長野県 葬儀場。 都道府県別!葬儀の特徴を解説〜長野県〜|お坊さんのいないお葬式|日本全国の葬儀場をご案内

八幡法事センター(長野県千曲市)の葬儀場情報【小さなお葬式】葬儀費用が11.9万円から

長野県 葬儀場

長野県は、冠婚葬祭において地域の繋がりが強い地域といわれています。 近所で不幸があると近隣の住民が手伝い、個人と縁のあった多くの人の手で送り出すことに特徴があります。 地域ごとの違いも多く、初めて長野県で葬儀に参列する方は戸惑うことがあるかもしれません。 ここでは長野県の葬儀の形式や風習、葬儀に参列する際の注意点をまとめています。 【目次】 長野県の葬儀の形式 長野県松本市では、葬儀の前に火葬を済ませる「前火葬」で葬儀が営まれます。 かつて、雪深い東北地方では参列者が会場に到着するまでに遺体が傷んでしまうことがありました。 それを防ぐために前火葬の葬儀が行われてきましたが、積雪量の多い松本市でも同様の形式で葬儀が営まれるようになったと考えられます。 また、前火葬、後火葬いずれの場合も納棺を済ませると、親族だけで膳を囲む風習があり、これを別れの食事としているそうです。 さらに、長野県は近隣の付き合いが色濃く残っているため、現在でも通夜・葬儀を自宅で行い、隣近所の人々が手伝う形で行われます。 ほかにも、県西部では日が暮れてから葬儀を執り行う風習があるそうです。 長野県の葬儀の風習 長野県の一部地域では、通夜の香典に「お見舞い」と表書きした紅白の水引がついた袋を用いる場合があります。 これは生前の闘病中にお見舞いに行けなくて申し訳なかったという意味を含んだ習わしに沿ったものです。 主に北陸地方で行われている風習ですが、特に新潟県や富山県に近い地域に伝わるようです。 後火葬を行う地域では、火葬場に向かう際に遺族が肩に白い布をかける風習があります。 ここで用いる白い布のことを「いろ」と呼び、それを肩にかけることは「いろをつける」といいます。 白はこの世とあの世をつなぐ色とされていますので、故人をあの世の手前まで見送るという意味が含まれているようです。 また、飯山市を中心とした北信地域では葬儀が終わるまで、家の前に門牌を置いて故人を悼む風習が今もなお残っており、農作業で多忙な中で供養した名残とされています。 一方、大町市周辺にはユニークな返礼の習慣があり、生花や果物などの供物のお返しにビール券を配っています。 長野県の葬儀の注意点 先述したように、長野県には近隣住民との繋がりが現在も色濃く残っています。 都市部では徐々に減りつつあるようですが、通夜や葬儀の会場でそうした隣組の方からの接待を受ける機会が多いかもしれません。 初めは戸惑いを感じるでしょうが、ありがたく受けるようにしてください。 また、葬儀の後の精進落としに参列してほしい人には案内状を出すので、案内状を受け取ったら、香典は食事代を含む金額を包むようにしましょう。 さらに、千曲川流域の東信地方の佐久・南佐久地域は葬儀が予定時刻より30分前倒しで行われています。 予定時刻に会場に行ったら、すでに焼香は終っていたということも考えられるので、この地域で葬儀に参列する際には十分に注意してください。 佐久市、小諸市、南北佐久地域では冠婚葬祭の負担を軽くするための「生活改善方式」という行政の申し合わせがあり、この方式で葬儀を行う場合は香典は1000円以内に収め、供物の生花や見舞金なども不要です。 生活改善方式で葬儀が行われる場合は案内状や式場で告知されることになっていますので、告知を受けた場合は注意してください。 今回のまとめ 長野県の葬儀は地域の人たちによる「手作りの葬儀」といった趣が今も残り、個人に対する温かみを感じさせる形態で行われているようです。 全般的には関東地域で行われる葬儀の大きく変わりませんが、地域によっては北陸地方の影響を受けていたり、松本市のように前火葬を行う地域もあるので、参列する際はこの記事を参考にしてください。

次の

全国の葬儀会社・葬儀場一覧|安心できる葬儀ガイド

長野県 葬儀場

高齢者や身体の不自由な人らが葬儀に参列する負担を減らそうと、長野県上田市の葬儀場が車から降りずに参列、焼香できる「ドライブスルーシステム」を導入する。 葬儀業界では初めての試みという。 「ドライブスルー葬儀場」となるのは、冠婚葬祭業のレクスト・アイの「上田南愛昇殿」。 17日の営業開始を前に15日、報道向けに公開した。 ドライブスルーの参列者は専用レーンに進み、受付台の前で停車。 タブレット端末や帳簿などを使って記帳し、香典を葬儀場スタッフに渡す仕組み。 大きな窓越しに葬儀場内の遺影が見え、車内から、火を使わない電熱式の焼香を行う。 場内にいる喪主らは参列者の到着をセンサーと連動したランプの点灯で知り、焼香の様子などをモニター画面で確認できる。 レクスト・アイの荻原政雄社長(67)は「人の世話にならないと葬儀に行けない」と言う高齢者の声を聞き、「一人でも多く来てもらうことが故人のため」と導入に踏み切った。 喪服に着替えず、参列できるのも強みという。 葬儀にドライブスルーはなじまないという考えもあるが、荻原社長は「新しいことは当初受け入れがたいが、チャレンジしないと時代に合ったものは生まれない」と話す。 (辻隆徳).

次の

長野県木曽郡上松町の斎場・火葬場・葬儀場一覧【お葬式の紲式典】

長野県 葬儀場

[紲式典]3つのセットプラン 家族葬プラン 家族葬は職場とか故人の単なる知り合いなど、社交上の理由で葬儀に出席する人を排除し、家族・親族・ごく親しい友人だけで行う小規模な葬儀です。 最近では高齢になり職場や友人などとの付き合いも少なくなっているのが実情です。 直葬プラン 通夜・告別式を行わず、火葬だけを行う「直葬」という形式で葬儀を行う方が多くなりました。 一人暮らしで身寄りのない方が亡くなった場合や、本人が葬式を希望しない場合にこの形式で行われます。 無宗教とか形式にこだわらない人が直葬を選ぶことが多いようです。 樹木葬プラン 墓石の代わりに樹木を墓標として遺骨を埋蔵すること。 墓石が必要なく、埋葬に必要なスペースも少なくて済むので、一般墓地に埋葬するより安価であるうえ、環境に配慮しているというイメージもあり支持する人が増えています。 スポンサードリンク ご葬儀の流れ 1. 病院からの搬送 医師の死亡判定、「末期の水」、死後の処置、死亡診断書、埋葬業者に連絡、遺体を安置するため自宅への搬送 2. 遺族の打ちあわせ 喪主を選ぶ、死亡届を書く 葬儀の形態、規模、費用について家族と話し合う。 必要があれば寺院に依頼する 喪主が決定した後は、全て喪主中心に葬儀の段取りが決める。 遺体の安置 遺体を安置し「枕飾り」を行うと同時に、神棚を封じる。 枕経を曽呂にあげてもらう 宗教関係者と葬儀の進め方、戒名など打ち合わせをする。 4-1. 葬祭業者と打ち合わせ 葬儀の形態、規模、費用、日程、車の手配等、家族の意見を聞き、打ちあわせ。 世話役を決める 死亡届を提出、火葬許可証交付の手続き 通夜、葬儀の日程場所など決める。 知人や関係者に、通夜、告別式の日程と場所を連絡する。 4-2. 家族葬プラン 家族葬は職場とか故人の単なる知り合いなど、社交上の理由で葬儀に出席する人を排除し、家族・親族・ごく親しい友人だけで行う小規模な葬儀です。 最近では高齢になり職場や友人などとの付き合いも少なくなっているのが実情です。 4-3. 直葬プラン 通夜・告別式を行わず、火葬だけを行う「直葬」という形式で葬儀を行う方が多くなりました。 一人暮らしで身寄りのない方が亡くなった場合や、本人が葬式を希望しない場合にこの形式で行われます。 無宗教とか形式にこだわらない人が直葬を選ぶことが多いようです。 納棺、通夜の準備 遺体を棺に納める 自宅で通夜を行う場合は、葬儀社に祭壇を依頼する 通夜の席次、商工準を確認する、 通夜ふるまいの準備、 喪服に着替える。 曽呂を迎えて打合せ。 遺影の準備。 通夜、通夜ぶるまい 喪主の挨拶、通夜終了の挨拶 読経、焼香 曽呂へのお礼。 葬儀、告別式の準備 医師の死亡判定、「末期の水」、死後の処置、死亡診断書、埋葬業者に連絡、遺体を安置するため自宅への搬送 8. 葬儀、告別式、出棺 曽呂読経 焼香 弔電披露 喪主の挨拶 最後の対面「お別れの義」 棺を霊柩車へ ここで喪主の挨拶をする場合がある火葬場へ。 火葬・骨揚げ 火葬許可書を課蕎麦の係員に渡す。 曽呂の読経に続き遺族参列者が焼香 火葬 骨揚げを行う。 遺骨と埋葬許可書を受け取り帰宅。 遺骨迎え・精進落し 遺骨、位牌、遺影を後飾り檀に安置する 遺骨法要を営む 喪主の挨拶。 精進落しの宴を開き、喪主と遺族は、曽呂や、世話役をもてなす。 喪主が、精進落しの終了の挨拶。

次の