とうもろこし 粒 の 取り 方。 【これは便利!】とうもろこしの粒を割り箸で簡単に取る方法

とうもろこしの粒の取り方は?取る方法まとめ!

とうもろこし 粒 の 取り 方

もくじ• youtube. また、とうもろこしは寒さに弱いので、寒冷地では4月中旬~5月下旬、中間地では5月中旬~6月中旬、暖地では4月上旬~5月中旬と、遅霜の心配が無くなった時期から栽培が開始されます。 品種や地域によって、多少のズレはありますが、こんな感じのスケジュールで収穫をしている場合が多いです。 この期間の中でも、美味しく食べられるのは 7月~8月です。 スーパーでもこの2ヶ月間が1番多く出回ると思います。 とうもろこしは正に暑い時期の作物なんです! 特に、全国の中でも生産量が多い北海道のとうもろこしは、8月中旬が1番甘くて美味しいです。 北海道はその時期になると、朝晩が冷え込んできて、昼との気温の差が大きくなります。 この寒暖差が、とうもろこしの甘さを生み出して、美味しくします。 北海道のとうもろこしが1番甘く感じるという話を聞きますが、そんな理由があったりするからです。 収穫の時期の目安は開花20日から25日後 とうもろこしは、花が咲いて錦糸が出てきます。 それから 20日~25日が収穫できるかを見分ける時期となります。 なので、最初に錦糸が出てきた日を把握しておいて下さい。 この時期も品種によって若干異なるので、予め確認しておいて下さい。 収穫の期間は、僅か2日から3日 とうもろこしは収穫期間がかなり短く、収穫の見極めも難しい作物です。 完璧に美味しいとうもろこしを収穫できる期間は、 2~3日しかありません。 収穫が早いと色が白く、実の詰まりが悪く、水分が多くて実が柔らかくなります。 逆に、収穫が遅いと粒の表面に凹みや皺ができたり、水分が少ないので実が硬くなります。 それだけでなく、とうもろこしの糖分も減って特有の甘みが無くなり、全体的に品質が落ちてしまいます。 とうもろこしは荒れ地でも育つ程丈夫な作物で、植え付けをすれば、後は殆んど世話が要らないです。 しかし、貴重な 2日~3日を逃さない為にも、開花してからの観察は充分に行って下さい。 そんな場合、錦糸の状態や色を観察して下さい。 錦糸は出現始めは、薄い黄緑色をしています。 しかし、収穫の時期が近付くに連れて、薄茶色、茶色、焦げ茶色と色が変化していきます。 錦糸が 焦げ茶色になって、枯れ始めたら収穫時期はすぐそこです。 上の画像のような感じですね! 収穫する時を見分ける状態は? 実は、とうもろこしも収穫の見極めが難しい作物の1つです。 錦糸の状態だけでタイミングを見極めると、早採りになる可能性があります。 より正確な収穫のタイミングを見極める為にも以下の部分も観察して下さい。 ・ 感触 全体的に ふっくらしていて、実が硬く締まって充実していれば収穫の時期です。 まだ柔らかいようなら、そのままにし実が絞まるのを待ちます。 ・ 雌穂と皮の色 収穫時期が近付くと、 雌穂の先端部が黄色に、皮の緑色も濃く変化してきます。 ・ 実の様子 収穫時期が近付いてきたら、皮を捲って実の様子も見て下さい。 先の方まで充分に膨らんでいるか、先端の粒が丸みを帯びているか、色が鮮やかな黄色か。 膨らみや丸みが不十分だったり、粒の色が白っぽかったら、収穫の時期はもう少し先です。 hamazo. html 開花後は乾燥に注意 とうもろこしは 乾燥に弱いです。 特に、開花前後と成熟前後に水が不足して乾燥すると、実が上手く育たなくなるので注意して下さい。 因みに、水分が多いと今度は根が上手く育たなくなるので、やり過ぎにも気を付けて下さい。 とうもろこしの用土が乾燥しない程度。 これを目安に、過不足がないように水やりを行って下さい。 この時、よく育つ 最上部の雌穂だけ残して、残りは摘み取って下さい。 2本以上雌穂が残っていると、栄養分が集中して行き渡らず、未熟で食べる部分の少ないとうもろこしが出来上がってしまいます。 この摘み取った雌穂は、サラダでもお馴染みのヤングコーンとして、茹でれば食べられます。 実をしっかり握って、茎を折るようなイメージで豪快にもぎ取って下さい! 早朝に収穫する とうもろこしは寒暖差により、糖度が高まって甘みが増します。 早朝の時間帯を選べば、夜の冷え込みで糖度の高まった甘いとうもろこしを収穫できます。 とうもろこしの収穫時期は基本的に真夏なので、 早朝の涼しい時間帯に収穫を行って下さい。 asahi-kasei. m-cocolog. とうもろこしを水にくぐらせる 皮を剥くと鮮度が落ちるので、着けたままでくぐらせて下さい 2. 濡らした新聞紙などでとうもろこしを包み、密閉袋かビニール袋に入れる 新聞紙は濡らすと破れやすいので、2枚か3枚で包んで下さい。 長持ちさせる為に、包む時も袋に入れる時も空気はしっかり抜いて下さい 3. 冷蔵庫に錦糸を上にして保存する 野菜室が1番良いですが、ない場合は冷蔵庫のドアポケットに立てて入れて下さい 冷凍保存する場合も同じ手順で行い、そのまま冷凍庫へ入れて下さい。 生での 冷蔵保存は最大3日、冷凍保存は最大1ヶ月が保存期限です。 加熱処理を施さない分、品質の低下が速く、甘みも落ちるので必ず保存期限内に食べ切るようにして下さい。 特に、生の冷蔵保存は品質維持が難しいので、極力その日の間に食べ切って下さい。 使い道が決まっている場合、粒をバラして保存しても構いません。 asahi-kasei. html 「とうもろこしは鍋に火をかけてから採りに行け」 そう言われる位、収穫後のとうもろこしは鮮度の低下が著しいです。 中でも、甘みが強いスイートコーンは味の低下が顕著に感じられます。 とうもろこしの栄養分は収穫後24時間で、あの特有の甘みに至ってはなんと1時間で半減します。 とうもろこしの鮮度を保つには、収穫直後に茹でるなどして加熱処理する事をおすすめします。 加熱してから保存する場合、以下のような手順で行ないます。 とうもろこしを茹でて、皮や錦糸を取る 冷凍する時は、気持ち硬めに茹でます 2. 冷める前にラップなどで包む 包む事で、粒がしわしわになるのを防ぐ事ができます 3. 冷めてからラップなどを外し、水気を切ったら再度包む 4. 密閉袋などに入れて冷蔵庫又は冷凍庫で保存する 保存期限は 冷 蔵庫で1週間、冷凍庫で3ヶ月の保存が最大で可能となります。 加熱処理をすると鮮度の低下を遅らせられるので、生で保存するより保存期限が少し延びます。 使い切れなかったり、すぐに使う予定がない場合は冷凍保存がおすすめです。 こちらも使い道が決まっていたら、粒をバラして保存しても構いません。 バラした粒をミキサーで潰して冷凍すれば、スープなどにも使用できるので便利です。 加熱して解凍する とうもろこしを解凍する場合、自然解凍は避けて下さい。 自然解凍すると水っぽくなって、甘みや栄養分が更に落ちてしまいます。 解凍する時は、生で冷凍した時でも、凍ったまま加熱調理をして下さい。

次の

トウモロコシの粒を簡単に取る方法

とうもろこし 粒 の 取り 方

トウモロコシを一粒一粒取るのは大変パラ。 かぶりつくパラ。 ガブっといくパラ。 トウモロコシは割りばしで簡単に取れる! トウモロコシを食べるときには粒を取りながら食べることも、そのままかぶりついて食べることもありますが、トウモロコシから粒を外すのは面倒です。 しかし簡単に粒を取る裏技があります。 トウモロコシを綺麗にむくのはとっても簡単!割りばしを使うだけ。 生のトウモロコシにかぶりついたときに少し吸ってみましょう! トウモロコシの芯からでる甘い汁が最高です。 とっても美味しいので、かぶりつく食べ方もおすすめですが、粒を取りながら粒だけを食べる方法もあります。 料理でも缶詰を使わない場合は一粒ずつ取ることが多くなります。 ただ、トウモロコシの粒はその数が多い…。 日が暮れてしまう勢いです。 では、もっと効率よくトウモロコシの粒を取るなにかよい方法はないのでしょうか? あります!割り箸を使用した裏ワザです。 割り箸の頭部が斜めに尖っている割り箸を用意しましょう。

次の

とうもろこしの粒の外し方-お薦め : 「美味しい!」が好き

とうもろこし 粒 の 取り 方

まずは茹でる 茹でなくても取ることは出来ますが、お箸や割りばし、バターナイフ等を使って取るときは、 ゆでて柔らかくしてからの方が取りやすいです。 もしも、「茹でる前に粒を外したい」のであれば包丁を使って取るのがおすすめです。 なお、トウモロコシをおいしく茹でる方法については、下記のページで詳しくご紹介していますので、そちらをご覧ください。 トウモロコシの粒を取る方法 トウモロコシの粒を簡単に取る方法、意外とたくさんあります。 その中でも 「どこのお家にある道具」を使った 「きれいに簡単に取れる方法」をご紹介します。 方法1:割り箸を使って取る方法 どこのお家にある 「割り箸」を使った方法です。 まず、 先端が斜めにカットされている割り箸を用意します。 割り箸の先端が刃物のように、トウモロコシの根本を芯から外してくれますよ。 どこのお家にでも割り箸はありますし、手軽に挑戦することができますので、是非一度試してみてください。 ただし、 ちょっとだけコツと力がいるかもしれませんが、うまくいくと意外なほど簡単にきれいに実を取ることが出来ます。 また、これと同じ要領で 「バターナイフ」「先が少し丸くて太めな塗り箸」でも取ることが出来ますよ。 バターナイフを使うときはナイフの先端を、お箸を使うときは2本使って、トウモロコシの根本をお箸でつかむようにして差し込んでゆくのがコツ。 おすすめば「バターナイフ」、ナイフの先端がとがっているせいか、うまくトウモロコシの実の根をとらえることが出来ると簡単に、かなり気持ちよく実が取れます。 方法2:包丁を使った取り方 トウモロコシの粒は、 包丁を使っても簡単に取ることが出来ます。 この方法は、割り箸を使う方法よりもずっと簡単ですが、手元が狂うと粒を包丁で切ってしまう事もありますので、 「粒がちょっと切れたりつぶれたりしても構わないから楽に簡単に外したい」 「トウモロコシの実をとにかくたくさん外したい」 というときにおすすめです。 また、 茹でる前のトウモロコシでも取ることが出来ますので、茹でる前のトウモロコシの実を取るのにも使える方法ですよ。 【包丁で取る方法:その2】• トウモロコシの長さを3等分する• 大根の皮をむく要領で、包丁を使って実を芯から剥くように包丁を入れてゆく 方法1の方が簡単です。 方法2はコツがいりますが、うまく切れると方法1よりもきれいに取ることが出来ます。 どちらでも、お好みの方法で試してみてくださいね。 トウモロコシの実を指で取る方法 トウモロコシが茹でてあれば、指で取ることもできます。 「でも、指で取るとなんか疲れちゃったり、ぐちゃぐちゃになったりしない?」 たしかにそうですが、指で取るのにもちょっとしたコツがあります。 指で取る方法1:トウモロコシを縦半分に切って取る 意外と目から鱗な取り方ですが、やってみると 「なるほどなぁ、この方法があったか」と思いました。 【指で取る方法】• トウモロコシの長さを3~4等分にする• 切ったトウモロコシを縦において半分に切る(芯が半円型になりますね)• トウモロコシの端から、指で芯から取るように 折るようにして)実を取る そもそも、「どうしてトウモロコシの実が指で取りにくいのか?」 それは、 トウモロコシが筒状になっていて、指が実の間に入りにくく、無理に入れようとすると実がつぶれてしまうのですね。 ですから、あらかじめ芯を半分に切ってしまうと、粒の根の部分が芯のところから指で折りやすくなり、簡単に取ることが出来るのです。 指で取る方法2:先に道具を使ってから指で取る 「道具を使って取る方法」でご紹介した 「お箸を使って取る方法」や「包丁を使って取る方法」で、トウモロコシの実を数列、芯から外した後、指で実をとる方法です。 2〜3列トウモロコシの実を外してしまうと、指でも簡単に実を芯から折ってきれいに取ることが出来ますよ。 この方法は、 トウモロコシを食べている途中に実を芯から取りたい時に便利です。 例えば、小さなお子さんにトウモロコシを食べさせてあげるとき、お子様ですと、トウモロコシをかじるのはちょっと大変だけど、実をとってあげれば食べられる・・・そんな時に便利な方法ですよ。 そういえば、同居している義父は、トウモロコシを1本食べるとき、とりあえず2〜3列、トウモロコシの実をかじって食べた後、残りの実は、かじった隙間を利用して指で外しています。 「1列食べてしまったほうが、指で取りやすい」のだとか。 なるほど、確かにそうですよね。 スポンサードリンク 日頃、皮むき用のピーラーを使い慣れている方にはおすすめ。 皮むき用のピーラーと同じ要領でトウモロコシの実を取ることが出来ます。 便利そうですが、トウモロコシを食べているときに粒を取る時、食卓にこのピーラーを持ち出すのであれば、最初にご紹介した「トウモロコシピーラー」のほうがお手軽のように感じます。 グッズを4つご紹介してみましたが、どれも一長一短ありますね。 まとめ トウモロコシの実を簡単に取る方法をご紹介してみましたが、お役に立ちましたか? 手で取ったらぐちゃぐちゃになったり、取るのが大変だったりするトウモロコシの実ですが、ちょっとした道具を使ったり、ちょっと工夫するだけで簡単に取る事が出来るのですね。 この方法を知っていると、トウモロコシの実をお料理やスープに入れたり、子供に食べさせてあげるときにとても便利ですよ。 また、トウモロコシの実をとる便利グッズもずいぶんたくさんありますね。 それらも活用して、トウモロコシの実を楽に食べたり、また料理への活用の幅を広げるきっかけになると良いですね。 スポンサードリンク.

次の