天ぷら 元吉 いも。 代官山Tempura Motoyoshiてんぷらもとよし いもは絶品スイーツが頂ける!

さつまいも天ぷらに塩アイスの神コラボが誕生...!?この絶妙な組み合わせがおいしすぎるとIGで話題なんです

天ぷら 元吉 いも

老舗の技をお気軽に堪能できるという贅沢 天ぷらをメインに勝負し「絶妙な感覚を要する天ぷらの神髄」を体感できる、南青山の天ぷら専門店「天ぷら元吉」。 創業から挑戦と成長を続ける「天ぷら元吉」が、2019年9月にテイクアウト店「Tempura Motoyoshi いも(てんぷらもとよし いも)」を代官山にオープンさせました。 初めての感覚!「さつま芋天ぷら+塩そふと」を実食 今回いただいたのは「塩そふと丸十(まるじゅう)650円(税込)」のソフトクリームです(コーンまたはカップ)。 「丸十」とは、天ぷら屋さんの隠語でさつま芋のこと。 「薩摩の国からお芋」という事で、薩摩藩主島津家の家紋「〇に十」の字にちなみ「丸十」となったそうです。 島津家のように重厚感あるソフトクリームの堂々たる姿の「塩そふと丸十」。 輝きを放つ塩そふとには黒い粒粒の「竹炭の塩」がふりかけられていました。 写真を撮る手もドキドキします。 角のない石川県能登島の塩が加えられたコクある牛乳が混ざりあった塩そふとは、甘いじょっぱくて濃厚。 能登の塩とはまたちがう塩気の「竹炭の塩」は少しプチプチと、食感も一緒に味わえます。 その隣で輝く丸十。 薄い天ぷらの衣に包まれたさつま芋は、甘くねっとりと、甘みを十分にたくわえていました。 塩そふとと合わせたらスイートポテトのように変化して、天ぷらの匠の技にうなるほど美味です・・・。 ここで終わらない、天ぷら専門店の発想がありました!なんと、トッピングの塩「能登の塩・竹炭の塩・藻塩・シナモン」の4種類を自由にふりかけることができるのです!お店の方の「全部お試しください」というお言葉に甘えて、少しずつ味見させていただきました。 「藻塩」は「能登・竹炭」とまた違い、海の香りがマイルド。 「シナモン」はその香りを強調しつつ、塩そふとと相乗効果で和洋風に変化して、どれもこれも、それぞれの良さを発揮していました。 もちろん、丸十にふりかけても相性抜群で、最後まで黙々と、じっくり味わいたくなる絶品逸品です! 四季を通して、ほっこりと テイクアウトのさつま芋天ぷら「丸十」も紹介します。 「丸十」は、1本・630円、ハーフ・330円、5本箱入・3,350円(全て税込)と、単品と箱入の販売で、通年販売の「丸十」は季節により「新丸十」「旬丸十」「名残り丸十」と味わいが変わるそうです。 お芋から日本の四季を感じるという風情あるお芋の食べ歩きと手土産ですね。 お気軽なテイクアウト店なのに、落ち着いた照明の和の空間に、気品があり、お店の方の丁寧で暖かな笑顔が嬉しい。 神髄が随所に貫かれている店内で、ちょっこっと長椅子に腰かけて、新しいさつま芋スイーツにほっこりしてみてはいかがでしょう。

次の

#天ぷら元吉いも ソフトクリーム食べてみた|やまマル|note

天ぷら 元吉 いも

老舗の技をお気軽に堪能できるという贅沢 天ぷらをメインに勝負し「絶妙な感覚を要する天ぷらの神髄」を体感できる、南青山の天ぷら専門店「天ぷら元吉」。 創業から挑戦と成長を続ける「天ぷら元吉」が、2019年9月にテイクアウト店「Tempura Motoyoshi いも(てんぷらもとよし いも)」を代官山にオープンさせました。 初めての感覚!「さつま芋天ぷら+塩そふと」を実食 今回いただいたのは「塩そふと丸十(まるじゅう)650円(税込)」のソフトクリームです(コーンまたはカップ)。 「丸十」とは、天ぷら屋さんの隠語でさつま芋のこと。 「薩摩の国からお芋」という事で、薩摩藩主島津家の家紋「〇に十」の字にちなみ「丸十」となったそうです。 島津家のように重厚感あるソフトクリームの堂々たる姿の「塩そふと丸十」。 輝きを放つ塩そふとには黒い粒粒の「竹炭の塩」がふりかけられていました。 写真を撮る手もドキドキします。 角のない石川県能登島の塩が加えられたコクある牛乳が混ざりあった塩そふとは、甘いじょっぱくて濃厚。 能登の塩とはまたちがう塩気の「竹炭の塩」は少しプチプチと、食感も一緒に味わえます。 その隣で輝く丸十。 薄い天ぷらの衣に包まれたさつま芋は、甘くねっとりと、甘みを十分にたくわえていました。 塩そふとと合わせたらスイートポテトのように変化して、天ぷらの匠の技にうなるほど美味です・・・。 ここで終わらない、天ぷら専門店の発想がありました!なんと、トッピングの塩「能登の塩・竹炭の塩・藻塩・シナモン」の4種類を自由にふりかけることができるのです!お店の方の「全部お試しください」というお言葉に甘えて、少しずつ味見させていただきました。 「藻塩」は「能登・竹炭」とまた違い、海の香りがマイルド。 「シナモン」はその香りを強調しつつ、塩そふとと相乗効果で和洋風に変化して、どれもこれも、それぞれの良さを発揮していました。 もちろん、丸十にふりかけても相性抜群で、最後まで黙々と、じっくり味わいたくなる絶品逸品です! 四季を通して、ほっこりと テイクアウトのさつま芋天ぷら「丸十」も紹介します。 「丸十」は、1本・630円、ハーフ・330円、5本箱入・3,350円(全て税込)と、単品と箱入の販売で、通年販売の「丸十」は季節により「新丸十」「旬丸十」「名残り丸十」と味わいが変わるそうです。 お芋から日本の四季を感じるという風情あるお芋の食べ歩きと手土産ですね。 お気軽なテイクアウト店なのに、落ち着いた照明の和の空間に、気品があり、お店の方の丁寧で暖かな笑顔が嬉しい。 神髄が随所に貫かれている店内で、ちょっこっと長椅子に腰かけて、新しいさつま芋スイーツにほっこりしてみてはいかがでしょう。

次の

さつまいも天ぷらに塩アイスの神コラボが誕生...!?この絶妙な組み合わせがおいしすぎるとIGで話題なんです♡

天ぷら 元吉 いも

Tempura Motoyoshi いも のメニュー Tempura Motoyoshi いものメニューはこれだけです! メニュー 金額(税込) 丸十(まるじゅう):さつまいも天ぷら 630円 丸十(まるじゅう) ハーフ:さつまいも天ぷら 290円 丸十 五本箱入り 3,350円 塩そふと丸十:塩ソフトクリームにさつまいも天ぷら 650円 「丸十」はさつまいもの天ぷらのことです。 さつまいもの天ぷらか、さつまいもの天ぷらが乗った塩ソフトクリームのみ。 「丸十」については、Tempra motoyoshiのサイトに意味が書いてありました。 丸十とは天ぷら屋さんの隠語で、さつま芋の事です。 薩摩の国からお芋という事で、薩摩藩主島津家の家紋の 〇に十の字にちなんで、丸十と呼んでおります。 出典: メニューとしては「さつまいもの天ぷら」だけですが、季節によってお芋の種類や調理法が変わるようです。 新丸十(さつまいもの天ぷら)をいただきました! さつまいもの天ぷらがのっている「塩そふと丸十」が人気のようでしたが、おなかもいっぱいだし寒かったので、「丸十」をいただきました。 テイクアウト専門なのですが、店内に椅子が何個かと、店外にベンチがあるので、そこでいただくこともできます。 商品受け取り口には季節を感じるお盆。 撮影用にぴったりです。 さすがの気遣い。 受け取り口には以下の4つのお塩が用意されていました。 能登浜塩• シナモン 全部ちょっとずつ試してみたい…! こちらが新丸十です。 すごい黄色い! お店の方が「1時間以上火を入れているんですよ〜」と教えてくれたのですが、とても甘くておいしかったです。 皮もパリパリだし。 天ぷらの衣もパリッとしていました。 ついてるのかなーっていうレベルの薄さでした。 (皮が薄くて、そのまま天ぷらにしているのが「新丸十」の特徴だそうです) 持ち帰り用には小さな藻塩をつけてくれるので、それでいただきましたが、ほどよい塩がお芋の甘みを引き立たせてくれて幸せでした。 次回はおなかをすかせて塩そふとにもチャレンジしたいな〜 「天ぷら 元吉」とは? 「Tempura Motoyoshi いも」は「天ぷら 元吉」のテイクアウト専門店です。 「天ぷら 元吉」は青山にある天ぷら屋さん。 食べログ4. 25、食べログアワード2019でブロンドを獲得しているお店。 カウンターのみ9席のお店で、予算は2万円程度の高級店! そんな高級店の天ぷらを、手軽にテイクアウトで味わえるなんて贅沢ですね。 Tempura Motoyoshi いも の店舗情報 店名 Tempura Motoyoshi いも 住所 東京都渋谷区代官山町20-6 公式Instagram.

次の