アットホームダッド ロケ地。 鬼嫁日記のロケ地

鬼嫁日記 ロケ地ガイド

アットホームダッド ロケ地

ドラマ名:アットホーム・ダッド 放送期間:2004年4月13日〜6月29日 全話数:全12回 放送局:フジテレビ 脚本:尾崎将也、旺季志ずか プロデューサー:安藤和久、東城祐司、伊藤達哉 演出:三宅喜重、塚本連平、二宮浩行 音楽:仲西匡 主題歌:Jackson vibe『朝焼けの旅路』 出演者:阿部寛 宮迫博之 篠原涼子 中島知子 永井大 滝沢沙織 中村繁之 川島なお美など 阿部寛主演ドラマ『アットホームダッド』とは? 『アットホーム・ダッド』は、2004年4月13日から、6月29日まで、毎週火曜日の22時から放送されたフジテレビのドラマ。 主演は、人気実力を兼ね備えた俳優、阿部寛さん。 脇を固めるのは、人気女優の篠原涼子さん、お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之さん、川島なお美さん、中島知子さん、永井大さん、滝沢沙織さんら、個性あふれる俳優さんたちです。 敏腕広告ディレクターの男性が、ある日、突然、リストラされ、専業主夫になって、奮闘する姿を描く、コメディタッチのホームドラマです。 平均視聴率は、16. タイトルは、和製英語のアットホームと、主夫を示す英語 「stay at home dad」をかけています。 脚本を手がけたのは、尾崎将也さんで、2005年の「鬼嫁日記」も、同じロケ地、マークスプリングス 横浜市瀬谷区 が使われました。 「鬼嫁日記」では、このドラマの登場人物、永井大さん演じる健児と、滝沢沙織さん演じる冴子が結ばれ、夫婦となっています。 2005年の ATP 賞で、優秀賞を受賞した、ドラマとして高く評価された作品です。 『アットホームダッド』の全話エピソードと視聴率 『アットホーム・ダッド』の全話エピソード一覧とその視聴率を紹介します。 第1話:男子厨房に入る 専業主夫誕生(17. 第2話:主夫は一日にして成らず(17. 第3話:主夫の心 妻知らず(15. 第4話:老いては主夫に従え(14. 第5話:産みの母より育ての主夫(15. 第6話:苦しいときの主夫頼み(16. 第7話:出る主夫は打たれる(16. 第8話:主夫老い易く 学成り難し(14. 第9話:金の切れ目が主夫の切れ目(17. 第10話:主夫に暇なし(19. 第11話:良薬 主夫に苦し(18. 最終回(第12話):立つ主夫、後を濁す(19. 『アットホームダッド』のあらすじ 大手広告会社のディレクターをしている山村和之 阿部寛 は、念願のマイホームを手に入れた。 和之は、満ち足りた気持ちで、家の床に寝そべった。 妻の美紀 篠原涼子 と、6歳になる娘の理絵 安藤咲良 が、庭に出ると、隣の家の主人、優介 宮迫博之 と目が合った。 隣の住人、杉尾家は、妻の笙子 中島知子 と理絵と同い年の息子、亮太 吉川史樹 の3人家族だ。 杉尾家は、妻の笙子が、キャリアウーマンとして外で働き、夫の優介が家事を担当する、ちょっと変わった夫婦だった。 引っ越しの日、和之は、会社に呼び出され、美紀は忙しくしていた。 美紀が杉尾家の人たちと挨拶を交わしていると、「あら、こんにちは」と一人の女性が声をかける。 町内を取り仕切っている岩崎真理江 川島なお美 だ。 美紀がクッキーを差し出すと、真理江は「形に残るものの方がいいのよ」と皮肉をチクリ。 そして、美紀をスイーツクラブと称した主婦たちの集まりに招待する。 真理江は、ケーキを作り、集まった人たちに振る舞っていた。 女王様気質の女性だ。 そこに、イケメン青年がワインを差し入れにやってきた。 真理江たちが通っているスポーツクラブで、インストラクターをしている大沢健児 永井大 だ。 健児は、保育園で先生をしている彼女、倉本冴子 滝沢沙織 とデートしているところを真理江に見られていた、 美紀は、優介が専業主婦になった経緯を聞いていた。 以前は、共働きだったが、笙子が立ち上げた人材派遣会社がうまくいったのを機会に、優介が仕事を辞めて、主夫になったようだ。 一方、誰もいない新居に帰り、お腹の空いた和之は、スーパーに、弁当を買いに行く。 そこで、優介に偶然出くわす。 優介がお隣さんだとは知らない和之は、美紀の電話に、「隣の旦那が主夫?男のプライドはないのかね」 と思わず、言ってしまう。 対して、美紀は、昔の友人に「もう一度、仕事してみない?」と誘われる。 「雑誌の編集を手伝ってほしい」と言われるが、娘の理絵がまだ幼いため、美紀は断る。 だが、編集長の上田 中村繁之 は、「あなたが昔、やった特集、今、スクラップしてます」と美紀に、好意的だ。 そんなある日、和之は、上司から、子会社への転籍を命じられる。 しかし、出向先の子会社は、整理されていた。 和之は、会社を辞めることになってしまった。 困惑する美紀に、和之は、「心配ない。 俺を欲しがる会社は、いくらでもある」という。 だが、現実は厳しかった。 転職先はなかなか見つからない。 「実は、また仕事してみないかって誘われたの」と切り出す美紀。 和之は、「主婦なんてみっともない」と拒む。 しかし、理絵の寝顔を見ているうちに、気持ちが変わり、「少しの間なら」と、和之は、専業主夫を引き受けることにするのだが・・・ 『アットホームダッド』のキャスト・出演者• 山村和之:阿部寛• CM ディレクターとして、大手広告会社に勤務していたが、ある日、子会社への出向を命じられる。 会社は倒産。 突然、会社を辞めることになる。 「男子厨房に入らず」と古風な考えを持っており、最初は、専業主夫になるのに、抵抗を示すが、家族を支えるため、家のことを引き受けることにする。 山村美紀:篠原涼子• 和之の妻で、理絵の母。 結婚してから、雑誌の編集者を辞めて、専業主婦となり、子育てに専念していたが、和之がリストラにあったのと、同じ頃、友人に誘われて、出版社に復帰する。 和之を優しく見守り、和之を応援している。 山村理絵:安藤咲良• 和之と美紀の娘。 幼稚園に通う5歳。 おませな性格で、好き嫌いとはっきりしている。 時々、和之への気遣いお見せ、大人たちを驚かせる。 杉尾優介:宮迫博之• 以前は、デパートに勤めていたが、笙子の方が収入が多くなり、専業主夫になった。 家事をテキパキとこなし、主婦仲間の集まりにも顔を出すなど、主婦業がわからない和之を助けている。 杉尾笙子:中島知子• 優介の妻。 人材派遣会社社長。 子供を妊娠し、臨月になっても、働くキャリアウーマン。 岩崎真理江:川島なお美• 理絵や亮太が通うひかり幼稚園の保護者のボス的存在。 自分が常に、上に立たないと気がすまないプライドの高い女性。 夫とは別居しているが、世間体などから、夫婦円満を装っている。 大沢健児:永井大• スポーツクラブのインストラクター。 恋人の冴子に頭が上がらない、気の弱い男性。 冴子とよく喧嘩する。 倉本冴子:滝沢沙織• ひかり幼稚園の先生。 健児はスポーツクラブの主婦に人気があるため、そして、自らの仕事に差し障らないように、健児との交際を隠している。 『アットホームダッド』の見どころ 『アットホーム・ダッド』の見どころを紹介していきます。 敏腕のCM ディレクターから、一転、専業主婦に なってしまった和之の奮闘を描く! 凄腕の CM ディレクターとしてバリバリ働いていた主人公の和之ですが、ある日突然、子会社に、出向。 さらに、その子会社が整理されてしまい、ある日、突然、仕事がなくなってしまいます。 同じ頃、妻の美紀は、昔の友達から誘われ、編集者として、仕事に復帰することに。 和之は、仕方なく、「少しの間なら」と家事を引き受けることにします。 こうして、専業主婦の誕生となります。 しかし、最初は、慣れない家事に、悪戦苦闘し、失敗ばかり。 皿を洗えば、ズボンがびしょ濡れ。 お皿を割ってしまう、前途多難な状況です。 一方、隣に住む杉尾家の夫、優介は、以前から、家の事を一手に引き受けており、専業主婦としては、ベテランでした。 和之は、優介に助けてもらいながら、なんとか家事をこなしていきます。 苦手な主婦の集まりに顔を出したり、熱を出してしまった娘の理絵の看病を一生懸命したり。 理絵の看病のために、大切な仕事の誘いを断ってしまう和之。 家族のために、一生懸命奮闘する和之を微笑ましく感じて、「頑張れ」と思わず、応援したくなる、そんな心が和むシーンもたくさんあります。 このドラマは、大手広告会社の一流ディレクターから、一転、専業主婦となったか和之か、日々、家族のために奮闘する姿をコミカルに描いた、心がほっこり和やかになるホームドラマです。 妻の美紀が、専業主夫となった和之をフォローしながら、優しく見守っていて、お互いに、夫婦で支えあっているのが、すごく 微笑ましくて、心が和みます。 かっこ悪くてかっこいい、阿部寛さんが見れる! ある日突然、会社をリストラされ、専業主婦になってしまった主人公の和之。 慣れない主婦の仕事に、最初は戸惑います。 男のプライドを捨てて、家族のために、頑張りますが、お皿を洗えば、水浸し。 お皿を割ってしまいます。 主婦の大変さを思い知り、まさに前途多難な状況となります。 そんな和之を実力派俳優の阿部寛さんが、コミカルに演じておられます。 引っ越したばかりの家の居心地の良さに、思わず、床で平泳ぎ。 娘の理絵ちゃんのお道具袋をミシンで縫う手つきが、慣れてなくて、何とも危なっかしい。 だけど、阿部さんのミシンの扱いがなんかコミカルで、面白い。 さらに、和之の作ったボロボロの手提げ袋を持って行きたがらない理絵の様子を見て、ひょいと、冷蔵庫の上に、古い手提げを投げて、知らん顔。 その様子がまた面白い。 それ以来、理絵ちゃんは、和之に、ちょっと反抗的な態度を取ります。 子供と本気で張り合う和之なのでした。 このドラマは、阿部寛さんのコミカルな演技がふんだんに盛り込まれていて、楽しいドラマです。 また、隣に住む同じく専業主夫の優と 健児、 和之の3人が、サウナで裸の付き合いをするシーンも、和やかで楽しいです。 男の人って、わりと気が弱くて、可愛いところあるんだなと思えてきます。 永井大さんの筋肉のついた男らしい上半身が見れると嬉しくなる女性も、おられるのではないでしょうか。 主題歌はJackson vibeの「朝焼けの旅路」 このドラマの主題歌は、人気ロックバンド、Jackson vibeの「朝焼けの旅路」です。 2004年6月2日リリースのこの曲は、 Jackson vibeの2枚目のシングルです。 Jackson vibe自身にとって、最大のヒット曲となりました。 アップテンポな曲調で、聞くと、前向きな気持ちになって、勇気が湧いてくる、そんなメッセージソングとなっています。 アットホームダッドの評価・評判・感想 ようやく正月太りが解消できてきたー。 食べたくなっても「買ったら最後…」って呪文のように唱えると手が引っ込む。 今この呪文にとても支えられている。 息子つばさくんへの愛が伝わってくる。 見栄っ張りなセレブママだけど、つばさくんの気持ちを大切に考えることに気づけた素敵なママだったな。 俺はこのドラマを見て、先のツイートのように母のすごさを知る事が出来た。 にて、第1話から最終回まで見逃し配信されており、無料視聴することも可能となっています。 なお、動画配信サービスは幾つかありますが、フジテレビのドラマ『アットホーム・ダッド』の動画が見れるのはFODのみとなっています。 『アットホームダッド』をフル配信するFODプレミアムとは? FODプレミアムとは、フジテレビオンデマンドの略でフジテレビがネット上で配信している動画配信サービスのこと。 月額888円で、映画、ドラマ、バラエティ、アニメ、漫画、雑誌などの作品が見放題で視聴できる公式のサービスになっています。 フジテレビで放送されたドラマである『アットホーム・ダッド』も第1話から最終回まで全話がプレミアム会員なら見放題で配信されています。 そしてFODプレミアムには、• Yahoo! Japan IDを利用して登録することで、初回31日間に渡って無料でサービスを利用することができる• 無料期間中に1300円分のポイントが無料配布される という特典があります。 無料期間内に解約すれば一切の料金がかかることはありません。 『アットホーム・ダッド』は全話見放題で配信されていますので、『アットホーム・ダッド』の動画だけ一気に視聴して、料金がかからない無料期間中に解約するのもOK。 これによって『アットホーム・ダッド』の動画が無料視聴することが可能になっているというわけです。 『アットホームダッド』のスペシャルは連続ドラマ最終回の放送から3ヶ月後である2004年9月28日に、最終回の続編として放送されたドラマです。 視聴率は17. 最終回の続編なわけなので、アットホームダッドを視聴するなら、続けて見ずにはいられないドラマだと言えますが、それも見放題で配信されていますので、そのまま楽しめます。 阿部寛の出演作品も多数配信 FODではアットホームダッドの主演を務めた阿部寛さんの作品も多数配信されています。 つやのよる• 雨鱒の川 ファーストラブ• お水の花道~女30歳ガケップチ~• バルトの楽園• 僕たちは世界を変えることができない。But,we wan…• 空中ブランコ• アットホーム・ダッド スペシャル• アットホーム・ダッド• 白い春• できちゃった結婚 といった作品が配信されています。 もちろん阿部寛さんの出演作品以外にも多くの作品を配信していますので、アットホームダッド視聴の際はそれらもあわせて楽しむのがおすすめですよ。 『アットホームダッド』視聴方法まとめ 今回は阿部寛主演のドラマ『アットホームダッド』の動画を1話から最終回まで無料視聴する方法を紹介しました。 『アットホーム・ダッド』を独占配信しているFODプレミアムは、• 初回31日間に渡って無料で利用が可能(無料期間内に解約すれば料金はかからない)• 無料期間中に1300円分のポイントが無料でもらえる という特典付きで利用が可能となっています。 全話の無料視聴が可能な上、ネットでお手軽に見れるので、再放送待ちの方やDVDレンタルを検討されている方にオススメです。 現在は配信終了している可能性もありますので、最新の配信情報等、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

次の

アットホーム・ダッドとは

アットホームダッド ロケ地

概要 [ ] 2005(主催)優秀賞受賞作品。 念願のマイホームを手に入れたが、リストラされて失業した・山村和之()が、男が家事や子供の教育をする「」に挑み奮闘を描く。 妻の美紀()や、娘の理絵との温かい会話に心が和む。 現在の家庭のあり方を考えさせられる部分もある。 山村家の夫婦逆転により、第1話と第2話以降ではオープニングのが異なっている。 とは関西出身だが、演じた役柄が東京出身という設定だったため、標準語で演じた。 演じる大沢健児と演じる倉本冴子はのちに結ばれ、ドラマ『』(2005年)にも夫婦役で出演している(本作の脚本・が同作でも脚本を手がけており、同じ住宅地がロケ地となっている)。 あらすじ [ ] 大手広告会社に勤める・山村和之は、「男は仕事、女は家事」という概念を持った典型的なタイプ。 の美紀との理絵と幸せに暮らし、仕事も順調。 ついに念願のマイホームを手に入れ、まさに順風満帆な時を迎えていた。 しかし突然、リストラされて失業してしまう。 生活のため和之の仕事が見つかるまで、美紀が以前勤めていた職場に復帰して働き、和之がを努める事になる。 和之は、女の仕事と馬鹿にしていた家事に戸惑いつつも、隣の家の専業主夫・杉尾優介に指南してもらう中、家族について改めて考えるようになっていく。 キャスト [ ] 山村家 [ ] 山村 和之(やまむら かずゆき)〈37〉 演 - 主人公。 美紀の・理絵の。 「男は仕事、女は家庭」という古風な考えの持ち主。 として手腕を振るって仕事をしている反面、専業主夫を馬鹿にしているが、会社からリストラされ自分もになる羽目になる。 プライドが高く、自分は何でも出来ると思っているが、家事の大変さを思い知らされ優介に助けを求める。 娘のために甘いものが苦手なのにスイーツクラブに参加したり、お受験に意欲的になるなど「いいお父さん」でもある。 口下手で素直に愛情を表現することができないが、主夫業を通して美紀の偉大さを知り、心から彼女を愛し、感謝している。 最後は仕事より主夫業を選んだ。 山村 美紀(やまむら みき)〈29〉 演 - 和之の・理絵の。 結婚後、を辞めて専業主婦となり、家事と子育てに専念していたが、和之がリストラされた事から同時期に誘われていた新雑誌の創刊を手伝うためにに数年ぶりに復帰し、夫婦逆転の生活になる。 編集長の上田に認められ、となる。 山村 理絵(やまむら りえ)〈5〉 演 - 和之と美紀の。 6月8日生まれ。 おマセな性格で、嫌なことはハッキリと言うタイプの女の子。 それゆえ親に気を遣うこともあり、時に和之や美紀を驚かせる。 杉尾家 [ ] 杉尾 優介(すぎお ゆうすけ)〈34〉 演 - 笙子の・亮太の。 もともとに勤めていたが、起業した笙子の方が収入が上になったため、主夫となり夫婦逆転の生活を選択する。 いつも助けを求めてくる和之には辟易しているが、内心では主夫仲間ができてうれしいと思っている。 和之と共にスーパーでを始めるが、和之が短期間で辞めて独りになってしまったため、自分もつられて辞めてしまう。 一匹狼の気がある和之とは対照的に、独りを嫌う。 二人目の子供を自宅で出産することになった時は、妻を思う気持ちからか病院での出産を勧めていた。 出産数日前にぎっくり腰になってしまったが、無事に夫としての役割を果たす。 自称・カリスマ専業主夫であり、スペシャル版では、自ら立ち上げたサイトで全国の主夫から相談を受けている。 杉尾 笙子(すぎお しょうこ)〈33〉 演 - (当時) 優介の・亮太の。。 人材の社長。 酒好きだがしたことで、美紀からを止められることが多い。 でも会社へと向かう程の会社人間。 毎日笑顔で妻のパンツを干せる優介を心から尊敬している。 杉尾 亮太(すぎお りょうた)〈5〉 演 - 優介と笙子の。 8月15日生まれ。 凡庸で、引っ込み思案な性格の男の子。 しかし、やるときは意外にやる。 岩崎家 [ ] 岩崎 真理江(いわさき まりえ)〈38〉 演 - 翼の。 ひかりの保護者のボスで、自分が常に上に立たないと気が済まず、自分が常に正しいと思い込んでいる傲慢で協調性ゼロの性格。 彼女に気に入られると、子供の幼稚園生活は安泰らしいが、逆に自分に刃向かった者には周囲も使って徹底的な制裁を加える。 そのため、プライドの高い和之でさえも頭が上がらない。 彼女の主催する「スイーツクラブ」は、ただケーキをつくって愚痴をこぼすだけの集まりだが、毎回彼女に一人当たり2~3千円の謝礼金を渡すのが常識となっている。 夫はそんな真理江の傲慢な性格に愛想をつかし、他に女を作り別居中。 しかし、世間体や息子の受験に不利なことから建前上は夫婦円満を気取っており、離婚を渋っている。 岩崎 翼(いわさき つばさ) 演 - 真理江の。 イヤミな優等生坊ちゃんの典型。 でもお母さんにはやさしい。 その他 [ ] 大沢 健児(おおさわ けんじ)〈24〉 演 - スポーツクラブ。 恋人である冴子には、頭が上がらない。 幼稚園のお母様方の怖さを知らないため、交際を隠している冴子に不満を抱いている。 和之と優介も、彼の勤めるスポーツクラブに通っているが、彼らは事あるごとに「退会」をほのめかしており、毎回それを止めるのに必死である。 倉本 冴子(くらもと さえこ)〈22〉 演 - ひかり。 恋人である健児は奥様方のアイドルであるので、仕事に支障をきたさないために交際を隠している。 二人が会うのは多くが冴子の家であるため、幼稚園の教材作りを健児に手伝わせている。 上田 聡(うえだ さとし)〈35〉 演 - ウインザー。 美紀の上司。 麻生 光江(あそう みつえ)〈62〉 演 - 美紀の・和之の・理絵の。 如何なる事情でも和之が主夫をしていく事に反対している。 を観に行くことが生き甲斐。 夫には無関心。 美紀の父親 演 - 長沢局長 演 - 第1話に出演。 大手広告会社に勤務していた和之にリストラを宣告する。 予防接種をする医者 演 - 第11話に出演。 (後に『』でも医者役で阿部寛と共演することになる。 ) 越川 佳恵(こしかわ よしえ) 演 - スペシャルに出演。 越川助産院。 厳しくもやさしくもある昔ながらの助産師さん。 自宅出産する妻よりも慌てふためく優介に一抹の不安を感じていた。 スタッフ [ ]• 脚本:、• 音楽:• 主題歌:「朝焼けの旅路」()• 挿入歌:「」()• 美術プロデューサー:村上輝彦• スタイリスト:• 広報:• 演出:(関西テレビ)、(MMJ)、二宮浩行(MMJ)• プロデューサー:(関西テレビ)、(MMJ)、伊藤達哉(MMJ)• 制作協力:、、、• 制作:、 放送日程 [ ] 連続ドラマ [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 2004年4月13日 男子厨房に入る 専業主夫誕生 尾崎将也 塚本連平 17. アットホーム・ダッド DVD-BOX(2004年9月1日発売、)• アットホーム・ダッド スペシャル DVD(2004年12月15日発売、ポニーキャニオン) サウンドトラック• アットホーム・ダッド オリジナル・サウンドトラック(2004年12月15日発売、ポニーキャニオン) ロケ地 [ ]• マークスプリングス(、)• 町田市光幼稚園()• 南町田・幕張(・、)• 登場人物が暮らす街「マークスプリングス」()は、後に同局系でに放送されたドラマ「」でもロケ地として用いられた。 和之が在籍していた会社のデスクチェアは、製の「コンテッサ」。 和之の自宅のデスクチェアは、デザイナー御用達で有名な「」である。 外部リンク [ ]•

次の

アットホーム・ダッド

アットホームダッド ロケ地

101• 444• 207• 336• 499• 673• 732• 105• 298• 318•

次の