かぐや 様 は 告 ら せ たい 178。 『かぐや様は告らせたい』178話:井伊野ミコは聞き出せない 感想 ミコちゃんは新型コイウイルスに感染してるようにしか見えん件!

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜

かぐや 様 は 告 ら せ たい 178

さてと。 かぐや様は告らせたい 177話 の感想(かぐ活)です。 まず アニメの話題から。 第2期も順調にすすんできて,週末には第4話ですよ。 圧倒的火力の強いお話が盛りだくさんで,否が応でもテンションが上がらざるを得ない。 週末が楽しみなり。 今週のお話と... 次回以降のお話を考えると,なかなか感慨深いものがありますね! というわけで(たぶん)友達編のフィナーレです。 最新コミックス 【単行本】 早坂愛はどうしたい 前回,主従関係に終止符を打ったかぐや。 関係を清算したからこそ,かぐやは「従者以上」を求めていた気持ちを吐露できたし,早坂もまた「主以上」に相手を想ってきた気持ちを吐露できたわけですね。 そんな本音をぶつけ合った後は,さっくりと事務的に今後を語る早坂愛が「らしい」ですね。 普通の友達関係だったら,この場で感情的に先に進めたのかもしれません。 しかしかぐやにも立場があるし,自分もやらねばならないことがある。 涙を流してそのまま「これからはズッ友だよ」にならないのがこの二人らしい。 自由になった愛はどうするのか これから先はやりたいことも決めていない。 それは本心だったのかもしれません。 ずっと四宮かぐやに仕えて来ただけの人生。 罪悪感を抱きながらもかぐやに嫌われることに怯えてきたんですもの。 その恐怖からようやく開放された。 かぐやに嫌われることもなく,新しい人生に踏み出せたわけですからね。 そんな早坂の従者としての最後の言葉は 「修学旅行を楽しんでください」なのは,かぐやがお付き合いをしている白銀御行との関係を慮ってのことなのでしょう。 元主との愚かしくも楽しかった恋バナの時間が,彼女にとっても「楽しい時間」だったことを想起させる。 そんなところに早坂愛が 「これからやりたいこと」が見え隠れしているわけですけれど,それはまた後のお話。 四宮かぐやはどうしたい 早坂のことはそれはそれ,気になるとしてもああやってきちんと「区切り」をつけたかぐやさん。 修学旅行の場に戻れば,やはり恋する乙女に戻ってしまうのもやむを得ないですよね。 このそわそわ感...。 めっさお可愛いこと...! きれいな目をしているだろ...。 昨日,四宮の三男坊をぶん殴ったんだぜ... (おい) お可愛いこと...! 一方,人知れず会長の評判が原油の先物取引ばりにマイナスまで落ちている気がしますが,この手のリスクをとってもやってみたいことがある。 修学旅行デートはお付き合いしているカポーの定番ですからね! それはそれとして,こうしてみるとこの二人の関係はどんどん秀知院学園内部で知る人が増えつつある。 一応秘密は守れる人々という前提で読みますが,小野寺さんといい,当たり前のように二人の関係に感づく人が増えているの, セキュアじゃない気がするのですが。 いや,それをいうなら最初からかぐやが寝言で自白するくらい緩々でしたが。 さて念願かなって実現した二人のデートの場は,「五等分の花嫁」や「ニセコイ」の例を挙げるまでもなく定番中の定番,伏見稲荷神社ですよ。 やっぱこの鳥居は映える。 ですが,そこで語られるのはやはり早坂の話題。 「早坂はいつも自分を押し殺してきた」 「家族の為に」「私の為にと」 そうなんだよなあ...。 そしてそれはある意味 かぐや自身にも通じるところなんですが。 東京本邸の四宮の主として振る舞っているように見えつつ,その権力は非常に脆弱であり,「友達一人作れない」。 早坂に友達を求める気持ちすら,ここまで通すことができなかったわけですからね。 本心を隠して• しかし今,その早坂の苦しみに気づいてあげられた。 許せないはずの自分のルールを捻じ曲げてまで許すこともできた。 それは自分自身の中にある早坂愛に対しての「友達を求める気持ち」をしっかり認識できたからですよね。 そんな早坂が自分から離れてしまうことに寂しさはあるし「少し落ち込むこと」ではある。 本当は早坂と 「友だちになりたかった」。 そんな気持ちが,会長との会話の中で見え隠れしますね。 愛とかぐやは... したい そんな四宮かぐやの気持ちと,早坂愛の気持ち。 はたから見れば どちらも同じなんですよね。 お互いに相手に「友達」をもとめてきた。 それが「主従関係」という契約に逃げ込むことでずっと敵わなかった。 その早坂愛はいない。 毎日世話をしてくれた近侍・早坂は自由の身となって「好きにできる」ようになってしまったのだから。 でも読者諸兄はみんなわかっていたと思うんだよなあ。 早坂愛もかぐやに友達をもとめていて。 四宮かぐやも愛に友達を求めていたのだから。 であればそこから推定される 早坂愛の行動は一つしかありえないのである。 早坂愛が導きだした,たった一つの冴えた答え。 それは 「友だちになろう」とすることですよ。 だってずっと,そうなりたかったんだもの。 四宮かぐやと友だちになりたくて。 四宮かぐやも友だちになりたかったんだもの。 早坂愛は「友達になりたい」 感無量である。 どうですか。 この早坂愛は。 主でも,従者でもない,対等なお付き合い。 大好きな相手と一緒に行動して,一緒に悩んで,一緒に楽しく過ごす。 友達なら当たり前だけれど,これまでできなかったことが, この一コマに全て現れているじゃないですか! 早坂愛は自由になって,好き勝手にできるようになった。 だから好き勝手にすることにした。 ずっとやりたかった「四宮かぐやの友達になる」というその第一歩が 「かぐや」という呼びかけに篭められているのである。 夢は叶う かぐやもそうだった。 幼少の頃,早坂愛に求めたけれども受け入れられなかった「友達になってほしい」という想い。 それが何の障害もなく実現できることに,四宮かぐやは涙を目に浮かべて喜ぶのである。 実現することがないと想っていたことが実現した喜び。 「早坂愛と友だちになること。 」 かぐや様は「友達になりたい」 最高である。 「愛さん」という呼びかけには,かぐやがずっとこうありたかった二人の関係が凝縮しているじゃないですか。 愛もかぐやも「友だちになりたい」。 その夢が叶った瞬間に,思わず一読者の自分も涙がもれそうなくらい,嬉しかったのでした。 が今日,この日実現しているわけですね。 なかなかに感慨深い。 計算された描写でしょうけれど,それが「愛さん」とじゃれながら実現するとか,幸せすぎるだろ... この時の夢がついに叶う(第9話より) さて,この二人の関係が実現するにあたって,会長は役に立ったかといえば会長目線ではあんまり役に立っていませんね。 それを自覚した上での四宮かぐやとのやりとりが相変わらず「ギャップの赤坂」のテクニック描写で面白いです。 とはいえ,会長がいたからあのタイミングで「二人の関係がはじまった場所」で落ち合えたわけですしね。 会長だって役に立っている。 そしてこれからも...。 というのはですね。 これまで早坂愛は「主人の空間に立ち入らないように」生徒会室はご法度だったわけですよ。 しかしもうその制約はありません。 これはあれじゃね。 早坂愛が友達として自然にそこにいられるようにするためにも, 早坂愛の「生徒会・庶務就任」はあるんじゃね? 始まっている二人 かぐやと愛が友だちになった以上,それはむしろ自然なことである。 柏木渚や四条眞紀よりもずっと強い絆がある二人ですもん,空席の庶務に就任するなら愛ちゃんでいいと思うんだよなあ。 いずれそういう要請が会長からなされそう。 小豆の先物取引はあかん... あかんて...。 先日原油の先物取引がマイナス価格になったということで話題になりましたけれど,ある種タイムリーなストーリーを作ったな,藤原! この与太話,本当に信じられてしまいそうだけれど,この後早坂が登校した時どうなるんだろ... 会長の相場,暴落 ちなみにこの二人,火ノ口さんと駿河さんという名前だそうです。 たしかヒルズ族。 IT系だったかもしれませんが,ひょっとかするとご両親が市況とかに関わる人でもおかしくないな... って話がずれました。 ていうか,「ポテチの転売」ってなに...? 最近,高級ポテチとかの買い占めとかあったの...? いずれこの与太話が本編に絡むことがあるのでしょうあ。 これはないだろっていうネタの回収はこれまでも何回かあっただけに,気になる。 な人たち 人知れず火ノ口さんと駿河さんの中での会長の評価が下がる中,豊崎と風祭の動きが完全にモテない系のそれだったのが笑えます。 そこは初志貫徹して巨勢・紀のところにいけよ! 目先のラッキーに食いついてしまうのは仕方がないよなあ...。 だって男の子だもの... (遠い目) こっちはどうなる? とはいえ,なんのかんので勘の鋭い紀かれんさんの心証がわるくなったのは今後の二人の立場を悪くしそう(エリカは気づいていないけれど)。 こっちの 掘り下げは本誌でやるのか,「かぐや様を語りたい」でやるのか,どっちなんでしょうね。 なんとなくですが,「語りたい」で先に描いてもらって,本編に逆輸入しそうな予感。 何事もなかったように四宮雲鷹一派は先週で消え,気がつけば早坂奈央もフェードアウトしていました。 むろん,かぐやと別れた後に奈央と本家に出向いて「いろいろ」処理したのでしょう。 そもそも,早坂が黄光の命令で間者となっていたわけですが,この役割は御免となっているわけです。 つまり 「黄光」がそれを了承した上での解任となる。 黄光が早坂の心理的葛藤を考慮するはずがないので,そこには理由があるはずです。 ここにきて早坂はかぐやと会長との仲について「正確に報告してこなかった」ことが示されています。 そこは絶対秘密のラインとして守っていたわけです。 黄光からすれば,自分の意のままにかぐやの内情を伝えてこない 「使えない間者」となる。 だから早坂は解任なんでしょうね。 となると,春から来る予定だった「応援の従者」とやらは黄光の手引なのかなあ。 その理屈でいくとかぐやが仲の良い「義姉」は黄光の妻ぽくありますが,さてどうでしょう。 立場的にはまだ見ぬ次男の妻という方がありそうな気もしますが。 ただそうなると,前回も触れたとおり黄光はもうかぐやの情報は「十分とったので不要」とみなしたのか, 他の手段を講じているのか気になります。 ぶっちゃけこの京都の出来事一つとても,雲鷹の前で会長の存在を明らかにしていますし,修学旅行最終日には堂々と稲荷伏見神社で修学旅行デートしています。 やろうと思えば会長とかぐやの情報取り放題です。 四宮本邸という拠点がある京都において,この脇の甘さ。 雲鷹一派も黄光一派も情報収集しないわけないんだよなあ...。 そういう意味では, 「かぐやの弱点情報は十分とった」ということなのかもしれない。 もちろん,東京で早坂が自由に活動できていそうな点を鑑みると,早坂家として黄光とは手を切り,別の庇護者(次男?四条家?)にすり寄った可能性もありますが。 今後,本丸の「雁庵」が登場するであろうことも含め,先々が気になるところである。 というわけで, 再度まる。 現実逃避のご案内 Google検索で記事が出なくなったら、検索語に「現実逃避」を付け足すと見つかりやすいです。 もっと簡単なのはブックマーク登録。

次の

『かぐや様は告らせたい』第178話 伊井野ミコは聞き出せない 感想 : 後輩たちの恋愛頭脳戦,始まる

かぐや 様 は 告 ら せ たい 178

ここまでそういう描写は枚挙にいとまがない。 例えば、京都の本邸に帰れば従者たちから「腫れ物を扱うように」とよそよそしい態度を取られていました。 ヒソヒソ話もされており、とても四宮令嬢に対しる行動には見えなかった。 でも、訳ありで妾の娘なら納得。 最近も、四宮雁庵の実子なのに四宮家の「後継者としての道が見込めないかぐや」と説明されていたりしました。 そもそも何故か1人だけ東京別邸で暮らしていたりね。 これらは正妻の子でなく妾の子だからということか。 兄3人は正妻の子なので四宮家を継ぐ資格があって、かぐや様はそれがないと。 さらに冒頭はかなりミスリードのようなものが含まれてる(ような気がする)。 ちょっとまだうまく整理できていません。 母様の7回忌の時 母様の7回忌の時 まだまだ幼い印象があるかぐや様と早坂さん。 どう見ても小学生ぐらいです。 それなのに7回忌ってどういうことだろう? かぐや様年表 生まれ おそらく四宮本邸で出生 ~2歳 別邸(東京)で育てられる、早坂一緒 2歳~7歳 本邸(京都)で育てられる、早坂別離 7歳~ 別邸(東京)に戻され早坂と主従関係を結ぶ かぐや様の母はだいぶ幼くして亡くしたってことでしょうか。 上記の年表を踏まえると、2歳とか7歳が有り得そうかな。 京都本邸と東京別邸を移されてるのも母親の事情っぽいし。 いやいや、でもおかしい。 ちょっと待ってくれと。 かぐや様の母って心臓病で亡くなった 名夜竹さんだよね? 彼女は中等部の時に亡くなっていました。 名夜竹さんが亡くなったのは中学生の頃 コミック79話 恋の病を患ったかぐや様は田沼正造の診察してもらいました。 その時、田沼正造の脳裏にはかつての光景が蘇ったのです。 何にも期待をしていない氷のように冷たい眼をした少女… そして… <関連記事> その時の氷ちゃんが着てる制服は秀知院中等部のものでした。 かぐや様の母である名夜竹さんが亡くなったのは中学生の頃で間違いない。 しかし、今回のかぐや様の回想では「母様」7回忌の回想である。 さらに妾の実母が亡くなったので一族での立場が危ういって話をしてる。 やべぇ…よくわかなくなってきた。 かぐや様の母を考える 妾の母親が亡くなった まだ情報量少ないので何ともですが、現時点で2つのパターンが考えられる。 冒頭の「母様」7回忌のかぐや様が小等部か中等部かでね…。 「母様」7回忌の回想のかぐや様は? ・中学生…母様(本妻)の7回忌で名夜竹(妾)さんも最近亡くなった ・小学生…妾の実母が7回忌(中学で亡くなった名夜竹さんは?) だいぶ幼く見えるが、 冒頭の回想が中学生時代なら問題なく整合性取れる。 「母様の7回忌」の「母様」は四宮家正妻を指しており兄たちの実母が亡くなり6年経過。 そんで、かぐや様の実母(名夜竹さん)も最近亡くなったと。 「母様(四宮正妻)」「お母様(名夜竹さん)」と分けて呼んでるように見えなくもない。 今回、 冒頭の回想はだいぶ幼い印象受けるけど中学時代ということでいいんかな。 これが小等部時代だと、妾の実母が幼くして亡くなったことになり、中等部時代で亡くなった 名夜竹さんはなんだろう?となる。 しかも、会話のやり取りは普通に 幼少期って感じなんなんだよなぁ。 まだ小学生の言葉にしか見えんでござる 話し言葉がすっげー小学生っぽいす…。 頭ナデナデとかも中学生の行動に見えんでござる。 「母様の7回忌」が実母を指してるか四宮本妻を指してるかは定かでない。 どっちにしろ、これが小等部時代だった場合、 すでに妾の実母は亡くなってることは会話で確実。 名夜竹さんは実母とはまた違う説が出てくる。 気になるポイント ・母様、7回忌…亡くなって6年経過(実母?四宮本妻?) ・お母様、かぐや様の実母(妾)でこの時点で故人 ・名夜竹、かぐや様が中等部時代に心臓を患って他界した母 「母様=お母様」は成立する。 回想が中学時代なら「お母様=名夜竹さん」も成立する。 しかし、 どう考えても「母様=お母様=名夜竹さん」は成立しません。 名夜竹さんは何者なのだろうか。 かぐや様の「母」なのは間違いないが…。 あるいはコミック79話の氷ちゃんは中等部の制服を着てたものの小学生だったとか。 いやでもしかし、冒頭回想は早坂さんの髪型(7歳児はショートカット)と比較すると中学時代っぽくもあるなぁ。 正確な年代教えて欲しい。 親の因果が子に報い、と言いますし。 >より 田沼先生の回想ってかぐやじゃなくて名夜竹だと思うのですが・・・ >より なるほど。 あれは母親の少女時代だというミスリード。 >より 田沼先生の回想はどう見てもかぐや母でしょ 多分死を看取ったのも田沼先生なんじゃないかと >より 普通に回想の中学生は名夜竹で、入院してるっぽいのは死ぬ直前の回想だと思うけど。 心臓が悪くて中学から通院、子供産んで若くして亡くなった。 死後6年で小学生っぽいから、かぐや様が2~3歳の時に亡くなってるっぽい。 >より あ、その発想はなかった。 名夜竹さんが入院し中等部時代のかぐや様がお見舞いに来てたと思っていました。 そうじゃないってこともあり得るのか。 あれは名夜竹さんの中等部時代で、そして亡くなってという回想ならば、確かに何の矛盾も疑問もない。 (続くぞい).

次の

『かぐや様は告らせたい』第179話 四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編 感想 : 絶対譲れない戦いがそこにある!

かぐや 様 は 告 ら せ たい 178

スポンサーリンク 『かぐや様は告らせたい』ネタバレ最新話178話を速報でお届けします! この記事では、178話のネタバレと感想、次話の予想についてもまとめてあります。 177話では『主従関係の終わり』を、かぐやは早坂さんに言い渡しました。 せっかく自由になったので、やりたい事をしますよと去っていく早坂さん。 修学旅行も無事終わり、学校へ向かうかぐやですが玄関を出ると「一緒に学校いこーよ、かぐや」と、髪を切り、手首にシュシュを巻く早川さんの姿が!!!! 早坂さんのやりたかった事は、かぐやと友達になる事だったんだとまさかのオチに涙した177話でした。 速報2020年5月14日発売、最新話かぐや様は告らせたい178話のネタバレありです! また、 Contents• かぐや様はネタバレ!伊井野ミコが聞きたいこととは? 【感想】 かぐや様は告らせたい 178話 しりとりカードゲーム回 ギャグキレッキレで面白かったけど藤原書記汚れヒロインすぎるwww 【ネタバレ注意】|あにまんch 藤原カスセレクションとかあったら買っちゃいそうだ — バベシコ AGITonext555 〜178話 伊井野ミコは聞き出せない〜 修学旅行は終わって初めての登校日。 どうやらかぐやは、石上の件が気になっている様子でした。 話してみると、それは白銀も同じ様子。 藤原は、最近のミコは石上に歩み寄ろうとしているから大丈夫だと言いますが………? ミコと石上が喧嘩している理由とは? 修学旅行も終わり、かぐやたちは久々の生徒会室に向かうと石上とミコが何故か喧嘩していました。 生徒会室に入る前、白銀は自分達がいない間ミコと石上が喧嘩していないか不安でしたが、見事その不安は的中します。 藤原と白銀が止めに入って理由を聞くと 「石上がアホって言った」 「先にバカって言ったのはこいつ」 まるで小学生みたいな事を言い出します。 二人の話を聞いて呆れるかぐやと白銀をよそに、藤原はどちらが頭がいいか決めたがっている二人にしりとりカードゲームを提案しました。 藤原が提案するしりとりとは? ルールは、あいうえおの50音が書かれたカードを各々山札から、プレイヤーは5枚引きそれを手札とします。 場に出ているカードを一文字目とし、手札から出したカードの文字で終わる言葉を考えしりとりをしていきます。 順番は関係なく、しりとりを完成させればどんどんカードを減らしていき、先に手札がなくなった方が勝ち!というルールでした。 負けた方は「私はおばかちゃんでした、ごめんなさい」と頭を下げるように藤原は言います。 おバカ謝罪!とおもしろおかしく笑う藤原は自分が安全圏にいるため、煽ります。 ただ、そんな藤原の様子にかぐやと白銀はちょっと呆れてしまうのでした。 石上のデート回だったと思いきや、ミコとの喧嘩から始まった今回。 しかし、お互いに似ていないようで、似た者同士。 なんだかんだ相性の良さがカップルになる可能性も高いですね。 成り行きを見ていた白銀は、ミコのカードをさばく姿にさすが学年1位だと関心していましたが、何か気づいた様子でした。 そして、ミコは早くも手札が残り1枚に! すると石上は、もしミコが負けたら藤原も一緒に謝るよう条件を出したのでした。 勝ちを確信した藤原は、条件を承諾します。 ここで石上がようやく「操」とい言葉を出してきます。 ミコは「み」で始まり、「こ」でおわる言葉を探しますが石上のさらに「横暴」という言葉を出してきたため、ミコは追い詰められてしまいました。 横暴の「う」から始まり、ミコの持っている手札「こ」でおわる言葉。 一方、石上の手札は「ち」 ミコと同じような単語を思いつきますが「運動音痴!」と閃き、このピンチを切り抜けました。 石上に他意はないものの、続けて「遅刻魔」という言葉を出します。 「ま」で終わり「こ」で始まる言葉…ミコと藤原は「いい加減にしてよ、この変態!!」 「女の子に何言わせようとしてるんですか、石上くん………!!」とミコと藤原は抗議します。 困惑しながらも、石上は最後の「け」のカードを出し、場にある「ま」と「け」で言葉を完成させゲームは終了しました。 さすが学年学力一位のミコ。 石上には気になっていることを直接聞けなくても、うまい具合に気持ちを伝えています。 次回もミコが石上への恋愛感情を明確なものにする可能性は 極めて高いと思われます。 ミコが聞きたかった事とは…? 藤原に散々煽られたため、容赦無く煽り返す石上。 藤原の泣きながら謝罪する姿に、録音しながら満足そうにしています。 しかし、ミコはなかなか謝ろうとしません。 そこで最初から事の成り行きを見ていた白銀が、ようやく口を開きました。 そもそも何故、この状況になったのかを整理した方がいいと言います。 ミコは、つばめ先輩と石上のデートが気になっていました。 しかし石上は、そんな事を聞きたがっているミコをまるで野次馬みたいだと言い、教えようとしません。 ミコは「野次馬………私には関係無い話なんだ………?」と、ショックを受けている様子。 事情を知ったかぐやは「生徒会メンバーの一大事」「関心もすれば、心配もする」野次馬なんて言われれば反感をかって当然と、石上を咎めます。 かぐやにそう言われた石上は、言われてみればその通りかもしれません……と納得し、ミコに謝ります。 石上の謝罪を受け、ミコも素直に謝ろうとしますが、石上とつばめ先輩のデートを知らなかった藤原が騒ぎ始め、ミコの謝罪がうやむやになってしまいました。 そして今度は、藤原を石上がバカにするようなこと言ったため揉め始めしりとりゲームが、また藤原と石上の間で再開します。 そんな賑やかな様子を見て、白銀とかぐやはいつもの日常に帰ってきたと実感するのでした。 気持ちは分からなくもないですが、ちょっと……と思ってしまうような、石上の発言。 しかし、かぐやの一言で理解しあえたようですね。 今のところ、石上はつばめ先輩への気持ちは変わってなさそうですね。 おそらく一回は付き合うんじゃないでしょうか? ただ、問題はつばめ先輩の過去の恋愛です。 友達と自分の間で二股をかけられてた経験があるつばめ先輩。 もしミコの気持ちを知ったら、身を引く可能性があると思われます。 スポンサーリンク かぐや様は告らせたいファンのネタバレ予想 かぐや様178話。 修学旅行編の後が下ネタ回とは思わなかった。 ミコの腕ギプスしてなかったけど完治したのか。 腕の骨折ってどのくらいで治るのか知らんが。 — はさみ hasami987 二人の関係の進展が気になっていただけに、今回はミコと藤原、石上の話でびっくりされた方もいるんでは無いでしょうか。 ただ、最後の二人の和解が今後進展に繋がる可能性が出てきましたね。 石上の発言から見ても、つばめ先輩とのデートは上手くいかなかったのでは?と予想しています。 ネットのファンの方達の反応はどうだったのでしょうか? 感想と共に予想考察を見ていきましょう! Twitterでのネタバレ予想 【かぐや様は告らせたい】178話 石上デート編をすっ飛ばしてギャグと下ネタの神回wwwwww(ネタバレ・感想) 色々まとめ速報 — 色々まとめ速報 gege12558 今週のかぐや様178話、このシーンで笑い転げた — デップの一歩 depp1ppo 早川の話から、今回はまさかのギャグ回。 石上のデートはどうなったのか? やはりファンの方も気になるところですが、今回の内容は大満足のようですね! 石上とつばめ先輩はお互い気持ちはあっても、付き合わないんじゃないか? と、予想されてる方もいるようですね。 石上とミコファンのネタバレ予想 今週のかぐや様見たけど個人的にやっぱり石上くんはミコちゃんとくっついて欲しい — よい yoi04131 面白い。 純粋にかぐや様面白い。 過去のこともあるし。 そしてミコちゃんは石上を心配して聞いてる — DAISUKE かぐや様が大好きなおっさん! shirika0662 つばめだけではなく、ちゃんとミコのことも気遣っているんですよね。 まだまだ、石上とミコのこれからが楽しみです! まとめ 来週は石上のデート回かと思いましたが、 「しばらく日常・・・!? 」 とあるので違うかも。 ゲーム回が続くのは考えづらく、非常に予測が困難です。 でもこの流れだとデートの話に入るのが最も自然なんですよね。 考えても分からないので、無難に石上のデート回と予測します。 かぐやも自分と重なったのか、ミコに対してナイスフォローをしていました。 今回は、いつもの日常に帰ってきたように見えましたがフラグが立っているようにも感じたのは気のせいでしょうか…… 石上とつばめ先輩のデートはどうだったのか、スタンフォードの進学の話も気になるところです……。 かぐや様は告らせたい 最新話178話はミコと石上の回でしたね。 来週の、かぐや様は告らせたいもネタバレ速報でお届けします! また、.

次の