レシピ 簡単。 簡単レシピ

お昼ごはんはレンジで時短&簡単!これ一品で満足のごはんものレンチンレシピ

レシピ 簡単

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

【簡単レシピ】レンジで5分「冷凍うどん」で作る「カルボナーラうどん」

レシピ 簡単

がおいしい! ゲストさん 14:38• がおいしい! ゲストさん 13:55• がおいしい! ゲストさん 13:03• がおいしい! ゲストさん 12:14• がおいしい! ゲストさん 12:05• がおいしい! ゲストさん 12:00• がおいしい! ゲストさん 11:48• がおいしい! ゲストさん 11:41• がおいしい! ゲストさん 11:14• がおいしい! ゲストさん 11:10• がおいしい! ゲストさん 10:51• がおいしい! ゲストさん 10:42• がおいしい! ゲストさん 10:39• がおいしい! ゲストさん 10:21• がおいしい! ゲストさん 10:16.

次の

お昼ごはんはレンジで時短&簡単!これ一品で満足のごはんものレンチンレシピ

レシピ 簡単

野菜さえ切っておけば、あとはレンジ任せで作れちゃいます。 ボウルににんじん、たまねぎ、豚ひき肉の順に入れ、しょうゆやオイスターソースなどの調味料を入れたら、ピーマンをドサッとかぶせてラップしてレンジでチン。 600Wのレンジなら6分半が目安です。 あとはヘラなどでひき肉をほぐし、片栗粉を入れて混ぜたら出来上がり。 このとろ~っとした温玉もレンジで調理。 耐熱ガラスに卵を割り入れ、白ごはんと混ぜる。 卵かけごはん状態にする。 刻んだハム、ガラスープの素を加え、ふんわりと軽くラップをかけてレンジ(600W)で2分30秒。 取り出す時にやけどに注意してね。 しゃもじでよくかき混ぜて、小口ネギ、ゴマ油を入れて混ぜる。 ごはんがほぐれたら完成です。 ハムの代わりに、焼きシャケを入れるのもおすすめなのだそう。 辛いものが好きな方は、みじん切りにしたキムチをいれて「キムチチャーハン」にしても! 【5】マグカップでオムライス 大人も子どももみんな大好きな「オムライス」。 マグカップで調理してそのまま食べられるから、洗い物が少ないのも魅力です! 材料(1人分) ・ごはん……茶碗1杯程度 ・シーチキン……お好みで ・ミックスベジタブル……お好みで(なくても可 ・ケチャップ……適量 ・塩胡椒……適量 ・コンソメ顆粒……少々(なくても可) ・卵……1個 作り方 1. 卵以外の材料を混ぜて、マグカップに入れます。 ラップしてレンチン1分。 取り出して、溶き卵をかけてラップしてレンチン2分。 ケチャップをかけたら、出来上がり。 マグカップならレンジから取り出しやすく、お子さんでも扱いやすいから、初めてのお手伝いにもピッタリです。 【6】カニ玉風の天津丼 「アヒポキ」とは、マグロを醤油やごま油で和えたハワイの名物グルメ。 白いごはんにとても合うので、アヒポキをごはんの上にのせた「アヒポキ丼」が絶品なんです! マグロにはアボカドを合わせるのが鉄板。 材料(2人分) ・ごはん……2膳分 ・マグロ刺身……6切れ ・アボカド……1個 ・卵黄……2個 ・みりん……大さじ2 ・醤油、ごま油……各大さじ1 ・レモン汁……小さじ1 作り方 1. まぐろとアボカドを切って、レモン汁で和える。 みりんと醤油は600Wのレンジで30秒チンして、 1に加えて和える。 ごはんに 2を盛り、卵黄をのせる。 レンチンするのは、みりんのアルコールを飛ばすため。 概ね切って和えてごはんにのせるだけで完成しちゃいます。 マグロとアボカドはおいしいだけでなく、美容にもおすすめの組み合わせ。 ダイエット効果も期待できちゃうので、だんだん薄着になるこれからの季節は、我が家の食卓に登場する回数が増えそうな予感でいっぱいです(笑)。 お子さんに作ってもらっても! 火を使わないから、材料さえ用意しておけば、お子さんでも簡単に調理できるはず。 「上手にできたね」なんて誉めたら、毎回作ってくれるかも? 忙しいときはお子さんにも協力してもらいながら、毎日のおうちごはんを楽しんでいきたいですね。 関連記事:.

次の