マイクラ キノコ ブロック。 マイクラでのキノコの栽培方法と育て方などまとめ!

キノコブロック

マイクラ キノコ ブロック

本日のメニュー• 縦7マス横7マス高さ8マスの空間が必要• 屋根も必要• これを金ブロックの部分全て高さ9マスで囲って下さい。 囲い終わったらしっかりと屋根をします。 その植えたキノコに骨粉を使用すると・・・ キノコが巨大化できるわけですね! 骨粉を使わず、自然に待ってもみましたが・・・ いつまで経ってもキノコは巨大化しませんでした(苦笑) キノコを 巨大化させるには骨粉は必須のようですね。 骨粉を量産できる はコチラ! これが基本的なキノコの育て方になります。 他にも栽培方法はあるのですが、効率を考えると現実的ではないので・・・ オールカットでお願いします。 茶色のキノコ• キノコが置けない場合は隣に何かしらのブロックがあるか、栽培場が成長条件を満たしていないかのどちらかになります。 例えば辺り一面にたいまつを仕掛けましたが、キノコは置けませんでした。 キノコを植える場所に隣接するたいまつだけを取ったら置けるように! どうやら明るさは関係ない模様です。 斧だとサクサク回収できるので、簡単に回収できます。 普段斧を持ち歩かない人は栽培場に専用の斧を置いておくといいでしょう。 キノコシチューの作り方 回収したキノコをクラフトして、キノコシチューを作ることができます! キノコシチューの作り方は・・・• 赤色のキノコ• 茶色のキノコ• ボウル この3つのアイテムが必要になります。 これでボウルが4個できます。 赤色のキノコ• 茶色のキノコ• ボウル この3つのアイテムを横に並べると、キノコシチューができます。 赤色のキノコ• 茶色のキノコ• ボウル• 作業台• 右が茶色のキノコブロックになります。 この キノコブロックをシルクタッチなしの斧で壊せばキノコになります。 とりあえずブロック化しておいて、建築に使うなり、あとで壊してキノコにするなりするといいかもですね! キノコの栽培方法と育て方などまとめ• キノコの栽培の成長条件は縦横7マス+高さ8マスの空間がある栽培場が必要。 骨粉を使わないとキノコは巨大化しない。 キノコの使い道はキノコシチューとキノコブロックを作ること はい!ということで今回はキノコの栽培方法と育て方について解説してみました。 今回の記事で役に立つ部分があれば、是非やってみて下さいね。

次の

【マイクラ】キノコの育て方 効率的な栽培方法ありまっせ!【統合版】

マイクラ キノコ ブロック

キノコ栽培の条件 キノコ栽培の条件は、 空に面しておらず、明るさ12以下であること。 空に面しているとアウトなので地下室を掘るか屋根を作った上で、光量を調整しなければなりません。 その条件さえ満たしていればキノコを設置するブロックは基本的に制限なく、自由に栽培できます。 流石にホッパーの上とかは無理みたいですけど。 植えた後に明るさが12を超えてもキノコは破壊されませんが、 隣接ブロックに変化があると破壊されます。 明るさ12以下とはどれくらい? では、明るさ12以下とはどれくらいの明るさなのでしょうか。 完全な密室にたいまつを立ててみました。 この条件でキノコが植えられる場所は、 たいまつの前後左右以外全てとなります。 たいまつは明るさ14を持っているので隣接ブロックは明るさ13でキノコ設置不可、その隣は明るさ12となりキノコ設置可能となります。 ほんでもってたいまつを壁に設置した場合、その1ブロック下が明るさ13で設置不可、その隣から設置可能。 なので、高さ3の位置にたいまつを置いとけばキノコを縦横無尽に置けるってわけですね。 キノコの増殖の仕方 キノコは栽培条件を満たしている時に限り、 周囲2マス以内に増殖していきます。 サトウキビなんかは縦に伸びますけど、キノコは横に広がっていくのでそれだけスペースを確保しなければならないのが面倒ですね。 増殖効率をチェックするため、このような空間を作ってみました。 なんとなく「キノコの間隔4マスのほうが良かったんじゃね?」とか思ったりもしますけど、手直しも面倒ですしこれで放置してみましょう。 5分後 1つ増えてますね。 それなのになかなか増えないのは、 単純にキノコの増殖スピードがこんなもんってことなんでしょうね。 敵が出現しないキノコ栽培所の作り方 ゆっくりでもいいからキノコを増殖させたい!という人は、敵が出現しないキノコ栽培所を作りましょう。 マイクラの敵はほとんどが 明るさ7以下の場合に出現します。 赤い羊毛が明るさ8以上の場所。 明るさ7の場所を作らないようにするには、 この様にたいまつを両サイドに置きましょう。 10マス幅であれば両サイドにたいまつを置くことで理論上湧き潰しができます。 しかし、明るさ7以下の場所はなくなるものの・・・ 全ブロックにたいまつを置かなきゃいけないので大変! 妥協して9ブロック幅にすれば、交互にたいまつを置いて湧き潰しできるのでコストを半分にできます。 これも一つの手。 まず、縦横7ブロック、高さ8ブロックの空間を作り、 中央は土ブロックにしてキノコを設置。 敵が湧かないよう地面にたいまつも置いときましょう。 そして骨粉を与えると・・・ 巨大なキノコに成長します。 巨大キノコを壊す(斧が早い)とキノコをドロップしたりしなかったりで、一つの巨大キノコにつき大体10個くらいのキノコが得られるはずです。 決して大量というわけではありませんが、骨粉さえあればいくらでも作りだせるので急ぎで必要な場合におすすめ! 菌糸ブロックを使う キノコ島バイオームは菌糸ブロックが出現し、シルクタッチ付きシャベルで入手できます。 菌糸ブロックには• 明るさ条件を無視してキノコを植えられる• キノコの増殖スピードが早い という特性があり、まさにキノコ栽培のためにあるブロック。 25個ほど植えてみました。 まとめ 色々と試してみた感じ、キノコをたくさん入手するのはかなり手間がかかると感じました。 巨大キノコにしても作っては壊し作っては壊しで労力かかる割に入手数はそんなにですし。 菌糸ブロックで出来たメチャメチャ大きな栽培場を作って、地道に貯めるのが一番簡単な集め方かなーと思います。 コチラも参考に!:.

次の

巨大キノコ

マイクラ キノコ ブロック

意外と植えられるブロックは多いです。 明るさが12以下 キノコを植えられるのは明るさが12以下の場所となっております。 明るさ12っていうのは、 昼間の太陽直下が明るさ15、屋根が3ブロック目まであれば明るさ12。 たいまつを置いた場合は、置いたブロックの明るさが14で、そこから1ブロックごとに明るさが1減少。 地面から3ブロック目にたいまつを置くと直下の地面の明るさが12となり、キノコを地面のどこにでも植えられるようになります。 ただし明るさが7以下になるとモンスターが湧いてしまうため、明るさ8~12をキープするような置き方にしましょう。 地面から3ブロック目にたいまつを置くなら8ブロック間隔で実現可能。 菌糸・ポドゾルなら明るさは関係ない 菌糸・ポドゾルにキノコを植える場合、明るさ関係なく植えられます。 極力どちらかを使いたいですが、菌糸はキノコバイオーム・ポドゾルはメガタイガバイオームと、珍しいバイオームで入手しなければなりません。 菌糸はひとつあれば土ブロックに伝染して増殖させられるので、できればキノコバイオームを見つけたいところですね。 キノコの繁殖条件 左右4ブロック・上下1ブロックに5つまで キノコは左右4ブロック・上下1ブロック以内に5つ存在するとそれ以上繁殖しません。 当然これはアウトで、 1段上にキノコが生えてるこれもアウトで、 1段下に生えててもアウト。 範囲はマンハッタン距離で、斜めも含みます。 これもアウト! 繁殖先も同じ範囲 繁殖先も同じ左右4ブロック・上下1ブロックと思われるので、 「左右4ブロック・上下1ブロック内にキノコが5つ未満のとき、その範囲内に繁殖する」 というのがキノコの繁殖ロジック。 茶色いキノコと赤いキノコは別々にカウント 茶色いキノコと赤いキノコは別々にカウントされ、例え茶色いキノコが5つ存在しても、 赤いキノコは5つになるまで繁殖できます。

次の