サイレント アサシン フラッシュ ブースト。 サイレントアサシンに追加モデル。フラッシュブースト搭載の「シマノ サイレントアサシン 129F/129S、140F/140S フラッシュブースト」が登場

サイレントアサシン120Fフラッシュブースト|ルアー|用品|製品情報|シマノ

サイレント アサシン フラッシュ ブースト

出典:SHIMANO 新発売されたモデルが何やら凄そうなので詳しくチェックしていきましょう。 最後に、 買うならどこがお得で買えるか調べた結果も載せておきます! シーバスにおいて、このルアーを語らずにはいられません。 サイレントアサシンシリーズ シーバスアングラーは必ず耳にするルアーシリーズですね。 港湾、干潟、河川などどこでも通用するミノー。 99ミリ〜140ミリまでサイズ展開しているので、シーバスの魚でも結果を残しているシリーズですね! では、新しく発売したモデルはどんな特徴があるのでしょう? そちらを見ていきましょう。 平均飛距離:65. 7m(無風状態において) 最大の特徴は「フラッシュブースト機構」 ルアー内部にスプリングで反射板を吊るしてある構造。 光(フラッシング)を他のルアーでは届かない場所まで届ける事ができるので、 魚を遠くから引っ張ってくる力が脅威的です。 「今日は深いレンジから上がってこないぞ?」なんて時に、ゆっくり巻きながらでも アピール力が高いので効果を発揮しますよ! 反射プレートがスプリングにくっつく事で、少しの振動で揺れてくれるので 動かず浮かしておくだけでも勝手にアピールしてくれます。 「AR-C重心移動システム」 このシステムを用語を使って解説すると長くなってしまうので、簡単に説明すると 「投げる時は一番飛距離が出やすい方向へ重心が移動する事で誰でも遠くへかっ飛び、着水した時には巻いてくる方向へ重心が瞬時に移動するので魚に違和感も与えにくい」みたいな感じです。 しかもそれがほぼ 100%で機能するらしいです。 シマノさん天才かよ 笑 まじで初めて投げた時は結構衝撃受けると思います。 軽く投げても「ビューン!!」と飛んでいくので、めっちゃ遠投できます。 まじで。 カラーが運任せになりますね。

次の

【気になる!!】2019シマノの狂鱗&フラッシュブーストは釣れる?サイレントアサシン 等に搭載

サイレント アサシン フラッシュ ブースト

基本ステータス• シャローアサシンの総評 まずは名前がかっこいいですねというのは置いといて、最初に目につくのがフラッシュブーストシステムですね。 後述しますが既存のルアーにはない要素なので面白いです。 99mm14gでタックルがエンカウンター96MLでPE08で50m以上は飛びます。 こちらはサイレントアサシン99と似た感じのフィーリングですね。 アクションは動画を参照にしてもらうと良いですが、ヌメッとした感じのウォブリングで引き抵抗は少なく使用感のストレスもありません。 しかし、ラパラやX-80などと比べると弱いので慣れてない方はちょっと不安になる巻き抵抗ですね。 潜行深度は浅くロッドを立ててある程度ドリフトさせれば30cm圏内を泳ぐのでシャローでの使用も苦になりません。 足場が高い場所は苦手ですが、潮位が高い時なら普通に使用できます。 フラッシュブースト機構とは? ボディ内部に鏡上の板が入っており、それがウォブリングと同時に左右にパたつくので、自動的にフラッシングで出るシステムとなっています。 結構光は強烈で夜間にライトで照らすとギラギラとはためいているのが分かります。 このフラッシュブーストは任意的なジャーキングやトゥイッチで起こさずに勝手に起きるので アクションに不慣れな方でも自動でアピールしてくれます。 かなり画期的なアイデアだと思いますね。 フラッシュブーストに目が行きがちだが・・・ どうしてもフラッシュブーストに目が行ってしまいますが、使用感がよい完成されたミノーだと思います。 リップ付きミノーが苦手な激シャローでも使えますし、キャストフィールも非常に良いのでフラッシュブーストなしでもかなり使いやすいミノーです。 シャローアサシンの使い方 基本は ドリフト一択でOKです。 どうしてもフラッシュブースト機能でアピール力が上がっているので無理にゴリゴリ巻くとあっという間にすれて食わなくなります。 なので基本を踏襲したアップクロスからのドリフトでターンした時や、ちょっとしたバランスの崩しで フラッシュブーストがぎらついてドーンといった感じで使うと良いでしょう。 できれば、アピール力の高さを生かしてシーバスが浮いているような状況で使うとよりグッドですね。 基本大物狙いのルアーではないので数釣るイメージで表層のフッコあたりを刈っていくイメージで使用するとより効果があります。 ベイトパターンはおすすめはやはりイナッコパターンです。 99サイズは河口でよくいるイナッコに合わせて使うと非常にハマりやすいので、河口ではかなり有効なミノーです。 性能的にじっくり食わせるタイプではないので、できれば先鋒でパイロットルアーとして使用するのが好ましいでしょう。 シャローアサシンに合うタックル 基本は96MLを基準にお好みでといいたいところですが、やはり飛距離の確保やドリフトの操作性、シーバスの型から考えるとライト寄りのタックルバランスの方が全体的にスマートにハマると思います。 シマノでいうとアサシン80やアサシン99なども使いやすくなるので、ミノーでガンガン行きたいときはおススメです。 逆に10フィートでMHやMだと飛距離が減衰してしまったり、フッコなどはバラシまくってしまうので注意しましょう。 お勧めはシマノのエンカウンター96MLですね。 PEは08、06あたりがおススメです。 シャローアサシンの釣果 こちらはハクにボイルしていたシーバスですね。 サイズ的には全くハマってないですが、なぜかぶっ飛んでバイトしてきました。 シーバスから見るとフラッシュブースト機能が小魚の群れに見えるのではないかと思ってます。 こちらはドリフトの釣果ですね、無駄に巻きが重くないのでドリフトが非常にやりやすい印象を受けます。 基本的なアップクロスでターンでゴンといった感じでした。 こういったセイゴからフッコの浮いているシーバスには結構強いルアーです。 シャローアサシンQ&A• サイレントアサシンとシャローアサシンの使い分けはどうすればいいのでしょうか? 潜行深度で使い分けるとよいですね、特にアサシン99は割と潜るのでウェーディングで油断しているとボトムをガリガリしてしまいます。 こういった時はシャローアサシンにチェンジといった感じです。 あとちょっとの差でシーバスがバイトしてこない時もこない時もそのちょっとの差を埋めるためにローテーションすると良いでしょう。 シャローアサシンはデイゲームでも釣れますか? 全然大丈夫です。 ファストリトリーブやジャーキングでも結構よい動きをしますし、フラッシュブーストもデイではかなり効果的なので積極的に使用しても問題はないと思います。 サーフとかでの使用もありですね、飛距離の問題や風の問題もありますがサーフ用のロッドでもある程度は飛びますので近距離のイワシボイルや、シャローのベイト狙いで使用するのもアリかなとは思います。 フラッシュブーストも良いですが全体的にかなり使いやすく初心者から上級者まで楽しく使えるミノーです。 通年使いまくると平均サイズは下がると思いますが、それでも良いのならかなりおススメです。 しかし、スレには強くないので闇雲に使用するのではなく先鋒で広くドリフトでを心がけないとスレ河川では厳しい場合もあるので注意してください。

次の

【気になる!!】2019シマノの狂鱗&フラッシュブーストは釣れる?サイレントアサシン 等に搭載

サイレント アサシン フラッシュ ブースト

本物を超えるリアルな狂鱗 次に超リアルな鱗のホログラム「狂鱗」がペイントされたルアーです。 これもソルト用のミノーなどに搭載されています。 本物のイワシから鱗を採取して開発し、徹底的にリアルに作られているそうです。 目の良いヒラスズキが違和感なく襲いかかってきたそうです。 すごいですね。 長年釣りをしてますので、この手の話を鵜呑みにすることはありません。 だいぶスレてますので、簡単には騙されませんよ。 まあ気になるルアーではあります。 このルアーがバス釣りでも使えるのか試してみたいですね。 これからのワカサギパターンで使えるかもしれません。 1個買うかな。

次の