トヨタ ハリアー 新型。 トヨタ 新型ハリアー 徹底解説 歴史&概要編|高級SUVの市場を開拓した立役者が4代目に進化

新型ハリアー、ガソリンとハイブリッドはけっきょくどっちが買い!?【新型ハリアー発売まであと5日】

トヨタ ハリアー 新型

トヨタ・ハリアーが7年ぶりにモデルチェンジし、6月頃に発売されることがトヨタから正式にアナウンスされた。 クロスオーバーSUVの元祖と言える存在が、4代目でどんな進化を遂げているのか。 燃費性能や価格など明らかになっていないスペックもあるが、現時点で判明している情報を基に、3代目と比較してみよう。 2020年6月頃発売予定の4代目ハリアー 1997年にデビューした初代ハリアーは、海外市場ではレクサスRXとして販売されていた。 その双子関係は2003年に登場した2代目でも継承。 しかし、レクサスRXが2009年にフルモデルチェンジを果たして3代目に移行した後も、日本では2代目ハリアーが継続販売され、それ以来、レクサスRXとハリアーは独立したモデルという位置づけとなった。 1997年登場の初代ハリアー。 当初は3. 2005年には3. 幅広いマーケットに投入されるレクサスRXとは異なり、3代目ハリアーは日本専用車に生まれ変わった。 そのおかげでボディやエンジンをダウンサイズすることが可能となり、より日本市場にマッチしたSUVへと変貌を遂げた結果、6年間、好調なセールスをキープし続けることに成功した。 2013年登場の3代目ハリアー。 V6エンジンは姿を消し、2. マイチェンジ時に2. 0L直4ターボ(8AR-FTS)が追加された そして、4代目となる新型ハリアーは6月頃の発売がアナウンスされている。 新型コロナウイルスの影響のため、発表会などが開催されることなく、ニュースリリースが配布されるのみとなってしまったが、本来ならば4月開催のニューヨーク・オートショーで華々しくデビューするはずだった…という巷の噂がある。 それが本当だとすれば、4代目は日本だけでなく、北米でも販売されることになるのだろう。 全長と全幅を拡大しつつ、全高はダウン そんな想像を膨らませながら、3代目との比較を行なってみよう。 まずはボディサイズから。 4代目は3代目よりも20mmずつ全長と全幅を拡大する一方で、全高は30mmダウンとなっている。 3代目はフロントオーバーハングを長く、リヤは逆に切り詰めた「インバランス」なプロポーションを標榜していた。 一方で4代目はフロントオーバーハングが明らかに短縮されており、よりオーソドックスなプロポーションをまとっているのが分かる。 2代目から続く、強く前傾したDピラーの特徴的な造形は4代目でも健在だ。 ハリアーのデザインといえば、グリルも要チェックである。 実は初代から縦パターンを採用しているのだ。 3代目ではアクリルカバーで覆われていたが、その奥には縦パターンがしっかりと存在していた。 4代目も同様で、グリルに縦溝を設けることでハリアーの伝統を継承しているのがわかる。 ハリアーのフロントグリルには、車名のもとになった「チュウヒ」(タカの一種)の姿をあしらったエンブレムが配されていたが、4代目では一般的なトヨタのエンブレムに改められた 4代目のフロントマスクで特徴的なのは、ヘッドライト内に配されたL字型のデイタイムランニングランプだ。 3代目もヘッドライトには凝っており、3本のライン状に発光するクリアランスランプが備わっていた。 3代目ハリアーのクリアランスランプ 新MCプラットフォームからGA-Kプラットフォームへ 4代目ハリアーのプラットフォームは、GA-Kを採用する。 TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)において、ミドルサイズのFFパワートレーンに対応するプラットフォームで、他にRAV4やカムリ、レクサスESが採用している。 4代目ハリアーの2690mmというホイールベースはRAV4と同一なので、両車の基本的なメカニズムは共通していると見ていいだろう(3代目ハリアーの「新MCプラットフォーム」も先代RAV4と共通だった)。 4代目ハリアーはRAV4と同様にGA-Kプラットフォームを採用する 2. 3代目とは似て非なるもので、ハイブリッドの2. なお、M20A-FKSに組み合わされるのはワイドなレシオカバレッジが自慢のダイレクトシフトCVTだ。 ちなみに3代目で選ぶことができた2. その一方で、4代目ではハイブリッド仕様にもFFが追加されたのが新しい。 安全装備に目を向けてみると、4代目ではプリクラッシュセーフティの検知対象が拡大され、夜間の歩行者や自転車(昼間)が加わった点がトピックだ。 ただ、ヤリスで実現していた交差点での対向直進車や左右折時の横断歩行者検知機能が、4代目ハリアーの広報資料には謳われていない点が気になる。 RAV4も4代目ハリアーと同様の安全装備ではあるのだが、2020年に登場する最新の上級SUVが安全装備でヤリスに劣るようでは残念だ。 トヨタセーフティセンスを装備するほか、12. 3インチディスプレイ、調光ガラスを用いたサンルーフ、走行中の前後方向映像を録画可能なデジタルインナーミラーなども新採用する.

次の

トヨタ新型ハリアー新旧比較:ボディサイズは? エンジンは? 7年分の進化を比べてみた|SUV・クロカン|MotorFan[モーターファン]

トヨタ ハリアー 新型

6月ごろ発売の新型「ハリアー」(記事内の写真はすべてプロトタイプ) トヨタ自動車は4月13日、新型SUV「ハリアー」を6月ごろに発売すると発表した。 価格については未発表だが、グレード体系や主要諸元、内外装などの情報が明らかにされている。 ハリアーは1997年12月に初代モデルが発売され、それまで考えられていたカテゴライズに縛られない「都市型SUV」として新しいジャンルを切り拓いたモデル。 2代目は2003年2月、3代目は2013年12月に発売され、今回のフルモデルチェンジで4代目となる。 3代目ハリアー 外観では歴代モデルで受け継がれてきた、シンプルでありつつエレガントさと力強さを融合させたクーペフォルムを継承。 フロントマスクではアッパーグリルからヘッドライトまで流れるような連続性が与えられ、2重のL字型に発光するデイタイムランニングランプ「シグネチャーランプ」などと合わせ、精悍でシャープな印象を強調。 特徴的なデザインによって遠くから見ても新型ハリアーだと分かる個性と先進性を表現している。 サイドビューはシンプルな構成としつつ、ダイナミックに変化するボディ断面によって豊かな表情を創出し、強い躍動感を与えている。 また、前後を絞り込んだクーペキャビンと左右に張り出したホイールハウスの組み合わせにより、リアビューで大らかなたくましさを演出。 横方向に細く連続させたテールランプとハイマウントストップランプが存在感をアピールする。 ボディカラーには「プレシャスブラックパール」をはじめ、彩度を抑えたカラーを中心に全7色を設定している。 新型ハリアーのインパネ インテリアは「心地よい、上質な室内空間」をテーマに、コントラストを抑えた「ブラウン」「グレー」「ブラック」の3色を内装色として設定。 落ち着いた雰囲気でシックな大人の室内空間を表現している。 インパネから左右のドアトリムにかけたボリューム感豊かなラインにより、大らかに広がる雰囲気を演出して包み込まれるような安心感と居心地のいい空間を表現する。 幅広く堂々としたセンターコンソールは乗馬用の鞍をイメージしたデザインで、左右につながるインパネとの組み合わせでたくましさを演出して個性を強調。 素材では厚手の革を曲げてできる自然なシルエットをイメージし、触り心地にもこだわったレザー調加飾のほか、「曲木(まげき)」の技法から着想したウッド調加飾やパイピング加飾などを多用して、さりげない上質感を演出している。 振動や遮音対策では吸遮音材、制振材の効果的な配置や高遮音ガラスの採用などを実施。 さまざまな道路環境でさらに静かで心地よい車内空間の実現を追求した。 新型ハリアーの走行イメージ プラットフォームにはTNGA(Toyota New Global Architecture)の「GA-Kプラットフォーム」を採用。 ボディの高剛性化と低重心化を図り、ドライバーの感性を重視した走行性能と乗り心地の両立を追求している。 サスペンションはフロントにマクファーソンストラット式、リアにダブルウィッシュボーン式を採用。 前後のサスペンションジオメトリーをGA-Kプラットフォームの高剛性ボディとの組み合わせで最適化。 徹底的な走り込みとチューニングを重ね、重厚感としなやかさを併せ持つ独自の世界観を手に入れた。 ショックアブソーバーは走り出しの瞬間や高速走行時といったシーンで車両挙動の収束性を向上させるため、極微低速域でもスムーズにストロークするよう設定。 これにより、接地感のあるフラットな乗り心地を実現している。 このほかに電子制御では、ブレーキ制御によってコーナーリング中のアンダーステアを抑制する「アクティブコーナリングアシスト」を搭載。 ステアリングの切り始めでレスポンスを高め、軽快な操舵感を発揮する電動パワーステアリングの制御との相乗効果により、意のままに車両をコントロールする心地よい走りを実現する。 5リッター直噴自然吸気エンジン「A25A-FXS」型、直列4気筒 2. 0リッター直噴自然吸気エンジン「M20A-FKS」型の2種類を用意。 2WD(FF)車では最高出力88kW(120PS)、最大トルク202Nm(20. 6kgfm)を発生する「3NM」型フロントモーターを備え、4WD車ではさらに最高出力40kW(54PS)、最大トルク121Nm(12. 3kgfm)を発生して後輪を駆動する「4NM」型リアモーターも組み合わせ、システム最高出力は2WD車が160kW(218PS)、4WD車が163kW(222PS)となる。 トランスミッションには発進用ギヤを備える「Direct Shift-CVT」を搭載し、駆動方式は2WD(FF)と「ダイナミックトルクコントロール4WD」の2種類を用意する。 ADAS(先進運転支援システム)では、夜間を含めた歩行者や自転車運転者(昼間)も検知できる「プリクラッシュセーフティ」を採用した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載。 駐車場などの低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」(パーキングサポートブレーキ[静止物])など、安全・安心をサポートする装備も充実している。 家庭用と同じコンセントで電化製品を使用でき、停電時などの非常時に発電機として使用可能としている。 5リッター直噴「A25A-FXS」型 直列4気筒 2. 主な仕様内の最小回転半径は5. 5mではなく5. 7mで、ハイブリッド仕様の最低地上高は195mmではなく190mmとなります。

次の

トヨタ新型「ハリアー」で初採用の「電動シェード付パノラマルーフ」は障子のようなやわらかな光を演出

トヨタ ハリアー 新型

3代目となる現行型は、若い層の獲得を意識して、2. 0Lガソリンモデルは272万円〜、2. 5Lハイブリッドは、361万円〜という価格設定でデビューしました。 新型モデルについては、価格などの詳細は明らかにされていませんが、とくに2. 0Lガソリン仕様は300万円台前半の値付けになるのか気になるところ。 新型トヨタ・ハリアー。 ボディカラーは「プレシャスブラックパール」 2020年5月からトヨタでは、現在の4つの販売チャネルで全モデル販売が行われます。 6月デビュー予定の新型ハリアーは、その目玉になるはず。 新型ハリアーのグレード展開は、2. 0Lガソリン、2. 5Lハイブリッドともに「S」「G」「Z」の基本3グレードをベースに、「G」「Z」にそれぞれ「Leather Package」が設定されています。 なお、2. 0L直噴ターボ搭載車は、現時点でラインナップされていません。 今後の追加があるか気になります。 メーカーオプションの「プレシャスブラックパール」は、黒真珠のような上品で滑らかな質感と、明暗の力強いコントラストが両立されたブラック。 小さなすり傷を修復するセルフリストアリングコートにより、新車時の光沢とカラーを長期間保持するとしています。 「プレシャスブラックパール」はメーカーオプション設定 日本向け初設定となる「ストレートグレーメタリック」は、面の変化や見る角度によって緑色や青に発色するそう。 メーカーオプションの「ホワイトパールクリスタルシャイン」は、真珠のような輝きで質感の高さを表現。 同じくメーカーオプションの「センシュアルレッドマイカ」は、華やかな色合いで上質さを感じさせ、深みのあるプレミアムレッド。 「ブラック」は、フォーマルなシーンを演出する深みのある色合い。 「スティールブロンドメタリック」は、エレガントな面の表情を感じさせる「ブロンドメタリック」。 「ダークブルーマイカ」は、新型ハリアーらしく、都会的なスタイルを演出する質の高いダークブルーと表現しています。 こちらのインテリアカラーは、ブラウン 一方の内装色は、コントラストを抑えたブラウン、グレー、ブラックの3色設定となっています。 (塚田勝弘) 【関連記事】 4代目トヨタ新型ハリアーはクーペ風のエレガントさで2020年6月発売。 2WD、ハイブリッドも登場【新型TOYOTA HARRIER】 新型ハリアーのデザインは、クーペの要素が盛り込まれたエクステリア、「曲木」に着想を得たウッド調加飾のインテリアなどが注目【新型TOYOTA HARRIER】 先代ハリアーと新型ハリアーの違いは?歴代ハリアーは多くのフォロワーを生んだシティ派SUVの先駆け【新型TOYOTA HARRIER】 by カテゴリー : , , , タグ : ,.

次の