木場 弘子。 木場弘子のプロフィール|Castplus

木場弘子(きばひろこ)

木場 弘子

在局中は同局初の女性スポーツキャスターとして、『筑紫哲也ニュース23』など多数のスポーツ番組を担当。 1992年 プロ野球・与田剛氏(現・楽天投手コーチ)との結婚を機にフリーランスに。 妻、母、キャスターの三役をこなす存在として、テレビ出演、コメンテーター、モデレーター、講演など多方面で活躍。 教育や環境・エネルギーに関わる活動が多く、エネルギー施設等への取材は50を超え、 最もヘルメットを被っている女性キャスターとして現場主義がモットー。 また、各界TOPへのインタビューは300人を超える。 2001年より千葉大学教育学部非常勤講師、千葉県浦安市の教育委員。 2006年、千葉大学教育学部初の特命教授。 2007年、洞爺湖サミット・クールアースアンバサダー、同年、第1次安倍政権で規制改革会議、 2009年、福田、麻生政権で教育再生懇談会メンバーとなる。 生活者の視点を大切に現在、6つの省庁で20を超える審議会のメンバー等を務めている。 現在、「予防医学指導士」の資格を取得中! 来年8月の世界女子ソフトボール選手権大会組織委員会の理事に就任した。 2013年より千葉大学客員教授。

次の

木場弘子さんのプロフィールページ

木場 弘子

・本規約は、株式会社 永紘(以下「当社」)が、当社利用者(以下「お客様」)に対し提供する講演・イベント企画業務サービスに係わる取引(以下「本取引」)条件等につき定めるものです。 ・この利用規約は、本取引に関する当社とお客様との全ての関係に適用されるものとします。 【契約成立時期について】 お客様から口頭、またはFAX、メールなどの書面で出演の正式依頼があり、当社から出演者に承諾をいただいた時点で契約成立となります。 契約成立後、お客様の自己都合による契約解除にはキャンセル料が発生いたしますので、予めご了承願います。 仮予約の場合、キャンセル料は発生いたしません 決定となった場合、後日契約書を送らせて頂きます。 【開催当日の天災・事故などで出演できない場合】 ご予約いただきました出演者が、不慮の事故や天変地異、その他予期せぬ災害などにより会場に向かえない場合は免責となりますので、予め御了承願います。 台風などで交通支障が出た場合は、できる限りの交通手段を使い対応致します。 【出演者公職就任・病気・やむを得ない事由で出演できない場合】 ご予約いただきました出演者が急遽公職に就くことになった場合や、公職に立候補することとなった場合、本人または一親等等の疾病、その他出演を行えないやむを得ない事由の生じた場合、出演を辞退させていただく場合がございます。 その場合当社では、代役の出演者のご提案・手配をさせていただきます。 その旨予めご了承下さい。 開催まで時間が無く代役の手配が難しい場合は、主催者様と当社が互いに協議の上、誠意を持ってこれを解決致します。 【損害賠償】 本契約に関連して、万が一当社が損害賠償等の責任を負う場合は、出演料金の範囲内でその責任を負うものとします。 【取引解除について】 正式依頼後に、お客様の資産、信用に重大な変動が生じた場合、または、そのおそれがある場合、その他お客様と本取引を継続することが困難であると判断される重大な事由が発生した場合は、本取引を解除することがありますので、予めご了承下さい。 【キャンセルについて】 本取引の成立後、お客様がその都合により本取引を中止する場合、またはお客様側で生じたトラブル等の事由により本取引を実施することが不可能となった場合は、キャンセル料金が発生致しますのでご注意ください。 キャンセル料については、出演者によって設定が変わりますので詳細は担当者にお問い合わせ下さい。 【案内・告知について】 聴講者集客における告知物(チラシ、ポスター、媒体出稿等)がある際は、修正が可能な段階で原稿を確認させて頂けますようお願いします。 なお、返答に際して出演者サイドへの確認を要しますので2〜3日の猶予を頂く場合がございます。 予めご了承下さい。 【著作権について】 開催日当日の取材、出演内容 写真を含む の出版物・ネットへの掲載など、出演で生じる著作権・知的財産権は、お客様に移転するものではなく出演者に留保されます。 いかなる場合でもの事前の許諾が必要です。 その際、内容の確認が必要となります。 また有償の場合もございますので予めご確認ください。 千葉大学教育学部を卒業後、1987年 TBSにアナウンサーとして入社。 在局中は同局初の女性スポーツキャスターとして、『筑紫哲也ニュース23』など多数のスポーツ番組を担当。 1992年 プロ野球・与田剛氏(現・中日監督)との結婚を機にフリーランスに。 妻、母、キャスターの三役を こなす存在として、テレビ出演、コメンテーター、モデレーター、講演など多方面で活躍。 教育や環境・エネル ギーに関わる活動が多く、エネルギー施設等への取材は50を超え、最もヘルメットを被っている女性キャス ターとして現場主義がモットー。 また、各界TOPへのインタビューは300人を超える。 2001年より千葉大学 教育学部非常勤講師、千葉県浦安市の教育委員。 2006年、千葉大学教育学部初の特命教授。 2007年、 洞爺湖サミット・クールアースアンバサダー、同年、第1次安倍政権で規制改革会議、2009年、福田、麻生 政権で教育再生懇談会メンバーとなる。 生活者の視点を大切に現在、7つの省庁で審議会のメンバーを務め、今年2月に文部科学省の「中央教育審議会」のメンバーに。 6月には国際石油開発帝石株式会社の社外監査役に就任。 「予防医学指導士」の資格を持つ。 2013年より千葉大学客員教授。 日本港湾協会理事。

次の

木場弘子が見た! ヤンマーの真の姿とは Vol.1 技術統括役員 苅田広に迫る|Y media|ヤンマー

木場 弘子

在局中は同局初の女性スポーツキャスターとして、『筑紫哲也ニュース23』など多数のスポーツ番組を担当。 1992年 プロ野球・与田剛氏(現・中日新監督)との結婚を機にフリーランスに。 妻、母、キャスターの三役をこなす存在として、テレビ出演、コメンテーター、モデレーター、講演など多方面で活躍。 教育や環境・エネルギーに関わる活動が多く、エネルギー施設等への取材は50を超え、最もヘルメットを被っている女性キャスターとして現場主義がモットー。 また、各界TOPへのインタビューは300人を超える。 2001年より千葉大学教育学部非常勤講師、千葉県浦安市の教育委員。 2006年、千葉大学教育学部初の特命教授。 2007年、洞爺湖サミット・クールアースアンバサダー、同年、第1次安倍政権で規制改革会議、2009年、福田、麻生政権で教育再生懇談会メンバーとなる。 生活者の視点を大切に現在、7つの省庁で審議会のメンバーを務め、今年2月には文部科学省の「中央教育審議会」委員に就任。 「予防医学指導士」の資格を持つ。 2013年より千葉大学客員教授。 日本港湾協会理事。

次の