締り が いい 褒め 言葉。 男性が女性に言われて嬉しい褒め言葉30選!彼の外見・内面・行動を褒めよう! | 女子のカガミ

ビジネスメール「締めの言葉」!季節や状況別の例文を紹介

締り が いい 褒め 言葉

スポンサーリンク 見た目、性格、結果よりも行動や過程を褒める 褒め上手な女性は、男性の顔やスタイル、ファッション、そして性格や物事への結果よりもまず、行動や過程を褒めてあげます。 イケメン、センス良いね、優しいね、すごいねといった褒め言葉は男性も多くの人から貰っていて新鮮味がありませんし、わざとらしく聞こえる人もいるでしょう。 相手が喜ぶ伝わりやすい言葉で褒める 褒め上手な女性は相手がどんな言葉で褒められると嬉しくて、どういった言葉は好きではないのかをよくわかっています。 観察眼が鋭く、人の機微に敏感なため「この人はこう言われたいんだな」、「あの人はここを褒めても卑屈に受け取ってしまうんだ」と相手の気持ちを汲み取れるのです。 また、褒め上手な女性は相手に伝わりやすい簡単な言葉で褒めます。 曖昧でまどろっこしい表現ではなく、具体的かつ直観的に受け取れる言葉を使うように気をつけているでしょう。 誰かと比較せず、絶対評価を重視する 相対評価という言葉があり、これは例えば「A君はB君よりも仕事ができる」というように、何かと比べて評価をつける方法をいいます。 そして絶対評価とは、1人1人の持っている能力を他人と比較することなく、評価基準と照らし合わせる評価の仕方です。 褒め上手な女性は褒める対象を誰かと比べたりしません。 その人個人を単体で褒めるからこそ、男性も素直に褒め言葉を受け取れます。 誰も見ていないような意外な部分を褒める 褒め上手な女性は誰も見ていないような、相手の意外な部分を褒めます。 男性は珍しい褒め方をされて、「この子は他の子とは違う」と好意的に感じるのです。 優しい性格の男性は、多くの人から「優しいね」「気が利くね」と言われ慣れていますし、イケメンな男性は顔のことを褒められる機会が多かったでしょう。 褒め上手な女性は相手をよく観察しているからこそ、他の人がまだ気づいていないその人の良さがわかります。 男性はそんな女性を「自分のことを一番わかってくれる」と思うのです。 プレッシャーを感じさせない褒め方をする 褒め上手な女性は、男性がプレッシャーに感じないようさりげなく褒めます。 相手の重荷にならないように、心地良い褒め方をするのが褒め上手な女性の良いところです。 タイミングが悪いと「今褒められても急かされているようにしか思えない…」とネガティブに受け取ってしまう人もいるでしょう。 褒め上手な女性はそれをちゃんとわかっているのです。 スポンサーリンク 表情や身振り手振りも交えて褒める 褒め上手な女性は言葉だけではなく、表情だったり身振り手振りも交えながら褒めます。 そこがよりリアル感を出し、男性を虜にさせているのでしょう。 真顔で「すごいですね」と褒められても、目が笑っていなかったりすると、褒められた方は「無理して褒めなくてもいいのに」と感じます。 ニコニコと笑いながら、あるいは可愛く照れながら。 そしてボディランゲージも併せて褒めてられると、相手に気持ちが伝わりやすいのです。 嘘をつかず誠実な言葉で褒める 心の中では馬鹿にしている相手を褒めようとしても、勘の良い人だと表情や態度、声のトーンで嘘がバレてしまいます。 思ってもいないことを無理して言おうとしたり、自分の気が向いたときや、相手を自分の思い通りにしたいときだけ褒めるのは一番やってはいけないことです。 褒め上手な女性は嘘をついてまで褒めません。 いつも思ったことをポジティブな言葉に変えて褒めるので、男性は誠実さを感じられるのでしょう。 褒め上手になるためのコツ 相手が言われて嬉しい言葉を探る 褒め上手になるには、相手が「これを言うと機嫌が良くなる」という、言われたがっている言葉を探ってください。 男性を観察して、そして相手の話しをよく聞くことでなにを言われると嬉しくて、なにを言われると不機嫌になるのかがわかります。 いろんな褒め言葉を試してみて、その都度どういう言葉を言われたときに一番反応が良かったかメモをするのもおすすめです。 語彙力を鍛えて褒め言葉を増やす 褒め上手な人は語彙力が豊富です。 褒め上手になるためにも本を読んだりして、語彙力を鍛えましょう。 恋愛漫画やドラマ、小説からでもいいので、気になった言葉、元気が出る言葉、言われたい言葉をピックアップしてください。 褒めるときは照れずに堂々と 褒め上手な人は、堂々と相手を褒めます。 自信なさげに褒めても、相手は「本当にそう思ってる?」と不安になるからです。 褒め上手になるためにも褒めるときは照れることなく、堂々と言うことが大事です。 自信をもって男性を褒めてください。 ただし、たまには可愛く照れながら褒めてみるというテクニックもおすすめ。 恥ずかしそうに褒められて、思わずキュンとする男性もいます。 普段から悪口を言わないようにする いつもは人の悪口しか言わない人から急に褒められても、普段のマイナスな様子を見ているからこそ「それって媚びてるの?」と疑ってしまいます。 褒め上手になるには、普段から悪口を言わないようにしましょう。 口に出すのはポジティブな言葉である方がいいのです。 悪口しか出てこない口で褒めても信用してもらえません。 良い言葉をたくさん言う口から出る言葉は、真実味があります。 心から思ったことを言葉にする 褒め上手になるには、嘘をつかない、思ってもいないことを言わない。 この2つがとても大切です。 心から思った言葉で褒める、これができるようになれば、例え口下手な人であっても気持ちが伝わります。 咄嗟に褒め言葉が出てこないときは、そのとき思った言葉をポジティブな言葉に変換して言いましょう。 褒め上手な女性の特徴7つと男をキュンとさせる褒め上手になるコツ 行動や過程を褒めると相手は達成感を得られる 伝わりやすい相手が喜びそうな言葉で褒める 絶対評価を重視して誰かと比較しないで褒める 誰も気づいていないような意外な部分を褒める プレッシャーを与える重荷になる褒め方はしない 表情豊かにボディランゲージを交えて褒める 誠実な言葉で嘘をつかずに気持ちを入れて褒める 普段から相手が言われて嬉しい言葉を探っておく 恋愛映画やドラマなどで表現力を高めてみる 褒める時は自信なさげに褒めずに堂々と褒める 普段から信用ある行動をしておくのが鍵となる 本当に心から思った言葉をポジティブに伝える 褒め上手な女性は、性格だったり結果ではなくその男性が取った行動や過程を褒めるからこそ、褒められた男性も嬉しくなるのです。 相手を褒めるときは嘘をつかず、パッと思い付いた言葉を伝えましょう。 そうすればより、あなたの気持ちも伝わります。 語彙力を鍛えて、そして堂々と自信をもって褒めることで、相手はあなたの言葉を素直に受け止めてくれるでしょう。

次の

女性を褒める時の魔法の言葉9選!劇的に効果のあるフレーズ集

締り が いい 褒め 言葉

Sponsored Link 上田です。 サボテンのお話をご存じでしょうか? 優しい言葉をかけて褒めて育てたサボテンと、ひどい言葉を浴びせたサボテンは同じように育つのか? ある人がそんな実験をしたそうです。 結果、褒められて育ったサボテンは美しい花を咲かせ、もう一つのサボテンは枯れてしまいました。 植物にも心があって、人間と同じように喜んだり、傷ついたりするのでしょうか。 ・・・実は、これ、なんの根拠もない作り話のようです。 私はこの話がとても好きだったので、それを聞いてちょっとショックでした。 でもこの話、ずいぶん長い間、たくさんの人たちに語り継がれてきました。 たとえ根拠はなくても、多くの人が信じているこの話の中には、いくばくかの真実が含まれているのではないでしょうか。 サボテンにとって、褒められることが力強く生きるエネルギーとなったように、 褒めるということには、何か不思議なパワーがあるのかもしれません。 子どもはみんな、褒められることが大好き 子どもは、叱るばかりでなく、褒めて育てたいと思っています。 でも、褒めるのは、正直苦手。 ムギューをしてあげるとか、褒め方のコツとかいろいろと学んではいるのですが、実際、なかなかうまい言葉をかけてあげることができません。 あるとき、偶然目にしたドラマで、子どもがお母さんに褒められるシーンを見ました。 テストでいい点をとったら、 「頑張ったじゃない」 グルグル、ポン! いいことをしたら、 「えらいじゃない」 グルグル、ポン! さっそく真似させてもらうと、大成功! 小学生の娘は、いいことがあると、「褒めて!」「頭なでて!」と言わんばかりの顔で待ち構えていますし、最近やたらと衝突することが多く、親のかたきみたいな目で私を見る長女でさえ、グルグル、ポンをされると、「触らないでよ」と言いつつ、顔がゆるみます。 褒められたときの子どもたちの満足そうな顔。 やみくもに褒めるだけではもちろんだめだと思うのですが、でもやっぱり、褒められたら嬉しい。 子どもは、褒められるのが大好きなんですね。 いつも、誰かを褒めてばかりいませんか? 子どもだけではありません。 大人だって、褒められたら嬉しいものです。 仕事が休みの日に、夫がお風呂をきれいにしてくれることがあります。 昼食を作ってくれることもあります。 「すごい!きれいになったね」 「美味しいね、ありがとう」 と声をかけると、夫は嬉しそうです。 そして、次の休みにも掃除を手伝ってくれます。 あるとき、旅行に行った知人がお土産を届けてくれました。 旅の写真を見ながら、「素敵なホテルね」「楽しそうだね」なんて声をかけると、とっても嬉しそう。 子どもだけでなく猫も、私に頭をなでてもらい、ゴロゴロと喉を鳴らしています。 でも、あるときふと思ったのです。 私って、誰かを褒めてばかりだなって。 私も頑張ってるんだけどな…。 私だって褒められたい!そんなときは・・・ 大人になればなるほど、褒められる機会は減ってゆきます。 頑張ったって、どんなに心を込めて何かに取り組んでも、誰も褒めてはくれません。 だったら、自分で自分を褒めたらいいじゃない? 私はずっと、自分へのご褒美とか、「頑張った私、えらい!」みたいなセリフが、とてもとても苦手でした。 そういうことが、すごく恥ずかしいと思っていました。 年をとることの、いいことの一つは、あちこちとんがっていた角が取れてまあるくなってくることです。 細かいどうでもいいこだわりがどんどんなくなって、いろんなことを受け入れられるようになるのです。 Sponsored Link 「私、本当に頑張った」「私ってえらい!」って、私は自分に言えるようになりました。 とっても疲れて、どうしようもなく落ち込むときには、 心の中で自分にたくさんのエールを送ります。 そして、一生懸命頑張った自分をたくさん、たくさん褒めてあげましょう。 私の一番の理解者は、私なのだから。 時には、褒めてもらうための努力も大切 そして、 時には自分から、誰かに、「私頑張ったよ!」ってアピールすることも大事かもしれません。 とりあえず身近な誰かに、頑張ったことを報告してみてもいいかもしれませんね。 自分から頑張ったアピールするのは昔から大の苦手なのですが、ずうずうしさも時には必要。 ずうずうしくなれるのも、年をとって得られるいいことの一つです。 それから、 「褒められたくないわけではないけど、 褒められると何と答えていいかわからない」 という方もいらっしゃると思います。 ・・・私がそうです。 いえ、そうでした。 誰かに褒めてもらったときに、私はいつも「いえいえ、そんなことないです」と謙遜したり、余計な言い訳をしてせっかくのコミュニケーションを台無しにしてしまっていました。 笑顔で「ありがとう」と言えたら、言ってくれた相手も嬉しい。 たとえそれがお世辞に違いなくても、自分にとってはまるで見当違いな褒め言葉であっても、素直に言葉通り受け取ること。 それが、一番幸せな受けとめ方だと思います。 さて、褒められることの気持ちよさを体感するのに、こんなサイトはいかがでしょうか? 詳しい実験の結果は、こちらのサイトで紹介されています。 参考: 予想通り、褒められた苗には甘いトマトが実り、無視された苗にはとてもまずいトマトが実りました。 でも、一番甘いトマトが実ったのは、褒められて育った苗ではなかったのです。 褒められることは人の成長に大きな良い影響を与えますが、結果どのように育つかという点においてはまだ未知数です。 生きていくうえで、褒められることもあればけなされることもあり、ときには無視されることもあるでしょう。 そして、自立することは人として最も重要ことの一つです。 環境から受ける様々な要因が絡み合って一つの人格を形成していく過程はとても複雑で、どれが正しいのかは誰にもわかりません。 トマトの実験の話は、褒めることと人間の成長の不思議さを教えてくれます。 まとめ 褒めることについてのお話、いかがでしたでしょうか。 自分で自分を褒めること、自分にあたたかい言葉をかけること。 いつでも、どんな場所でも、どんなときでもできる、 時間もお金も、誰かの手助けも必要ない、 『経費ゼロ』の究極の癒し。 いつか、どうしようもなく疲れてしまったときに ぜひ思い出していただければと思います。

次の

私だって褒められたい!『自分で褒める』経費ゼロの究極の癒し

締り が いい 褒め 言葉

なので可愛いねー綺麗だねーと言われると自分に自信を持つことができます。 肌が綺麗だね 肌というのはかなりお手入れをしないとすぐにボロボロになってしまいます。 なので毎日一生懸命ケアしているのがちゃんと生きているんだなと嬉しくなります。 それにお肌ってメイクしていると崩れやすかったりするので元の環境が大事なのです。 しっかりケアしている頑張りを褒められたということでこれからも頑張る!という気持ちになれます。 髪が綺麗 お次は髪の毛です。 髪も染めたりパーマや朝のアイロンなどを繰り返していると痛みが激しくお手入れも大変なのです。 それに女性にとって髪の毛はとても大事なものなのでそれを褒められるということは自分自身を褒められたということと同じなのです。 服装を褒められる 服装というのはある程度自分の個性やセンスがあらわれますよね。 その服装を褒められるというのはセンスを褒められているということになります。 よく大好きな女優さんの真似して・・。 というような服装をして「彼女には似合ってないな」と思う時ありませんか? このように他人から見ても自分にピッタリな服装って見つけづらいのです。 目について褒められる これはメイクをしている人もしていない人も同様です。 「目は口ほどに物を言う」という言葉もあるように目は人とふれあっていく中で重要な部位です。 これがメイクが濃い人なら「今日、目いいねー」などメイクの仕方を褒めたりメイクをしていない人なら「綺麗な目だよねー」と見つめられると相手はドキっとしてしまいます。 スタイルを褒める 「本当スタイルいいよね」「綺麗だよね」「細いよね」という感じです。 女性はとても努力家さんです。 もちろん自慢をしたりはしないのですが。 その頑張りを褒めてあげるということですね。 性格、雰囲気、気遣いへの褒め言葉6選 天然系で守ってあげたくなる 天然な女性って危なっかしいというか見ていて「大丈夫か!?」と思わせます。 何も知らない純粋そうで悪いものから守りたくなると感じるんですね。 内面を褒められる言葉 見た目だけではなく「優しいね」など内面を褒める言葉は女性は嬉しいです。 外見だけだと「見た目だけでしょー」となってしまいますが内面というのはその人の本質のようなものですから私をよく見てくれているんだなぁと思わせます。 細かいところも気遣いができる 大人になると会社や人付き合いでも「気遣い」が重要になってきます。 結構空気が読めない女性だったり気遣いが足りない女性もいるのですが、「気遣いできるねー。 気配り上手だね」と女性だからこそ気づく細やかな部分への気遣いを褒められるのは相手が自分をよく見ていてくれている証拠ですので容姿を褒められるより嬉しいという意見もありますよ。 雰囲気って作ろうと思って作れるものではないですよね。 その雰囲気を褒められるというのはその人の生き方や考え方も褒められるということです。 これは男性でも嬉しいんじゃないでしょうか。 君といると安心感がある 容姿がどれだけ良くても相手に安心感を与えることはできません。 安心感とはその人の性格や雰囲気が与えるものですからこれを言われると嬉しいです。 癒し系だね 一緒にいて会話をするだけで癒されるって凄いことですしあまりないですよね。 会話をして笑って「あー君といると癒されるよ。 また頑張るよ」と言われたらとっても嬉しいです。 ぜひ言ってみてください。 趣味、仕事、家事への褒め言葉5選 家事頑張ってるね!など家事に関して褒められる 最近は家事も分担制などにしている夫婦やカップルも多くなりましたね。 その中でも「女が家事をして当たり前」という考えもまだ多いです。 なので「家事毎日頑張ってるね」「料理がおいしいよ」というように褒められるというのは主婦や家事をする女性としては凄く嬉しいことです。 それだけでも明日からもまた頑張ろうと思えます。 仕事を失敗してしまったとき、「でも頑張ってるよ!」と褒められる 仕事でミスをしてしまったら当然怒られることもあります。 そんな中で「ドンマイ。 だけど頑張ってるよ」と褒められるとまた改めて頑張ろうと思えます。 褒められるということは認めてもらえているということですからね。 自分の趣味で成功したときに「凄いね!」と褒められる 男性もそうだと思いますが「凄いね!」と褒められるのは嬉しいですよね。 それが自分が好きな趣味だったりすればなおさらです。 「凄いね!尊敬するよ」など褒められたらるんるんです。 育児に関して褒められる 女性にとって育児は凄く大変です。 うまれたばかりならばなおさら3時間おきに起きて赤ちゃんのミルクや母乳です。 寝る時間もあまりなく赤ちゃんは赤ちゃんで眠れなくて泣いたりと本当に自分に手をかける時間もないくらいなのです。 それなのに「オムツかえてねーぞ」や「泣いてるよちゃんと面倒見ろよ」など言われたら離婚だって頭によぎりますよね。 「育児頑張ってるね。 ありがとう」「手伝ってみたけど本当大変だね。 母親は凄いよ」など褒めてくれるだけでも今多くなっている産後うつだって減るのです。 褒める力は偉大なのですね。 仕事で成功したときに「よくやった!」と褒める なかなか女性の成功を「凄い!」と褒めてくれる上司って少ないんです。 それが男性なら褒めてくれるんだろうなぁ・・と女性は思っています。 そこで「凄い!よくやった!」と褒められるともっと会社に貢献しようと思えます。 行動、仕草への褒め言葉5選 姿勢がいいね 姿勢って意識しないとドンドン猫背になっちゃいますよね。 ですが姿勢がいい女性って品があって凛とした印象を与えます。 大人な女性という雰囲気があるのです。 きちんと挨拶できるってえらいね 挨拶は基本です。 でも最近はしない人や挨拶も雑にする人が多いのです。 社会人としては基本で礼儀でも「挨拶できるのえらいね」と言われると嬉しいものです。 当たり前のようですが案外できない人も多いのです・・。 電車やバスで席を譲ったとき「えらいね」 他にも「勇気があるね!」というのも頑張りを認めてもらえたので嬉しいですね。 実際電車やバスで席を譲るのって相当の勇気が必要です。 もし「わたしはそんな老けてない」なんて逆切れされたら・・。 それに自分が疲れていると席を譲ろうとは思うけど譲れない場合もあります。 自分でも「自分えらい!」と褒めてあげましょう。 ささいな親切さを「親切だね」と褒める よーく相手を見ていないと気づかないような親切さってありますよね。 それを「親切だねー」と褒められるのは嬉しいことです。 それだけ自分を見ていてくれたということになりますよね。 話をきくとき、目を見て相づちを打つ姿を褒める 人の話を聞くとき、携帯をいじっていたりよその方向を向いていたりする女性いますね。 ちゃんと相手の目を見て「そうだね」と相づちを打てるって相手からも好印象ですし、自分もされると話を聞いてくれていると感じれて嬉しいですよね。 「いつも話をしっかり聞いてくれていて嬉しいよ。 大人だね」という風に褒めてみましょう。 番外編:その他の褒め言葉8選 コンプレックスをあえて褒める たとえばふくよかな女性なら「その柔らかさがほっとするんだよ」「美味しそうに食べる姿がいいんだよ」などの褒め言葉があります。 他にも相手がコンプレックスを感じている場所を褒めるというのもいいですね。 いつもと違う一面を褒める 髪が短くなった。 いつもと頑張る姿勢が違う。 服装の系統が変わったなどいつもと違う一面を「あれ?いつもと違う。 いいね!」と褒めてあげましょう。 男性は鈍感という意識が強いのでそのイメージをくつがえしましょう! 社交的な面を褒める 誰とでも仲良くなれるって凄いね!いつも明るくて友達が多いね!などです。 明るいと近くにいてこちらも元気になれますし1人いるだけで周りがぱーっとなります。 あなたがいるからだよ!と褒められるともっと明るく社交的になりますね。 何かに一生懸命打ち込む姿を「頑張ってる」と褒める なかなか1つのものに打ち込めなかったり集中力が切れてしまう人って多いですよね。 「君は凄いね。 俺には無理だよ」とその姿を褒めてあげましょう。 それが仕事でもいいのです。 「大変なのに投げ出さず凄いよ」という感じですね。 その人の努力を誉める 人には人なりの努力やポリシーというものがあります。 一生懸命に努力している姿は美しいですよね。 その人からすれば褒められたいからではないのですが、「凄いね」と褒められれば嫌な気はしないですよね。 相手の尊敬する部分を褒める 誰にでも尊敬したい部分があるとは限りませんよね。 「凄いよね。 尊敬するよ」と褒められると「私って凄いんだ」と我ながら喜びます。 それに尊敬されるというのはなかなか言われないし自分で思いもしませんよね。 家庭的な面を褒める 料理が上手とか家庭的な女性ってなんだか一緒にいて心地よくありませんか? 他にも頼れる女性だったりして奥さんにしたいよーというニュアンスも込めて褒めてみましょう。 笑顔を褒める 「笑顔が可愛いね」「太陽みたいだよ」と褒めましょう。 笑顔を褒められるというのは男性も嬉しいと思います。 自分の笑う顔が嫌い!という女性もいるのでそこを褒めることでもっと笑顔にしちゃいましょう。 女性が男性に言われると嬉しい褒め言葉まとめ なかなか褒めたりすることがない男性だと、「言うのが恥ずかしい」ということもあるでしょう。 ですが、かりに長年一緒にいたとしても、しっかり伝えなければ相手に気持ちは伝わらないものなんです。 今気になっている女性でもそうですよ。 勇気を出してぜひ伝えちゃいましょう! 以上、女性が男性に言われると嬉しい褒め言葉一覧(全31選)…でした。

次の