ボブ 黒髪。 黒髪カラー×ショートヘア&ショートボブ22選♪暗めカラーでも短めヘアなら軽やか!

黒髪ボブのパーマヘアの髪型・ヘアアレンジ15選

ボブ 黒髪

大人の女性に似合う黒髪系ショートヘア・ショートボブスタイルをご紹介。 暗い髪色でも短めヘアなら重くなりすぎず、軽やかに決まります。 パーマで作るかわいいふんわり系ショートボブや前下がりベースのクール系ショート、丸顔さん・面長さんの悩みを解消する小顔ヘア、40代以上の大人女性におすすめスタイルをまとめました。 アレンジもお見逃しなく! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ かわいい系はふんわりシルエットが決め手 オーソドックスな万人ウケショートヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。 大人かっこいいスタイリッシュショート。 丸みシルエットが美しく、毛先の遊びが女性らしさをプラス。 長めの前髪が頬骨をカバーすることに加えて、サイドの長さ設定を耳下にしているため小顔効果を引き立てるショート。 ・さらに、襟足をタイトに仕上げ頭をコンパクトに見せる効果もあります。 シンプルでカジュアルなスタイルでありながら、大人かっこいい雰囲気のポイントは毛先に施されたシャープさ。 カットテクニックによる先細りの毛先+暗めなカラーリングとの相乗効果で、洗練されたイメージを与えてくれます。 ・ショートなのでお手入れが簡単なのもメリットのひとつ。 トップのレイヤーは頭のハチ下に入れることで膨らまずに、ボリュームが出しやすくなり後頭部ふんわりの丸みシルエットを実現。 ショートは初めてという人にも、ぜひチャレンジしてみて欲しいスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・前下がりのショートベースで、襟足は浮かないギリギリの長さにカット。 トップには動きがつくようにレイヤーを入れます。 毛先はドライ&スライドカットで、毛先をシュッと先細りにして、束感が出るよう軽くします。 前髪は、流した時に目の下になるように設定。 ・カラーは、7レベルのブラウンベージュに。 暗めの色味でも透明感があるので重さを感じさせず、大人っぽい印象になります。 また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑え、ツヤ感を生むカラーです。 \How to スタイリング/ ・スタイリングを決めるコツは、分け目がパカッとしないように根元をこすりながら乾かすこと。 襟足はキュッと締めて、ふんわり丸いシルエットに仕上げます。 前髪を下ろし流しにする場合は、アイロンかホットカラーで。 ・スタイリング剤は、バーム系を全体的に揉み込むように馴染ませます。 馴染ませるだけだと、全体に動きが出ないので、最後に毛先を軽くねじって束感を作るのがポイントです。 そこで、そんな可愛い系が好きな人におすすめしたい甘めショートをご紹介します! ・おすすめしたいのが、深めに取った前髪と耳上のふんわり感で丸っぽいシルエットに仕上げたショート。 丸さがあることでクールにならず、柔らかく可愛らしい印象に。 丸さを出すために耳掛けをして立体感を出しているのもポイントです。 ・また首元はすっきりしているけれど、前髪やサイドの毛束にボリュームがあるので寂しい印象にならず、小顔効果もあり。 さらにスタイリングも簡単なので、朝が忙しいOLやママにも最適です。 帽子や大振りピアスとも相性が良く、冬ファッションを楽しみたい今こそおすすめの丸っぽショート。 \How to ベース&カラー/ ・あごラインでカット。 トップと正面にレイヤーを入れ、丸さとふんわりした立体感を出しやすくします。 襟足は長めに残さずすっきりさせ、丸いシルエットを強調します。 また襟足はくびれさせるとクールに見えがちなので、丸みを出すグラデーションカットに。 ・前髪はかなり深めからフルバングで取り目の上ギリギリでカット。 サイド表面の毛流れと自然と繋げます。 カラーは8トーンのアッシュグレージュ。 落ち着いたカラーですが透明感があるので重たくなり過ぎず、ふんわりした質感を演出しやすいです。 \How to スタイリング/ ・髪を乾かすとき前髪に分け目がつかないように、かなり後ろから前髪を持ってきて指の腹で根元をジグザグこすりながら乾かします。 トップの毛束を真上に持ち上げ、32㎜のアイロンで根元付近に押し当て、挟まずにそのまま毛束がふんわりするよう毛先まで滑らせます。 ・挟むとカールがつき過ぎるので注意を。 アイロンが苦手な人はトップを額から後頭部に向かって3つに分け、マジックカーラーで手前から内巻きふたつ、リバース巻きひとつ巻いてもOK。 ・やわらかめのワックスを全体になじませ、前髪も毛先だけなじませサイドに流します。 軽く耳掛けをし、耳上をふわっとさせ丸いシルエットを整えたら完成です。 今っぽヘアのワイドバングにトライするならこちらが一押し。 前髪に束間と隙間をつくることで涼しげで、こなれ感があるナチュラルヘアに仕上がっています。 ショートボブがベースでありながら、トップにはレイヤーを入れて動きのあるデザインに。 さらに、ニュアンスパーマをかけているので、ふわっとした可愛らしさを演出。 ・マッシュラインの顔まわりは、ワイドバングを長めのサイドバングで繋ぐようにつくることで、耳にかけるとモードっぽくシャレ感のあるスタイルとなります。 ダークなカラーでもパーマの動きがプラスされ軽やかな印象のショートヘアに。 ナチュラルスタイルでちょこっと個性を引き出したい人はもちろん、髪のボリュームが出やすいという悩みを持つ方にもオススメです。 こなれ感のあるヘアは、今季注目のラバージュカラーを先取り・ \How to ベース&カラー/ ・ベースのカットはショートボブに。 動きを出すため、トップにはレイヤーを入れます。 襟足はすっきり切り込みます。 前髪はワイドバングでカットし、サイドとマッシュラインで繋げます。 ・また、スライドカットで調整をして涼しげな抜け感に。 カラーリングは、8レベルのラバージュに。 ラバージュとは、ラベンダー+アッシュ+グレーをミックスした色味で、顔色をキレイに見せながら、髪の透明感をアップさせます。 もみ上げはより細めのロッドをセレクトし、襟足は首元になじむようにピンパーマを。 ・スタイリングは、ボリュームと動きをだすように根元からドライヤーの風を当てながら乾かします。 8割ほどドライしたら、セラムとオイルをブレンドし、内側から揉み込むように塗布。 最後に表面と前髪の束間を整えたら完成です。 ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!顔周りで揺らぐ前髪が、ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出。 センターパートは、シャープな印象を与えがち?いえいえ、カットとスタイリング次第で、ラフなイメージにもなるんです。 こちらのスタイルは、センターパートの大人っぽいイメージは残しつつも、春っぽい軽さや動き、そして、毛束感があるのがポイント。 ・ベースがワンレングスに近い重めのボブなので、広がりやすい髪質でボブやショートに苦手意識がある人にもぴったり。 顔周りでふわりと動く前髪&無造作な外ハネが、柔らかくナチュラルな雰囲気に。 自然体なニュアンスがありながらも、ひと手間加えた大人の女っぽさを感じさせるスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・顎ラインの長さでカットしたグラデーションボブ。 動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットします。 ・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。 赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできます。 \How to スタイリング/ ・ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすこと。 また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。 乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。 ・表面は内巻きにワンカール。 さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。 シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成です。 ファッションに敏感で、常にトレンドを取り入れたいおしゃれ女子にオススメのニュアンスショート。 ・前髪の分け目は、センターパートでふんわり根元を立ち上げるのが、動きを作るコツ。 細目のハイライトを効かせているので、立体感も演出してくれます。 また、襟足をすっきりさせることで後頭部がふんわり、気になる頭の形もカバーしてメリハリある美シルエットに。 ・また、毛量の多さを活かせるスタイルなので、ロングだと重く見えたり、スタイリングがしっくりこない人にもぴったり。 今っぽいおしゃれ感を楽しみたい人にぜひチャレンジして欲しいスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・マニッシュな印象のサイドグラデーションは、耳に少しかかるくらいの長さでカット。 間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作ります。 さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすくします。 ・カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。 ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出します。 \How to スタイリング/ ・トップは根元をふんわり立ち上げ、センターパートの分け目をくっきり見せないように乾かすのがポイント。 はっきりとした分け目は古いイメージとなりがちで、ペタッとするとメンズっぽくもなるのでご注意を。 襟足は、浮かないように上から押さえ込みながら風を当てます。 ・19mmの細めのアイロンで、外ハネをメインにランダムに巻いて動きを出します。 バーム系ワックスを毛先中心になじませるように塗布すると、艶のある束感に。 ドライ系ワックスだと子供っぽくなりやすいので、ウェットな質感を作るタイプを選んで。 ・ハイライトとアイロンテクニックの両方でニュアンスを作り、動きのあるヘアに。 センターパートでスタイリッシュなイメージを与えるので、トレンドファッションを先取りしたい人に挑戦して欲しいスタイルです。 パーマで作るスタイリング楽々スタイル 暗い髪色でも重くならないニュアンスパーマ \ヘアスタイルのポイント/ ・大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!透明感のあるカラーで、スタイリングも手軽に決まる。 やわらかい印象のナチュラルショート。 ニュアンスパーマをかけて毛先に動きがプラスされ、ふんわりとした仕上がりになっています。 作り込みすぎていないラフ感が絶妙でシャレ感もアップ。 やさしい空気感が漂うこちらのスタイルは、厚すぎず、薄すぎない前髪もポイントです。 ・前髪とサイドバングをマッシュで繋ぎ丸みのあるラインに。 さらに、チラッと見えるおでこのすき間が抜け感を演出してくれます。 スタイリング剤を揉み込むだけの簡単ヘア。 パーマの動きがあるので、ダークなヘアカラーでも軽いイメージに。 カラーリングの制限があってもおしゃれを楽しみたい!そんなあなたにもオススメなデザインです。 \How to ベース&カラー/ ・ベースは前下がりのショートボブにカット。 顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れます。 前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。 ・量感を調整して、重すぎない印象としています。 カラーは6レベルのアッシュグレーに。 ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、屋外で太陽の光に当たった時には透けたように見える色味です。 \How to スタイリング/ ・23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかけます。 ・スタイリングは、キレイにまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。 ・乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成です。 スパイラル巻きでふんわりエアリーに \ヘアスタイルのポイント/ ・髪質が柔らかく毛量の少ない猫っ毛さんは、タイリングに時間をかけてもすぐにペタンコになりがち。 そんな残念髪を克服するにはパーマをかけるのもひとつの手です。 スタイリングに時間のかからないラフなパーマで、適度なボリュームをKeepしたこなれヘアを手に入れましょう!エアリーな毛先でクールなワンレンボブを柔らかな印象に。 \How to ベース&カラー/ ・あごラインのワンレンベース。 レイヤーは入れず、裾を一直線の切りっぱなし風にすることで今っぽい仕上がりに。 表面に細めのロッドでスパイラル巻きのパーマをかけて。 ワンカール以上の動きが出るように巻くと猫っ毛でもボリュームが出やすくなります。 ・カラーは6トーンのブルーアッシュ。 落ち着いたトーンの中に透明感がプラスされ知的な印象に。 パーマの軽やかさとカラーの落ち着き効果で、どんなシーンでもサラッと決まる今旬のボフスタイルが完成します。 \How to スタイリング/ ・スタイリングはパーマをかけた部分を水で濡らし、セミウエットなスタイリング剤を軽くもみむだけでOK。 あえてスタイリングを頑張らないことでパーマのラフな質感を楽しめます。 ・ストレートだとシャープになってしまいがちなので、緩いパーマやアイロンでふんわり感を出します。 ・髪の遊びを強調するように、ワックスをなじませて。 前下がりカットで作る美シルエット ひし形ボブで大人女性の魅力をアップ \ヘアスタイルのポイント/ ・サイドのボリュームの位置はやや低めが大人っぽい。 短くなり過ぎるのが心配でバッサリカットできずに、中途半端な長さになっちゃった…というときに、ぜひCheckしてほしいボブがこちら。 ・スッキリ見えるのにカジュアルな短さは感じさせない絶妙なバランスです。 その秘密は、長め前髪とひし形シルエットにあり。 長め前髪で大人っぽさを、サイドをふわっとさせたひし形シルエットでボリューム感を出します。 ・このふたつでスッキリしつつ上品な、短く見えすぎないボブに。 また襟足の長さも重要です。 首に沿うようにやや長めに残すと、短い印象を与えない効果があります。 \How to ベース&カラー/ ・前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。 搔き上げたときにラフな毛流れができるよう、前髪にトップから軽くレイヤーを入れます。 ふわっとしたひし形シルエットになるよう、後頭部にもレイヤーを。 ・カラーは7トーンのアッシュブラウン。 ベースは上品なブラウンですが、日本人の髪に出やすい赤みを抑えるアッシュ系をプラスすることでツヤ感や清潔感を演出します。 落ち着いたカラーなので短くても軽い印象は与えません。 \How to スタイリング/ ・顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かすと立体感が出やすくなります。 全体の毛束の中間から毛先に向かって32㎜のアイロンで軽くワンカール。 やや低めのサイドでふわっとさせたいため、毛先でなく毛束の中間からアイロンを挟むのがポイントです。 ・ワックスやオイルを毛先にもみ込み束感を出します。 前髪は根元を搔き上げ内側からキープスプレーを。 すぐにペタッとなりやすい人は、サイドを少し持ち上げキープスプレーを吹きかけてもOK。 重たい印象が苦手な人は、片側だけ耳掛けを。 よりスッキリ感が出ます。 ・襟足を少し長くするなど微妙なテクニックで短過ぎる印象を与えません。 ・あいまいな定義だからこそ、おしゃれバランスが実は難しいこのパーツ。 顔周りなので設定する長さによって表情が変わります。 前髪の長さが印象を決めます。 好みはあれど、大人カジュアルを楽しみたい美的世代におすすめなのは、頬ラインで耳にかけることができる長め前髪。 この、耳かけできるかできないかが重要です。 ・頬ラインならかけなくても顔周りに適度なニュアンスが出てこなれた印象に。 フェースラインにかかるので小顔効果もあり。 耳かけしなければ、顔周りがすっきりして知的な印象に。 こなれ感と知的さ。 どちらも手に入る2WAYの長め前髪。 \How to ベース&カラー/ ・バックは襟足を首に沿わせるよう短めにカットします。 耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。 前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋げます。 ・ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。 トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラスします。 カラーは7トーンのブラウンベージュ。 ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出します。 \How to スタイリング/ ・ショートのスタリングは乾かし方で決まるといっても過言ではありません。 トップをまず右側に寄せて乾かし、それから左側に寄せて乾かします。 左右両方から風をあてることでトップが立ち上がりふんわり。 ストレートアイロンで、前髪の毛先が軽くワンカールするように滑らせます。 柔らかめのワックスを毛束の中間から毛先になじませます。 襟足は首に沿わせるように整え、前髪は毛先のみワックスをなじませサイドに流せば完成。 ・耳かけしないで顔周りに長め前髪を落としても良し。 耳かけしてすっきりさせても良し。 前髪残しつつ軽く耳かけしても良し。 好みのよって印象を変えられる長め前髪。 ショートなら大人っぽさを約束されつつ、おしゃれのマイナーチェンジを楽しめます。 バリエが効くおすすめの前髪なので、前髪アリorナシを悩んでいたらぜひTRYを! 前下がりだけどグラデーションでかわいらしく \ヘアスタイルのポイント/ ・簡単&時短の今っぽショートボブは、ママにもおすすめ!ストレートタッチのこちらのショートボブ。 王道のシンプルなスタイルながらトレンド感を髪のウェット質感で表現。 今っぽくシャレ感のある仕上がりになっているのがポイントです。 ・ヘアオイルをつけるだけなので、スタイリングが簡単なうえ、時短も兼ね備えた優秀スタイル。 朝のスタイリングをさっとしたい人、不器用さん、そして、自分に時間をかけられないママにもおすすめです。 眉ギリギリの透けバングは、さらっと流せば大人っぽく、下ろせばカジュアルな雰囲気に。 ・どんな顔型とも相性抜群で頭のフォルムをキレイに見せる効果も。 卵型や面長な方は、写真のように耳にかけた方がバランス良く美人度を底上げ。 また、レイヤーによる軽さはあるものの、トップの重さを残しているので、髪が膨らみやすい人でもチャレンジしやすいスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・ベースは前下がりのグラデーションボブでカット。 前下がりを強調するとクールなイメージを与えるので傾斜は緩やかにして、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象に。 ・前髪は流しも下ろしも2WAYを楽しめる、眉が見え隠れする長さにカットします。 カラーは8レベルのウォームブラウン。 ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明度と色味です。 \How to スタイリング/ ・ドライヤーで乾かし、ヘアオイルを付けたら完成の時短ヘア。 ウェットな質感がシャレ感をプラスするので、オイルは必須です。 スタイリングはオイルを手に取りまず毛先に、そして手に残っているものを表面に、前髪は毛先のみに塗布します。 ・髪質によっては表面にストレートアイロンを使って、ツヤとまとまり感をアップさせても。 質感を作るヘアオイルは、トリートメント効果もあり髪の広がりを抑えるので、梅雨から夏にかけてぴったりのスタイリング剤です。 クールな大人の前下がりボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・後ろは襟足ギリギリのワンレンボブ。 ・耳より前をあごのラインに平行になるように前下がりにすることで、クールな雰囲気に。 ・カラーは黒に近いダークカラーで、青やグレーなど寒色系の色をミックスするとかっこ良さがアップ。 丸顔さんをすっきり見せる小顔ヘア シャープなシルエットでフェイスラインもクリアに \ヘアスタイルのポイント/ ・下ろしても流してもOKな2WAYバングは、しゃれ感たっぷり&小顔効果も。 丸みがあるシルエットで、女性らしさも演出できます。 ・ストレートアイロンでさらりと仕上げているので、ナチュラルでヘルシーなイメージでありつつ、シースルーバングがポイントとなってトレンド感もバッチリ。 スタイリングは、セミウェットな質感で束感を出しつつ、スタイリッシュに仕上げます。 ・シャープなシルエットなので、丸顔をカバーして小顔効果もアリ。 耳にかけなければ、フェースラインをカバーすることもできます。 ショートより長く、でもボブより短くしたい・・・そんなわがままを叶えてくれるデザインです。 \How to ベース&カラー/ ・襟足ギリギリの長さでカットしたボブに、表面のみレイヤーを入れたスタイル。 サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。 ・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。 \How to スタイリング/ ・前髪の分け目がつかないように乾かしたら、ストレートアイロンを使い丸みが出るようにさらっと通すだけの簡単スタイリング。 硬毛の場合は、カールアイロンを低めの温度で使って軽くニュアンスをつけても。 ・スタイリング剤は、オイルとシアバターを混ぜてから、全体に馴染ませたらフィニッシュ。 襟足は浮かないようにしっかり押さえることも忘れずに。 ボブは首元にボリュームがある三角形スタイルでかわいらしい印象。 ・ショートボブはボブをグッと短くしたスタイルで、全体的に短めですが顔周りは長いのでボーイッシュにはならず女性らしさがあります。 前髪を作らずおでこを出せば、よりすっきり見えてデキる女風に。 まさにショートボブは、女性らしさを残しながらカッコ良さを表現できる大人女子に嬉しいスタイルです。 ・また、前髪を作らず顔周りに縦のラインを作る、頬ラインにボリュームを出しあごラインに沿ってシャープになるようひし型にカットする、などを考慮すれば、丸顔をカバーし小顔効果にも期待大。 大人っぽく見せたい、きちんと感がほしい、小顔になりたい…そんな人は今すぐショートボブにTRYすることをおすすめします! \How to ベース&カラー/ ・全体をあごとリップラインの間の長さでカット。 サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残します。 襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。 ・表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作ります。 正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。 ・この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見えます。 カラーは8トーンのブラウンベージュ。 好感度の高いツヤのある落ち着いたカラーです。 短くても軽く見えず上品な印象に。 \How to スタイリング/ ・トップを乾かすとき、まず毛束を右に寄せながら乾かし、次に左に寄せて乾かします。 左右に揺さぶるように乾かすことでトップが潰れなくなり、センター付近で分けたとき立ち上がりやすくなります。 分け目はセンターではなく6:4に。 ちょっとずらした方が今っぽくおしゃれに見えます。 表面の毛束にアイロンを挟み、毛先が軽く内巻きになるように滑らせます。 全体の毛先にシアバターをなじませ、頬ラインに立体感が出つつあごラインに沿って毛先がキュッとシャープになるように整えます。 顔周りの毛先に束感を作り軽く動かせば完成です。 ・前髪に立体感が出ない人は、前髪の根元に極少量のシアバターをなじませると髪にコシが出て立ち上がりやすくなります。 スタイリングが簡単なので、忙しい女子にも嬉しいショートボブ。 すっきりした首元なのでマフラーや襟元にボリュームのある秋冬ファッションとも相性抜群。 髪型で考えるイイ女の代名詞は、前髪なしの搔き上げスタイル。 憧れるとはいえ、面長がコンプレックスの人はおでこを出すことに抵抗があることも。 そんな人におすすめしたいのが、こちらのサイドにボリュームを出した三角形のボブ。 ・顔の中心付近で裾が横に広がっているので、顔全体が丸く見えて面長が気になりません。 また耳を見せるのも輪郭を丸く見せるポイントです。 裾の位置がボブにしては高めですが、ボリュームがあるのでボーイッシュにならず、むしろ女っぽさを演出します。 ・ デジタルパーマで作るのでスタイリングは簡単!今まで面長だからとおでこを隠していた人でも、このスタイルなら自信を持っておでこを出してOK。 ラフな毛先は搔き上げとの相性抜群なので、いい女を目指してぜひトライを! \How to ベース&カラー/ ・前髪を6:4で分けます。 裾はあごラインのやや前下がりのワンレンベース。 顔周りの毛束をリップラインでカットしサイドと差をつけ、毛先の動きを見えやすくします。 表面にグラデーションカットを入れ、三角形の角を取って柔らかい印象に。 ・全体の毛先に22㎜のロッドでワンカールのデジタルパーマをon。 デジタルパーマはアイロンで巻いたようなくりっとしたカールがつきやすく、忙しい朝でもしっかりボリュームを出すことができます。 カラーは9トーンのシナモンベージュに透け感のあるブルーアッシュをMIX。 落ち着いた中にも柔らかさと透明感のあるこなれカラーです。 \How to スタイリング/ ・乾かすとき、まず分け目と反対側に髪を流しながら乾かし、7割乾いたら分け目に戻して乾かすと前髪が立ち上がりやすくなります。 ・裾は毛束を耳前、耳後ろ〜後頭部のセンターに左右それぞれ分け、ねじりながら乾かすとデジタルパーマが復活します。 ヘアバームを毛先にもみ込み、ふわっとした立体感を出せば完成です。 ・デジタルパーマは乾燥しやすいので、必ずバームやオイルなど油分の多いスタイリング剤やトリートメントを使ってホームケアすることが、長持ちをさせる秘訣です。 おでこを出すと大人っぽく見えるだけでなく、自信のあるイイ女に見せる効果もあり。 スタリングに時間がかからないラフなパーマスタイルなので、バリバリと働く女性にもおすすめです! 40代以上の大人女性の似合わせスタイル ふんわりパーマで軽やかヘアに \ヘアスタイルのポイント/ ・エアリーなカールを重ねた、抜け感のあるひし形のシルエットが特徴的。 ・ぺたっとすることで老けて見られるという悩みを解消するのにはパーマが最適。 ・それを生かすために持ち上げるように乾かすのも重要なテク。 ワックスをもみ込んで、スタイルをキープするのも忘れずに。 清潔感と信頼感が溢れる大人のショート \ヘアスタイルのポイント/ ・前髪を奥から作って横に流し、おでこを隠した落ち着きスタイル。 ・表面を艶っぽく仕上げているので、大人らしく頼りになる雰囲気にシフト。 ラフな毛先で軽やかショート \ヘアスタイルのポイント/ ・エアリーでボリューミーなシルエットは、表情を明るく見せてくれる効果大。 ・無造作なハーフアップお団子を、より小粋に見せてくれます。 \動画でやり方をCHECK/ \How to/ ・生え際より少し後ろにヘアバンドをつける。 ・顔周りの髪を残して、手ぐしでハーフアップに。 ・毛先を輪っか状にしたお団子風にまとめて。 アクセで楽しむ黒髪ショートボブアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・パールピンを使ったセンターパートのクラウンアレンジ。 ・生え際の毛束をねじって留めた爽やかなアレンジに、人気のパールピンで甘さを添えて。 ・花冠みたいなフォルムとラフに散らした毛先を合わせ、抜け感を! \動画でやり方をCHECK/ \How to/ ・フロントはざっくりセンターパートにし、おでこの周りの毛束を、左右それぞれ後ろ向きにねじってピン留め。 ・ねじった毛束の上から、パールピンをランダムにあしらって完成。 黒髪ショートボブでも2段むすびでフルアップ \ヘアスタイルのポイント/ ・髪が短めでもこれならアップもイケる!長さが足りなくてひとつ結びにできない場合でも、2段に分けて結べば完璧。 ・潔いくらいのフルアップは清潔感があって、オフィスシーンにもぴったり。 \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・ハチ上の髪を後ろで全部留め、ハーフアップに。 ・軽くワックスをつけた手で、ざっくりと作って。 【STEP2】 ・そのまま下部分もひとつ結びに。 ・表面の髪を部分的に引き出し、耳前の後れ毛は束っぽく仕上げる。 ・クールな魅力をまとわせて大人っぽく。 \How to/ 【STEP1】 ・トップの根元に、コームで逆毛を作る。 ・前髪を横分けにし、逆毛の上からふわっとかぶせて立体感を演出。 【STEP2】 ・少ない方のサイドの髪をタイトに押さえてピン留め。 ・逆サイドはボリュームを出してメリハリシルエットに。

次の

【髪型】ボブの前髪ありで黒髪におすすめなヘアスタイル!

ボブ 黒髪

cloudfrontex. 男性が彼女にしたいと思うのもなんと「黒髪の女性」なんですよ。 男性は髪もメイクも「ナチュラルな女」が好きなのです。 肌の色より暗い色の髪の色をすることによって肌の色に透明感と白さを引き立ててくれます。 さらに髪の傷みをカバーしてくれます。 髪の傷みって光の当たる場所に行くとどんなに隠そうとしても意外とばれてしまうものなのです。 黒髪は色素は濃いので、光の下でも傷んだ部分が分かりにくく髪質をキレイにみせてくれます。 yahoo. 女性の魅力を上手に引き出してくれる、いわゆる「 魅せヘア」なんです。 可愛らしさからボーイッシュまでさまざまな印象を魅せてくれる凄いヘアスタイルなんですよ。 ボブといってもたくさんあるんです 髪型(ヘアスタイル)のボブヘアと言っても、そのカットはさまざま。 あなた好みのボブを見つけてみてくださいね! cosme. ameba. 毛先が自然にまとまるようにレイヤーをいれるとシンプルなボブもニュアンスヘアの髪型(ヘアスタイル)に大変身します! cosme. 動きと透明感のあるスタイルで、前髪を厚めにカットすると全体的にマッチしてとても可愛らしくみえる髪型(ヘアスタイル)です! rasysa. appnt. rasysa. appnt. 柔らかさと優しいイメージを演出してくれるこのヘアスタイルは、ひし形フォルムが小顔効果も出してくれるのでオススメです! cloudfrontex. シースルーバングにすることで「ヌケ感」をつくることができ、重たい印象にならないようにしてくれるのでオススメです。 髪質が硬めの人はこのカットと取り入れると重たい印象にならない髪型(ヘアスタイル)になりますので、参考にしてみてくださいね! amazonaws. 髪に与えるストレスって結構あるんです。 そのため、 キレイな黒髪を保つことは意外にも難しいことなのです。 洗い流さないトリートメント(ヘアオイル)を使う• しっかり根元から乾かしてから寝る• 傷んでしまったら傷んだ部分はカット これだけで、髪に与えるストレスを減らしてキレイな黒髪を保つことができます。 woman. excite.

次の

黒髪ショートボブ特集!どんな顔型の人でも似合うおしゃれヘアスタイルに挑戦♪

ボブ 黒髪

垢ぬけメイク・化粧で大事になってくるのは、まずベース作りです。 ベースといえばファンデーションですよね。 そしてファンデーションの選び方や塗り方をしっかり知ることが大事です。 ファンデーションを塗る意味は、ニキビ跡やシミ、くすみなどを隠しキレイな肌に見せてくれることです。 そしてメイク・化粧の一つとしてファンデーションを塗ることは、外からの紫外線や刺激から肌を守ってくれる効果もあります。 一般的に肌に負担をかけるものだと言われていますが、正しい使い方をすれば、スキンケア効果をもたらしてくれるものでもあります。 ファンデーションにはリキッドタイプやパウダータイプ、クリームタイプなど様々な種類があります。 黒髪垢ぬけメイク・化粧をするための、一番大事なベース作りなので、自分の肌に合ったものを使いましょう。 パウダーファンデーションランキングの関連記事も合わせて参考にしてみてくださいね。 ベース作りが出来たら、次は眉毛を整えていきます。 眉毛の形や長さ、色、濃ゆさによって顔の印象が変わってしまうほど、メイク・化粧の中で難しく大事なポイントでもあります。 黒髪に合う垢抜け眉毛を作るには、まず必要ない眉毛をカットしていきます。 コームや眉毛専用のはさみを使い、少しずつ長さを調整していきます。 カットが終わったら、眉ペンシルとパウダー、眉マスカラを使い仕上げていきます。 眉頭は目の上から書き始め、眉山は眉毛の中で一番高い位置に、そして小鼻と目尻を繋いだ直線状に眉尻が来るように書き足していきます。 これが眉毛の黄金比率です。 眉ペンシルで書き終わったらパウダーで少しずつぼかしていき、最後に眉マスカラを使って眉毛の色を変えていきます。 黒髪でも、眉毛は少し明るめの色にすると、一気に垢抜けた印象になりますよ。 今ではマスカラやつけまつげ、まつげエクステなど、まつげを長くふさふさに見せる方法が色々ありますよね。 その中で黒髪垢抜けメイク・化粧におススメなのがマスカラです。 つけまつげやまつげエクステだと盛りすぎてしまい、派手な印象になってしまうことがあります。 その点マスカラなら、自まつげに長さとボリュームを調整しながらふさふさまつげを作ることが出来ます。 まずビューラーでしっかり根元から上げて、自然なカールになるようにします。 マスカラを塗る時は根元からジグザクに塗っていき、薄く伸ばしていくようなイメージで付け過ぎないように注意してください。 万が一付け過ぎた場合には、まつげ専用のコームを使い、丁寧に梳いていくと良いでしょう。 さらに垢抜け感を出すなら、ブラックではなくブラウンのマスカラがおススメですよ。 関連記事のマスカラランキングもぜひ参考にしてくださいね。 さてここからは、それぞれの化粧品の使い方や順番をおさえつつ、黒髪ショートに合うメイク・化粧を紹介していきます。 まず基本となるベース作りは、ファンデーションを付ける前にしっかりと化粧水や乳液で保湿することが大事です。 保湿を怠るとファンデーションが上手くのらなかったり、メイク・化粧崩れの原因になります。 保湿をしたらファンデーションを密着、かつ刺激から守るために化粧下地を塗っていきます。 それからファンデーションを手かパフに取り、薄く伸ばしていきましょう。 動きが多い目元や、皮脂の多い小鼻は出来る限り薄く塗るように心がけると、メイク・化粧崩れになりにくいです。 全体にファンデーションを塗り終えたら、仕上げにスポンジで肌を軽く押さえ、肌とファンデーションをよりなじませていきます。 ニキビ跡やシミ、クマが気になる方はコンシーラーを塗ることで改善されます。 化粧下地なんてどれを使えば良いのか分からない、という方は、ぜひ関連記事を参考にしてくださいね。 アイシャドウは先ほど紹介した通り、影をつけて目元を立体的に見せてくれる効果があります。 アイシャドウには、ハイライトカラー、ミディアムカラー、メインカラーの3色があります。 ハイライトカラーは透明感のある目元へ導いてくれます。 ミディアムカラーは三つの中で中間の色をしており、キレイなグラデーションを作るために必要な色です。 そしてメインカラーは三つの中でも一番濃く、目元を引き締めて見せる効果があります。 まずハイライトカラーをアイホール全体にのせ、メインカラーを目のキワに細くのせていきます。 次にまぶたの三分の一程度にミディアムカラーをのせ全体にグラデーションを作っていきます。 アイシャドウを塗るときには、チップよりもブラシの方が調整がききやすいので、メインカラー以外はブラシで塗ることをオススメします。 次に黒髪ショートの垢抜けメイク・化粧に必要なコスメが、アイライナーです。 アイライナーにはペンシルタイプやリキッドタイプ、ジェルタイプ、パウダータイプなどがあります。 初心者の方に使いやすいものがペンシルタイプのアイライナーです。 ペンシルタイプは少しずつ芯を出していくため、付け過ぎる心配がありません。 アイライナーは色や書き方によって、目元を強調したり、たれ目に見せることが出来る優れものです。 黒のアイライナーは目元をしっかり引き立たせたい時に向いており、茶色のアイライナーは優しい印象に仕上げたい時に向いています。 まずまつげの隙間を埋めていくように細く書いていき、目尻は5㎜程度、斜め上に向かってスッと書きます。 目尻のラインの長さが長いと、しっかり目元を強調することが出来ます。 反対に目尻のラインを短く跳ね上げないように書くと、たれ目効果があります。 黒髪ならどちらの色も合うのでお好みで選ぶと良いでしょう。 マスカラ下地にも様々な種類があり、ボリュームタイプやロングタイプ、カールタイプなどがあります。 自まつげをケアするまつげ美容液もあるので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。 マスカラ下地の使い方は、普通のマスカラを塗るのと同じです。 マスカラ下地がしっかり乾いてからマスカラを塗るようにしましょう。 プチプラでおススメのマスカラ下地は、キャンメイクの「 クイックラッシュカーラー」です。 このマスカラ下地の良い点は、トップコートとマスカラの役目も持っているところです。 チークには色や付ける位置によって、小顔に見せたり、血色の良い可愛らしい顔に仕上げてくれる効果があります。 黒髪ショートでは髪型で顔が隠せないので、チークを上手く使って小顔効果を引き立てるのが良いでしょう。 黒髪ショートの可愛らしい印象にしたい場合はピンクや赤のチーク、元気で健康な印象にしたい場合はオレンジ、大人っぽい印象にしたい場合は落ち着いた色のベージュを選ぶのがおススメです。 黒髪ショートの髪型は元気な印象なので、それを踏まえて自分のなりたい色を選ぶと失敗しにくいと思います。 チークにもパウダータイプやクリームタイプなどがあり、初心者の方にはパウダータイプのチークがおススメです。 ふわっとしたチークを入れれば、一気に黒髪ショートの垢抜けメイク・化粧に近づきます。 チーク選びに迷ったら、関連記事を参考にしてみてくださいね。 最後の黒髪ショートの垢抜けメイク・化粧に忘れてはいけないものがリップです。 ブルーベースの肌にはローズピンクやブルーレッドなどが合い、イエローベースの肌にはサーモンピンクやオレンジレッドなどの色が合います。 ショート・ボブ・ロング・ミディアムに限らず、肌の色に合うものを選びましょう。 まず唇をしっかり保湿し、コンシーラーを使って唇の口角を整えていきます。 リップライナーで唇のラインを書いたあと、リップブラシで丁寧に塗っていきます。 唇の中央にトントンとグロスを付ければ、ツヤのある唇に仕上がります。 おススメはオペラの「リップティント」です。 色づきが良くツヤのある唇が1本で手に入れることが出来る優れものです。 塗り心地はスルスルとしてるのにベタベタしにくいリップティントとなっています。 上記で黒髪ショートは、元気で清楚な印象であると紹介しましたが、前髪を流したショートや、毛先を少し巻いて耳にかけるショートなどは、それだけでキレイな印象を与えます。 それを踏まえて、これからキレイ系のメイク・化粧を紹介します。 まずアイシャドウは落ち着いたブラウン系の色を塗っていきます。 丁寧に濃くなり過ぎないように気をつけてください。 次にアイライナーは黒色のものを使い、切長な目になるように書いていきます。 目尻は5㎜程度伸ばし、最後に少し跳ね上げると、一気にキレイな切長な目に近づきます。 黒髪ショートのキレイ系のメイク・化粧に合う眉毛は、ややしっかりめに書くことがポイントです。 ペンシルで書き足していき、最後にパウダーでぼかしていきます。 このパウダーはノーズシャドウとしても使えるので、鼻筋にハイライトを入れた後、鼻筋の両サイドと小鼻に影をつけるような感じでサッと塗ります。 まず黒髪ボブは清潔感や凛とした印象を与え、どんな服装にも合うことが特徴です。 そんな黒髪ボブに合うナチュラルメイク・化粧のやり方を紹介します。 ナチュラルメイクで一番大事なのは肌をキレイに見せることです。 化粧下地やファンデーション、コンシーラーを使って、肌の凸凹やクマ、シミ、ニキビ跡をしっかり無くしていきます。 厚塗りにならないように、ブラシで塗っていくことをおススメします。 仕上げにフェイスパウダーをサッとつけると透明感のある肌になります。 ポイントメイクは濃くなりすぎないように注意しましょう。 眉毛はなるべく自眉毛を活かし、パウダーでぼかすだけでナチュラルメイク・化粧に近づきます。 アイシャドウはブラウン系で肌なじみの良いものを、アイライナーは目尻にだけ細く書き、ロングタイプのマスカラで長さを出すように根元から付けていきます。 チークやリップも薄付きで仕上げるようにしましょう。 黒髪ボブにこのアンニュイメイクを合わせて、いつもとは違う雰囲気を醸し出すのも良いかもしれませんね。 まずアンニュイメイクはベースを整えた後、ダークな色のアイシャドウやアイライナーを使って仕上げていきます。 アイホール全体にハイライトカラーを塗り、メインカラーにダークな色のアイシャドウを塗っていきます。 アイシャドウはしっかりぼかしてグラデーションを作ることがポイントです。 さらには下まぶたにも、このハイライトカラーを塗ることでアンニュイメイクにグッと近づきます。 アイライナーは茶色や黒、ピンクの色のものを使い、少し太めに書いていきます。 目尻を跳ね上げて書くと目元が強調されて可愛いですよ。 まつげはカールにし過ぎず、上まつげと下まつげにもマスカラを塗っておきましょう。 オレンジのアイシャドウをまぶた全体に塗り、目のキワにブラウンのダークカラーを細く塗っていきます。 チークもオレンジのものを使い、頬の一番高いところにふんわりと塗っていきます。 この時逆三角形にチークを塗ると、顔が引き締まって見えます。 自分の肌に合ったオレンジ系のリップを全体に塗り、唇の中心にだけパールの入ったリップを塗ると、より血色感が増します。 内側からにじみ出る血色感を意識するのがポイントです。 黒髪ロングに合うオルチャンメイクを作るには、まず透明感のある肌と、ぷっくりとした涙袋、平行の眉毛がポイントになります。 まず化粧下地やファンデーション、コンシーラー、ハイライトを使ってキレイな肌へ整えていきます。 アイシャドウは肌なじみの良いブラウン系のものを塗り、その上からキラキラのパールも塗っておきます。 涙袋にもキラキラのパールを塗り、ペンシルやパウダーで涙袋の影を作ります。 ぷっくりと強調させた涙袋が重要となってきます。 眉毛は自眉毛を活かし、太めで平行になるように書き足していきます。 あまり角度を付けずに、子供っぽい印象の顔に仕上げることがオルチャンメイクの特徴です。 後は眉マスカラを使い、眉毛の色を整えれば完成です。 ロックメイクはダークなアイシャドウ、目尻を跳ね上げたアイライン、自分の肌に合った赤系のリップを使うことがポイントです。 ロックメイクなので少しケバくなってしまいますが、唯一黒髪ロングには合うメイク・化粧となっています。 前髪をかきあげスタイルにすると、よりロックメイクが似合います。 アイシャドウはグレー系のものを、アイホール全体と下まぶたに、普段より濃く塗っていきます。 そしてアイライナーは濃く太く、目の周りを囲むようなイメージでしっかり書いていきます。 目尻は斜め上にはねあげてキャッツアイにします。 最後に赤系のリップを塗って、黒髪ロングに合うロックメイクの完成です。 このヌーディメイクを作るには、ナチュラルメイクと同様で、しっかりとベース作りをすることが大事となってきます。 そこに計算されたチークやリップを足していくことで完成します。 化粧下地やファンデーション、コンシーラーなどを使い、まるで素顔からキレイは肌のように作っていきます。 ベース、アイシャドウ、チーク、リップなど全て同じ色味のアイテムを使うことがポイントです。 アイシャドウは肌なじみ重視で選び、チークやリップは薄いピンク系のものを選ぶと良いでしょう。 まずミディアムは髪の長さが肩より長く、胸より短いスタイルのものを指します。 ミディアムはショートでは出来ないアレンジが出来たり、ロングより短いのでお手入れがしやすいことが特徴です。 この黒髪ミディアムに合うメイク・化粧は、ヘルシーメイクです。 ヘルシーメイクとは、チークで血色感を出し、健康的な印象を与えてくれる可愛いメイク・化粧のことです。 肌はツヤ感を出すために、パールが入ったファンデーションがおススメです。 そしてポイントとなるチークは、オレンジや赤系のものを選び、頬の中心から耳の方までサッと塗っていきます。 さらにフェイスラインとこめかみを通るようにチークをサッと塗ると、血色感だけでなく小顔効果にもなります。 オレンジのチークはよりシェーディング効果を高めてくれるのでおススメです。 ボブとは違い、ミディアムは長さがあるので、大人っぽい印象になります。 そしてナチュラルメイクでもチークとハイライト、シェーディングを使って小顔に見せることが出来ます。 まずチークは頬の少し上から塗りはじめ、そのまま斜め下に下ろしこめかみまで流していきます。 ピンクではなくオレンジのチークを使うとより小顔効果が望めます。 次にハイライト、シェーディングのやり方を紹介します。 ハイライトは光を使って立体感が出ます。 主におでこや鼻筋、あごに塗ります。 シェーディングは影になる部分なので、フェイスラインやおでこの周りに塗ることで効果を発揮します。 関連記事を参考に挑戦してみてくださいね。

次の