ウーバー 車両変更。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に登録する方法・手順をやさしく解説!|デリバリー配達ナビ

【車で配達!】軽自動車やオートバイでUberEats(ウーバーイーツ)の配達はできるの?→軽貨物車の登録で可能になります!|副業手帳

ウーバー 車両変更

普通自動車免許があれば、50cc以下の原付は運転できます 登録費用はもちろん無料! ウーバーイーツ配達パートナーになるのに、費用はもちろんかかりません! 登録センターに行くまでの交通費くらいです。 なので、とりあえず 登録だけしておくのもOKです!😆 配達する自転車・原付バイクも用意しよう もう1つ、配達に使う車両(自転車または原付バイク)も必要です。 自分で自転車や原付バイクをお持ちの方は、 自分のを使えばOKです。 自分で持っていなくても、ウーバーイーツの登録会に行くと、使い放題の レンタル自転車(月4千円くらい)や レンタル原付(月1. 2万円くらい)の案内もありますので、ウーバーイーツの係員さんに聞いてみてください。 が、心配な方はさらに追加で自分で保険に入っておくのがベストです。 特に原付の方は保険に入っておきましょう。 自転車は月4千円、原付は月1. 6万円くらいでレンタル可能です 法的な同意(就労資格を確認) 次に、日本での就労資格があるかどうかについて同意します。 日本国籍を持っている人(ふつうの日本人)なら、 同意してOKです。 外国人留学生の方などは、就労資格があるかどうか確認しましょう。 写真と身分証明書のアップロード 次に、自分の写真と身分証など、各書類をアップロードします。 スマホで写真に撮って送ればOK。 原付バイクで配達する方は、「自賠責証明書」「ナンバープレートの写真」などもアップロードする必要があります。 プロフィール画像のアップロード プロフィール画像はこのような感じで撮影します。 プロフィール写真はきちんと条件に合った写真を撮りましょう。 まっすぐ正面を向く• 肩から上の顔全体を写す• サングラス・帽子・マスクはNG 身分証のアップロード:学生は学生証でOK! 続いて身分証のアップロードです。 ウーバー指定の身分証を写真に撮って、アップロードします。 運転免許証• 自賠責保険の証書• もちろん面接なんてありません。 身分証などの確認作業• 配達パートナー用アプリのダウンロード• 銀行口座の登録• 働き方・報酬の説明(ビデオを見る)• 配達パートナー用バッグ、「ウーバーイーツ配達パートナーガイド」というパンフレットなどの受け取り• 説明会で配達パートナーアプリの案内がありますので、「オンライン」にすればすぐに仕事が可能です。

次の

【変更点】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー登録方法の流れ

ウーバー 車両変更

登録可能なバイク 排気量125cc以下の原付バイク(白、黄、ピンク、青ナンバーで登録可能)、 及び、排気量125cc以上のバイク(事業用緑ナンバーで登録可能)。 原付バイクは最大2台まで登録可能。 バイクの種類は問われないが、派手に改造されたバイクや、音のうるさいバイクは避けるべき。 250ccなど、排気量が125ccを超えるバイクは注意 日本の法律では「 運賃をもらって他人の依頼でモノを運ぶ」場合、排気量125ccを超える二輪車は 貨物軽自動車運送事業という区分になり住所を管轄する運輸支局輸送窓口に届け出を出さなければなりません(個人、法人問わず)。 貨物自動車運送事業法より抜粋 第2条第4号 「貨物軽自動車運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車に限る。 )を使用して貨物を運送する事業をいう。 第36条 貨物軽自動車運送事業を経営しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、営業所の名称及び位置、事業用自動車の概要その他の事項を国土交通大臣に届け出なければならない。 当該届出をした者(以下「貨物軽自動車運送事業者」という。 )が届出をした事項を変更しようとするときも、同様とする。 自家用ナンバーのまま配達を行うことは違法行為となりますので注意してください。 125cc以下の原付バイクには規制がありませんので、届け出の必要はありません。 登録後の車両変更 自転車登録を行い後からバイク登録に変更することも、またその逆も可能。 から登録車両の変更を行うことができます。 自転車とバイクどっちがおすすめ? 自転車とバイクのメリットとデメリット、またそれぞれの維持費を比較し、あなたにあった車両を選びましょう。 それぞれのメリットとデメリット 自転車のメリット• 短距離配達の配達依頼を受けやすく、配達数を稼ぎやすい• ダイエット効果• 原付が進入できない小道や補助標識付の一方通行道路が走行可能で近道が容易• 道を間違っても小回りが利くので、Uターン、方向転換が容易で時間ロスが少ない• 歩行者天国でも車両を押して歩くのが容易• 車両のメンテナンス費用が原付に比べ安価• 急なパンクなども自転車屋で、その日のうちに修理が容易• ガソリン代がかからない 自転車のデメリット• 体力が必要、体力に自信のない人には結構きつい• 風の影響を強く受けるため、風が強い日は注意と体力が必要 バイクのメリット• 長距離配達の配達依頼を受けやすいため、1配達当たりの単価が高くなりやすい• 体力に自信のない人でも長時間続けられる• 2km以上の配達であれば、原付バイクのほうが配達スピードが速い• 屋根付きの車両であれば、多少雨が降っても濡れずらい• 風の影響を受けにくく、強い逆風でもアクセルを回せば進む バイクのデメリット• 道を間違うと、修正がむずかしく時間ロスが多い• 渋滞時の時間ロスが多い• 歩行者天国で車両を押して歩くのが大変• 車両のメンテナンス費用が高価• うっかりで交通違反を犯してしまうリスクが高い• ガソリン代がかかる• 急なパンクなどバイク屋で、その日のうちに修理がむずかしい 自転車とバイクの維持費を比較 2年間で20,000km走行した場合の維持費の比較ですが、おおよその維持費ですので使用する車両により変わります。 配達エリアによりますが、東京エリアで6,000回の配達だとおおよそ400~450万円位の配達報酬になることが予想されます。 自転車とバイクおすすめの結論• 自転車よりもバイクのほうがデメリットが多いため自転車がオススメ• バイクの維持費は自転車の4倍以上、費用面からみても自転車が有利• 体力に自信が無い、バイク好きなどは費用面に問題が無ければバイクがオススメ 自転車とバイクの稼げる金額の違いは? 自転車とバイクは一概にどちらの方が稼げるというのは稼働するエリアによると思います。 なんでかというと、自転車のほうが有利なエリアとバイクのほうが有利なエリアがあるからです。 バイクのほうが稼げると思われがちですが、エリアによってはそうでないこともあります。 例えば川崎エリア配達パートナーの例 下記の表をご覧ください。 この表は自転車配達とバイク配達の時給を比較したのもです。 これは、配達パートナーがメインで待機している川崎・元住吉エリアの特徴が原因と言えます。 川崎・元住吉エリアの特徴• 駅から100m以内に加盟店が密集し、線路をまたいで東西に分布している(赤い点が加盟店)ため行き来するには踏切を渡る必要がある• 線路を渡る道路は一方通行(青い矢印)のため、東側から西側に行くにはバイクだとぐるっと回らなければならない• 一方通行部分は線路をまたぐ大きな商店街になっており、通勤&帰宅時間帯と土日祝日は歩行者で混雑するためバイクで進むのは困難 東京で世帯数が最も多い世田谷区の桜新町駅で、片側一車線の道路沿いにマクドナルドやケンタッキーフライドチキン、松屋などの大手チェーン店がひしめいています。 また、桜新町駅は東急田園都市線の地下区間のため踏切が無く通行が非常にスムーズな為、バイク配達パートナーに人気のエリアで、通りかかると路肩で待機している配達パートナーの姿をよく目にします。 配達車両による金額の違いの結論• どっちのほうが稼げるかはエリア次第• 自転車登録の配達パートナーはバイクで不利なエリアを探すこと• バイク登録の配達パートナー条件の良いエリアを探すこと 自転車とバイクのおすすめ車種 クロスバイク クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間的な存在で、スポーツタイプの車体の中でも初心者が乗りやすいのが特徴です。 ロードバイクほど前傾姿勢にならないので、 背負った配達バックが斜めになりずらいのでおすすめです。 クロスバイクのおすすめ車種 CHRYS クライス 価格 26,800円~ おすすめポイント ・ブレーキの効きが良く、安心して走行することができるVブレーキ ・突然の雨でも配達バッグを守ってくれる泥除け ・配達バッグを積載可能なフロントキャリア(別途パーツが必要) ロードバイク とにかく 圧倒的なスピードが特徴です。 スポーツタイプの車体の中では間違いなくトップのロードバイクは自転車とは違った乗り物に乗っているかのような感覚が魅力です。 車体の軽さと、タイヤと道路の接地面積の狭さ(タイヤ幅が細いため)で、さほど 脚力の無い人でもペダルを踏めばすいすい進みます。 3時間以上配達を行うなら断然ロードバイクが疲れないのでおすすめです。 ロードバイクのおすすめ車種 ブリヂストン(BRIDGESTONE) CYLVA D16 価格 84,821円~ おすすめポイント ・ハンドルバー部分を握った状態でもブレーキがかけられる、配達バッグに商品が入っているときはバー部分を握って垂直姿勢を保ち、入っていないときはドロップ部分を握って前傾姿勢に出来るなどの使い分けができる ・11. 5kgと軽量 ・上り坂も楽々な16段変速 原付バイク Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを本業として始めるなら、断然原付バイクがおすすめです。 ロードバイクでも5時間以上乗ると、股が痛くなったり、前傾姿勢で手に体重がかかるため手が痛くなります。 また、自転車はサスペンションが無いため振動が直で体に響き、これが蓄積されると疲れにつながります。 原付バイクはショックの吸収に優れているので疲れにくいです。 毎日5時間以上配達を行う場合は原付バイクがおすすめです。 原付バイクのおすすめ車種 HONDA ジャイロキャノピー 価格 新車価格560,520円~ 中古相場150,000~500,000円 おすすめポイント ・しっかりメンテナンスを行えば5万キロくらいは平気で走れるほどエンジンが丈夫 ・後ろタイヤが2輪なので横滑りや転倒しずらい ・屋根付きで多少の雨なら濡れずらい ・リアボックスを付ければ原付トップクラスの積載量 レンタル車両で配達 自転車とバイクともに車両のレンタルサービスを提供している会社からレンタルし、配達を行うことも可能。 レンタルの際にウーバーイーツの ページから申し込みを行えば配達パートナー価格でレンタルすることができます。 車両を持っていない、遠方で勤務可能エリアまで乗って移動することが出来ないなどの事情がある場合は、自分に合った車両のレンタルを検討することをお勧めします。 主な自転車レンタルサービス ドコモ・バイクシェア 月額 4,000円 都内約350ポート、約4,500台の電動アシスト自転車が使いたい放題で利用可能な 、自転車の色から「通称=赤チャリ」と呼ばれています。 アシスト付き電動自転車がレンタル可能で、多くのUber Eats配達パートナーが利用するサービス。 COGICOGI リース 月額 4,000円 電動アシスト自転車を1台まるごと所有でき使いたい放題の 、空き状況の心配が無く、駐輪場に折りたたみのものであれば、配達用バックを置いたままにすることも出来るのがうれしいですね。 うばいつレンタサイクル 月額 無料(レンタル期間3週間のみ) これからUber Eatsを始められる方限定の当ブログ独自プラン。 電動アシスト付き自転車を期間限定でまるごと1台所有でき、納車&引取りも無料で当ブログが代行するプランです。 詳しくは「 」をご確認ください。 主な原付バイクレンタルサービス 帝都産業 月額 16,000円~ こちらもUber Eats配達パートナー御用達の レンタルサービス。 自転車レンタルも行っているのでこちらも検討する価値あり。 本編に戻る この記事は「Uber Eats配達パートナーの教科書」の別紙(別記事)です。 本編をご覧になりたい方は下記からご覧ください。

次の

【変更点】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー登録方法の流れ

ウーバー 車両変更

CHAPTER(チャプター)• ウーバーイーツ UberEats レンタルバイク・おすすめ自転車|登録可能な自転車の種類 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」におすすめの「自転車」や「レンタサイクル」について、解説していきます。 「」の「」として仕事をする場合は、「登録車両」でしか配達することが出来ません。 「登録車両」自体は、自分で決めることが出来るのですが、登録可能な車両と、登録できない車両の種類は、はっきりと分かれていますので、自分が持っている車両(自転車やバイク)が、果たして「」の仕事に使えるのかどうかは、しっかりと確認するようにしてください。 また「自転車」や「バイク」を持っていない人でも、「」と契約している「レンタサイクル」「レンタルバイク」会社のサービスを利用できる地域にいる人は、月額料金を支払い車両をレンタルすることで、誰でもすぐに、配達が可能となります。 「」の「」として「自転車を使って1日中」仕事をやろうとするのですから、かなりハードになりますよね。 「」の「」を、「自転車」でする場合、として、あちこちを走り回るのため、かなりの「肉体労働」となり、自転車を漕ぐのに慣れていない人は、慣れるまで最初は相当キツくなると思います。 趣味が「ロードバイク」や「クロスバイク」の人、「」や「トレーニング」を兼ねて「」の「」の仕事をする人などは、車両選択で「自転車での配達」を選ぶことが多いようです。 そういう人達は、自転車での「配達」を選択することで、趣味と実益を兼ねることができるので、確かに「一石二鳥」だと思います。 逆に「体力に自信がない人」や「体力は温存して稼ぐことに集中したい人」は、「電動アシスト付き自転車(eバイク)」がオススメです。 「運動が苦手な人」「体力に自信のない人」「効率よく稼ぎたい人」は「電動アシスト付き自転車(eバイク)」がオススメですので、持っていない人は、「」で稼いだお金を使って「電動アシスト付きの自転車」に投資するのも、「配達の効率を良くする方法」として、アリだと思います。 配達で自転車を使う「メリット・デメリット」 配達で自転車を使う「メリット・デメリット」 自転車のメリット ・短距離の配達リクエストを受けやすい ・上記のため、配達回数を稼ぎやすい ・ダイエット・運動になる ・一方通行の道や原付バイクが入れない道を使いショートカットも可能 ・道を間違ってもUターン・方向転換がしやすい ・車両のメンテナンス費(維持費)が、バイクに比べると激安 ・ガソリン代が、かからない 自転車のデメリット ・体力が必要。 体力に自信のない人は、電動自転車を推奨 ・疲れてくると、配達効率が悪くなる また、さらに楽に配達をしようと思った場合は、「原付バイク」などのバイクを「配達」で使う方法もあります。 で「バイクを選ぶ」と、配達スピードや体力的には余裕が生まれますが、その代わり「ガソリン」を消費するので、「ガソリン代」などで「経費」も、それなりにかかってきます。 配達でバイクを使う「メリット・デメリット」 配達でバイク(原付)を使う「メリット・デメリット」 バイクのメリット ・長距離配達のリクエストを受けやすい ・1配達当たりの距離が長くなり、配送手数料の単価が上がりやすい ・体力に自信のない人でも長時間稼働することが出来る ・によっては、ブースト率(ボーナス)が高いところもある バイクのデメリット ・小回りが効かない ・渋滞に捕まると、なかなか抜け出せない ・車両のメンテナンス代が、かかる ・ガソリン代が、かかる ・駐禁や、一時停止違反など、交通違反のリスクが高い また、住宅街などでは、「一方通行」や「小回りが効かない道」などもあり、そういう場所だと、意外と「自転車」の方が、目的地に早く到着したりしますので、「自分が配達したいエリアの特徴」や「配達の目的」に合わせて、「自転車」か「バイク」を選ぶと良いでしょう。 「自転車登録の配達員」だと「近くて配達距離が短い配達リクエスト」が多く入ってくる傾向にあるため、「配達回数を稼ぎやすくなる」のですが、「原付バイク登録の配達員」だと、「遠くて配達距離が長い配達リクエスト」が多く入ってくる傾向にあり、「距離料金を稼ぎやすくなる」という違いが、生じてきます。 「」の「」の場合、「車両登録」は、後からでも変更できますので、最初に選んだ車両から「配達車両」を変更したい場合は、車両変更の申請をするようにしましょう。 注意点としては、登録車両以外の車両で配達してしまうと、規約違反となり、「アカウント抹消」などのペナルティを受ける可能性がありますので、そこだけは注意してください。 今回、紹介した「自転車での配達」も「原付バイクでの配達」も、どちらも一長一短がありますので、「自分が既に持っている車両」や「配達の目的」に合わせて車両を選び、始めるのがオススメです。 ・排気量125cc以上のバイク (緑ナンバー=事業用者)(黒ナンバー=事業用軽自動車)は登録可能。 「坂道が多いエリア」や「一方通行が多いエリア」などは、小回りがきく「自転車」の中でも、「電動アシスト付き自転車」が活躍します。 運動兼ねて配達をしたい人は「ロードバイク」「クロスバイク」 「ロードバイク」とは、もともと「自転車レースのために開発された自転車」で、舗装された道路を高速走行するのが得意です。 比較的、価格も高く、ハンドルが「ラウンド形状」の「ドロップハンドル」を使用し、より前傾ポジションで走行する見た目が特徴です。 つまり「ロードバイク」は、「走ることに特化した自転車」だと言えるでしょう。 一方、「クロスバイク」とは、「オフロード車のマウンテンバイク」と「オンロード車のロードバイク」を融合させたような「自転車」です。 ロードバイクよりも、比較的、価格が安く、ストレートなハンドルを使用、またタイヤは太く設計されており、舗装されていない道や、段差がある道でも、走りやすいのが特徴です。 つまり「クロスバイク」は、「どんな用途や目的でも使いやすい自転車」だと言えるでしょう。 都市部ならレンタルバイク(レンタサイクル)でも配達可能 「」の「」の仕事をする場合、「自転車」も「原付バイク」も、自分で所有していない人は、「レンタルバイク」や「レンタサイクル」で、「自転車」や「バイク」を「レンタル」して、配達を行うことが可能です。 「自転車のレンタル」も「原付バイクのレンタル」も、「UberEats(ウーバーイーツ)」と提携している「サービス会社」を利用することにはなりますが、いずれも「UberEats(ウーバーイーツ)特別プラン」として、通常価格よりも、安くレンタルすることが可能です。 だいたいの値段としては、「レンタルバイク」や「レンタサイクル」を利用する場合は、「月額4,000円~1,6000円」の定額制で、借りることが出来ます。 主な自転車レンタル・サービス• ドコモ・バイクシェア• COGICOGI リース• 帝都産業 docomoの電動自転車レンタサイクルの「ドコモ・バイク」 「月額4,000円」 東京都内であれば、「350ポート」を設置しており、「電動アシスト自転車の数」は「約4,500台」が使い放題で利用できます。 「交通系ICカード」や「おサイフケータイ」で「ワンタッチ貸し出し」に対応しています。 レンタルできる「電動アシスト自転車」のボディの色が赤いことから「赤チャリ」とも呼ばれています。 レンタルする人の多くが、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」ですので、配達中も、よく見かけることになると思います。 docomoのレンタサイクルなら「自転車保険」も付いてくる 「docomo」のレンタサイクルの「ドコモ・バイクシェア」には、「対人・対物・自分のケガへの保障制度」も付いてくるので、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の仕事中に起こる事故などにも、ある程度は、保険が効いてきますので、便利です。 ドコモ・バイクシェア スマートシェアリング 「ドコモ・バイクシェア」の料金は「月額定額4,000円(契約初月のみ日割り計算あり)」となり、契約期間内であれば、何度、利用しても、追加料金などは取られません。 帝都産業の「レンタサイクル」と「レンタルバイク」 「月額10,000円」 「帝都産業」は「電動アシスト自転車」を自宅まで届けてくれるサービスです。 こちらも「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」ご用達の「レンタサイクル」サービスです。 「対人・対物保障制度」もあります。 また「帝都産業」は「レンタルバイク」サービス(月額16,000円から)もやっていますので、「バイク」を持っていないけれど、配達はバイクでしてみたい人などは、是非、確認してみてください。 「東京都内の配達員」時給換算するといくら稼げる? 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「」の仕事をした場合「初心者」の人でも、で「1,000円以上」は余裕で稼げると思います。 配達に慣れてきて「効率よく回れるようになった人」なら、時給換算で「2,000円」以上稼ぐことも簡単です。 ベテランで慣れてくると、稼いでいる人で、時給換算で2,000円~3,000円くらいも稼げる感じになると思います。 ただし、「」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となりますので、「稼いだ金額」から「使った経費」を引いた「」を、をすることで、後で、自分でを納めなければいけません。 そうなってくると、手取り換算では、額面はもう少し下がりますので、稼いだ額が、まるまる自分の手元に残るわけではないので、その点は注意してください。 東京や大阪で「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になりたい人は、「自転車」や「バイク」を持っていなかったとしても、「UberEats(ウーバーイーツ)」と提携している「レンタルバイク」や「レンタサイクル」の「貸出サービス会社」と契約することで、それらを使用して、すぐに配達の仕事が、できるようになり、おすすめです。 レンタル費用が安い「ドコモ・バイクシェア」なら「電動アシスト付き自転車」が、「月額4,000円~」の使い放題で、レンタルすることが可能ですので、時給換算で「2,000円以上」稼げるようになった人なら、「UberEats(ウーバーイーツ)」で2時間働くだけで、1ヵ月分の「レンタサイクル代」の元が取れます。 このような「便利なサービス」もありますので、「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用して働きたいけれど、「配達車両」を持っていない人は、是非、活用してみてください。

次の