「Are you Netflix?」と声をかけられるなど、変化を感じるようになったとのこと。 独特な喋り口調だった黒木に寄せるため、彼女が出演するバラエティの映像をたくさん見て勉強したという森田。 テレビの世界での彼女は仮面を被っていたこともあり、黒木の素の部分までなりきろうと決断。 「性に対しての関心・意欲がすごく強い方だったので、そういう世界は見ました」と風俗街に行ったり、ストリップショーを見に行ったり、事前に勉強したことを明かした。 ベッドシーンについては、自分の事で精一杯。 行為をするシーンを演じていても「10時間くらい裸だったので、まったく気にはならかった」と回顧。 そうした風景が日常化していたため、たくさんの裸を見てきた共演のは「何も感じなくなった」と話していたと述べた。 役のために体重を増やし、村西監督が憑依したような演技を見せた山田。 しかし、山田自身は本人に寄せようとは思っていなかったらしく、作品を鑑賞した時に「似ているな」と思っていた程度だったという。 監督がなかなかカットをかけなかったため、お喋りの村西監督を演じる山田が、必然的にアドリブを入れていく形が多くなった。 村西監督が黒木に笛を持たせ、バスローブを脱がすシーンのテスト撮影があった時のこと。 なかなかカットがかからず「生まれたての赤ん坊のように君は裸が……」と山田の口から出るアドリブが新鮮で面白かったと森田。 本番になるとさらに違ったアプローチで台本にないセリフを放っていたと回顧した。 森田は、山田にアドリブについて質問したことがあったそうで、テスト時の緊張感の中、考えて出てくる言葉を言っていると返されたという。 よって、事前にセリフを考えているわけではないと話していた。

次の

「全裸監督」特報で山田孝之の村西とおる初公開

山田 孝之 裸 監督

を主演に迎え、80年代を駆け抜けた「放送禁止のパイオニア」村西とおると仲間たちの青春と熱狂を描いたオリジナルシリーズが、本日8日(木)から全世界独占配信されることに。 業界の風雲児・村西とおると仲間たちが、時代を創り上げる 1980年。 会社は倒産、妻には浮気されて失意のどん底にいた村西とおるは、黎明期だったアダルトビデオに勝機を見出し、仲間とともに業界に殴り込む。 クセは強いが不思議な魅力のある独特なスタイルと、前例のない大胆不敵なアイデアで旋風を巻き起こした村西とおると、彼と強い絆で結ばれた仲間たち。 そして、商売敵や警察の妨害によって窮地に立たされた村西の前に現れる、運命の女性・恵美。 これまで様々な役を演じてきた実力派俳優・山田孝之が、強く、たくましく、奔放に昭和の最後を駆け抜けた「放送禁止のパイオニア」村西とおるという強烈なキャラクターに挑んだ『全裸監督』。 その記念すべき瞬間を迎える日に 山田孝之、 満島真之介、 玉山鉄二、 森田望智、4名のキャスト陣から特別映像が公開された。 『全裸監督』を観て下さい! というPR動画かと思いきや……『全裸監督』が如何に刺激的な作品であるかを説明。 「電車の中での鑑賞は周囲にご注意ください」、「真面目な人はこう言うでしょう。 実にけしからん! 」と、気軽な鑑賞を阻むかのような注意喚起のメッセージを送る山田孝之、満島真之介、玉山鉄二、森田望智の4名。 「裸」「欲望」「本能」「おっぱい」「ベットシーン」という過激な言葉が並んでいくなか皆一様に落ち着いた顔つきでその表情からは作品に対する確かな手応えと大きな自信が満ち溢れているように感じる。 続けて「窮屈な時代だからこそ、人間のありのままを楽しんで欲しい大人たちが真面目作った作品」と、この作品の根底にあるスタッフ、キャスト全員の想いを真剣な眼差しで訴える姿が印象に残る。 でもやはり「過激」なので「良い子は『ボス・ベイビー』をご覧下さい」という異例? のお願いでVTRの幕は閉じる。 タイトルからインパクトのあるこの作品をみて人間のありのままの姿を感じてみて! 『全裸監督』出演者より諸注意がございます。 feat. 山田孝之 満島真之介 玉山鉄二 森田望智.

次の