目が腫れる原因。 朝家を出るまでにまぶたのむくみをケアする方法&原因と対策

足立区・八潮市で、まぶたの腫れでお悩みなら北あやせよつば眼科

目が腫れる原因

1、前日の夜の行動が原因のむくみ 2、日常生活の行動が関係するむくみ 3、身体的異常 です。 前日の夜の行動が原因のむくみ 疲れや寝不足、または寝すぎなどで起こりやすいむくみ。 これは心当たりがあるなら、ほぼそれが原因と考えていいでしょう。 これらのことが原因で身体中の代謝が悪くなった結果、腎臓の機能が低下し余分な水分が排出されにくくなることで起こります。 そして目の周りは皮膚が薄く、特にむくみやすくなっているんですね。 疲れ、寝不足、寝すぎのほかにも、お酒を飲み過ぎたり、前日に泣いたまま寝たり、メイク落としでゴシゴシ擦りすぎたりしても翌朝まぶたが腫れてしまいます。 日常生活の行動が関係するむくみ 前日にお酒を飲んでないし、泣いてもいない、目もこすったりしていないし、言う程疲れていないにもかかわらず頻繁に目が腫れる場合は、日常生活の中に隠れている可能性があります。 そして、寝るときの姿勢や枕の高さなども関係しているんです。 まず、うつ伏せで寝る癖があると、目元に水分が集中して目が腫れやすくなります。 そして、枕も低すぎると、頭の上の方に水分が流れやすくなります。 寝るときは• 仰向け• 枕は低すぎず、高すぎない丁度いい高さのもの この2点に気を付けるだけでも改善することも。 また、普段から塩分を摂りすぎる傾向にある人も注意が必要です。 塩分を摂りすぎると、体の中の塩分濃度が高くなり、それを薄めるために喉が渇きます。 そうすると、必要以上に水分を摂取することになり、むくみやすくなるんです。 身体的異常による腫れ 女性は、生理前になるとホルモンの関係でむくみやすくなります。 生理前はエネルギーを体に溜めこもうとするので、不要なものでも排出しにくくなり、むくみだけでなく、便秘などにもなりやすいんですね。 ただ生理が原因の場合は、生理が終わればむくみは取れます。 この他にも、化粧品が肌に合わずに腫れたり、結膜炎や涙嚢炎などの目のトラブルが原因になっていることもあります。 なかなか改善しなかったり、痛みがあるようなときにはすぐに皮膚科や内科などを受診することをおすすめします。 スポンサーリンク 朝起きて目が腫れる時の対処法 目が腫れる原因が『前日の夜の行動が原因のむくみ』や『日常生活の行動が関係するむくみ』の場合は、生活習慣を根本的に見直すことで改善されます。 では、寝起きに目が腫れない生活を送るための3つのポイントをご紹介しましょう。 食事の塩分、アルコールの取り過ぎに注意する 食事の塩分やお酒を控える、、、といっても、付き合いでお酒をのむこともあるでしょうし、忙しくて外食が続くこともあるでしょう。 お酒を飲むときは、合間合間に水を飲むようにすると、アルコールの過剰摂取を防ぐことができます。 余分な塩分は、カリウムを摂取することで排出することができるので、バナナやアボカド、海藻、芋類などのカリウムを含む食材を積極的に摂るようにすることで、むくみを予防することができます。 睡眠時の、寝る姿勢や枕に気を付ける 先ほどもご紹介したとおり、うつ伏せ寝や低すぎる枕がむくみを誘発してしまいます。 寝るときは、丁度いい高さの枕で、仰向けで寝るように気をつけましょう。 また質の良い睡眠をとることで、しっかりと疲れを取ることも大切です。 早寝早起きの習慣をつけておくと、疲れも取れてスッキリとした朝を迎えられるはずです。 適度な運動をすることで目の腫れを防ぐ デスクワークなどで座りっぱなしだったりすると、リンパや血液、水分などの流れが滞りむくみやすくなります。 仕事の合間に、少し屈伸をしたり、マッサージをするようにするだけでも改善します。 通勤の際にはなるべく歩くようにするなどして、無理なく適度な運動を心がけましょう。 朝まぶたの腫れを即効で治す方法 朝起きたらまぶたが腫れている!忙しい朝の短時間に治してから出勤したいものです。 そんなときには、まぶたの腫れを即効で治してくれる『温冷刺激』がオススメです。 温冷刺激のやり方 [使用するもの] ・フェイスタオル ・電子レンジ [やり方] ・濡らして絞ったフェイスタオルを電子レンジで1分温めます。 ・温まったタオルで顔全体を約2分温めます。 ・冷水で顔を軽く洗い流します。 交互に温めたり冷やしたりすることで刺激が与えられ、滞っていた水分がスムーズに循環するようになります。 タオルを温めている時間が無ければ、お湯と水で交互に顔を洗うだけでも、多少の効果がありますよ。 朝に目が腫れる原因と対処法 まとめ 寝起き起こる目の腫れは、ほとんどの場合むくみが原因です。 頻繁に目が腫れるようなときには、生活習慣を見直してみてくださいね。 夜寝る前に目元をマッサージするのも効果的です。 むくみだけでなく、美容にも効果的ですよ。

次の

まぶたの腫れ

目が腫れる原因

まぶたが腫れる原因 まぶたの腫れを治すには、 まぶたの腫れの原因を知る必要があります。 なぜならば、まぶたの腫れの原因によって、 治すための対処法が変わってくるからです。 主に「まぶたが腫れる」原因として 考えられるのはこの2つです。 原因1.ものもらい まぶたや目の腫れで真っ先に思いつくのが、 この「ものもらい」です。 地域によって呼び方は変わりますが、 まぶたの裏にできものができ、目がゴロゴロしたり、 目の腫れが特徴的な病気です。 しかし、ものもらいと一言で言っても、 実はものもらいには 霰粒腫(さんりゅうしゅ)と麦粒腫(ばくりゅうしゅ) の2種類があり、それぞれで原因が異なります。 霰粒腫(さんりゅうしゅ) まぶた裏にあるマイボーム腺という器官に 脂肪がつまることが原因で、炎症を起こします。 痛みはなく、まぶたにやや硬いしこりができます。 麦粒腫(ばくりゅうしゅ) まぶたにある分泌腺や毛穴に 細菌が入ることが原因で化膿し腫れ上がります。 まばたきをしたときに痛みを伴います。 原因2.むくみ 目の周りは皮膚が薄いため、 むくみが出やすい場所です。 血行不良により、むくみが起こり、 まぶたや目の周りが、全体的にふっくらと腫れあがります。 むくみの原因となる「血行不良」を起こす、 主な要因はこれです。 ・塩分の過剰摂取 ・睡眠不足 ・水分のとりすぎ ・運動不足 血行不良によりむくみが発生しますが、 その原因を特定するのはとても困難です。 なぜならば、 人それぞれの生活習慣に影響することが多く、 一概には言い切れませんが、とりわけ、 塩分の過剰摂取は、むくみにつながる大きな要因です。 また、疲れなどで体の代謝を低下し、 老廃物をためこむような状態は、むくみがでやすい状態といえます。 スポンサーリンク まぶたの腫れを治すには では、それぞれの原因ごとに治す方法を解説します。 まずは、ものもらいです。 ものもらいを治すには、 ズバリ眼科での治療が一番です! <麦粒腫の場合> 細菌による麦粒腫には、点眼液や軟膏が処方されます。 これは、これ以上の化膿をとめるための処置となります。 およそ1週間程度で回復しますが、 治療をしても治らない場合には 切開して排膿することもあります。 <霰粒腫の場合> 霰粒腫の場合は、温めることで治癒が早まります。 一日数回、温湿布を使うことで1ヶ月ほどでなくなります。 続いては、むくみです。 むくみの場合は、ほとんどが生活習慣に影響されるため、 生活習慣の改善が必要となります。 睡眠をよくとること。 水分や塩分の過剰摂取に気を付けること。 適度にカラダを動かすこと。 体質的にむくみやすい方は、むくみにくい体質づくりを することが根本的な解決につながるので、 これらを、十分に気を付けるようにしましょう。 とはいえ・・・こんなとき、 朝起きて、まぶたが腫れてる! 目がむくんでる! すぐに何とかしたい! という方のために、 次章では「すぐにできるむくみケア」を紹介します。 むくみによる腫れをすぐに治したい 朝起きたら、びっくり! まぶたが腫れてむくんでるぅ! というときに、 できるだけ早くむくみを解消する方法です。 冷やすというのが、一般的なむくみケア! として知られていますが、 実は一番効果的なのは、 温冷刺激です。 温める、冷やすを交互を繰り返すことで、 血管の収縮を促し、血液の流れを良くしていきます。 血行不良が原因で起きた「むくみ」は、 血流を良くしてあげることで解消するということです。 では、簡単にできる温冷刺激のやり方です。 濡らしたタオルを電子レンジで1分ほどチンでもOK! 次は、冷たいタオルで目を冷やす。 水に濡らしたタオルや、ペットボトルや缶でもOK! とにかく、 「温める」と「冷やす」を交互に繰り返します。 かんたんにできるまぶたの腫れ対策! ぜひ、お試しあれ! また、 頻繁にまぶたが腫れてしまう… 朝は顔全体がむくみ気味… 夕方になるといつも足がパンパン… という「むくみやすい体質」の方も いらっしゃるかと思います。 マッサージはしていても、 体質自体の改善は、そうカンタンなことではありません。 そこで、そんな方にオススメなのが、 むくみサプリの「すらりな」〜 サプリ系は効果に個人差があるので 絶対とは言えません。 が、かな〜りお得に安くお試しできるので、 むくみ持ちの方は、 十分に試してみる価値はあると思います! これであのパンパン足、顔パンパン、 むくみ取りマッサージから 解放されるならコスパ良すぎです。。。 まぶたの腫れを目立たなくする では続いて、 まぶたの腫れを隠すメイクアドバイスです! むくみの速攻ケアには、温冷刺激と言いました。 では、ものもらいの速攻ケアは? ものもらいによる腫れを、 自分自身で速攻ケアするのは、残念ながら不可能です。 眼科でしっかりと診察、治療を行い、 腫れがひどい場合には、眼帯などが必要になります。 ですが、 そこまでの腫れではないという場合に、 アイメイクをちょっと工夫することで、 目立たなくすることはできます。 そのアイメイクのやり方とは、 色に気を付けることです! アイメイクに、ブラウンやブルーなどの ダーク系の色を入れると、目に立体感が生まれ、 まぶたの腫れを隠す効果が得られます。 逆に、アイメイクに明るい色を使ってしまうと、 「目の腫れを強調」してしまうことになってしまうので注意です! さらに、 ハイライト風にパール入りパウダーを 目の下の部分にひと塗り。 これで、まぶたの腫れを 目立たなくするアイメイクの完成です。 アイメイクの色に気を付けるだけでも 腫れた感じを抑えことができますので、ぜひやってみて下さい! まとめ まぶたの腫れの大きな原因は2つ。 ものもらい、また、むくみ。 それぞれの原因と治し方を紹介しましたが、 いかがでしたでしょうか? ただし、大きな原因は2つですが、 「結膜炎」など、同じようにまぶたの腫れが症状として 現れる病気は他にもあります。 安易な自己判断はせずに、眼科での診察を受けた後に、 自分で出来る予防策や、セルフケアを行っていくようにしましょう。 普通に見えているのが当たり前ですが、 いざ、目に異常がでると、毎日の普通のことが本当に困難になります。 もちろん、まぶたが腫れたままじゃ、 外に出ることも、人に会うことも億劫になってしまいます。 まぶたの腫れの原因を知り、 正しい対処を行って、少しでも早く 腫れが治まるといいですね。

次の

目の周りが腫れて痒い症状が続く時は眼瞼炎かも!種類と原因!

目が腫れる原因

目が腫れる原因は?朝や同時にかゆい時や痛い時についても! 朝起きたら目が腫れていた!何が原因?対処法も 目が腫れるのには色々な原因があるのですが、朝起きた時に気づいた場合は「むくみ」が原因かもしれません。 そして、このむくみは医学的には浮腫と呼ばれ、皮膚の下に間質液が溜まってしまう状態のことなのですが、間質液は毛細血管から酸素や栄養が含まれた新しい間質液がしみだしたり、古くなった間質液が吸収されたりして入れ替わっています。 ところが、この入れ替えがスムーズにいかずに間質液が溜まる原因には、 ・ 疲れ目や睡眠不足で血管の流れが悪くなっている ・ アルコールの飲み過ぎによって水分の処理が間に合わずむくみが生じている ・ うつぶせ寝をしてしまって、水分がたまりやすくなり、特に就寝前に水を飲むことで起こる などが考えられるそうです。 こうしたむくみによる目の腫れは意外と多く、時間の経過と共に自然と解消されていくのですが、出かける前にどうしても治したい場合はホットタオルを目の上に乗せてしばらく温めると早く解消されるそうですよ。 尚、むくみが頻繁に起こる場合は、腎臓や肝機能の低下によって水分の排出に支障をきたしている場合も考えられるので注意が必要です。 一方で、病気が原因となって目が腫れることもあるので、次の通りチェックしていきましょう。 目が腫れていて、同時に痛い時やかゆい時は? 1、 ものもらい 目が腫れる症状の代表例がものもらいで、まつげの生え際に脂を分泌するマイボーム腺がつまってしこりができる霰粒腫(さんりゅうしゅ)と、マイボーム腺やまつげの根元などに細菌感染が起きて炎症を起こしている場合の麦粒腫(ばくりゅうしゅ)の2種類があるそうです。 そして、この見分け方のポイントは、痛いか痛くないかで、霰粒腫の場合はまぶたにごろごろとしたものができて、あまり痛くないのですが炎症を起こすと痛くなり、麦粒腫の方はまぶたの一部分が赤く腫れて強い痛みを伴います。 それに、感染性のため子供が集団生活などでうつされてくることが多いようですよ。 そして、どちらも自然に治っていくのですが、霰粒腫の場合は放置した結果イボのように硬くなる肉芽に変化してしまうことがあり、こうなると自然に消滅することはなく眼科で手術による除去が必要になることもあるようです。 また、細菌感染の場合は、抗生物質や炎症を抑える内服薬・点眼薬を病院で処方してもらって、早めに膿を出すようにして、まわりの人にうつす可能性があるので、眼帯もつけた方が良いでしょう。 2、 眼窩蜂窩織炎(がんかほうかしきえん) 眼窩とは、眼球がおさまっているところで、骨に囲まれていて奥には視神経や血管などを通す裂け目があります。 そして、この眼窩に細菌が侵入して眼球の周囲や後方が化膿してしまうと、眼窩が腫れ強い痛みが起こり、頭痛や吐き気、発熱が現れることもあります。 それから、この部分の血管は脳の血管と直接つながっているので、早めに治療をしないと脳に化膿巣を作ったり、髄膜炎を起こして生命が危険な状態になることもあるそうなので、くれぐれも注意してください。 3、 アレルギー性結膜炎やその他の皮膚トラブル 花粉やハウスダスト、ダニなどに対するアレルギー性の結膜炎が起きると目がかゆく、こすることで余計に腫れて目の充血するなどの症状が現れます。 こうした物質に対するアレルギーでなくても、化粧品やマスカラ、ヘアカラーなどが触れるだけでもアレルギーは簡単に起き、デリケートな目の周りはトラブルが起きやすいので、注意するようにしてください。 スポンサーリンク 目のむくみを取る時は、温めると冷やすを交互に繰り返す! 目のむくみは、温めることで血管が拡張し症状が改善されますが、かゆみがある時はかえって良くないので、かゆみがある時は氷水の入った袋をタオルでくるんで当てて、冷やすのも効果的です。 そして、かゆみがなくて目が大きく腫れている時には、温めるのと冷やすのを交互に行うことで、まぶたの腫れを短時間で引かすこともできるので、10秒おきくらいに交換してみてくださいね。 また、お茶の成分もまぶたの腫れに効果的で、緑茶や紅茶など、使用済みのティーバッグを目の上におくことで、目の腫れを抑える効果があり、お茶のいい香りでアロマ効果も楽しめるので気になる方はやってみてください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、目が腫れる原因と病気や治し方、また、朝や同時にかゆい時や痛い時などについても詳しくお伝えしました。 目が腫れている時、朝であればむくみが原因であることが多く、疲れ目や睡眠不足による血行不良、飲み過ぎやうつぶせ寝による水分の蓄積などがあるので、ホットタオルや氷水で冷やす方法をお伝えしましたね。 一方で、目にゴロゴロしたものができていて腫れており、痛くない時は霰粒腫、痛む時は麦粒腫、頭痛がある時は細菌が侵入して現れる眼窩蜂窩織炎、痒みを伴う場合はアレルギー性皮膚炎などについて説明し、それぞれできるだけ早く眼科を受診しないと、重症化した場合視力の低下や脳への影響もあるとのことでした。 このように、目の腫れはむくみも多いのですが、病気が原因の場合、脳への距離も近く直接血管がつながっていることから、油断せずに早めの対処をした方が安全ですね。 スポンサーリンク 「目」の症状に関する他の記事はコチラ! カテゴリー•

次の