あいち トリエンナーレ 慰安 婦。 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

あいちトリエンナーレ2019の慰安婦像よりとてもひどい展示物に大激怒!

あいち トリエンナーレ 慰安 婦

あいちトリエンナーレ2019が炎上!中止要請も 昭和天皇の御真影が焼かれる展示がある、という報道で、「あいちトリエンナーレ2019」は大炎上している状況です。 芸能人・著名人もコメントを出しています。 高須克弥さん 日本人の統合の象徴に対する侮辱。 国家への侮辱 フィフィさん 芸術における表現の自由で許されるとは思わない。 下品なプロパガンダ 和田政宗衆院議員 事実だとしたらとんでもないこと。 しっかりと情報確認を行い、適切な対応を取る 松井一郎大阪市長 にわかに信じがたい!河村市長に確かめてみよう 河村たかし名古屋市長、展示中止を要請 地元愛知県・名古屋の河村たかし市長も、この展示を視察しました。 「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの。 いかんと思う」と取材に対してコメントを述べ、「平和の少女像」について、展示中止を要請するとしています。 ただ、8月2日(金)時点で、まだこの展示は続けられています。 報道陣への撮影禁止、SNSへの投稿禁止が決定されましたが、会場である名古屋市「愛知芸術文化センター」から撤去されてはいません。 昭和天皇の御真影が焼かれる映像は「表現の自由」 出典: 「あいちトリエンナーレ」で、昭和天皇の御真影が焼かれる映像や、慰安婦像が展示されているとされる展示は、「表現の不自由展:その後」という企画スペースにあります。 日本で表現の自由が脅かされているのではないかという危機感から、表現の機会を奪われた「タブー」とされる作品を、あえて展示しているという企画です。 公式ページでは、なぜこれらの作品が「排斥」されたのか、その理由とともに作品を展示していると説明しています。 監督の津田大介は、表現の自由にこだわり 出典: 今回、2019年の「あいちトリエンナーレ」で監督を務める津田大介さんは、ジャーナリスト・大学教員として知られています。 専門分野はメディア論などですが、「表現の自由」というテーマでも、執筆活動をしてきた経歴があります。 今回炎上している、「表現の不自由展」についても、Twitterで なお、あいちトリエンナーレ実行委員会も、表現の不自由展実行委員会も、僕も「表現の不自由展・その後」に展示されている作品に対して何らかの賛否を述べるものではありません。 来場者に実物を見ていただき、表現の自由を巡る状況に思いを馳せ、議論のきっかけにしたいということが展覧会の趣旨です。 — 津田大介 tsuda としています。

次の

「慰安婦」炎上狙いでテロ誘引、膨大なコスト増 あいちトリエンナーレ大失態と欧州が払っている膨大な経費(1/6)

あいち トリエンナーレ 慰安 婦

・韓国の慰安婦像を展示 津田大介先生によると あいちトリエンナーレ に展示する作品を選ぶにあたり、国内外79組の作家を「男女平等」に選考したという。 そんな あいちトリエンナーレ が炎上しているのである。 その理由は、韓国の慰安婦像 元従軍慰安婦女性をイメージして作られた平和の少女像 が展示されているというのだ。 事実ならば非常に物議を醸す内容だ。 これに対して多くの日本国民がブチギレ激怒。 烈火のごとく憤怒し、そのなかには元NHKアナウンサーであり参議院議員の和田政宗氏 44歳 もいる。 以下は和田政宗氏のコメントである。 ・和田政宗氏のTwitterコメント 「あいちトリエンナーレ。 慰安婦像の展示が行われ、昭和天皇の御真影を焼く映像展示があるとの情報が寄せられた。 御真影を焼く映像展示は明日確認を取る。 事実だとしたらとんでもないこと。 あいちトリエンナーレは文化庁助成事業。 しっかりと情報確認を行い、適切な対応を取る」 あいちトリエンナーレ。 慰安婦像の展示が行われ、昭和天皇の御真影を焼く映像展示があるとの情報が寄せられた。 御真影を焼く映像展示は明日確認を取る。 事実だとしたらとんでもないこと。 あいちトリエンナーレは文化庁助成事業。 しっかりと情報確認を行い、適切な対応を取る — 和田 政宗 wadamasamune に電話繋がりました。 質問内容 1. 慰安婦像が展示してあるのは本当か。 昭和天皇の御真影を燃やした作品を展示しているのは本当か。 事務局回答 1. 2共に本当。 2に関しては映像作品でその中の一部。 2共に芸術作品である事。 表現の自由だと主張。 もしこれ推進したら、大村秀章知事、政治生命終わりますし、愛知県民の税金の問題にもなり、行政訴訟もあり得るでしょう。 左右関係なく。 今からでも遅くないですよ。 これマジで — 石井孝明(Ishii Takaaki) ishiitakaaki こんなガラクタが「あいちトリエンナーレ」に日本国民と愛知県民の税金を使って展示されるそうです。 金髪評論家が芸術監督をつとめる芸術祭に、朝鮮半島のプロパガンダの象徴となる像がいよいよ日本国内に。 朝日新聞も謝罪した慰安婦強制連行デマのツケを未だに日本国民に押し付ける人達ですね。 — 城之内 みな minajyounouchi あいちトリエンナーレで慰安婦像を展示とはどういう事。 捏造された日本批判の為の慰安婦問題の象徴だよね。 これを許せば、芸術のフリをして日本各地に設置が進む。 大村さんは事の重大さが分かっているのか? — きみのみかた KiminoMikataya あいちトリエンナーレ2019で 慰安婦像の設置が・・・ 愛知県民として情けない。 強く抗議する! 不勉強では済まされない。 強く抗議する! 不勉強では済まされない。 あり得ないことだ!」と語っている。 ・なんでも「芸術」と言えば許される流れ 芸術は人の五感を揺さぶり、感動を与える存在だ。 しかしながら、存在するだけで人を辛い気持ちにさせる、怒りを沸かせるものを芸術と言ってよいのだろうか。 なんでも「芸術」と言えば許される流れになるのではないかと危惧する声も出ている。

次の

あいちトリエンナーレ少女像批判で「表現の不自由展」中止【海外の反応】

あいち トリエンナーレ 慰安 婦

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、企画「表現の不自由展・その後」が元慰安婦を象徴した「平和の少女像」などを展示し、開幕3日で中止に追い込まれた。 展示内容は偏った政治的メッセージと受け取られかねず、公金を使ったイベントとして公平性に欠ける不適切な内容という印象を受けた。 「表現の不自由展-」会場の愛知芸術文化センター(名古屋市)では4日、企画の中止を知らせる案内が掲示された。 中止に至った企画は、平成27年に東京のギャラリーで開かれた「表現の不自由展」が原型だ。 過去に公立館などで撤去または展示を拒否された作品を集めたもので、その展示に関心を持った芸術祭の芸術監督でジャーナリストの津田大介氏が新たな作品を加えた「その後」展を芸術祭に組み入れた。 その中で設置された韓国の彫刻家夫妻による「平和の少女像」は、ミニチュア版が24年に東京都美術館で展示され、「運営要綱に抵触する」として撤去された経緯がある。 今回は、作品の意図を説明した作者の言葉に加え、「戦争と性暴力をなくすための『記憶闘争』のシンボルとして、世界各地に拡散している」などと解説が添えられているが、この像が韓国の反日感情をあおる象徴となっているのは周知の事実だ。 PR 「表現の不自由展-」ではこのほか、昭和天皇をモチーフにした版画や映像、沖縄の米軍機墜落事故を題材にした絵画、国旗をあしらい政治の右傾化を批判した政治色の強い立体作品なども並んでいた。 芸術祭の実行委員会は来場者による撮影を自由としたが、ソーシャルメディアへの画像・動画の投稿は禁止とした。 津田氏は開幕前に「『実物』を見ることで、表現の自由や検閲の問題について考える契機にしてほしい」と説明。 県の担当者も「政治的賛否やイデオロギーを問うものではない」と述べたが、展示や解説内容に恣意(しい)的な面が否めず、だからこそ不快だとする抗議の声が県などに殺到したのだろう。 津田氏は、展示中止が発表された3日の記者会見で「想定を超えた抗議があった。 表現の自由を後退させてしまった」と述べた。 強迫めいた抗議は論外だが、幅広い層の人々が鑑賞する公的な芸術祭だけに、表現の自由は無制限ではない。 芸術や表現の自由を隠れみのにした政治的プロパガンダ(宣伝)だとすれば悪質だ。 PR 3年に1度開かれる同トリエンナーレは国内最大規模の芸術祭として知られ、4回目の今回は名古屋市と豊田市を会場に国内外から90組以上のアーティストが参加、10月14日まで繰り広げられる。 美術、音楽、映像、演劇などが展開され、外国人労働者の問題や高度情報化と監視社会、生命倫理の問題など、全体として社会批評性に富んだ良質な作品も多い。 また参加作家の男女比をほぼ同じにするなど、他の芸術祭にはない試みもある。 トリエンナーレのごく一部分である「表現の不自由展-」が、こうした内容を霞(かす)ませるとしたら実に不幸だ。 大量の情報で感情があおられている時代として、津田氏は芸術祭全体のテーマを「情の時代」としたが、皮肉にも情をあおる展示が混乱を招く結果になった。 芸術は万人にとって心地良いとは限らないし、行政の過度の干渉も文化イベントにはふさわしくないが、公的な芸術祭の運営には、公益に配慮した冷静さが必要だろう。 (黒沢綾子) PR.

次の