ぼたん こしょう レシピ。 野菜ソムリエプロ増田朱美 ~和ごころを大切に~:ぼたんこしょうのお料理♪

北信州の伝統食、「ぼたんこしょう味噌」と「なめ茸」が限定販売中!

ぼたん こしょう レシピ

フードコーディネーターの顔ももつ、編集者兼、出版プロデューサーの坂口明子さんが、都内アンテナショップで見つけた「ご飯のとも」やご当地調味料を使ったおいしいレシピを紹介します。 なめたけ「志賀の郷」はいろんな味が楽しめる 今回のおいしいご飯のおともを探しは、自宅で買えるようWEBで検索。 おうちご飯のよりよい向上をねらって、長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」のホームページを見ていたら、公式オンラインショップ「NAGANOマルシェ」でなめたけのびん詰「志賀の郷」が目にとまりました。 なめたけのびん詰は冷蔵庫に常備しがちですが、ご飯や冷奴にのせるぐらいしか思いつかないですよね。 エノキダケのしょうゆ煮で味も均一のイメージがありますが、「志賀の郷」は長野県産の素材にこだわり、7種類の味があるので、その違いも新鮮です。 とりあえずいろいろな味を試したいので3個入りのギフトセットを注文しました。 届いたのはおしゃれなパッケージの箱詰め。 ラッピングペーパーは志賀高原の雪山のイメージ。 ラッピングを開けても同じ世界観。 お中元やお歳暮にも向いたデザインです。 入っていたのは、「信州産なめたけ 野沢菜」「信州産なめたけ ぼたんこしょう」「信州産なめたけ 山椒」の3種類。 ちなみにショップの銀座NAGANOでは、野沢菜入りが購入できます。 シャキシャキとしたエノキダケ独特の食感があり、とろみも少なめなのも新鮮な感じです。 上から時計回りに「野沢菜」「ぼたんこしょう」「山椒」です。 「野沢菜」は信州の名産・野沢菜と赤唐辛子入り。 ピリッとした辛味と野沢菜の食感が混じって、ご飯のおともに最適です!卵焼きに入れてもおいしそう! 「山椒」は山椒の粉末入りで、なめたけ全体にふわっとした香りとさわやかな辛味をまとっています。 「ぼたんこしょう」。 ぼたんこしょうって初めて聞きました。 北信州の斑尾山の麓、中野市で古くからつくられてきた唐辛子でピーマンのような形のもの。 甘味と辛味があるようです。 それがみじん切りになって入っているので、確かにこの3種類のなかでは一番辛味が強い感じです。 辛味好きの私にはぴったり! なめたけをあっという間に使いきる、おいしいレシピ3選 なめたけをいつものおかずに加えるだけの3点ご紹介します。 味はどの種類を使っても大丈夫です。 納豆1パックに対して大さじ1ぐらいのなめたけが目安。 万能ねぎの小口切り大さじ1も加えましょう。 朝食だけでなく、夕食の小鉢の一品にもなります。 いただくときはよく混ぜて。 「志賀の郷」の食感と辛味が納豆を引きたてます。 朝食の新しい定番にいかがでしょうか。 コツは納豆にマヨネーズを混ぜること。 細かくいうと、トーストはそのまま焼いて、表面がカリッとしてからチーズをのせること。 ブリッコリースプラウトをのせると、食感も栄養バランスもさらによくなります。 【材料】 食パン(6枚切り)…1枚 スライスチーズ…1枚 なめたけ入り納豆…1パック分 マヨネーズ…大さじ1 ブロッコリースプラウト…適量 【つくり方】 1 食パンをトーストして、チーズをのせ、表面が溶けたら取り出す。 この状態でつくりおくと、すぐに食卓に出せて便利です。 ホウレンソウは、ゆですぎないのがコツ。 一気にたくさんゆでるのではなく、面倒に思えても2株ずつゆでては水につける、を繰り返したほうが絶対に食感がよくなります。 【材料】つくりやすい分量 ホウレンソウ…1束 市販の濃縮めんつゆ…大さじ1 水…大さじ3 なめたけ「志賀の郷」…大さじ2~3 【つくり方】 1 ほうれん草をゆでて、水にとってさらす。 冷めたら水気を絞り、3㎝幅に切る。 2 保存容器にめんつゆ、水、なめたけを入れてよく混ぜる。 1を入れ、全体をあえる。 保存は冷蔵庫で3日くらい。 暑い日のランチにおすすめ。 なめたけ入りおろしそうめん エノキダケと大根おろし、青ジソ、オクラ、たっぷりのおろしショウガ! 具は切ったり、おろしたりするだけ、という夏のランチに最強の組み合わせ。 このときのかけつゆは、えのき茸「志賀の郷」にしょうゆがきいているので、白だし仕立てのものが合います。 辛味のきいたなめたけに、さらにショウガのさわやかな辛味でさっぱりといただけます。 野菜だけですが、意外にボリュームもあります。 もちろん、納豆かゆでた豚しゃぶ肉をプラスしても。 2 オクラもさっとゆでてヘタを切り、小口切りにする。 青ジソは千切りにする、 3 器にそうめんを盛り、かけつゆを注ぐ。 オクラ、大根おろし、なめたけ、青ジソ、ショウガを盛る。 以上、なにかとご飯をつくる機会が多くなった昨今、なめたけを常備するといろいろ活用できることがわかりました。 女性のライフスタイル全般 料理、グルメ、旅、ほか の企画提案から、執筆、スタイリングなどの製作、WEB媒体でのアンテナショップめぐりの連載、企業の商品開発アドバイスなどを行う。 長年の料理企画編集者として培った料理の腕は料理家並。 おいしいレストランにも詳しい。 「ご飯のとも」の識者としてテレビ出演も多数。

次の

信州中野伝統野菜 「ぼたんこしょう」 by junjunさん

ぼたん こしょう レシピ

みなさん、「ぼたんこしょう」って聞いたことはありますか? 「ぼたんこしょう」とは、ナス科トウガラシ属の一種で、形状はパプリカに似ています。 信州の伝統野菜の一つに認定されており、牡丹の花のような形をしていることからその名がつけられました。 日本のトウガラシは、ピーマンなどの辛くない種類か、激辛の鷹の爪を始めとした辛さをウリにする種類のどちらかに概ね分類されます。 しかし、この「ぼたんこしょう」はトウガラシの辛さと果肉の甘みの両方を持っているので、味に深みのある程良いピリ辛を楽しめるのが特徴です。 地元では、ミョウガ、なす、味噌漬けなどを細かく刻んで和えた北信濃の伝統料理「やたら」の材料として親しまれています。 生でも・焼いても・炒めても程良い辛さが癖になるおいしさです。 ・・・でも、私は1度しか食べたことがありません。 隣には、「ぼたんこしょうクレープ」の文字!?トウガラシとスイーツのクレープが合わさった味は想像に難しかったのですが・・・実際は、焼いたナスとぼたんこしょう味噌を生地でクルクルっと巻いたお食事クレープでした。 確かに、ピリッと辛さの効いたぼたんこしょう味噌は味のアクセントになって、いろいろな料理に活用できそうです。 ぼたんこしょう味噌をのせた「こねつけ(ごはんと小麦粉をこねて焼いた郷土料理)」や、ぼたんこしょう入り「サーターアンタギー」などの珍しいメニューもあります。

次の

ご飯がすすむ長野県産のなめたけ。おいしいレシピも紹介|カラふる

ぼたん こしょう レシピ

「 信州の伝統野菜」( *1)である 「 ぼたんこしょう」。 伝承地域は、中野市豊田、信濃町です。 ナス科トウガラシ族のピーマン型トウガラシ。 1000m近い標高の冷涼な気候の地域でしか辛く大きくならず、唐辛子の様な辛さに、ピーマンの様な果肉 に甘さを持ち合わせているのが特徴で、先端周辺には、深い溝があり、複雑な形状が牡丹の花のように見える ことから「ぼたんこしょう(ぼたごしょう)」と呼ばれるようになりました。 (斑尾ぼたんこしょう保存会ホームページより。 ) _ 先端だから、こっち側と思うけど・・・ 反対側も牡丹に見える・・・ 悩む地域政策課Mです。 さて、この「ぼたんこしょう」、ピーマンよりも高い抗酸化活性を持ち辛み成分のカプサイシン、ビタミンA、 ビタミンC、他に豊富なミネラルなどが含まれているとのこと。 そして、「ぼたんこしょう」を使って作る郷土食の「やたら」を、熱々ごはんにのせて食べると、これがもう、 うんめぇらしい ・・・ 食べてみたい。 斑尾ぼたんこしょう保存会版レシピ( *2)で、作ってみました。 ぼたんこしょう、みょうが、丸なすと、あとは、大根みそ漬けを用意。 _ みじん切りにして、混ぜて・・・ できあがり。 超シンプル!! 保温のごはんでも美味しくいただけました。

次の