メルペイ id。 メルペイでiDが使える!使い方や使える店を徹底解説!

やっと来たAndroid版「メルペイ」 セットアップして使ってみよう!(注意点あり) (1/2)

メルペイ id

iOS向け「メルペイ」 フリマアプリ最大手「メルカリ」が、スマホ決済の「メルペイ」を2月13日に提供開始した。 まずはiOS向けに先行スタートし、Android向けは2月28日から順次提供を開始した。 メルペイ最大の特徴は、メルカリの取引による「売上金」を、メルカリ内だけではなく、コンビニやレストラン、ドラッグストア、ファストフード店などの実店舗で利用できること。 三井住友カードとの事業連携により、NTTドコモの非接触決済サービス「iD」に対応したこともあり、サービス開始当初から90万もの加盟店を獲得できた。 iDは、主要なコンビニやレストラン、ドラッグストアなど多くの店鋪で使える。 その決済の仕組みを使うことで、メルペイも実店舗での支払いに対応したわけだ。 メルペイが使える店舗一覧 コンビニやスーパー、飲食店、量販店などさまざまな場所で使える 3月中旬からはQRコード/バーコードを使った決済サービスも提供する。 コード決済を含めると45万か所(合計135万か所)になる。 メルペイの広報担当者は「2019年内に200万か所を目標としている」とアピールしている。 メルペイの初期設定を行う メルペイは「メルカリ」アプリから設定ができる。 アカウントの登録が済んでいない場合は先に済ませておこう。 メルカリアプリのiOS版(バージョン4. 0)以降では、最下部に「ホーム」「お知らせ」「出品」「マイページ」のボタンに加え、「メルペイ」ボタンが出現している。 これをタップすることでメルペイの画面に推移する。 画面右上の「完了」をタップしてiDの登録を終了する 初期設定ではiDの登録までを行う。 「電子マネーカード」を作成して、Apple Payにメルペイカードが登録されたら初期設定が完了する。 カード名義には「MERPAY MEMBER」と表示される。 ポイントを購入する メルペイでiDを登録してもすぐには使えない。 事前チャージが必要な「プリペイド型」のため、「ポイント」を購入するか、「メルペイ残高」にチャージする必要がある。 まずはポイントの購入方法から説明する。 ポイントはメルカリの売上金で、1ポイントを1円として購入できる。 ポイントの購入は手数料がかからないが、ポイントを売上金として戻すことはできない。 ポイントには365日の有効期限が設定されているので注意したい。 また、メルペイの売上金には振込申請期限が設定されており、その期限を過ぎると売上金が失効してしまう。 この点も要注意だが、銀行口座を登録しておけば振込申請期限がなくなる。 振込申請期限が迫り、売上金の使い道に困る場合にありがたい。 関連記事• フリマアプリ「メルカリ」の売上金を使った決済サービス「メルペイ」のAndroid版が、2月28日に開始。 非接触決済の「iD」を使う。 おサイフケータイで利用できる。 フリマアプリ「メルカリ」の売上金を使った決済サービス「メルペイ」がスタート。 決済サービスが乱立する中で、どう差別化を図っていくのか。 メルペイが2月20日に開催した「MERPAY CONFERENCE 2019」で、その全容が明かされた。 メルカリのスマホ決済「メルペイ」が2月13日にスタート。 iOS向けからで、iDを使う形となる。 アプリのバージョンアップが必要。 メルカリは子会社を通して決済サービス「メルペイ」の準備を進めている……のだが、詳細なサービス内容が未だに発表されていない。 競合がひしめくモバイル決済において、メルペイの強みはどこにあるのか。 そして、いつサービスが始まるのだろうか。 2018年にはスマホ決済、特にコード決済が大きな注目を集めた。 一方、どのサービスを使うべきか分からないという人も多いだろう。 そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの違いを解説する。

次の

メルペイのファミマでの使い方!ファミリーマートはコード払いやID払いにも対応?

メルペイ id

目次 結論:メルペイは「iD決済」ならユニクロで使える! フリマアプリの「メルカリ」から利用できるスマホ決済サービスの「メルペイ」ですが、 メルペイはiD決済ならユニクロで決済に利用できます。 メルペイの「iD決済」とは、Apple Payやおサイフケータイと連携してiDの対応店舗で便利に支払いできる決済方法です。 なお、メルペイの「iD決済」はユニクロオンラインサイトでの買い物における「ユニクロ店舗レジ支払い」に利用可能ですが、 注文後1時間以内に店舗で支払う必要があるので注意しておきましょう。 ユニクロ店舗レジ支払いなら、ユニクロの店内で自分の探していた商品やサイズが見つからなかった際に、スマホからオンラインショップで商品を注文し、 会計のみを実店舗のレジで済ませられます。 ユニクロでメルペイの「コード決済」は使えない 2020年6月現在、 メルペイの「コード決済」はユニクロで使えません。 なお、ユニクロで使えるQRコード決済は以下の通りです。 購入した日から30日以内であることを確認する• 返品は購入した店舗のみ受付 オンラインストアの場合はオンラインストアで受付• 交換する場合は全国のユニクロ店舗で受付可能• タグは外さず、レシートも持参する メルペイで支払った商品を返品する場合は、 必ずiD決済した端末を持参しましょう。 返品成立後に購入が取り消しとなり、商品代金がメルペイの残高に戻ります。 メルペイならメルカリの売上金もユニクロで利用可能 メルペイのiD決済なら、 メルカリの「売上金」を使ってユニクロでの決済も可能です。 メルカリで発生した売上金を現金化せずにそのままメルペイで使えるので、メルカリユーザーにとっては非常に便利でしょう。 メルカリの売上金をユニクロで使う場合は、iD決済の設定を行った上で、端末を機械にかざして決済を行ってください。 メルペイスマート払い 後払い を利用する条件は以下の通りです。 【メルペイスマート払いの精算方法】• 銀行からの自動引落し• 残高払い• コンビニ、ATM 残高払いなら精算月の好きなタイミングで精算でき、銀行からの自動引落しであれば面倒な精算作業の必要はありません。 なお、コンビニやATMでの精算は、 300円の手数料が必要なので注意しましょう。 メルペイに銀行口座を登録するなら「ジャパンネット銀行」がおすすめ! というわけで、 今後メルペイにチャージしたり、後払いの精算を自動引落しで行ったりしていくなら、銀行口座を登録しておくのがおすすめです! メルペイはクレジットカードが登録できないので、 メルカリの売上金が無い人や後払いを利用できない人は銀行口座でチャージするしかありません。 そこで、メルペイにぴったりの銀行口座がです。 ジャパンネット銀行なら3万円以上の入出金手数料が無料 は毎月初めの1回は入出金共にATM手数料0円ですが、2回目以降も3万円以上の入出金なら いつでも何回でも無料です! 主要なコンビニに設置されているATMでも、 3万円以上なら手数料が完全無料。 これまでコンビニでのATM手数料を考慮して銀行のATMを利用していた人も、ならある程度まとまった入出金をすれば、 近所のコンビニATMで24時間手数料無料で使えます! メルペイ以外のスマホ決済サービスでも利用可能 なお、はメルペイ以外にもLINE PayやPayPayなどのチャージにも対応しているので、複数のスマホ決済を利用しているのであれば、 そのチャージを一元管理できちゃいます! スマホ決済は複数のサービスを活用している方も多いと思いますが、それぞれ違った銀行からチャージしているとお金の管理が難しいでしょう。 ならメルペイ、LINE Pay、PayPayといった主要所全てに対応済みなので、複数のスマホ決済のチャージを一つの銀行で管理できます! Visaデビッドを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる さらに、今ならのVisaデビッド機能を3回以上使えば、 もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です! はVisaブランドの付いたデビッドカードとしても機能するので、メルペイのコード決済やiD決済に対応していないようなお店では直接デビッドカードでキャッシュレス払いするのも良いでしょう。 もちろん発行手数料や年会費は無料であり、カードは最短5日で届くので、この機会に是非を使ってみてください!• ユニクロはメルペイのiD決済なら使える• メルペイならユニクロでメルペイスマート払い 後払い も利用可能• ユニクロはメルペイで支払った商品も返品できる 以上、残念ながらユニクロでメルペイのコード決済は使えませんが、 iD決済の設定を行えばメルペイで支払えるようになります。 なら他のスマホ決済サービスでもチャージに利用できるので、この機会に口座開設してみてください!.

次の

メルペイをiDやApple Payで使うには?電話番号認証と電子マネーカード設定の方法

メルペイ id

メルペイとは メルペイは、株式会社メルカリの100%子会社である株式会社メルペイが運営しています。 すでに登録者数100万人を超えており、iD・コード決済に対応のため、 使えるお店の数は135万ヶ所を超えています。 大手コンビニチェーンのセブンイレブンやローソン、ファミリーマートまたガスト、かっぱ寿司、プロントなどの飲食店、他にもスーパーやドラッグストアなど幅広く利用することができ、ユーザーにとって大変便利な決済サービスです。 加盟店側の特徴としては、申し込み手続きが簡単で、かつ 初期導入費用や固定費用が無料、決済手数料が1. 5%とコストパフォーマンスが抜群。 クレジットカード決済を導入した場合、平均で手数料3%が必要であることからもいかにお得であるかが分かります。 大人気フリマアプリ「メルカリ」と連携したスマホ決済であるため、今後も登録者が増えていくことが見込まれ、集客という意味でも大きなメリットを持つサービスなのです。 メルカリユーザーであれば メルカリで得た利益で普段の買い物をすることができます。 また、銀行口座を登録してチャージをするため、クレジットカードを持てない方でも利用可能。 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行というメガバンク以外にも、地方銀行以外やイオン銀行など 幅広い銀行口座を登録することができます。 メルカリアプリひとつでスマホ決済ができるメルペイの使い方【動画】 メルペイは、メルカリの売上金を銀行から引き出さずに、店舗での買い物に利用できたり、電子マネーのiDも搭載されているためとっても便利なアプリです。 上記の動画ではメルペイの使い方についてわかりやすく解説しています。 メルペイ「iD決済」「コード決済」の準備と設定方法 メルペイを使うためには、メルカリアプリをダウンロードが必要です。 (最新版でないアプリをお持ちの方は最新版にアップデートをするようにしてください。 メルカリを起動すると、画面下部「マイページ」の左に「メルペイ」というアイコンが表示されます• このメルペイのアイコンをタップし、「売上金・ポイントを店で使う」をタップすると登録設定へと進みます• 電話番号認証が必要となるため、SMSに送られた4桁の暗証番号を入力してください• これで電子マネーカードの作成は完了です まずは登録 電子マネーカードの発行が終わると、画面に指示に従って電子マネーの情報を追加していきます。 メルペイに登録が済んだ時点で、「iD決済」を利用できるようになります。 メルペイポイントを購入 メルカリの売上金を使って、メルペイポイントを購入することができます。 商品を購入する時に、売上金もしくはメルペイポイント購入から選ぶことができます。 支払い用の銀行口座が登録してある、または、かんたん本人確認が完了している場合はメルペイ残高を使って買い物をすることができます。 一度ポイントを購入すると、売上金へ戻すことはできないので注意しましょう。 普段メルカリを利用している人であれば、売上金を使ってコンビニやスーパーなど普段の買い物ができるのは嬉しいですね。 メルペイ残高にチャージ ポイント購入をしない場合はチャージが必要となります。 チャージをするために銀行口座を登録してください。 メルペイ残高のページの右下、「チャージ(入金)」をタップすると登録してある銀行口座が表示されるので、出金額を設定します。 金額は選ぶことも手入力をすることも可能です。 この手続きによって、ほぼリアルタイムで残高に反映されます。 手数料は必要ありませんので安心ですね。 メルペイの使い方・支払い方法は? メルペイ決済はとても簡単です。 「iD決済」と「コード決済」、それぞれの手順を確認しておきましょう。 メルペイ「iD決済」の利用方法• メルカリアプリを起動し、画面下部の「メルペイ」アイコンをタップ• 真ん中にある「電子マネー(iD)を開く」をタップ• 店員さんに「iD(アイディー)で支払います。 」と伝えてください• お店の指示に従って端末にスマホをかざすだけで完了 店舗にメルペイの案内がなくても、「iD」マークがあればほとんどのお店で使えるため、実際に利用できる店舗は多いのです。 ただし、ガソリンスタンドや自動販売機など使うことができない店舗もあるので、先に確認をするようにしてください。 メルペイ「コード決済」の利用方法• メルカリアプリを起動し、画面下部の「メルペイ」アイコンをタップ• コード払いを選択するとQRコードが表示されます• このコードを店員さんにスキャンをしてもらうだけで完了 「コード決済」は、ローソンやミニストップ、松屋で利用することができます。 ショッピングモールなどでのメルペイの使い方 普段「iD」が使えないお店でも、イオンやららぽーとなどのショッピングモールに入っている店舗であれば、ほとんどの場合、電子マネー「iD」での決済が利用できます。 メルペイのマークがなくても、「iD(アイディ)で支払えますか?」と確認してOKであれば、メルペイを使うことができます。 ただし、ただし、「iD決済」する時には「iD(アイディ)で支払います」と言わないとお店に伝わらないので注意が必要です。 店頭の「iD」マークを確認し、「iD(アイディ)で支払います」と言います。 メルカリのアプリを開いて「iD」を開くと「リーダーにかざしてください」と表示されますので、スマホを決済端末にかざすと完了です このように「iD」が使えるお店であれば、メルペイが使えるので全国の多くのお店でメルペイを使って簡単に購入をすることができるのです。 メルペイ「iD決済」「コード決済」を活用しよう メルカリは大人気フリマアプリであり、メルペイをすでに使っているという方は大勢います。 メルカリで得た売上金を使って、普段の買い物ができるため、メルカリユーザーにとって大きなメリットがあります。 また、メルカリを利用していなくても銀行口座を登録することでチャージができるので、クレジットカードを使えない方におすすめです。 多くの店舗で利用可能なうえ、 お得なキャンペーンやクーポンも用意されているので、ぜひこの機会にメルペイを始めてみてはいかがでしょうか? 関連する記事•

次の