乳がん 検診 要 精密 検査 不安。 「要精密検査」の方へ|乳腺クリニックブレスティア たまプラーザ

乳がん検診にて石灰化・カテゴリー3との診断!精密検査は1週間後でもいいの?

乳がん 検診 要 精密 検査 不安

どのような方が「要精密検査」といわれてしまうでしょうか。 マンモグラフィ検診を例に述べたいと思います。 マンモグラフィ検診では撮影されたフィルムをみて(読影、どくえいと言います)、 腫瘍や石灰化、その他の異常所見を探します。 その結果、5段階の判定評価が下されます(本当はもう少し分かれるのですが)。 これをカテゴリー分類といいます。 カテゴリー分類について簡単に説明すると• カテゴリー1 異常なし• カテゴリー2 良性• カテゴリー3 良性と思われるが、癌を否定できない• カテゴリー4 癌の疑い• カテゴリー5 まず癌である となります。 読影の結果、カテゴリー3以上と判定されれば「要精密検査」の対象となります。 検診では受診者の5~10%の方がカテゴリー3以上の判定を受けているようです。 マンモグラフィ検診受診者におけるカテゴリー別の乳癌の頻度ですが、• カテゴリー1 0. カテゴリー2 0. カテゴリー3 8• カテゴリー4 42• カテゴリー5 100 (%) となります(宮城県対がん協会 50-69歳データより)。 逆に言えば、 「カテゴリー3と判定された方の92%は良性である」 ということになります。 私がここで強調したいのは「要精密検査」=乳癌ではないので、必要以上に心配しなくてもいいですよということです。 とはいえ8%の方には乳癌が見つかりますので、かならず乳腺外科医の診察を受けて欲しいと思います。 「経過観察」 要精密検査の指示を受けて検査を受ける。 その結果、悪性所見がないときに、よく言われるのが「経過観察」。 「経過観察しましょう。 次は6ヶ月後に診せてください。 」 経過観察を言われた方にとっては、乳がんの可能性を言われたようでもあり不安になる。 (診察医は悪性の可能性はかなり低いとみての6カ月後の比較観察を考えている) そのような不安の中6カ月を過ごすのは、患者さんにはストレスフルなものかと思う。 私のクリニックでの外来では予め 「あまりに心配になった場合は、途中、いつでもいらしてください。 」 とお話するようにしている。 大学病院にいたときは、これがなかなか言えなかった。 ただでさえ長い待ち時間。 不安でいらした患者さんの心境を思えば、早くに診て差し上げたいのだが、時間予約でいらした患者さんに更なる待ち時間を強要してしまうからだ。 こういう時間に追われての診療は、診る側にとっても大変なストレスである。 「不安になった場合は、途中、いつでもいらしてください。 」 これが言えるのが小回りの効くクリニックならではのメリットかと思う。

次の

針生検の結果待ちで不安!診断までの日数や乳がんの確率(良性や悪性の可能性)は?

乳がん 検診 要 精密 検査 不安

Contents• 乳がん検診のエコーで要精密検査になり組織診をしました 乳がん検診を受けて2週間後に要精密検査の結果が届きました。 がん検診を受けるのは2度目でした。 初めて受けた病院でも超音波で同じ しこりが見つかっていたのですが「経過観察で大丈夫でしょう」という事で異常なしという結果だったんです。 異常なしと言われたけど本当に大丈夫なのかな・・?という気持ちが消えず、2度目の乳がん検診では違う病院を選びました。 そして、そのしこりに 「要精密検査」という結果が出たのです・・・。 突き落とされるように不安な気持ちに襲われ、何で 1年前の検診の時にしっかり調べなかったのかと本当に後悔しました。 慌てて病院を調べて予約が取れたのが2週間後。 混み合っていて本当なら3ヶ月後になってしまうとの事だったのですが、紹介状があったので優先して予約を入れたようです。 乳がん検診から再検査までの期間は1ヶ月でした。 再検査日当日、朝9時の受付開始時間に合わせて行ったのですが既に沢山の患者さんがいて2時間~3時間は待つとの事。 外出OKだったので近くのカフェで待っていたのですが、不安な気持ちは増すばかり。 待ち時間が長い事も考えられるので、 気持ちが明るくなるような本を持って行くことをおススメします。 結局診断してもらったのは11時半でした。 紹介状に目を通してから、触診・そして超音波(エコー)検査です。 先生は「カテゴリー3の判定が出ても 90%位の人は良性だからあまり心配しすぎなくても大丈夫ですよ」と話してくれました。 胸にゼリーを塗って機械を当てます。 モニターにしこりが映らないか入念に調べます。 私が一緒に見ていると「こういうのはのう胞と言って水がたまったりしてるだけだから大丈夫なんだよ~」と丁寧に説明してくれました。 そして問題のしこりを見つけて「あ、これだね。 本当だ。 大きさは・・・」としこりの大きさや形を調べます。 素人目で見ても黒い楕円形の丸がくっきり見えるのが分かりました。 そして「形も悪くないしきっと良性のしこりだと思うけど、念の為にしっかり調べましょう。 また検査の予約をとって来てもらえるかな? あ、でも心配だから早い方が良いよね。 少し待つ事になっちゃうけど時間が大丈夫だったら今日検査しますか?」と聞いてくれました。 きっとめちゃくちゃ忙しいだろうに優しいなぁと感動した事を覚えています。 そして数時間待って針生検(細胞診)を受けました。 20分もしないくらいで終了。 「当日の入浴とアルコールは控えてね。 検査結果は1週間~10日で出るので、また聞きに来てくださいね~」との事でその日は終了。 私の不安な表情を見て「あまり心配なさらずにね」と声をかけてくれました。 そして1週間後・・ 診察室に入った瞬間「大丈夫でしたよ、不安にさせちゃってごめんね」とすぐに伝えてくれた先生。 やっぱり優しい。 「良性のしこり、 線維腺腫(せんいせんしゅ)でしょう。 10人に1人くらいに出来るものなので心配しなくて大丈夫。 けれど、急に大きくなったりすると恐いからまた半年後に見せてください。 自分でも触って変化がないか注意しててね。 」との事でした。 そして半年後の2016年6月と12月。 触診と超音波(エコー)で新しいしこりは出来ていないか、しこりの大きさは形は変わっていないか定期検診に行っています。 1年経っても変化はないという事で、次回は9ヶ月後に診てもらう予定です。 結果が出るまで本当に不安な日々でしたが、細胞診までしてもらえて結果がはっきり分かって良かったな・・と思います。 可能なら「細胞診」や「組織診」までしてもらえた方がやっぱり安心だなと実感しました。 乳がん検診の再検査で病院を決めた時の事 私は乳がん検診をした後すぐに引っ越しをしていたので、「住んでいる地域+乳腺外科」や「住んでいる地域+乳がん検診+再検査」など色々なキーワードを入れて 検索エンジンで探しました。 1つ1つHPを見ながら.

次の

乳がん検診とは? 検診の種類・検診後の精密検査について解説

乳がん 検診 要 精密 検査 不安

Contents• 乳がん検診のエコーで要精密検査になり組織診をしました 乳がん検診を受けて2週間後に要精密検査の結果が届きました。 がん検診を受けるのは2度目でした。 初めて受けた病院でも超音波で同じ しこりが見つかっていたのですが「経過観察で大丈夫でしょう」という事で異常なしという結果だったんです。 異常なしと言われたけど本当に大丈夫なのかな・・?という気持ちが消えず、2度目の乳がん検診では違う病院を選びました。 そして、そのしこりに 「要精密検査」という結果が出たのです・・・。 突き落とされるように不安な気持ちに襲われ、何で 1年前の検診の時にしっかり調べなかったのかと本当に後悔しました。 慌てて病院を調べて予約が取れたのが2週間後。 混み合っていて本当なら3ヶ月後になってしまうとの事だったのですが、紹介状があったので優先して予約を入れたようです。 乳がん検診から再検査までの期間は1ヶ月でした。 再検査日当日、朝9時の受付開始時間に合わせて行ったのですが既に沢山の患者さんがいて2時間~3時間は待つとの事。 外出OKだったので近くのカフェで待っていたのですが、不安な気持ちは増すばかり。 待ち時間が長い事も考えられるので、 気持ちが明るくなるような本を持って行くことをおススメします。 結局診断してもらったのは11時半でした。 紹介状に目を通してから、触診・そして超音波(エコー)検査です。 先生は「カテゴリー3の判定が出ても 90%位の人は良性だからあまり心配しすぎなくても大丈夫ですよ」と話してくれました。 胸にゼリーを塗って機械を当てます。 モニターにしこりが映らないか入念に調べます。 私が一緒に見ていると「こういうのはのう胞と言って水がたまったりしてるだけだから大丈夫なんだよ~」と丁寧に説明してくれました。 そして問題のしこりを見つけて「あ、これだね。 本当だ。 大きさは・・・」としこりの大きさや形を調べます。 素人目で見ても黒い楕円形の丸がくっきり見えるのが分かりました。 そして「形も悪くないしきっと良性のしこりだと思うけど、念の為にしっかり調べましょう。 また検査の予約をとって来てもらえるかな? あ、でも心配だから早い方が良いよね。 少し待つ事になっちゃうけど時間が大丈夫だったら今日検査しますか?」と聞いてくれました。 きっとめちゃくちゃ忙しいだろうに優しいなぁと感動した事を覚えています。 そして数時間待って針生検(細胞診)を受けました。 20分もしないくらいで終了。 「当日の入浴とアルコールは控えてね。 検査結果は1週間~10日で出るので、また聞きに来てくださいね~」との事でその日は終了。 私の不安な表情を見て「あまり心配なさらずにね」と声をかけてくれました。 そして1週間後・・ 診察室に入った瞬間「大丈夫でしたよ、不安にさせちゃってごめんね」とすぐに伝えてくれた先生。 やっぱり優しい。 「良性のしこり、 線維腺腫(せんいせんしゅ)でしょう。 10人に1人くらいに出来るものなので心配しなくて大丈夫。 けれど、急に大きくなったりすると恐いからまた半年後に見せてください。 自分でも触って変化がないか注意しててね。 」との事でした。 そして半年後の2016年6月と12月。 触診と超音波(エコー)で新しいしこりは出来ていないか、しこりの大きさは形は変わっていないか定期検診に行っています。 1年経っても変化はないという事で、次回は9ヶ月後に診てもらう予定です。 結果が出るまで本当に不安な日々でしたが、細胞診までしてもらえて結果がはっきり分かって良かったな・・と思います。 可能なら「細胞診」や「組織診」までしてもらえた方がやっぱり安心だなと実感しました。 乳がん検診の再検査で病院を決めた時の事 私は乳がん検診をした後すぐに引っ越しをしていたので、「住んでいる地域+乳腺外科」や「住んでいる地域+乳がん検診+再検査」など色々なキーワードを入れて 検索エンジンで探しました。 1つ1つHPを見ながら.

次の