東 久留米 市 下 里 殺人 事件。 東久留米の名前の由来|東久留米市ホームページ

黒い看護婦

東 久留米 市 下 里 殺人 事件

東京都東久留米市下里の民家で8日、室内が物色され、2階寝室から住人の会社員、二岡一浩さん(55)の遺体が見つかった強盗殺人事件で、1階の窓が熱を加えて破られていたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。 警視庁田無署捜査本部は8日未明に何者かが窓の鍵を開けて室内に侵入し、就寝中の二岡さんを殺害したとみて調べている。 捜査関係者によると、玄関脇にある1階リビングの掃き出し窓のクレセント錠付近には熱した形跡があり、約20~30センチ四方に割られていた。 窓にガスバーナーなどで熱を加えて破り、錠を開ける手口は、ガラスを割る音が小さいため侵入盗などで用いられる。 110番通報を受けて警察官が駆けつけた際には、窓が開いたままカーテンが閉められた状態だった。 室内は1、2階の居住スペースの大半が物色されており、引き出しが開けられて物が散乱するなどしていた。 また、遺体が見つかった2階寝室のベッドの上の天井には、血しぶきのような痕跡があった。 二岡さんはベッドで就寝中に襲われ、刃物で首や腹など30カ所以上を刺されて殺害されたとみられる。 現場から凶器は見つかっていない。 二岡さんは内縁の妻、妻の長女と3人暮らしで、事件当時、妻と長女は海外旅行で不在だった。 内縁の妻から「連絡がつかない」と連絡を受け、様子を見に来た妻の次男が8日午後1時20分ごろに110番通報した。

次の

福岡県久留米市「膝下まで冠水しとる」水位上昇しっぱなし!筑後川氾濫危険水位に(画像・動画)

東 久留米 市 下 里 殺人 事件

7月31日• 転落による死亡事故の発生 7月31日、唐津市内の九州電力株式会社旧唐津発電所において、作業中の男性(48歳)が解体中の鉄塔から何らかの理由により転落する死亡事故が発生しました。 【唐津署】• 窃盗(自動車盗)事件被疑者の逮捕 平成30年1月21日から同月23日までの間、小城市内の会社駐車場に駐車された普通貨物自動車1台(時価10万円相当)を窃取したとして、男(18歳)を逮捕しました。 【小城署】• 建造物侵入、窃盗未遂事件被疑者の逮捕 7月29日、窃盗の目的で佐賀市内のパチンコ店に侵入し、糸付きのパチンコ玉を発射してパチンコ台の入賞口付近に貯留させ、後続で発射したパチンコ玉を入賞口に誘導する方法でパチンコ玉を窃取しようとしたとして、男(34歳)を逮捕しました。 【佐賀南署】 7月29日• 窃盗(払出盗)事件被疑者の逮捕 平成28年7月12日から同年8月18日までの間、不正に入手した他人名義のキャッシングカード2枚を使用して、小城市内及び佐賀市内のコンビニエンスストアに設置されたATMから計8回現金を引き出し、合計131万2,000円を窃取したとして、男(32歳)を逮捕しました。 【佐賀北署】• 出入国管理及び難民認定法違反(不法残留)事件被疑者の逮捕 平成26年9月19日、本邦に入国し、在留期限は平成28年10月14日までであったが、同日までに在留期間の更新又は在留資格の変更を受けないで本邦から出国せず、在留期限を経過して不法に残留したとして、ベトナム国籍の男(27歳)を逮捕しました。 【鳥栖署、警備第一課】.

次の

久留米市東合川7丁目 下弓削川橋信号北西側付近で建物火災 黒煙があがる

東 久留米 市 下 里 殺人 事件

8日午後、東京・東久留米市の住宅で50代とみられる男性の遺体が見つかりました。 遺体には切られたような傷があり、警視庁は殺人事件の可能性があるとみて捜査しています。 午後1時20分、東久留米市下里の住宅で「玄関横のガラスが割られている」とこの家の住人の息子から110番通報がありました。 警視庁によりますと、住宅2階の部屋のベッドで50代とみられる男性が上半身から血を流して死亡していました。 遺体には刃物で切られたような傷があるということです。 今のところ、凶器などは見つかっていません。 死亡していた男性はこの家の住人とみられていて、警視庁は身元の確認を急ぐとともに殺人事件の可能性があるとみて調べています。 引用:Wikipedia 東久留米市殺人事件:犯人は誰で名前は? 現段階では、警察側から殺人事件であると断定はありませんが、 「 遺体に刃物の切り傷」「 割られた玄関のガラス」という要因から見て、殺人事件でしょう。 犯人ですが、今の所判明していません。 どうやら、部屋が物色された様子があり、強盗が押し入り殺人をしたようです。 未だ犯人は捕まっておらず、付近に逃走している可能性があります。 また、犯人が判明次第、追記していきます。 犯行理由がどうであれ、人を殺す、という行為は許されないですよね。 早期に犯人が発見されることを祈ります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の