スパイ ファミリー。 【漫画】アニメ化必至!スパイファミリーが面白い理由を語る

スパイファミリー|5巻発売日と収録話数!特典や無料で読む方法も!|漫画Plus!

スパイ ファミリー

赤の他人だったの男、の女、の少女がフォージャー家という仮初の家族になる。 遠藤にとって3作目の連載作品。 本作の連載開始と同日発売の『』(集英社)2019年17号には、本作の予告漫画が掲載された。 1巻発売直後の32号、2巻発売後の47号にも読切の出張掲載が行われた。 あらすじ [ ] 東西の間にが下りて十余年、隣り合う 東国(オスタニア)と 西国(ウェスタリス)の間には仮初の平和が成り立っていた。 西国から東国に送られた凄腕スパイ・ 黄昏(たそがれ)は、東国の政治家 ドノバン・デズモンドと接触するため、偽装家族を作ってデズモンドの息子が通う名門イーデン校に養子を入学させる任務 オペレーション〈梟〉(ストリクス)を命じられる。 黄昏は ロイド・フォージャーを名乗り、養子を探して訪れた孤児院で他人の心を読める少女 アーニャと出会う。 その場でアーニャが難しいクロスワードパズルを解いた(実際には、ロイドの心を読んでカンニングした)ため、難関イーデン校に合格できると考えたロイドは彼女を養子にする。 実はそれほど賢くないアーニャにロイドは四苦八苦させられるが、なんとか筆記試験に合格。 しかし次の面接試験に「両親」揃って来るよう指示されたため、ロイドは急いで妻役の女性を探すことになる。 その矢先、二人は ヨル・ブライアという女性と出会う。 彼女は公務員をする傍ら いばら姫のコードネームで密かに殺し屋をしていたが、婚期の遅れを周囲に揶揄され、他人の注目を避けるために形式上の恋人を探していた。 心を読む能力によってヨルが殺し屋であることを知ったアーニャは、好奇心からヨルが母親になってくれるよう仕向ける。 恋人役を探していたヨルと、妻役を捜していたロイド、そして「わくわく」を求めるアーニャの利害が一致し、3人は互いに素性を隠しつつ、即席の家族としての生活をスタートさせる。 東国で諜報を行う、西国組織WISE(ワイズ)のスパイ。 「黄昏」はで、本名はスパイになった時に捨てた。 変装が得意で、オペレーション〈梟〉では「ロイド・フォージャー」の偽装身分を用いる。 並外れた・・情報処理能力を持ち、任務ごとに様々な顔・名前を使い分ける。 かつてはで、「(幼い頃の自分のような)子どもが泣かない世界」を作るためにスパイとなった。 普段は冷徹だが、本来は人間味溢れる性格で、作戦に巻き込んでしまったヨルとアーニャの日常生活にも気を配っている。 しかし、スパイらしく合理的な考えに至りがちで、一般的な考えからズレることがある。 任務のため正体を隠してアーニャやヨルと偽装家族になり、予想外の行動をとる彼女らに振り回されつつ任務をこなす。 なお、ヨルには「死別した前妻(架空)のためにも、アーニャを名門イーデン校に入学させ良い人生を送らせようと」妻役を探していたと説明している。 バーリント市役所の女性事務員。 裏の顔は凄腕の殺し屋。 27歳。 幼い頃に両親を亡くし、殺し屋「いばら姫」として弟のユーリを養ってきた。 「店長」なる人物から指示を受け、「売国奴」を暗殺する。 黄昏をも凌ぐ高い身体能力を誇るが、性格はで突飛な妄想に陥ることがあるうえ、嘘が下手など心理的な駆け引きも得意ではない。 酒癖が悪く少量の酒で前後不覚に陥る。 本人は無自覚だが整った容姿の美人。 人間関係の問題や怪しまれることを回避するために、妻役を探していたロイド(黄昏)と偽装結婚しアーニャの義母となる。 黄昏の工作で戸籍上は1年前にロイドと入籍したことにしている。 殺しの後始末に慣れているため掃除は得意だが、それ以外の家事は苦手。 特に料理については壊滅的で、手料理を食べた者は漏れなく悶絶している。 そのため、フォージャー家の食事は基本的にロイドが担当している。 推定4、5歳だが、イーデン校の入学条件を満たすため6歳を自称する。 ある組織の実験体「被検体007」として生み出されたが、「お勉強」ばかりの生活に嫌気が差して逃亡。 以後は自ら「アーニャ」と名乗り、能力を隠しながら施設や里親を転々としていた。 任務のため養子を探しに孤児院を訪れた黄昏の素性に興味を抱き、彼の養女となる。 黄昏の工作により、ヨルを含め対外的にはロイドの実子(死去した前妻との子)ということになっている。 他人の心の声が絶え間なく聞こえる人ごみが苦手。 正規の教育を受けたことがなく 、勉強が苦手なことを自身の能力や黄昏の裏工作で誤魔化す。 ロイドを「ちち」、ヨルを「はは」と呼び、二人の正体に気付いているが、知らない振りをしている。 スパイアニメ『SPYWARS』を毎週欠かさず視聴する。 が好き。 ボンド 未来が見える犬。 フォージャー家のペット。 名前は『SPYWARS』の主人公ボンドマンよりアーニャが命名。 アーニャを背に乗せたまま走ることができるほどの大型犬。 プロジェクト〈アップル〉によって生み出され、長い間として扱われてきた。 特に犬種は決まっていないが、作者はを参考に描いているという。 排外主義学生グループの爆破テロに使われそうになったところでフォージャー家と出会い、アーニャとのコンビでテロ阻止に陰ながら尽力する。 事件後は他の実験体の犬たち共々WISEに引き取られそうになるが、アーニャの懇願に折れたシルヴィアの許諾によってフォージャー家で飼われることになる。 見えた未来の光景は絶対不変ではなく、行動によってある程度干渉できる。 ただし、犬であるため内容までは深く理解できず、見たものを他人に伝えることもできない。 アーニャだけは読心によって同じ光景を見ることができるものの、彼女の知識の範疇での解釈になってしまう。 ヨルの同僚 [ ] ドミニク バーリント市役所の男性職員。 ユーリとも面識がある。 カミラ 女性職員。 ヨルの後輩でドミニクの恋人。 ヨルに敵対的で頻繁に嫌味を言うが、面倒見のいい一面もある。 料理が得意。 シャロン 女性職員。 イーデン校を受験する息子がいる。 イーデン校関係者 [ ] 教師 [ ] ヘンリー・ヘンダーソン 66歳の男性教師。 担当教科:。 エレガントであることを重視し、入試基準でもエレガントを求める。 入試以来フォージャー家に一目置く。 ウォルター・エバンス 59歳の男性教師。 担当教科:国語。 マードック・スワン 47歳の男性教師。 担当教科:。 イーデン校の先代校長の一人息子。 かなりの悪漢で、性格の悪さから妻と娘に逃げられた。 1年3組 [ ] アーニャの所属クラス。 担任はヘンダーソン。 東国要人の子ども達が多く在籍する。 ダミアン・デズモンド(Damian Desmond) 男子生徒。 ドノバン・デズモンドの次男。 アーニャからの呼び名は「じなん」。 父親の権威をかさに威張り、入学当初から既に子分もいる。 その一方で、父親に認めてもらえるよう研鑽を惜しまない努力家でもある。 生意気なアーニャをいじめようとするが、殴られた上に涙ながらに謝罪されたことをきっかけに彼女のことが気になるようになる。 マックスという名の犬を飼っている。 ベッキー・ブラックベル 女子生徒。 アーニャの友人。 アーニャがダミアンを殴った理由を「ダミアンがベッキーの足を踏んだから」と言ったのがきっかけで仲良くなる。 親は大手軍事企業 ブラックベルのCEOで、デズモンド・グループとつながりがある。 エミール 男子生徒。 ダミアンの子分。 ユーイン 男子生徒。 ダミアンの子分。 生徒の保護者 [ ] ドノバン・デズモンド(Donovan Desmond) 国家統一党総裁。 東西平和を脅かす危険人物。 用心深い性格で、めったに表舞台に姿を現さないが、息子が通うイーデン校の懇親会には出席する。 デズモンド・グループなる組織も存在する。 その他の東国国民 [ ] フランキー 黄昏の協力者。 表向きはバーリントでをしながら、情報収集や書類偽造で黄昏をサポートする。 ユーリ・ブライア ヨルの弟。 国家保安局。 20歳。 アーニャからは「おじ」と呼ばれる。 唯一の肉親であるヨルの庇護のもとエリートコースを進み、外務省に就職したが、1年ほど前に国家保安局へ異動。 東国に潜入しているとされる黄昏を追う。 普段は真面目な好青年だが、その本質は重度の。 ヨルの周辺で異変が起こっても、彼女の言葉ならばどんなに御粗末な言い訳であっても信じてしまい、姉のことになると理性を失って暴走する。 加えて姉と同じく酒癖が悪い。 知らぬ間に姉と結婚した(ことになっている)ロイドを警戒するが、フォージャー家の裏の顔については知らない。 自身も裏の顔をヨルにすら隠しているが、ロイドには初対面で看破されている。 服屋の女主人 イーデン校の制服を扱う服屋の女主人。 政治活動で逮捕歴がある。 黄昏とヨルはこの店で出会う。 キース・ケプラー バーリントン大学の男子学生。 排外主義学生グループのリーダー。 東西和平崩壊を目論み、爆破テロを引き起こしてブランツの殺害を図るが、黄昏たちWISEやアーニャの介入により失敗、拘束される。 西国政府関係者 [ ] シルヴィア WISEの女性管理官(ハンドラー)。 黄昏の上司。 東国に潜みつつ黄昏に指示を出す。 ブランツ 西国外務大臣。 東国との融和政策に取り組む。 用語 [ ] 地理 [ ] 東人民共和国(東国、オスタニア OSTANIA) 本作の舞台となる架空の国。 首都:バーリント。 通貨単位はダルク。 通貨の補助単位はペント。 政治的にはがとられ、「国家統一党」・「国民党」などのが存在する。 バーリント 東国の。 が走り、やがある。 ミュンク地方 政府の支配が及んでいない一帯にニューストンというレンタル可能な城がある。 西国(ウェスタリス WESTALIS) 東国の西側にある架空の国。 黄昏の祖国。 かつて戦争で大きな被害を受けた。 東国とは互いに諜報員を放ち合っている。 東国関連 [ ] イーデン校(イーデン・カレッジ) 東国バーリントにあるエリート校。 全校生徒2500人。 6〜19歳までの13学年制。 1年生(アーニャの同級生)は228名。 勉強やスポーツで優秀な成績を収めたり、社会奉仕活動で表彰されたりする等で 星(ステラ)と呼ばれる褒賞を8つ獲得すれば、 皇帝の学徒(インペリアル・スカラー)と呼ばれる特待生となり、親と共に 懇親会に出席できる。 反対に定期考査で赤点を取ったり、暴力行為等の不品行をしたりすることで 雷(トニト)と呼ばれる懲罰を8つ受けると退学になる。 親がイーデン校OBであるかどうかや、寮生と通学生の間で対立・不仲があり、いじめを生んでいる。 国家統一党 デズモンド率いる東国の政党。 対西国強硬派であり東西平和を脅かす存在。 国家保安局(STATE SECURITY SERVICE、SSS) 東国の防諜機関。 いわゆる。 国内の治安維持を担い、スパイ狩りや市民の監視を任務とする組織。 ユーリが所属しており、黄昏の行方を追っている。 スパイの情報提供者(スティンカー)とみなした者には拷問を加えることも辞さない。 SPYWARS アーニャが好きなスパイアニメ。 書籍もある。 プロジェクト〈アップル〉 の高い動物を人為的に生み出す研究。 東国政府が軍事目的で行っていたが、研究途上で当時の政権が崩壊し、中途半端な成果に終わったとされる。 研究機関が解散した後、実験動物たちは裏社会に流され、テロなどに悪用されている。 西国関連 [ ] 西国情報局 西国の政府機関。 対東課〈WISE〉(たいひがしかワイズ) 黄昏の所属する組織。 シンボルマークは眼を模しており「東国を見張っている」という意味がこめられている。 オペーション〈梟〉(オペーションストリクス) 黄昏に与えられた作戦。 「デズモンドに接触するために、偽装家族を作って彼の次男ダミアンが通うイーデン校に養子を通わせる」ことが任務。 「入試の達成」がフェイズ1、「懇親会への出席」がフェイズ2となっている。 黄昏はアーニャの成績不良からフェイズ2(プランA)達成は困難とみなし、独自にアーニャとダミアンを仲良くさせてデズモンド家に接触するプランBを計画する。 制作背景・作風 [ ] 2010年代末の日本では、2019年『』()や『』(2018年6月公開)など、血のつながらない家族を描いたヒット作が増えていた。 し、「仲が良い家族への憧れ」を持つ人が増えていることが背景にあるとされる。 このような中で本作の連載は開始された。 遠藤が「正体を隠している」シチュエーションが好きだったため、本作はスパイが主人公となっている。 さらにその妻役には殺し屋が設定され、殺し屋夫婦を描いた『』(2005年)のような的企画性が作品に付与されている。 加えて子ども役のアーニャが心が読めるエスパーとして、作品を崩さない絶妙なバランスで、作品を引き立てるアクセントとなっているとされる。 「鬱々とした」遠藤の連載デビュー作『』とは異なり 、本作は「愉快」かつ「心温まる」ストーリーで、赤の他人同士が互いに秘密を持ちつつ「本物の家族」になっていく過程が描かれる。 その一方で遠藤は先の展開はあまり想定せずに制作を行っているとインタビューで語っている。 1・2話は配信時にでトレンド入りした。 1巻は発売から即重版がかかり 、22日目で発行部数30万部を突破した。 また、2019年7月~9月発売の漫画作品第1巻としては同期間で最も売れた作品となった。 2020年5月時点の発行部数は300万部(電子版含む)。 「今年度(2019年度)人気No. 1 」、「少年ジャンプ+人気No. 1作品 」として紹介されたこともある。 通常作品が国外でヒットするのはアニメ化によるところが大きいが、本作は単行本化前に評価される異例の事態となった 本作の主人公たちは旧来の家族像にとらわれず、伝統校の教師達は古い家族観の持ち主として対比されている。 本作では伝統校の入試に家族で挑む姿が、現代の日本で求められる「癒し」「応援」「仲間」と重なり、それがヒットにつながったとする見方もある。 は、一見話が破綻しそうな設定だが、「ハードなアクションとギャグとサスペンスが絶妙にからみ合い、読者に疑問を抱く暇を与えずに、テンポよくドラマが展開する」「心にぐっと響くものもあるファミリードラマ」であると評している。 は、「誰にでも人に言えない秘密はある」という命題を持ちつつ、「疑似家族」が「本物の家族」になる過程が描かれ、「たとえつかの間であっても、読む人の心を温めてくれる作品」であると評した。 また、総合力の高さと話を展開しやすい初期設定であることを評価し、「暗くなってもおかしくない背景を持った疑似家族」であるにも関わらず、コメディで楽しませることで「明るいものが見たい」という時代の空気に応えていると分析している。 映画的な雰囲気でありながら、近年ので良く見られる主人公が常に心の声で語る的手法が用いられる。 特に、主人公の周囲にいる人物に心情を切り替えていく技法に優れると評される。 アプリをインストール後、オリジナル連載作品を1回限り全話無料で閲覧可能になり、ライトユーザーが最新話まで一気読みできるようになった。 これにより多様な作品間のが促されて活況を生み出し、閲覧数上位作品のヒット感と話題性をもたらすことに成功した。 本作もリニューアルとほぼ同時に連載が始まり、作品の評判を聞いて読んだ人たちがアプリに定着する相乗効果が生み出された。 2019年7月4日発売 、• 2019年10月4日発売 、• 2020年1月4日発売 、• 2020年5月13日発売 、 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2020年1月4日閲覧。 2019年10月6日閲覧。 2020年3月2日閲覧。 2019年9月27日閲覧。 2019年7月20日閲覧。 2019年7月20日閲覧。 2019年7月7日閲覧。 2019年7月20日閲覧。 2019年7月20日閲覧。 2019年8月23日閲覧。 2019年10月6日閲覧。 2020年5月4日閲覧。 『』1巻推薦帯。 『週刊少年ジャンプ』2019年46号次号予告。 2019年12月7日閲覧。 2019年8月23日閲覧。 2019年11月3日閲覧。 (2020年5月22日閲覧)• 2019年9月18日閲覧。 2019年8月23日閲覧。 2019年11月19日閲覧。 2019年11月19日閲覧。 2019年12月7日閲覧。 このマンガがすごい!WEB. 2019年12月11日閲覧。 オンライン書店Honya Club com. 2020年1月31日閲覧。 2020年3月2日閲覧。 2020年3月18日閲覧。 集英社コミック公式 S-MANGA. 集英社. 2019年8月6日閲覧。 集英社コミック公式 S-MANGA. 集英社. 2019年10月13日閲覧。 集英社コミック公式 S-MANGA. 集英社. 2020年1月4日閲覧。 集英社コミック公式 S-MANGA. 集英社. 2020年5月13日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

漫画「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」の感想・レビュー!偽装家族を演じるスパイ漫画が面白い|魂を揺さぶるヨ!

スパイ ファミリー

あることをきっかけに、赤の他人であるスパイの男、殺し屋の女、超能力の少女が家族になる。 お互いの存在を隠しつつも、足跡の家族としての生活をしていく。 そして次なる依頼に、妻と子供を持ち伝統のイーデン校の特待生に育て懇親会に参加し敵の情報を取得することだった。 これをきっかけにロイドは施設から超能力者であるアーニャ、殺し屋であるヨルを迎えミッションに挑んでいく。 アーニャ・フォージャー とある組織の実験によって生み出された超能力者。 人の心の声を読むことができる。 ロイドやヨル含め、心の声を聞いて人命救助を行ったり何かの役に立とうとする。 ワクワクすることが大好きであり、スパイの父と殺し屋の母を結びつけるきっかけになったのもアーニャだった。 ヨル・フォージャー 裏の顔は任務を軽々とこなす殺し屋。 天然な一面があり普段はおっちょこちょいであるが、スイッチが入ると強い。 またアーニャやロイドのことを一番に考えており、家族が上手くいっているのもヨルの存在があるからだ。 ドノバン・デズモンド 東西平和を脅かす危険人物。 ロイド 黄昏 の任務相手。 用心深い性格であり表舞台には顔を出さないが、息子が通うイーデン校の懇親会には出席するため、ロイド 黄昏 は妻子を作った。 ダミアン・デズモンド ロイド 黄昏 の任務であるドノバン・デズモンドの次男息子。 性格は漫画の金持ちならではの、自信満々であり手下も付けている。 アーニャはロイド 黄昏 の任務のために近づこうとするが逆効果に…しかしあることをきっかけに、アーニャのことを気になり始める。 ヘンリー・ヘンダーソン イーデン校の第3寮 寮長。 イーデン校にふさわしいエレガンス力を重要視している。 面接時にロイドたちのフォージャー一家のエレガントさから気に入り、入学などいろんな場面で助けている。 ベッキー・ブラックベル 大手軍事企業ブラックベルのCEOの娘。 ご褒美でかつてもらってきたのは、「ピンクの戦車、ピンクの戦闘機、ダイヤが散りばめられた人形」など。 アーニャの唯一の友達といっていいぐらい、アーニャに心を開き仲が良い。 ユーリ・ブライア ヨルの弟。 しかし姉のヨルを溺愛するシスコンである。 そんなシスコンのユーリの裏の顔は、ロイド 黄昏 の敵である秘密警察。 国内の治安維持のため、スパイ狩りや市民の監視、更には怪しい人に対する手段を選ばない拷問などをしている。 フランキー ロイド 黄昏 のスパイの協力者。 ロイド 黄昏 の任務に必要な情報から、潜入のための道具を一色揃える。 更に、アーニャの面倒を見たりと親密な関係である。 管理官 ハンドラー ロイド 黄昏 がスパイ活動をするWISEの女性職員であり、ロイド 黄昏 の上司。 ロイド 黄昏 に指令を出したり、進捗を確認したりと仕事の管理を行っている。

次の

スパイファミリーのアーニャが可愛すぎる!任務完了後はどうなる?

スパイ ファミリー

しかしそこにはいかにも凶暴そうな実践的な訓練をたたき込んだペットショップだった。 当然、組織の息がかかった軍用犬販売店だった。 しかし可愛くない犬に対して、「絶対イヤ」という顔をしているアーニャだった。 小型で愛嬌のある犬はあるかと聞いているうちに、ロイドに新しい指令が入った。 そのためロイドは腹を下したと言い任務のため離れることに。 今夜の会談でブランツ外相の暗殺計画を今夜の会談で狙っている組織があることを知る。 そして大使館付近を彷徨いていた一人を拘束して尋問中だと聞き、黄昏が呼ばれたことを知る。 黄昏は相手のリーダーに変装して、なかなか情報を吐かない拘束中のテロリストに「あいつが全部計画したんだ! 俺たちはただ唆されただけで…」と演技をする。 そして、なかなか情報を吐かなかったテロリストに全て情報を吐かせることに成功した黄昏だった。 テロリストは暗殺の具体的な手段を「犬だ 正確な数は知らないが犬に爆弾をくくりつけ移動中を急襲するつもりらしい」と話す。 この情報で黄昏たちの組織は何としても未然に食い止めるように動く。 一方アーニャたちはペットの譲渡会に参加していた。 そんなとき窓の外には大きな犬が。 その大きな犬と目が合ったときロイド家の残像を読み取ったアーニャ。 ヨルにバレないように、アーニャはあの大きな犬を追うことに。 なんとアーニャが追ってきた犬は、ブランツ外相の暗殺計画のために使われる爆弾犬だった。 そして悪の組織に見つかってしまったアーニャだった。 4巻:19話「MISSION:19」 アーニャは命を狙われようとしたとき、先ほどの大きな犬が助けてくれた。 そして悪の組織のアジトに電話がかかって来た隙に、アーニャは犬に加えられアジトから脱出する。 そしてアーニャは先ほど犬の心を読んだときに、その先に電話がかかってくるという気持ちを読み取っていた。 そのことからアーニャは犬に対して「おまえ みらいわかる…? 」と聞く。 逃げていたが、遂に先ほどの悪の組織に待ち伏せされており捕まってしまう。 殺されそうになったアーニャと犬のところに、もちろんヨルが飛んできた。 そして悪の組織をボコボコにしてアーニャを取り戻すことに成功した。 4巻:20話「MISSION:20」 アーニャは助けてくれたヨルに対して、「アーニャかってにおそと でて ごめんなさい…」と謝った。 ヨルは「まったくです! 帰ったらお説教ですからね! 」とアーニャに抱きつく。 そしてアーニャは犬の心を読むと、そこに写った未来で父であるロイドが死ぬ未来が見えてしまう。 そして再び、犬に跨りヨルに謝って走り出すアーニャと犬。 一方その頃、黄昏たちの組織は悪の組織を追い詰めていた。 がしかし、主犯格のリーダーだけは逃亡しており、一人で計画を続行していた。 邪魔しに来る連中を罠にはめて消してやる」と動いていた。 そんな事態に気づき、黄昏は「戦争はもううんざりだ」と止めに行く。 4巻:21話「MISSION:21」 アーニャは先ほど犬を通して未来を見た時計台の場所に着く。 そしてアーニャが先に悪の組織のリーダーを見つける。 そしてリーダーが即席で準備した、部屋に入る為にドアを開けると爆発するトラップを見るける。 アーニャは爆弾を解除しようとするが…全部黒い線で戸惑う。 そんなところに父でありスパイの黄昏が到着してしまう。 しかし扉にはケチャップで何やらアーニャが描いたイラストが。 そして遂に未来でみた時間に。 そのころ黄昏は、何か嫌な予感を感じ扉を開けることを辞め爆発は塞がれた。 黄昏は次に殺される計画である大臣に変装して、悪の組織のリーダーを追い詰める。 そして訓練された爆発犬が襲いかかるが、「終わりにしよう」銃を撃つ黄昏。 4巻:22話「MISSION:22」 銃で犬から爆弾を取り外し、川へ爆弾を投げ込む。 急いで逃げようろする悪の組織のリーダーだったが…アーニャの誘拐犯としてヨルは車ごと蹴り止めることに成功。 ロイド家、全員の活躍により無事に一件落着として終わることに。 大きな犬も爆弾犬のため引き取られそうになったが、「アーニャ このいぬさんがいい! 」とアーニャのわがままで飼えることになった。 4巻:23話「MISSION:23」 アーニャの家にも犬が来たことにより、ダミアンに大作戦を。 アーニャの作戦によると、犬を買ったことを伝えると「勝負だ! 」となり家にいけるように考えていた。 いよいよアーニャはダミアンに「アーニャんち いぬいる」と怖い顔で伝えた。 するとダミアンは「だからどうした」という想定外の反応に落ち込むアーニャだった。 更にダミアンに犬の名前を聞かれると、アーニャは名前を「いぬ」と伝えた。 するとダミアンからは「キサマに犬を飼う資格はない」と言われた。 そして帰って来て、犬の行動がスパイアニメのボンドマンのようだったため「ボンド」と決めた。 4巻の感想 今回はアーニャが大活躍でしたね。 実際、アーニャに助けられロイドは生きることができましたね。 そして相変わらずの黄昏の強さと、ヨルの格闘シーン。 アーニャとボンドが一緒に寝ているところも見れてホッとしますね。

次の