秋篠宮 家。 秋篠宮家、公務不足で「破産」の危機 紀子さま「海外公務で頑張ります」と前向き|菊ノ紋ニュース

秋篠宮家のご活動

秋篠宮 家

政府が緊急事態宣言を全面解除した3日後の5月28日、2か月ぶりに上皇さまが外出され、ハゼの研究のために皇居を訪れられた。 「皇族が新型コロナウイルスにかかったとなれば日本の一大事ですので、これまで皇族方は家に閉じこもられ、お出かけになることもできませんでした。 しかし今回、上皇さまがまず一番に外出されたことで、『自分も外出出来るのでは』と計画されている皇族方もいらっしゃいます」(宮内庁関係者) 東日本大地震などの災害時にはたびたび被災地を訪問し、心を寄り添われる活動をしてきた皇室にとって、今回のコロナ禍では行動も制限され、病院などの現場を訪問することも難しくなっている。 このような状況下において、上皇さまが久しぶりに外出をされるということで、宮内庁では朝から慌ただしい雰囲気となった。 「皇居の乾門に報道各社のカメラマンや記者、ギャラリーも集まり、警備も厳戒態勢でした。 白昼堂々、警視庁の向かいにある桜田門の脇からお堀を泳いで皇居側に渡り、高さ20メートル近い塀を登って皇居に侵入したのである。 男はすぐに警察官に取り押さえられて事なきを得たが、当時、天皇陛下が皇居を訪れられていたということもあり、「なぜ侵入を許してしまったのだ」と、宮内庁がピリピリするという一幕もあった。 そのため、上皇さまの久々の皇居来訪にはいつも以上の厳戒態勢が敷かれたという。 ところが、上皇さまのご到着直前、現場ではまたもや緊張が走る出来事が発生した。 「上皇さまが到着される2分前、私たちがすでに撮影ポイントを決めて並んで待っている時に、規制線の中に黒塗りのハイヤーが突っ込んできた。 『おい!止まれ!』と、警察官が怒号を飛ばせていましたよ」(皇室カメラマン) 大量の警察官が一目散にハイヤーに向かって駆け出し、「ダメだダメだ、出てきて!出てこい!」と叫ぶと、車から降りてきたのは通信社の小柄な女性カメラマンだった。 現場は3日前の事件が頭をよぎったこともあり、罵声が飛び交う事態に。 皇室が2か月ぶりの外出となれば、カメラマンも2か月ぶりの取材ということで、作法を忘れていたのか。 ただ、そんなことは許されるはずもなく、カメラマンには厳重注意が与えられたという。 眞子さまは非常勤の研究員として博物館でお仕事をされているが、ここ数か月はテレワークが続いていた。 「眞子さまは会社に出勤をされたいというお気持ちもあるようですが、秋篠宮家は新型コロナウイルスに対する危機意識が高く、まだテレワークが続くと伺っています。 ご家族は一歩も外に出ない覚悟で結束を高めています」(皇室担当記者) 秋篠宮さまはこの新型コロナウイルスの感染が日本で急増する前から、自身が総裁を務める済生会病院から情報を得ており、皇室の中でもいち早く感染対策を講じてきたという。 そのため、外出はもちろんのこと、ご家族で専門家の御進講を受ける際も、お住まいに専門家を招かず、テレビ電話を使われている。 さらには、三密を防ぐため、ご家族は別々の部屋で聞くという徹底ぶりだ。 秋篠宮家と言えば、眞子さまの結婚問題で、これまで週刊誌などで家族の不仲が伝えられることもあった。 しかし、最近ではご家族で御進講を受けられたり、紀子さまの提案で、病院に送るための医療用ガウンをみんなで作られたりと、「ご家族関係に変化が生じています」と、とある皇室ジャーナリストは語る。 「ご家族お一人おひとりの個性がお強いので、正面から話すと衝突されることもあります。 しかし、普段学校に行って留守が多かった悠仁さまも今は家におられ、姉2人にいじられることも多く、その光景を見ていたご夫妻も自然と穏やかな口調になって、一家が笑いに包まれる場面もあるようです」 新型コロナウイルスは皇室のご活動を制限するものと考えられてきたが、家族愛を確かめ合うには十分なご機会となったようだ。 〈取材・文/日刊SPA! 取材班〉.

次の

秋篠宮家「ご難場」の実情 過酷すぎる労働環境に「離職者」相次ぐ 原因は何か?

秋篠宮 家

欧州訪問を前に、記者会見に臨まれる秋篠宮ご夫妻=2019年6月21日、東京・元赤坂の赤坂東邸[代表撮影](写真=時事通信フォト) 昨秋の秋篠宮の誕生日会見では、長女・眞子さんの結婚について聞かれ、厳しい表情でこう答えていた。 「私は今でもその2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います。 (中略)多くの人がそのことを納得し、喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」 眞子さんの最近の様子を聞かれ、こうも話していた。 「私は最近はそれほど娘と話す機会がないのでよく分かりませんけれども、公の依頼されている仕事、それは極めて真面目に取り組み、一生懸命行っていると思います」 母親・紀子さんも、「昨年の夏から、さまざまなことがありました。 そして、折々に、私たちは話し合いを重ねてきました」と、長女との会話が途切れていないことを強調し、「そうした中で、昨年の暮れから、だんだん寒くなっていく中で、長女の体調が優れないことが多くなりました」と、母親ならではの気遣いを見せていた。 前回のような長女への気遣いは見せなかった だが今回は違った。 秋篠宮は、 「娘の結婚の見通しについてですけど、それについては私は娘から話を聞いておりませんので、どのようになっているのか、考えているのかということは、私は分かりません」 と、にべもないいい方だった。 紀子さんも、「同じでございます」と、前回のような長女への気遣いは見せなかった。 記者団は、今日まで小室圭さんや眞子さんから何か連絡があったのかと、重ねて質問したが、秋篠宮は、 「おそらく何かしているのではないかというふうに思いますけれど、そのことについて、どのようなことを、具体的なこと等については私は存じません」 というだけだった。 紀子さんは5月に、眞子さんと2人だけで京都・大聖寺の茶会に参加していたと報じられていた。 そこで前向きな話し合いが母と娘であれば、もう少し違う話が聞けたかもしれないが、どうやら、話すきっかけもなかったようである。

次の

なぜ秋篠宮家、紀子さまに批判が出るの?

秋篠宮 家

Contents• 文/編集部 宮内庁随一の難場 秋篠宮家付き職員の離職が止まらない。 御代替わりに伴い皇嗣となった秋篠宮殿下。 それにともない約20人だった秋篠宮家付き職員は定員51人まで増員されることになった。 しかしこの補充が全くうまくいっていない。 特に深刻なのは秋篠宮家の身の回りの世話をする官務官の補充だ。 定員10名のところ現在7名。 週刊誌報道によれば欠員3名のうち一人は配偶者の事情、一人は持病、一人は病気休暇とのこと。 だが実際には欠員の補充が遅々として進んでおらず、この「 欠員には他の原因がある」というのが、関係者の間での共通認識だ。 皇室担当記者は次のように語る。 これまでも離職者が続出していることが何度も報道されてきました。 紀子さまが職員に対して極めて厳しいため、それに耐えきれず病んでしまう人が多かったからです。 自ら進んで秋篠宮家付きになりたいと思う人がいないのが現状ではないでしょうか?」(皇室担当記者) 紀子さまの厳しさ それでは職員に対する紀子さまの厳しさとは如何なるものなのか? 長年、宮内庁に務めていた関係者は次のように証言する。 「紀子さまの女性職員に対する当たりがともかくキツイ。 職員は見下されて常に圧迫を受けているというのが現状です。 オモテ(事務方)はまだしも、オク(ご身辺のお世話)は、たまったものではないでしょう」 また別の関係者は次のように証言する。 「紀子さまは、ここ2年で更にキツくなったと聞いています。 小室圭さん問題が泥沼化し、さらに御代替わりが決まり雅子さまが皇后になられたことが面白くないのだろうというのがもっぱらの噂です」(宮内庁関係者) 来年2020年4月には秋篠宮殿下の「立皇嗣の礼」が行われ、延期されていた眞子さまと小室圭さんの結婚問題のリミットを迎える。 紀子さまが厳しいということだけで離職する方がいるのであれば、秋篠宮家に敬意を払っているブロガーさんに異動のない秋篠宮家専門職員という限定採用を条件として声をかけられるのも一案かと思います。 宮内庁職員の採用基準がよくわかりませんが、平成天皇の時代には学習院のご学友が短期間(数年間)侍従職に採用されていたりしましたから、宮家を慕い、お仕えする気持ちのある方をヘッドハンティングするのも一手だと思います。 女性でも子育てを終えた方はたくさんいますし、皆さん学歴や教養の面でもしっかりされています。 (だからこそ簿ログを開設しても一言申し上げたいのかと)単なる公務員として採用し、職場内の異動として秋篠宮家担当になるから、心構えができていないことが離職の原因なのではないでしょうか。

次の