レペゼン 炎上。 レペゼン地球DJ社長が「パワハラザホルモン」による炎上について謝罪と釈明 あの騒動から3ヶ月。炎上の理由やエミリン/よききの炎上についても

レペゼン地球、メットライフドーム公演中止を発表「関係各所と協議の結果」パワハラ捏造で大炎上

レペゼン 炎上

レペゼン地球が炎上商法の件で批判を受け、開催が決定していたドームでのライブが中止になった件が話題になっておりますが、この件について質問させていただきます。 本来、Twitterは自由なものとして使われている現状があると考えます。 信憑性の無い情報が蔓延し、ユーザーはそれを容認している現状があると私には思えます。 それなのに、彼らだけがここまで批判の的となる理由が私には理解できませんでした。 更に、今回の騒動には全く無関係な一般人のアカウントへ、レペゼン地球と交流があるという理由で批判のコメントが相次いだようです。 完全な主観ではありますが、これは常識的に考えて理不尽であると考えます。 以上を踏まえ、皆様はどうお考えですか? 客観的なご意見をお待ちしております。 炎上「商法」にするにはネタバラシした時に世間を怒らせたら失敗だと思うんですよね。 怒らせる=好感度が下がる、ファンが減る、アンチが増える、攻撃される。 社長は「ネタバラシ動画を上げて2、3時間はさすが社長!など好意的なコメントがほとんどだったが、ジャスミンがツイッターで「 騙された人に ねえ今どんな気持ち?」と煽った事で彼女を心配していた人達が怒って騒動が大きくなった」と言ってます。 社長はもともと破天荒キャラで認知されているので許されると計算していたけど、ジャスミンさんは被害者としての認知しかなかったので しかも煽っちゃったので 世間はそれを許さず、そこを社長は読み違えたのかなと。 名誉棄損、侮辱罪に当たるものは違法ですね。 クレームだと営業妨害にはならないかと思います。 後、スポンサーが降りたという話も聞きますが、スポンサーは好感度知名度のある著名人にあやかる為お金を出すので騒動で降りるのは仕方がないと思います。 まあやはりセクシャルな苦しみが伴う「セクハラ」などはナーバスな話題なのでネタにするにはリスキー過ぎたと思います。 それでも世間はすぐ忘れると思いますよ。 殆どの人にとっては他人事だからです。

次の

レペゼン地球が炎上商法の件で批判を受け、開催が決定していたドー...

レペゼン 炎上

グループ「」のDJ社長の・パワハラ騒動が"炎上プロモーション"だと判明し、各所から批判が相次いでいる。 騒動は7月17日、DJ社長の事務所に所属するタレント・ジャスミンゆまさんがツイッターでDJ社長からセクハラ・パワハラを受けていると告発したことが発端。 DJ社長は20日、炎上プロモーションだと明かし、レペゼン地球の活動再開とロックバンド「マキシマムザホルモン」とのコラボ曲「パワハラザホルモン」を発表した。 一部ファンからは称賛の声があがっているが、ネット上では、セクハラやパワハラを炎上に使ったことについて批判が殺到。 21日、レペゼン地球、ジャスミンゆまさん、マキシマムザホルモンはツイッターで謝罪。 現在、コラボ曲のMVは削除されている。 同じYouTuber界隈では、シバターさんが21日投稿ので騒動に言及。 一連の炎上はレペゼン地球が今年9月に埼玉県のメットライフドームで行う「ドームライブへの集客」のためだと推測した。 「動画消したのはダサい」「嫌われたくないなら嫌われるような動画は作らない方がいい」 その上で、いわゆる"炎上商法"のあり方について語った。 炎上して注目を集めるのは「最初だけでいい」と説明。 多くの人にとりあえず自分を知ってもらう"売名期"なら効果的だが、「成熟しきったコンテンツにおいて炎上、しかも嫌な炎上の仕方っていうのはマイナスでしかない」と話す。 「レペゼン地球のDJ社長は頭いいことをやったつもりなんだけど、もうちょっと炎上商法に対する考え方とか、自分がどういったファンを持っていてどういう風に行動すべきかがちょっとズレてたかなって感じ。 もうちょっと勉強しなおして来ようね」 レペゼン地球は現在登録者数は184万。 YouTubeチャンネルが一つのビジネスとしてすでに成立しており、もうリスク管理をしなければいけない頃合いだろう。 また、MVを消したことについては「動画消したのはダサいよね。 俺だったら消さない」といい、 「嫌われたくないんだったら嫌われるような動画は作らない方がいいよ」 と忠告した。 「そんなデリケートな問題を軽々しくネタにするのは正直クソ」 同じく物申す系YouTuberのPDRさんも21日投稿の動画で同騒動を批判。 日本にはパワハラやセクハラを受けているが人が大勢いるにも関わらず「そんなデリケートな問題を軽々しくネタにするのは正直クソだと思います」といい、 「ジャスミンの(告発)ツイートを見て勇気をもらった人たち、応援リプを送ったセクハラ経験者のみなさんの顔にペッてツバを吐きかけているようなもんですね」 と話した。 テレビ朝日は22日に放送予定だったDJ社長出演予定の番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」の放送を見送ると発表。 同騒動を受けての放送中止とみられる。 フィフィさんはツイッターで、 「これこそまさにタイトル通り『しくじり先生 俺みたいになるな!!』なんだろうけど、例えば炎上マーケで登録者を稼ぐネットと違ってテレビはスポンサーが、それを嫌うから同じ様にはいかない」 とコメントした。

次の

レペゼン地球・DJ社長のパワハラ騒動は炎上プロモーション 今後の活動について動画で明かす|Real Sound|リアルサウンド テック

レペゼン 炎上

レペゼン地球やDJ社長のファンから叩かれると思いますが 事務所を辞めさせて頂きます 応援してくれてた方々 申し訳ないです。 その動画の中に今回の炎上・炎上商法をネタにした曲が組み込まれていました。 『パワハラザホルモン』という曲です。 マキシマムザホルモンが出演しており、 炎上でホルモンさん側にも迷惑がかかったため、この動画は削除されたものだと思われます。 ドームでライブをやる前にもう一度一気に知名度を上げる戦略だったということです。 坊主にもしていませんでした。 DJ社長最高!すげえ!聡明!という声、もありますが、 やはり笑えない。 という声もあり、 賛否両論ありますが 結果めちゃくちゃ話題になっているので DJ社長の戦略通りです。 削除された動画の中の曲の部分だけ、転載されていました。 ねぇ、今どんな気持ちぃ?? 言ってみたかった これからもよろしくお願いします。 スポンサーリンク 多くの人を欺くやり方だと炎上 Twitterで多くの人がレぺゼン地球について言及したツイートをしているため、どんどん拡散されて炎上していますが、策略通り知名度がさらに上がっています。 DJ社長と仲の良い、何人かの有名YouTuberで DJ社長すごすぎん!?最高!!鳥肌!など 称賛している人もいましたが、 そのようなツイートも炎上しており、 ツイートを削除している件が多発しています。 ドームでライブをやることが夢と言い続けていました。 Twitterに過激な動画を上げて有名になり、 それからYouTubeを初めてさらに人気になりました。 このため、YouTuberではなくDJだ、と本人たちは言っています。

次の