お宮参り 男の子 着物の下。 お宮参りの産着(着物)について教えて下さい。男の子でお宮参りの着物をレンタル...

お宮参りの産着(着物)について教えて下さい。男の子でお宮参りの着物をレンタル...

お宮参り 男の子 着物の下

カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・クロネコヤマト宅急便 ・佐川急便 ・ゆうパック ・ゆうメール メール便発送可能な商品のみご利用できます。 【配送希望時間帯をご指定出来ます】 ・午前中・14時〜16時・16時〜18時・18時〜20時・19時〜21時 ただし時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。 予めご了承ください。 営業時間について プライバシーについて 毎週水曜日、第2第3木曜日はお休みをいただきます。 ネットでのご注文は365日24時間受け付けております。 お休みにご注文やお問合せをいただいた場合、受注確認メール、ご返信は翌営業日にさせていただいております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 平日 10:00〜18:00 土日 10:00〜18:00 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 連絡先について 返品について 電話番号:099-295-6039 メールアドレス:rakuten kimono-town. com 【返品を受付ける条件】 未開封・未使用のもので、商品到着後3日以内にメール、またはお電話にてご連絡下さい。 ご使用になった商品、各種加工をした商品に関しましては、いかなる理由があっても返品をお受け出来ませんので予めご了承下さい。 【返品の送料・手数料負担について】 初期不良の場合は当社が負担いたします。 「サイズが合わない」「イメージと違う」などお客様都合の場合はお客様にご負担いただきます。

次の

お宮参りの着物の店「京の初着屋」 / お宮参り初着の基礎知識

お宮参り 男の子 着物の下

男の子の着物を選ぶ時のポイント 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 男の子がお宮参りで着る着物には、黒や濃紺をはじめ深緑といった色合いの、凛々しく、勇ましい雰囲気のものが最適です。 白や生成りのようなおしゃれな着物もあり、鷹や兜、宝尽くしや亀甲花菱など、出世や大成を意味するデザインが多く揃っています。 男の子の服装というと色味やデザインが決まっている印象がありますが、着物では様々な種類から、それぞれにぴったりの晴れ着を選んであげることができます。 また、着物を購入した場合は仕立て直すことで3歳・5歳の七五三などにも着用でき、思い入れのある1着を成長とともに長く着ることができます。 男の子におすすめのお宮参り着物18選 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 鷹・赤富士・松・波が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 まるで浮世絵のようなデザインや勇ましい鷹が堂々と描かれた男の子用の祝い着です。 袖や背中にはグレーのぼかしが施されており、黒地でも重くなりすぎない印象に仕上がっています。 吉祥文様が入った黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 堂々と描かれた鷹や扇面には吉祥文様がふんだんに描かれ、お祝いの場に相応しいめでたい柄付けが印象的。 鷹の羽一枚一枚や、荒波など着物の柄全体には金彩が施されるなど高級感と荘厳さをお楽しみいただけます。 宝船・富士山・兜が描かれた深緑の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 荒波をゆく宝船が印象的な、お宮参り用着物。 波は金彩で縁取りが施されており、壮大に描かれた波が勇ましさと逞しさを表現した逸品です。 鷹・松・軍配団扇が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 漆黒に豪華な鷹の刺繍と金彩が施されたお宮参り着物です。 刺繍で描かれた鷹や金彩の扇がまるで芸術品のような美しさと繊細さ。 存在感あふれる産着です。 山霞に金彩が描かれた深緑地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 山霞に金彩が描かれた、珍しいデザインの着物です。 深緑グラデーションの美しい色合いに、高級感ある地紋が上品に浮かび上がります。 兜や鷹などのデザインが多い中、風景画のような山々が 他に差をつける被りにくいデザインです。 宝尽くし文様が描かれた黒色の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 全体に散りばめられた宝尽くしが珍しいお宮参り着物です。 鷹や兜などの勇ましい雰囲気の産着が多い中、小さめの松竹梅、宝を散らしたデザインはインパクトあり! モダンな柄が目を惹く緑の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 緑色の生地には大きく羽ばたく鷹や兜など、美しい柄付けと金彩の輝きがまるで一つの芸術作品のよう。 個性的なデザインではありますが、その中にも古典の味わいを感じさせてくれる逸品です。 鷹・小槌・兜が描かれたベージュの着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 花唐草の地模様が入るベージュ系を基調とした生地に、金箔や刺繍が施された着物。 勇ましい鷹をメインに小槌や兜など、大成を意味する柄が描かれた男の子らしい逸品です。 鷹・兜・亀甲が描かれた紫地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 兜の立物や鷹の冠羽やくちばしには金彩が施されているので、高級感と美しさがお楽しみいただけます。 勇ましい兜をメインに亀甲家紋など、大成を意味する柄が描かれた男の子らしい装いです。 兜・亀甲家紋・若松が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 紗綾形の地模様が入る黒地を基調とした生地に、刺繍や金彩が施された着物。 流れるように配された淡い紫色のぼかしが印象的な逸品です。 鷹・宝尽くしが描かれた深緑の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 新生児初めての外出のお宮参りにぴったりの、吉祥柄が描かれた産着です。 勇ましさや出世、大成を意味する柄が描かれ、深緑や白、金などを基調とした男の子らしい装いです。 兜・小槌・鹿の子模様が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 黒地ベースの生地に、桶絞りや金彩刺繍が施された高級感溢れる着物です。 勇ましい兜をメインに、小槌や鹿の子模様などが配され、色味も華やかな装いです。 鷹・宝尽くし・鹿の子模様が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 こちらは前述の着物の柄違いバージョンです。 華やかさと基本デザインは一緒なので、双子の男の子に柄違いで揃えるのも可愛いです! 鷹・小槌が描かれた紺地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 こちらは、紺地のボディに大きめな柄が各部所のポイントに配置された、個性的なデザインの着物です。 ランダムに配置された縦横の縞模様も印象的で、他の人とは変わったデザインの着物をお探しの方に最適です。 兜・亀甲花菱が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 黒地のボディに印象的な兜と、亀甲花菱が大胆に配された個性豊かな着物です。 こちらも個性的なデザインの着物なので、他の人と差をつけたい方は必見です。 宝尽くし・鷹が描かれた白地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 白色の生地には大きく羽ばたく鷹や扇や巻物など、美しい柄付けと金彩の輝きがまるで一つの芸術作品のよう。 鷹の冠羽やくちばしには金糸や色糸を使い美しい刺繍が描かれ、柄の縁取りや羽一枚一枚には金彩が施されているので、高級感と美しさがお楽しみいただけます。 鷹・松竹梅が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 黒地に大柄の松竹梅と、勇ましい鷹が映える逸品です。 可愛らしい雰囲気もありながら、古典的かつおめでたい柄付が魅力です。 唐獅子・牡丹が描かれた黒・山吹色地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 モダンな柄付が魅力の着物です。 山吹と黒のツートンが目を惹く、周りとかぶりにくい逸品です。 お気に入りの着物で素敵なお宮参りを いかがでしたか? 今回は、お宮参りで男の子が着用する着物をご紹介いたしました。 お宮参りの着物は、仕立て直すことで七五三の際にも着用できますので、お気に入りの一着を見つけたいもの。

次の

お宮参りに着ていく服装【赤ちゃんの祝い着編(着物・産着・ドレス)】

お宮参り 男の子 着物の下

ご注意ください。 お嫁に行きおくれないように男女が逆になる地域や百日や百十日でお参りする地域もありますので、 御家の伝統、しきたり、地域の風習・慣習などに従い初着(産着)をもって臨まれるのがよいかと思います。 しかし、赤ちゃんの健やかな成長を願ってお参りするのですから、その前後のお天気のよい日、 家族の都合のよい日、日柄のよい日を選んでお参りすると良いでしょう。 赤ちゃんの祝着(一般に一つ身とか熨斗目、初着、産着と呼ばれています)は、母方の実家からひと揃え贈られるのが通常でした。 お参り先は、近くの氏神様、天神様、稲荷、不動尊、観音様など、いわゆる守護神であれば どこでもかまいません。 誰でも申し込めばお祓いをし祝詞をあげてくれます。 神社へのお礼は、祝儀袋に包み、表には「御玉串料」「御初穂料」「神饌料」などと上書きします。 1、赤ちゃんを抱っこします。 涎掛けやフードなどがあれば利用します。 初着(産着)の下は普段着でも構わないと思います。 2、初着(産着)に紐が付いていますので、抱く人の肩と脇から背中に回して掛けて頂きます。 3、紐がずれないように、抱く人の背中でしっかりと蝶結びにします。 4、扇子(末広)、犬張子、お守りなどをひもにくくりつけて御使用して頂きます。 初着(産着)の裾の身頃や裾部分のしつけ糸を取って頂きます。 その際、着物の衿から出ている付け紐の根本部分の化粧糸を外さないよう様にします。 赤ちゃんを抱くのは父方の祖母か母方の祖母になっている事が多いです。 もちろんお母さんでも構いません。 神社では、お宮参りの着物を用いて、男の子は鳥居の左から入り、右に出ます。 女の子は右から入り、左にでます。 いずれにせよコチラの説明もすべて一般的なという視点から述べたものですので、その地域、御家の伝統を重視されるのが一番よいと思います。 お宮参りの御着物が届いた際に 「外してよい仕付け糸」と「外してはいけない仕付け糸」 があります。 「外してはいけない仕付け糸」 着物の本体と紐を縫い付けてある根元の部分は外さないでお宮参りに使用して下さい。 下記に図解で説明させて頂きますので御参考にして頂ければよいかと思います。 御着物によって多少異なる事が御座いますが基本的には紐の根元部分と認識してください。 「外してよい糸」 お宮参りの御着物を掛けて使用する際の紐が仕付け糸で束ねてありますのでこの仕付け糸は外して戴き紐を伸ばして使用します。 紐を伸ばしてお母様やおばあちゃまが赤ちゃんを抱っこして紐を結んで使用する形になります。 「外してよい糸」 着物裾部分や袖口部分に入った糸は外して使用して下さい。 写真でいう所の白い糸部分です。 「外さない糸」 御着物と紐の根元部分は仕付けを外さずに使用します。 着物の本体の上前と下前の両方に紐が縫い付けてありますので根元部分は両方ともそのままで大丈夫です。 写真でいう所の「緑の糸部分」になります。 送料、手数料はお客様負担とさせていただきます (送料無料の商品でも送料該当分は引かせて頂きますので悪しからずご了承ください。 御請求先とお届け先が異なる場合は 明細書及び御礼状類はお入れしていませんので御了承下さいませ。 All rights reserved.

次の