シャッフル 再生。 【必見】音楽のシャッフル再生は「もったいない」!?

Apple Musicで『シャッフル』再生を行う方法-解除方法やステーションとの違いを徹底解説!

シャッフル 再生

スポンサーリンク シャッフル再生は本当にランダム再生なのか? あなたがApple MusicまたはSpotifyのストリーミングサービスを使用している場合や、もしくは今だにiTunesアカウントでmp3(音楽)の再生リストを聴きたい場合でも、シャッフル再生のオプションはおなじみの機能とも言えます。 多くの人は音楽のシャッフル再生機能を使って自分の聴いてる音楽をふるいにかけ、ランダムに曲を再生させて色々な時間を楽しむ為に聴いたりします。 しかし実際に私達が考える、曲をランダムにシャッフルするという事で私達が望んだ結果を得れてない場合が多いのです。 もう一度シャッフル再生が押される可能性が高い これはどういう意味かというと、シャッフル再生を選んだ人の多くがiTunesやストリーミングサービスで起こる問題に不満を訴えています。 それはどういう事かというと、シャッフル再生のはずなのに同じような曲が毎回同じ順番で再生される事が多いようです。 その為もう一度シャッフル再生を押す可能性が高いのです。 ランダムな順番で曲を聴こうと考えてシャッフルオプションを選択した人にとっては、同じような曲が毎回同じ順番再生されるのは非常に苛立たしいことです。 なんの為のシャッフル再生だと思ってしまいますよね。 これには理由があります、現在のシャッフル再生機能では、特に指示がない限り特定の順番(1度目のシャッフルで選ばれた順番)で曲が配置される為なようです。 なので最初にシャッフル再生をオンにした時に、それらを再シャッフルすることをしない限り、曲は何度も同じ順番で再生され続けます。 幸い、ストリーミングサービスのSpotifyなどではこの現象を修正する方法があります。 Spotifyで音楽を聴いている時にもう一度シャッフルボタンを押してシャッフル再生機能をオフにしてもう一度押して、シャッフル再生をオンにすると別の順番でシャッフル再生を始めてくれます。 これには音楽界の陰謀が存在するのか? ただし、ランダムシャッフルの問題をより深く考えている人は、ランダムに再生されていると思われる曲を聴いている時でも色々な事に気がつく事や(可能性)があるのではないかと考えているようです。 例えばプレイリストにパターンがある、同じアーティストが何度も再生される、似たような曲が連続して再生される。 それには陰謀がありSpotifyやストリーミングサービスが特定の曲がより頻繁に再生されることを特定のアーティストと取引をしたという話があるんじゃないかと言われているようです。 もちろんこの陰謀論をSpotifyは否定しています。 ではなぜ人々はそのように陰謀なのではないか?と考えてしまうのでしょうか?人々が陰謀と見る理由についてはこのように言われています。 人間は、世界をよりよく理解するために常にパターンやデザインを探す傾向があるのです。 たとえば、プレイリストをシャッフルするたびに特定の曲が再生されるとします。 これはその特定の曲がシャッフルのたびに再生されてるわけではなく、他の曲も同じように再生されているのです。 ランダム(乱数)というのはかたまり(今回の場合は同じアーティストが何回も再生される)を示す事があります、しかし一般的には乱数は乱数が完全に均等な分布を意味すると思われる事が多々あります。 こちらがランダムがわかる表となります。 右側がランダムに作成された点で左側がシュミレートされたランダムの点です、確かに右のほうが偏りがありますね。 このような状態が続けて似たような音楽を流す事があるのではないかと思われます。 あなたのプレイリストはランダムにシャッフルされますか? もしもあなたがSpotifyを使っているのであれば、シャッフル再生のプレイリストは実際にはランダムではないということが判明したのです。 そしてその理由は、ランダムが十分にランダムだと人間が思わないという事にあったのが一番面白いところでした。 Spotifyの元エンジニア、Mattias Petter Johansson氏によると、同社はシャッフル機能に完全にランダムなアルゴリズムを使用していたようですが。 Spotify使用者から沢山の不満やシャッフル機能の曲順がランダムではない(すべてが偶然によるもの)と文句がきた為、人間がもっともランダムだと感じる(ランダムではない)新しいアルゴリズムを作成する事になったのです。 なのでシャッフル機能は実際に曲をランダムに再生しているわけではありません。 しかし、どうやら、人間というのは不思議なもので本当にランダムに再生されてる場合それをランダムだと思わないようです。 まとめ もともと曲はランダムに再生されていてシャッフル機能には問題が無かったというのに沢山の不満や文句が出たためにシャッフルのアルゴリズムを変えたなんて驚きですね。 こうやって人間は知らないうちに色々とコントロールされていくって事が考えられますよね。 でも確かに同じような曲がシャッフルでランダムなはずなのに流れてくると一体これはどういう事なんだ?って思ったりした事があります。 それとか自分が本当に気にいってる曲だけを入れてるプレイリストを気がつかずに再生してる時に、シャッフルよくわかってるじゃないかってニヤついた経験とかありますよね。 なんかだんだん何が正しいのかがわからなくなってきましたね。 Reference:.

次の

さまざまな再生方法(シャッフル再生/リピート再生/再生範囲の変更)

シャッフル 再生

「シャッフル」とは「 位置や順序を無作為に入れ替えること」という意味の言葉です。 トランプなどのカードゲームではカードを切り混ぜ合わせる行為を「シャッフル」と呼びます。 同じような意味の言葉に「ミックス」がありますが、「ミックス」は「複数のものを1つに混ぜ合わせること」というような意味です。 「シャッフル」は英語で「shuffle」と表記します。 「shuffle」には「混ぜる」のほかにも「あちこちに動かす」「引きずる」「捨てる」など複数の意味が含まれています。 語源はドイツ語で「足を引きずって歩く」という意味を持つ言葉です。 これが「ぎこちない」という意味に変化し、そこから転じて「ごまかす」という意味になりました。 その意味から「混ぜる」という意味へ派生したのです。 日本語で「シャッフル」という場合にはこの「引きずる」「捨てる」などの意味はなくなります。 音楽プレーヤーにiPod shuffleという商品があります。 この「shuffle」も、「再生順序を無作為に入れ替えること」という意味となります。

次の

【Spotify】無料版の基本的な使い方

シャッフル 再生

目次この記事に書かれている内容は…• dヒッツのシャッフル再生は、プログラム再生では利用不可 多くの音楽アプリには、楽曲をシャッフル再生するための機能が付いています。 dヒッツもご多分に漏れず、その機能が備わっていますが、普段使ったことがないという人も多いでしょう。 その方法をご紹介する前に、一つだけ念頭に置いていただきたいことがあります。 dヒッツのシャッフル再生機能は、プログラムを再生する際には利用ができません。 スクリーミング型の音楽配信アプリであるdヒッツは、プログラム再生がメインです。 これは、個別のテーマごとにまとめられた楽曲を一気に聴き流すもので、イメージとしてはラジオの音楽番組に似ています。 アーティストの代表曲だけでなく、季節にマッチした楽曲・気分を盛り上げてくれる楽曲などのユニークなコンセプトの元に楽曲が編集されていますので、注目のアーティストの代表曲をまとめて聴きたい!という需要にマッチしているのみならず、その時その時の気分に合わせたBGMとしても最適という、まさに音楽をお手軽にエンジョイするのにうってつけの機能です! プログラム再生の途中で、個別の楽曲の画面を表示させてみると、 画面右下の青枠で囲まれている部分が「シャッフル再生」のボタンとなりますが、今はグレーで表示されているので、この機能は無効です。 同じプログラムを繰り返し再生していて、たまにはランダムで聴きたい…という気分になることもあると思います。 何度も聴いたプログラムでも、ランダムで再生すると意外と新鮮に聴こえるものです。 dヒッツのプログラム再生に、シャッフル再生機能がないのは残念ですね。 シャッフル再生のために、まずは楽曲をmyヒッツに登録しよう! では、dヒッツの楽曲をシャッフル再生するには具体的にどうすれば良いのでしょう? まずはシャッフル再生したい楽曲はまとめて「myヒッツ」に登録してください。 myヒッツに登録した楽曲であれば、シャッフル再生が可能になります! 個別の楽曲の画面で、画面下中央のハートマークをクリックすることで、楽曲をmyヒッツに登録できます。 このmyヒッツというのは、月額500円コースで利用可能な、楽曲を一曲一曲個別登録するための機能です。 (もう一方の月額300円コースでは、プログラム再生機能のみが利用できます) myヒッツに登録した楽曲はいったん再生してしまえば、楽曲のキャッシュデータが端末に保存され、以降はそこからの再生になるため通信量がかかりません。 (オフラインでの再生も可能となります) 普段プログラムを再生する中で、特に気に入った!という楽曲をmyヒッツに登録することで、いつでもどこでも聴きたい時に、手軽に再生し放題になります! 通常dヒッツで楽曲を検索すると、視聴用の音源かその曲が含まれたプログラムが出てきますが、前者では曲の触りの部分しか聴けず、後者ではお目当ての曲までいちいちスキップしなければなりません。 そうした弱点を見事にカバーするのが、myヒッツ機能なのです! ここで、楽曲検索のやり方をご紹介します。 左下の「虫メガネ」をクリックすると「SEARCH」ページが表示され、一番上の空欄に楽曲やアーティスト名を入力して楽曲を検索する形となります。 myヒッツに登録可能な楽曲は、毎月10曲ずつ増えていきます。 保存期間は最長で6ヶ月なので、最大で60曲保存可能です。 登録可能な楽曲数が決して多くないのが、myヒッツ唯一の弱点と言ってもいいでしょう。 myヒッツの楽曲を、シャッフル再生する方法 それでは、myヒッツの楽曲をシャッフル再生するための方法を、具体的にご紹介していきます。 下側中央の音符ボタンをクリックし「PLAY」画面に移動すると、通常はmyヒッツの画面が表示されます。 (表示されない場合は、上部の赤いタグが、一番左の「myヒッツ」を選択しているか確認してください) 上部にシャッフル再生のボタンが表示されているので、ここをクリックすることで、myヒッツに登録されている楽曲のシャッフル再生が開始されます! myヒッツに登録してある楽曲の個別の再生画面からでも、右下のシャッフル再生のボタンをクリックすることで、myヒッツの楽曲でのシャッフル再生が開始されます。 myヒッツの楽曲の、シャッフル再生を解除する方法 今度は、シャッフル再生を解除する方法をご紹介していきます。 「PLAY」のmyヒッツの一覧の画面で、上部のシャッフル再生ボタンをクリックしても、シャッフル再生が解除されるわけではないことにご注意ください。 (クリックすると、曲の切り替えのみが行われます) シャッフル再生を解除するにはまず、楽曲の個別の画面に移動する必要があります。 赤く表示されている、右下のシャッフル再生のマークをクリックすると、 シャッフル再生のマークが白くなります。 これでシャッフル再生の解除が完了です。 自分ならではのオリジナル再生リストを作って、シャッフルで再生してみよう! myヒッツ内の楽曲をシャッフル再生するのみならず、オリジナルの再生リストを作成し、それをシャッフル再生するという方法もあります。 myヒッツに登録してある楽曲はもちろんのこと、それ以外の楽曲も、端末にデータが入ってさえいればリストに加えることが可能です! dミュージックやレコチョクなどから購入し、ダウンロードした楽曲が端末に保存されている場合や、MicroSDカードに楽曲を大量にストックしている場合に、それらの楽曲をmyヒッツと自由に組み合わせてオリジナルの再生リストを作成できます。 出来上がった再生リストは、まさに自分独自のセンスで選曲したもの。 設定した曲順で聴いても良し、シャッフル再生によってランダムで聴いても良しです。 オリジナルプレイリストの作成方法 それではmyヒッツ機能を利用した、オリジナルプレイリストの作成方法についてご紹介しましょう。 画面中央の音符ボタンをクリックし、myヒッツの画面を表示させると、上部タグの右上に「プレイリスト作成」があるのでクリックします。 「プレイリスト作成」の画面に切り替わったので、「曲を追加」をクリックすると、 「曲を追加」する画面に切り替わり、プログラムに組み込める楽曲の一覧が表示されます。 myヒッツに登録してある楽曲だけでなく、端末に保存してある楽曲もまとめてプログラムに追加可能です。 myヒッツの楽曲は画像が表示されますが(画面では黒く塗りつぶしてあります)、端末保存の楽曲は画像が表示されません。 一度追加した楽曲はボタンがチェック済みに変化するのでわかりやすいです。 楽曲を追加し終わったら、右上の完了をクリックします。 これまで追加した楽曲の一覧が表示されます。 楽曲左の「-」ボタンをクリックすると、楽曲をプログラムから削除することが可能です。 ちなみに下側の「曲を追加」をクリックすると、前の「曲を追加」の画面に戻ります。 プログラムに追加する楽曲を確認した後、上の「タイトルを追加」の欄にプレイリストのタイトルを入力し、右上の「完了」をクリックします。 作成したプレイリストの画面に移動しました。 「マイプレイリスト」の場所に、入力したプレイリストの名称が表示されます。 「シャッフル再生」が左側に目立つ形で表示されており、ここをクリックすることで、作成したプレイリストをシャッフル再生することが可能になります。 作成したプレイリストを表示させる方法もご紹介しましょう。 まず、画面下中央の音符マークをクリックし「PLAY」画面を表示させた後、上部のタグで右側の「ライブラリ」を選択します。 (最初は一番左の「myヒッツ」が選択されているはずです) 上部の「プレイリスト」をクリックすると、 「プレイリスト」の画面に切り替わりました。 これまで作成したプレイリスト(画面では「マイプレイリスト1」「マイプレイリスト2」)の一覧が表示されるので、ここから選択してプレイリストを再生する形となります。 「最近聴いた楽曲」と「よく聴く楽曲」も自動的にプレイリスト化されており、シャッフル再生が可能です。 まとめ これまで挙げましたように、myヒッツに登録した楽曲のリストやオリジナルの再生リストの楽曲であれば、シャッフル再生の設定と解除は容易に行うことができます。 自分ならではのセンスでチョイスした楽曲が集まったオリジナルリストを、シャッフル再生で楽しむというのは、音楽ファンにとって格別の喜びだと思います。 この記事でご紹介いたしました、myヒッツの利用方法やオリジナルプレイリストの作成方法は、普段dヒッツを利用していく中で是非ともマスターしておきたい項目です。 ご参考になされれば、dヒッツをより上手く日常で活かすことができるでしょう! 【追記】 dヒッツが気になっているなら一度は試してみて下さい 「たしかに試してみたい。 でもお金は使いたくない!!」 そんな悩みを持つ人に最適な 31日間無料キャンペーンをdヒッツは実施中です。

次の