ピアス手作り。 ノンホールピアス・イアリングの作り方!おすすめの手作りキットも

Creema(クリーマ) |ハンドメイド・手作り・クラフト作品の通販、販売サイト

ピアス手作り

手作りアクセサリーが初めての方にも挑戦しやすいのが、付け心地の軽いフックピアス。 金具も手に入りやすく、とてもシンプルな工程で作れるフックピアスの作り方をご紹介します。 フックピアスの材料• ピアスに使いたいパーツ … お好みのもの。 アンティーク風ビーズやしずく型のパーツなどが可愛いですね。 ヤットコ … 丸カンの開閉に使います。 ピンセット … パーツを掴む時にあると便利です。 フックピアスの作り方• ピアスと同様に簡単に作れます。 手作りピアス・イヤリングの材料は、100均や手芸用品店などで揃えることができます。 最近では手頃な価格で可愛い素材がたくさん揃うネットショップもおすすめです。 作りたいデザインによって必要な材料は変わってきますので、ここでご紹介するものは基本の材料です。 まずは基本の材料を揃えておいて、必要に応じて買い足していきましょう。 手作りピアス・イヤリングの基本の材料• 平ヤットコ … 先が平たいもの。 丸カンの開閉やピンを曲げる作業に使います。 丸ヤットコ … 先が丸いもの。 ピンを丸め、輪を作る作業に使います。 ニッパー … ピンやチェーンの切断に使います。 ピンセット … ビーズやパーツ類などの細かな物を掴む時に使います。 ビーズ・パールなど … お好みのもの。 丸カン … 金具と金具とをつなぎ合わせる丸い金属パーツです。 Tピン … ビーズなどを通してパーツを作る時に使います。 ピアスパーツ・イヤリングパーツ… ピアス・イヤリング部分のパーツです。 接着剤 … プラスチック用、金属用のもの。 あると便利です。 RELATED ARTICLE ピアスやイヤリングは手作りが楽しい! 手作りのピアスやイヤリングに必要なパーツや金具、作り方やおすすめの自作アイデアをご紹介しました。 手作りアクセサリーが人気の最近では、材料や素材もとても手に入りやすくなっていて、気軽に始められるので嬉しいですね。 自分の好みで作る自作アクセサリーには、既製品とは違った楽しみがあります。 ご紹介したピアス・イヤリングのデザインを是非参考に、あなたらしいオリジナルのアクセサリーを作ってみましょう。 作ったアクセサリーは、お友達へのプレゼントにしたり、ハンドメイドサイトで販売したりと、手作りアクセサリーの楽しみ方はあなた次第でたくさんあります!•

次の

ハンドメイドアクセサリーの作り方!初心者でも簡単なピアス!

ピアス手作り

今回はそんな時の気持ちを思い出しながら、 簡単な材料で作れる手作りピアスをご紹介したいと思います! ちなみに、今回使う材料は100円ショップで 買えるものもありますが、基本は 材料は手芸店で買うことになります。 もし、近くに手芸店がない場合は ネットで購入するのがおすすめ。 ラウンドビーズ(8ミリ)*ローズクォーツ*・・・2個• ラウンドビーズ(8ミリ)*パールビーズ*・・・4個• ラウンドビーズ(6ミリ)*クリスタル*・・・2個• ラウンドビーズ(6ミリ)*ローズクォーツ*・・・2個• ラウンドビーズ(5ミリ)*パールビーズ*・・・10個• Tピン(20ミリ~)・・・14本• 9ピン(20ミリ~)・・・6本• マルカン(4ミリ)・・・18個• ピアス(またはイヤリング)金具・・1組 用具(写真左から)• コーンプライヤー(丸ペンチ)• 平ペンチ• ニッパー 完成図 では早速作り方を見ていきましょう! ハンドメイドピアスの作り方は? (製作時間:約90分) STEP1 Tピンのパーツを作ります 【作り方01】 ・写真左 8ミリの パールビーズにTピンを通します。 ・写真右 ビーズからでたTピンの、 ビーズから 2ミリほど離れたところを平ペンチで挟みます。 【作り方02】 左手でビーズをしっかりつかみ、 Tピンをぐっと 折り曲げます。 【作り方03】 ビーズの穴のすぐ上から、Tピンを曲げるようにして、 写真のように、ビーズに沿うぐらいまで、しっかり曲げます。 【作り方04】 ビーズの穴から7~8ミリのところを ニッパーで切ります。 【作り方05】 切ったTピンの先をコーンプライヤーでつかみます。 【作り方06】 ・写真左 Tピンを先の方から 丸めます。 ・写真右 最後はコーンプライヤーの先の方を使い、 しっかり ピンを丸めてすき間ができないように ぴったり付けるようにします。 これでパーツが1つできました。 8ミリのパールビーズ3個• 8ミリのローズクォーツ2個• 6ミリのローズクォーツ2個• 5ミリのパールビーズ6個 も同様にTピンを挿して丸めます。 STEP2 9ピンのパーツを作ります 【作り方07】 6ミリのクリスタルに9ピンを通します。 Tピンと同様にピンを切って丸めるのですが、 ピンを 折り曲げる方向に注意します。 (ピンを丸めたとき、両側が反対方向に丸まっているようにするため。 ) 【作り方08】 作り方 01~06と同じ要領でピンを丸めます。 丸めたら、横から見たとき写真のように ピンが一直線になるよう、ペンチで整えます。 【作り方09】 9ピンの輪の方から見ると、 上下のピンが それぞれ違う向きに丸まっているようになります。 残りの6ミリのクリスタル1個と 5ミリのパールビーズ4個も同様に9ピンを通して丸めます。 【作り方10】 これで、全部のビーズにピンが付けられました。 STEP3 パーツをつなぎ合わせます 【作り方11】 ペンチ2本を使い、 マルカンのすき間の左右ををつかみます。 ペンチを動かし、 マルカンを手前と向こうにずらして開きます。 ) 【作り方12】 ・写真左 開いたマルカンに8ミリのパールのパーツを通します。 ・写真右 ペンチを動かして、 マルカンをぴったりと閉じます。 その他の8ミリのパール、 8ミリのローズクォーツも同様にします。 【作り方13】 6ミリのローズクォーツのパーツに マルカンを3個付けます。 もう1つの6ミリのローズクォーツも同様にします。 【作り方14】 ・写真左 新たにマルカンを1つ開いて、 Tピンを付けた5ミリのパールのパーツ1個と 【作り方13】のパーツを1個通します。 ・写真右 マルカンをペンチでぴったりと閉じます。 もう1つ同じパーツを作ります。 【作り方15】 【作り方12、14】で作ったパーツ。 【作り方16】 ・写真左 新たにマルカンを1つ開いて 【作り方14】のパーツを通します。 ・写真右 さらに、8ミリのパールのパーツ2個と 8ミリのローズクォーツのパーツ1個を通して マルカンをペンチで閉じます。 もう1つ同じパーツを作ります。 【作り方17】 ・写真左 新たにマルカンを1つ開いて Tピンを付けた5ミリのパールのパーツを2つ通します。 ・写真右 さらに【作り方16】で作ったパーツも通します。 ) マルカンをペンチで閉じます。 【作り方18】 【作り方17】でパーツを通して閉じたマルカンに 余っている 9ピンなどを通して、目印にしておきます。 もう1つ同じパーツを作ります。 【作り方19】 ・写真左 9ピンを付けた5ミリのパールの9ピンの輪を ペンチで開きます。 同様にして、クリスタルのパーツの先に 5ミリのパールのパーツをもう1つ付けます。 同じものをもう1つ作ります。 【作り方20】 【作り方19】で作ったパーツ。 【作り方21】 【作り方19】の端の9ピンの輪を開き、 【作り方18】の目印の9ピンを通してあるマルカンを通します。 【作り方22】 ・写真左 開いた9ピンの輪をぴったり閉じます。 ・写真右 できたパーツ。 もう1つ同じものを作ります。 【作り方23】 ピアスの全体図。 黒い線の輪がマルカンで、 青い線の輪がTピンと9ピンです。 【作り方24】 【作り方22】のパーツの上の9ピンの輪を開いて、 ピアス金具を通して付けます。 【作り方25】 もう1つ同じものを作って、ピアスの完成です。 アメシスト(8ミリ) ・・・2個• アメシスト(6ミリ) ・・・2個• パールビーズ(4ミリ) ・・・4個• パールビーズ(3ミリ) ・・・4個• Tピン ・・・2本• 9ピン ・・・6本• ピアス(またはイヤリング)金具・・・1組 作り方は冒頭からの説明をご参照下さい。

次の

ピアス台紙を手作りする方法!100均の道具で簡単におしゃれな台紙を!

ピアス手作り

手作りピアスを作るのに必要な材料・道具2つめは、「接着剤」になります。 一口に接着剤と言っても、その種類は豊富にあります。 接着剤の種類には、蓋を開ければすぐに使えるタイプと、複数の薬剤を混ぜてから使うタイプなど種類があります。 またそれぞれの接着剤によって、硬化する時間も異なっています。 また接着剤によっては、接着することができる素材が決まっているものもあるため、自身がハンドメイドで使う材料に合わせた接着剤を準備する必要があります。 しかし、多用途で使うことができる接着剤のタイプもあるので、このタイプの接着剤を1本持っているとDIYをするときには便利です。 ピアスに使えるパーツは、ビーズなどになりますが、その他にもボタンなどの素材も使えます。 またピアスを作るための「ピアスポスト」には種類がいくつかあるため、自身の好みなどに合わせて選ぶことをおすすめします。 そんなピアスは、金属製なためにアレルギーでつけることが不可能な方がいます。 そんな金属アレルギーの方には、ピアスパーツがアレルギー対応の素材でできているものもあるため、ピアス金具を選ぶときに、素材の種類を確認する必要があります。 そんな金属アレルギーの方は、身に着けるアクセサリーに気をつけましょう。 また金属が合わない場合には、婚約指輪も身に着けられない場合があり、その場合には結婚指輪に代わりのアクセサリーを贈る人もいます。 そんなときに、おすすめしたいアクセサリーを紹介している関連記事を下記で紹介しているので、ぜひ金属アレルギーの方にプレゼントを贈るときの参考に読んでみてください。 手芸品店は、珍しい素材を置いていますが、商品の価格が高いことが難点です。 そのため初心者などは、気軽に購入でしにくいです。 そんな初心者の人に、おすすめなのが100円ショップになります。 そんな近年の100円ショップは、商品の種類が豊富にあるため、一般的な商品なら豊富に揃っています。 そのため材料全てが、100円ショップで購入できませんが、購入できる商品もあるため初心者などの気軽に始めたい人には、費用が抑えられるためおすすめです。 このスタッドピアスのスタッドとは、「杭・鋲」などを意味しており、形は画鋲に似ています。 そんなスタッドピアスは、台座から真っ直ぐのピアスポストを、キャッチと呼ばれる留め具を使って後ろから留めて耳に固定します。 そんなスタッドピアスは、平らな台座に接着剤などで飾りを直接固定して作ります。 このピアスの特徴は、台座に固定するときに安定感があるため、飾り部分の取り付けがしやすく、缶単にハンドメイドすることができます。 しかし他のタイプのピアスよりも、パーツが多いためピアスパーツが割高なのがデメリットになります。 スタッドピアスを、初心者でも簡単にDIYできる作り方と、その詳細が載っているサイトを下記に付属しておくので、ぜひスタッドピアスを作るときの参考にしてください。 また紹介しているスタッドピアスのパールを、他の材料に変えるとオリジナルピアスが作れます。 スタッドピアスの作り方• 1ピアスの台座の部分からはみ出ないように接着剤をつける• 2コットンパールをつけて、24時間放置して乾いたら完成 手作りピアスの簡単な作り方2つめは、「フックピアス」になります。 このフックピアスは、アメリカンピアスの1種になっています。 またこのタイプのピアスは、ピアスホールに直接ピアスのフック部分を引っかけて身に着けます。 またスタッドピアスと違い、留める金具が必要ないため、身に着けやすいのがピアスの特徴です。 そんなフックピアスの作り方は、基本金具の使い方が分かれば簡単に手作りすることができます。 そのためハンドメイドを始めたばかりの初心者は、このタイプのピアスから手作りし始めることをおすすめします。 フックピアスは、Tピン・9ピン・丸カン・Cカンを使うことで、初心者でも簡単にDIYできます。 フックピアスの作り方と、詳細を紹介しているサイトを下記で紹介するので、ぜひ参考にしながら素敵なピアスをDIYしてみてください。 フックピアスの作り方• 1コットンパールに、9ピンをねじってとおし、丸ヤットコを使って丸める• 29ピンを平ヤットコで開き、フックピアスと繋ぐ• 3準備していたタッセルの丸カンを開いて、コットンパールの9ピンと繋いだら完成 手作りピアスの簡単な作り方3つめは、「フープピアス」になります。 このフープピアスも、フックピアス同様に、アメリカンピアスの1種になりますが、独特の輪っかの金属を使って作るのが特徴になっています。 そんなフープピアスの輪っかのパーツには、「丸・ハート・長丸」などの形の種類があります。 また手作りしたピアスに、オリジナル感が出やすいのが、このピアスの特徴です。 そんなフープピアスの作り方は、独特のピアス金具さえ手に入れば、初心者でも簡単に手作りすることができます。 そのフープピアスの簡単な作り方と、その作り方詳しく紹介しているサイトを、下記に付属しておくので、ぜひ参考にしてください。 フープピアスの作り方• 1付けたいコットンパールなどに、Tピンを取り付ける• 2Tピンを取り付けたら、ループピアスの金具にとおしたら完成 ハンドメイドピアスの簡単な作り方1つめは、「アメリカンピアス」になります。 このピアスには、ポスト部分に複数の形がありますが、どの形でもピアスホールに通す部分がチェーンを使ってできています。 そのため別名を「チェーンピアス」とも呼ばれています。 また、ピアスホールと通すチェーンの長さで、ピアスの長さが調節でき、長時間着けても痛くなりにくいのが特徴です。 また独特な形状のピアスなため、ファッショナブルで優雅な雰囲気をもったピアスになります。 しかし、ピアスに使うパーツが珍しいため、簡単に購入できないのがデメリットになっています。 そんなアメリカンピアスの作り方と、その作り方を詳しく紹介しているサイトを下記に付属しておくため、ぜひハンドメイドするときの参考にしてみてください。 アメリカンピアスの作り方• 1コットンパールにTピンにとおして90度に折る• 2折ったら、7㎝ぐらいの位置でカットする• 3カットした先を、丸めて輪っかを作る• 4コットンパールとアメリカンピアスの金具を繋いだら完成 ハンドメイドピアスの簡単な作り方2つめは、「ワイヤーピアス」になります。 このピアスは、名前のとおりワイヤーを曲げて飾り部分などを作ったピアスのことです。 このピアスは、手作りに慣れると、難しいピアスポスト部分もワイヤーで作ることができます。 しかし初心者の間は、簡単な飾り部分から作り始めることをおすすめします。 そんなワイヤーピアスの手作り方法を詳しく載せているサイトを下記に付属するので、ぜひ参考にしてワイヤーピアスをハンドメイドしてみてください。 ワイヤーピアスの作り方• 1ワイヤーを50㎝でカットし、ビーズをとおす。 2ワイヤーをねじり、3本の枝のようにする• 3同じ方法を繰り返し、枝を増やす。 4ビーズを12個とおしたら、2本のワイヤーをまとめて、上の部分を輪っかにする• 5ワイヤーを1本だけ切り、もう1本は輪っかの部分に巻き付ける• 6切ったワイヤーは、端をニッパーで切る• 7ペンチで、ピアス金属と繋いだら完成。 オリジナルのハンドメイドピアスの簡単な作り方3つめは、カン付きポストピアスになります。 このピアスは、ポストの部分に「カン」と呼ばれている丸い輪っかが付いています。 この輪っかにCカンなどを使って、チャーム 飾り をピアスのポスト部分に付けることで、簡単に手作りピアスをハンドメイドすることができます。 そのため、細かな作業が苦手な方でも、簡単にピアスをハンドメイドすることができます。 またチャーム 飾り を手作りすると、全て自分好みに手作りすることができるためおすすめです。 そんなピアスのポスト部分は、フックやスタッドなどのいろいろな種類があるため、ご自身の付けやすいポストの形を選びましょう。 また簡単にカン付きポストピアスの作り方を下記で紹介します。 紹介しているカン付きのポストピアスをハンドメイドするときには、Cカンと呼ばれる金具をよく使います。 そんなCカンの種類や使い方を、詳しく紹介しているサイトを下記で紹介するので、ぜひCカンを扱うときの参考に読んでみてください。 カン付きポストピアスの作り方• 1好きなチャームを製作したり、購入したりする• 2チャームのカンの部分にCカンを取り付ける• そんなメイグローブアンドクラフトでDIYできるピアスは、フックピアスになります。 もちろんレシピも付属しているため、初心者でも簡単に作ることが可能なのが特徴です。 また、このキットを使ってピアスを製作すると、ピアスを作る基本的な技術も学べるため、完成後にオリジナルピアスを手作りするとき役立ちます。 この手作りピアスキッドは、丸カンを使った簡単ピアスで作れるピアスキットになっています。 そんなMYmamaのピアスキットは、ピアスのパーツでよく使う丸カンの使い方を習得できるため、その後にピアスをDIYするときに役立ちます。 また1つのピアスキットで、最高3つのピアスを製作できるのがこのキットの特徴です。 その他にも1つでシンプルなピアスや、モチーフ同士を合わせることで豪華なピアスにすることも可能です。 そのため既製品のピアスキットですが、複数のデザインを作ることができるため、自分好みのオリジナルのピアスが製作できます。 このピアスキットは、アクセサリーを作るのに必要なパーツが豊富に揃っているのが特徴です。 またピアスパーツが豊富に揃っているため、可愛いデザインの中からオリジナルビアスが作ることができます。 このピアスは、フックピアスと最近人気のタッセルを合わせたピアスのキットになっています。 レシピがついているため、初心者でも安心して手作りできます。 このピアスキットは、ピアスキットでは珍しいフープピアスを製作できます。 またフープピアスは、ピアス金具と飾りの取り付けが簡単なため、初心者でも安心して手作りできるためおすすめです。 この本は、ハンドメイドのパーツ販売などでも有名な貴和製作所が監修しているハンドメイドの本になります。 この本は、ハンドメイドアクセサリーの初心者から経験者まで、幅広く対応できる内容になっているのが特徴的な本です。 またアクセサリーのデザインもいいですが、ハンドメイドするときに使う道具の使い方なども紹介しているため、初心者にも分かりやすいようになっている本のためおすすめです。 この本は、ピアスの作り方が分かりやすいように、DIYの工程を写真で紹介しているのが特徴です。 また同じパーツを使いながら、アレンジする方法など豊富な情報が載っています。 そのため初心者でも、豊富にあるデザインの中かピアスのデザインを選ぶことができ、そこからオリジナルのアイディアも出やすくなります。 また初心者向けに、用語や道具の説明もついていおり、DIYを始めるときおすすめです。 自分好みのピアスをぜひハンドメイドしよう! 今回は、アクセサリーなどのピアスの作り方などを紹介していますが、同じハンドメイドピアスでも種類が豊富にあります。 そのため、選ぶピアス金具の種類で作り方が違うため、どの程度なら作れるかを見極めてピアス金具を選ぶことが大切です。 何度も作ることで、オリジナルピアスも製作できるようになるでしょう。 そんなハンドメイドピアスの世界は幅広く、ピアスのデザインは豊富にあるため、ぜひ自身好みのオリジナルピアスを作ってみてください。

次の