あきる野市 ハザードマップ。 住まい探しの参考サイト 「あきる野市で地盤の良い所」 ― あきる野で住まいを探すなら、地盤が硬く、地震のときも揺れにくい所から。

狛江、多摩川氾濫(洪水)のハザードマップと避難所

あきる野市 ハザードマップ

1 一般的事項• 本サイトで提供する「土砂災害警戒区域等マップ」は、利用している地図及びデータ作成上の誤差を含んでいます。 そのため、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域(以下「土砂災害 特別 警戒区域」という。 )、土砂災害危険箇所及び砂防三法指定区域の概略の位置を示すものです。 本サイトは、以下の地形図等を背景図として使用しています。 gsi. 本サイトの閲覧に利用するWebブラウザは、Microsoft Internet Explorer11. 0以降、Mozilla Firefox38以降を推奨します。 推奨するWebブラウザ以外では機能の一部または全てが動作しないことがあります。 またダウンロード可能な公示図書のpdfのバージョンはAdobe Reader 6. 0以降をご利用下さい。 本サイトは一部の機能においてポップアップウィンドウを利用しています。 ご利用環境で、ファイアウォールやウィルス対策ソフト、その他インターネットの利用を制限するソフトウェアを導入している場合、ポップアップブロックの機能を無効にしてからご利用ください。 なお、無効にする方法は、各ソフトウェア提供元のサイトを参照してください。 本サイトの途中へのリンクや、途中から利用を開始すると,正常にご利用できない場合があります。 必ずトップページからご利用ください。 2 土砂災害防止法に基づく土砂災害 特別 警戒区域について• 本サイトで提供している土砂災害 特別 警戒区域は、土砂災害 特別 警戒区域における土砂災害防止対策の推進に関する法律に基づく「急傾斜地の崩壊」、「土石流」、「地滑り」の各現象を対象としたものです。 本サイトで提供している土砂災害 特別 警戒区域に関する情報は、令和2年3月6日現在のもので、これ以降に区域を指定している場合があります。 公示図書の見方については、を参照してください。 平成21年3月31日以前に指定された「急傾斜地の崩壊」箇所の公示図書の見方については、を参照してください。 本サイトで提供している土砂災害 特別 警戒区域のうち、「指定予定」と表記のあるものは、基礎調査結果公表中の区域であり、今後指定される予定です。 基礎調査結果は、調査時点の地形で区域の位置及び形状を決定しています。 今後地形の改変等があった場合は、指定される区域の位置及び形状が変更となる場合があります。 3 土砂災害危険箇所について• 本サイトで提供している土砂災害危険箇所には、急傾斜地崩壊危険箇所、土石流危険渓流、地すべり危険箇所があります。 本サイトで提供している土砂災害危険箇所に関する情報は、平成15年3月現在のものです。 4 砂防三法指定区域について• 本サイトで提供している砂防三法指定区域には、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律に基づく「急傾斜地崩壊危険区域」、砂防法に基づく「砂防指定地」、地すべり等防止法に基づく「地すべり防止区域」があります。 本サイトで提供している砂防三法指定区域に関する情報は、平成29年5月19日現在のもので、これ以降に区域を指定している場合があります。 5 登録データについて• 本サイトで登録されているデータのうち、土砂災害 特別 警戒区域については、以下の表に示す通りです。 【土砂災害 特別 警戒区域指定箇所】 【基礎調査完了箇所(指定予定)】 「同意する」ボタンを押しますと、「土砂災害警戒区域等マップ」が起動します。 詳しい操作方法については、「土砂災害警戒区域等マップ」画面右上の「ヘルプ」をご参照ください。 本ページは、東京都建設局河川部及び東京都公園協会より委託を受け、一般財団法人砂防フロンティア整備推進機構が作成しています。

次の

昭島市洪水・土砂災害ハザードマップ|昭島市

あきる野市 ハザードマップ

1 一般的事項• 本サイトで提供する「土砂災害警戒区域等マップ」は、利用している地図及びデータ作成上の誤差を含んでいます。 そのため、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域(以下「土砂災害 特別 警戒区域」という。 )、土砂災害危険箇所及び砂防三法指定区域の概略の位置を示すものです。 本サイトは、以下の地形図等を背景図として使用しています。 gsi. 本サイトの閲覧に利用するWebブラウザは、Microsoft Internet Explorer11. 0以降、Mozilla Firefox38以降を推奨します。 推奨するWebブラウザ以外では機能の一部または全てが動作しないことがあります。 またダウンロード可能な公示図書のpdfのバージョンはAdobe Reader 6. 0以降をご利用下さい。 本サイトは一部の機能においてポップアップウィンドウを利用しています。 ご利用環境で、ファイアウォールやウィルス対策ソフト、その他インターネットの利用を制限するソフトウェアを導入している場合、ポップアップブロックの機能を無効にしてからご利用ください。 なお、無効にする方法は、各ソフトウェア提供元のサイトを参照してください。 本サイトの途中へのリンクや、途中から利用を開始すると,正常にご利用できない場合があります。 必ずトップページからご利用ください。 2 土砂災害防止法に基づく土砂災害 特別 警戒区域について• 本サイトで提供している土砂災害 特別 警戒区域は、土砂災害 特別 警戒区域における土砂災害防止対策の推進に関する法律に基づく「急傾斜地の崩壊」、「土石流」、「地滑り」の各現象を対象としたものです。 本サイトで提供している土砂災害 特別 警戒区域に関する情報は、令和2年3月6日現在のもので、これ以降に区域を指定している場合があります。 公示図書の見方については、を参照してください。 平成21年3月31日以前に指定された「急傾斜地の崩壊」箇所の公示図書の見方については、を参照してください。 本サイトで提供している土砂災害 特別 警戒区域のうち、「指定予定」と表記のあるものは、基礎調査結果公表中の区域であり、今後指定される予定です。 基礎調査結果は、調査時点の地形で区域の位置及び形状を決定しています。 今後地形の改変等があった場合は、指定される区域の位置及び形状が変更となる場合があります。 3 土砂災害危険箇所について• 本サイトで提供している土砂災害危険箇所には、急傾斜地崩壊危険箇所、土石流危険渓流、地すべり危険箇所があります。 本サイトで提供している土砂災害危険箇所に関する情報は、平成15年3月現在のものです。 4 砂防三法指定区域について• 本サイトで提供している砂防三法指定区域には、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律に基づく「急傾斜地崩壊危険区域」、砂防法に基づく「砂防指定地」、地すべり等防止法に基づく「地すべり防止区域」があります。 本サイトで提供している砂防三法指定区域に関する情報は、平成29年5月19日現在のもので、これ以降に区域を指定している場合があります。 5 登録データについて• 本サイトで登録されているデータのうち、土砂災害 特別 警戒区域については、以下の表に示す通りです。 【土砂災害 特別 警戒区域指定箇所】 【基礎調査完了箇所(指定予定)】 「同意する」ボタンを押しますと、「土砂災害警戒区域等マップ」が起動します。 詳しい操作方法については、「土砂災害警戒区域等マップ」画面右上の「ヘルプ」をご参照ください。 本ページは、東京都建設局河川部及び東京都公園協会より委託を受け、一般財団法人砂防フロンティア整備推進機構が作成しています。

次の

住まい探しの参考サイト 「あきる野市で地盤の良い所」 ― あきる野で住まいを探すなら、地盤が硬く、地震のときも揺れにくい所から。

あきる野市 ハザードマップ

災害発生時の被害が少ない地域の把握• 災害発生時の避難経路の決定• 災害発生時の集合場所• 連絡手段• 家屋の損害具合による対応• 身を寄せられる場所の確定• ペットを飼っているならどこに預けるかor避難場所でどう世話するか• 防災の準備・用具について 日本の災害でも最近多い地震が起こる前提で話を進めましょう。 ハザードマップの活用法 国土交通省のハザードマップには住んでいる市町村のが見える わがまちハザードマップと 重ねるハザードマップというものがあります。 その内の『わがまちハザードマップ』は基本のキです。 必ず入手しましょう。 問題は隣の『 重ねるハザードマップ』です。 18)時点の最新情報では重ねるハザードマップに新たな機能が追加されました。 重ねるハザードマップの使い方 重ねるハザードマップの機能の利点としてはまず第一にこれがあげられます。 災害発生時の 道路防災情報。 巨大地震によりライフラインが止まると皆避難場所に移動しようと自動車を利用する人が必ずいます。 愛知県は末端に行くほど車が無ければどこにも行けない土地です。 なので車の交通量が多い地域は欠かせない情報なのです。 道路の赤い線…事前通行規制区間• 自分の住んでいる場所とよく使う道路を見て、避難時にどの通路を利用するべきか確認しておきましょう。 今年のように経験した事がない猛暑の時や、凍てつく真冬に災害が来たらどうしますか? 通常の被害に加え、自然現象の苦難が待ちかねています。 その為にも車には夏対策にうちわでもいいので何かしら対策品を置いてくださいね! また 車中泊する可能性が大なのでその対策も出来たらしておいてください。 木曽川・長良川・揖斐川が横断する形で濃尾平野が横たわっています。 この地域はマップの色が示す通り、昔から洪水に悩まされてきました。 その反面大きな川が豊かな土壌を作り上げ当時の人々の暮らしを支えてきました。 このようにマップの示すものには昔からの土地の特色があります。 自分の住んでいる土地が昔どんなだったか知っていますか? 埋め立てた土地?田んぼ?切り開いた山? 災害発生時にこそ、その昔の土地の姿が悪影響を及ぼしてくるのです。 普通は自分の住んでる市町村の名前の由来とか土地の歴史とか どーでもいい ユニちゃんと思ってますよね。 しかし、地震の地盤沈下、液状化現象はその由来に直結します。 なので、改めて昔の土地を確認してみましょう。 重ねるハザードマップの新機能:土地の成り立ちに関する情報の追加 👇先日こんなニュースがありました。 国土交通省より2018年12月18日に新たな機能の追加が発表されました。 土地の成り立ちは非常に重要な情報です。 こちらで説明するよりも国土交通省に載っている説明の方が詳細なので直接そちらをご確認下さい。 👇詳しい操作の仕方はこちらで確認できます。 ハザードマップのメリット ハザードマップを用いるメリットはたくさんあります。 その中でもいくつか例を挙げていきましょう。 防災の備えになる…防災対策の基本のキです• 昨今では防災意識が高まっており、家を建てる際の土地の選定、建築部品の選定に役立つ• (土砂災害警戒地域、洪水ハザードマップをもとに不動産に問い合わせる)• 逃げるべき方向が分かる• 自分の地域の成り立ちを知り、既存の家でも対策をするようになる ハザードマップのデメリット ハザードマップの情報を過信しすぎるあまり、対策を怠る人がいます。 ハザードマップの情報を鵜呑みにして防災をしないのはあまりにも迂闊です。 自分の家が土砂災害警戒地域に入っていなくても、山の近くならば可能性はある• ハザードマップの認知度はまだまだ低く、その存在を知らない存在は多い• 避難勧告の参考資料として使われるが、避難勧告を聞いても1割しか動かなかった例があるため、その効果を活かし切れていない 土地の値下がりを懸念して、危険でもハザードマップに載らない場所がある 避難場所に指定される学校や公民館などの公共施設は用地買収コストを下げるため、安価な土地に建てられることが多い。 つまり、災害リスクが高い。 私たちに出来るのは、予測して最大限の対策を練ることではないでしょうか? では、忙しい方向けに簡単にまとめます。

次の