神田 う の。 らくスパ1010神田

神田 (千代田区)

神田 う の

乗り入れ路線 [ ] JR東日本の各線(後述)と、東京メトロのが乗り入れ、接続駅となっている。 また、JR東日本の駅には「 KND 」のが付与されている。 JR東日本:各線(後述)• 東京メトロ: - 「 G 13」 JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上はとの2路線である(詳細は路線記事および「」参照)。 中央本線は、旅客案内上は「」と呼ばれ、当駅より東北本線上の中央線専用線路を介してまで乗り入れている。 当駅には中央線電車のほか、東北本線を走行する電車と電車が停車するが、「東北(本)線」の名称は旅客案内では使用されていない。 また、や、東京駅発着の中央本線特急・は当駅を通過する。 そのため、当駅 - 東京駅間にの特例が設定されている。 :電車線を走行する東海道本線・の近距離電車。 から根岸線へのも実施している。 - 「 JK 27」• :電車線を走行する - 駅番号「 JY 02」• :当駅のとなっており、かつ当駅を起点としている。 八王子駅・高尾駅方面の列車と、からへ直通する列車も運行 - 駅番号「 JC 02」 当駅はにおける「」および「」に属している。 歴史 [ ]• (8年):中央本線 - 東京駅延伸開業に伴い、中央本線の途中駅として開業。 (大正14年):東北本線秋葉原駅 - 神田駅延伸開業に伴い、東北本線の駅として開業。 乗り換え駅となる。 (6年):(現在の東京メトロ銀座線)の駅が開業。 (昭和16年):東京地下鉄道が路線を(営団地下鉄)に譲渡。 (昭和24年):が発足。 (昭和62年):に伴い、国鉄の駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。 (昭和63年):京浜東北線の快速運転開始に伴い、日中は京浜東北線が通過するようになる。 (13年):JR東日本で「」の利用が可能となる。 (平成16年)4月1日:帝都高速度交通営団(営団地下鉄)民営化に伴い、銀座線の駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。 (平成19年):東京メトロでICカード「」の利用が可能となる。 (平成27年)• :京浜東北線の快速が停車するようになる。 :銀座線ホームにを導入。 (平成28年):山手線(2・3番線)ホームでの使用を開始。 (元年):京浜東北線(1・4番線)ホームでホームドアの使用を開始。 (令和2年):東京発着の中央線電車が終日快速運転となるため、当駅に停車する中央線各駅停車がなくなる。 駅構造 [ ] JR東日本 [ ] JR 神田駅 かんだ Kanda KND 所在地 二丁目13-1• 営業運転上はが起点 3面6線を有するで、京浜東北線南行の線路の東側にが、上層にの高架が並行する。 はホームと北改札との間を連絡するが、ホームと南改札との間には設置されていない。 3・4番線に通じるエスカレーターは1階からそのままホームへと通じている。 は南北に2か所。 北改札(秋葉原・御茶ノ水寄り)から東口と北口が、南改札(東京寄り)から西口と南口が利用できる。 銀座線への乗り換えは北改札の北口側からとなる。 が設置されており、東口にはが存在する。 は、北口の営業が2013年2月23日をもって終了し、以降は南口のみの営業。 上野東京ラインの工事に合わせ、ホームと改札を連絡するエスカレーターの大幅増設とエレベーターの新設工事、および南口コンコースと出入口を連絡するエレベーターの新設工事が行われた。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 京浜東北線 南行 ・・方面 2 山手線 外回り 東京・品川・方面 3 内回り ・・方面 4 京浜東北線 北行 上野・・方面 5 中央線 上り 東京方面 6 下り ・・方面 (出典:)• 当駅に停車する中央線電車(橙色帯の電車)はすべて快速または特別快速・通勤快速であり、各駅停車(黄色帯の電車)は停車しない。 中央線などで運用されている車内のLCD案内では京浜東北線の表示がされているものの、自動放送による乗換案内はされていない。 JR中央線は、前半(2021年度以降の向こう5年以内)をめどに快速電車に2階建てグリーン車を2両連結させ12両編成運転を行なう。 そのため中央線の電車が停車する5・6番線は、ホームの12両編成対応の改築工事が行われる。 中央線では隣の東京駅が京浜東北・山手線等よりも高い3階にあり、なおかつ新幹線をはじめとした各方面から利用者数も多い関係で当駅よりも乗り換えに多少の時間を要することが多いため、朝ラッシュ時を中心に中央線東京行から山手線外回り(東京・品川方面行)または京浜東北線南行に乗り換える乗客が多く見られる。 に銀座線がまで開業すると途中駅となったため、線路は途中まで南口の地下通路を挟んでいる。 なお、南口地下通路に直結する2番出口はビルと直結している。 改札口はホームの前後にあり、浅草寄りにある須田町方面改札口は上、渋谷寄りにある内神田方面改札口は同一階に設置されている。 エスカレーターは設置されていない。 JR線への乗り換え通路は渋谷寄りにある。 地下通路とJRコンコースを連絡する階段は天井高さが非常に低い。 浅草寄りの須田町方面改札口は始発から21時まで営業している。 その改札口を出た先には現在の銀座線を建設したが経営していた「」に通ずるが設けられていた。 その名残りとして2011年1月までや、和装小物店が細々と営業を行っていた。 これらがある地下通路をそのまままっすぐ進んだ先の出口は6番出口で、付近は須田町交差点であり、の南端に近い。 須田町交差点はかつて最大級の要衝であり、都電からの乗り換え客の利便および地下鉄ストアへの利用客誘致のために長い地下通路が設けられた。 6番出口は地下鉄ストア解体後も存在し、現在建ってあるビルの建設時には閉鎖されていたが、2011年の竣工時に再開し、エレベーターが設置された。 のりば [ ] 番線 路線 行先 1 銀座線 ・方面 2 ・方面• 地下鉄出入口と神田駅北口交差点 発車メロディ [ ] 2015年6月20日から、の「」をアレンジしたものを発車メロディ(発車サイン音)として使用している。 メロディはスタマックの制作で、編曲はが手掛けた。 利用状況 [ ]• JR東日本 - 2018年度の1日平均は 106,091人である。 JR東日本管内の駅の中ではに次いで第35位。 2016年度は6年ぶりに10万人を上回った。 東京メトロ - 2018年度の1日平均は 62,029人である。 東京メトロ全130駅中67位。 銀座線で乗り換え路線のないや、よりも少ない。 年度別1日平均乗降人員 [ ] 近年の1日平均乗降人員推移は下表の通り(JRを除く)。 西口側には神田駅西口があり、昔ながらの商店街が現在も残っているほか、の街として知名度が高く、コストパフォーマンスの高いも多い。 また西口周辺には、東京都内で最初に建設された()の一部が現在も機能している。 東口から中央通り沿いに南下すると()・(・銀座線)に到着する。 銀座線の浅草寄り出口は・が交わる須田町交差点に面し、秋葉原電気街の南端に近い。 は当駅ではなくが最寄りである。 バス路線 [ ] 最寄りのは「 神田駅前」と「 須田町」および「 東日本銀行神田支店」となる。 神田駅前(駅北口前)・須田町(東京メトロ6番出口前)• :行/行• 休日は終日神田駅前停留所、須田町停留所にバスが乗り入れないため、葛西駅前行は、秋葉原駅前行は一丁目停留所を利用になる。 S-1:行/行(土曜・休日のみ) 東日本銀行神田支店(駅北口東方向)• 千代田区「」• 内神田ルート 岩本町一丁目・神田錦町・方面• 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のよりアーカイブ。 2020年4月23日閲覧。 日本語 プレスリリース , 営団地下鉄, 2004年1月27日 , の2006年7月8日時点におけるアーカイブ。 , 2020年3月25日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , PASMO協議会/パスモ, 2006年12月21日 , の2020年5月1日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月5日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2014年12月19日 , p. 10, の2020年2月3日時点におけるアーカイブ。 , 2020年3月25日閲覧。 , 2020年3月7日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2019年4月3日 , p. 2, の2019年4月6日時点におけるアーカイブ。 , 2020年4月22日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2019年12月13日 , p. 6, の2019年12月13日時点におけるアーカイブ。 , 2020年2月29日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2015年2月4日 , の2019年9月24日時点におけるアーカイブ。 , 2020年4月21日閲覧。 新聞記事 [ ].

次の

神田 福尾商店 公式ホームページ

神田 う の

神田地区における住居表示実施前後の町名町域対照地図 現在、神田を冠称する町名が多く見られるのは、千代田区発足時の町名変更の名残である。 にがと合併し千代田区が発足する際、神田区内の町名にはすべて「神田」を冠称する町名変更がなされた(例、神保町をに、岩本町をに変更。 ただし、既に「神田」の名称が付いていたとは町名変更されなかった。 一方、麹町区内の町名については変更はなかった)。 神田区の名前が消滅することを惜しむ住民の声に行政が応えたとも、麹町区と神田区に同じ町名(平河町)が存在するための便宜上の措置だったとも言われる(ただし、過去には「神田」を冠称する町名と冠称しない町名が混在しており、「神田」を冠称するものについてはにすべて省く町名変更が行われた。 したがって、神田を冠称する町名が千代田区発足時にはじめて誕生したわけではない)。 名称の経緯が似ている。 「神田」を冠称しない現町名• (二丁目) 上記のうち、「神田」を冠称しない町域及び神田猿楽町、神田三崎町ではすべて住居表示が実施されているのに対し、「神田」を冠称する町域(神田猿楽町及び神田三崎町を除く)においては住居表示が実施されていない。 住居表示を実施するたびに神田を冠称しない町名に変更がなされており(例、神田末広町・神田金沢町・神田旅籠町三丁目の各全域を外神田三丁目に変更)、かつての神田岩本町・神田鍛冶町の町域のうち、住居表示が実施された町域が岩本町・鍛冶町である。 また、神田多町と神田司町に(二丁目が存在するにもかかわらず)一丁目が存在しないのは、住居表示実施に伴う町名変更により一丁目のみ消滅したためである(を参照)。 に、三崎町と猿楽町が「神田」を冠する町名に変更された。 町名の読み方は主に、起立や町名町域変更のたびに「東京市公報」によって告示された読み方が使われている。 この地区の地下鉄においては、「神田」を取り除いた町名が駅名に採用されている(・・・・)。 これは、千代田区発足前(「神田」を冠称しない町名時代)に敷設された路面電車(東京市電・のち)の停留所名とその位置を踏襲して地下鉄駅が建設されたことによる(例えば、神保町時代に神保町停留所が設置されたが、戦後、町名が神田神保町に変更されても停留所名は変わらなかった。 その後の神田神保町時代、神保町停留所の位置に地下鉄神保町駅が建設されたが、町名が変更されても駅名はそのまま残った)。 、などの両側にまたがる町域において、を、道の片側の街区に番、反対側の街区に番をあてるという日本では変則的な付番をしているところがある(参考: )。 歴史 [ ] 地名の由来については、(歴史用語)、の項を参照のこと。 元は、現在のの付近から()にかけての一帯を指したが、整備後にはからにかけての沿いに成立したの北側地域を指すようになった。 後期には、幕府が武芸修練所として現在の小川町に設置したや、のなどの道場があった。 伝馬町牢屋敷も置かれ、では多くの人物が処刑された。 の道場(玄武館)• 練武館 (明治11年)、の一つとしてが成立。 、の施行によりが発足し、東京市神田区となる。 明治維新後、旧幕府直轄地やなどのが接収され、そこに・・などの官立学校が設置され、さらに明治10年代から、、、、といった主に、を中心としたが立ち始める。 周辺には・・が建ち、現在の周辺には法律図書などの専門書店が建ってが形成された。 やがて学校は(明治36年)の、(大正8年)のを経てとなり(上記学校はそれぞれ、、、、の前身で「神田五大学」と呼ばれた )、文学系や自然系の他科も開設されさらに多くの学生を集めた。 医科を開いた学校にはも併設された。 書店にはやの専門書以外にや一般書籍を扱う書店が加わって書店のとなった(現在では世界最大となる街を形成するに至っている)。 (昭和18年)、と東京市が合併し、東京都神田区となる。 に神田区とが合併し、が成立。 旧神田区の町名には一律「神田」が冠称される(「神田」の冠称については、一部の町では江戸時代から行われていたが、の町名変更で省かれていた)。 主な施設 [ ]• (神田錦町)• (神田神保町)• 神田スポーツ街(神田小川町、主に沿い)• 寺社 [ ]• (神田神社)• 佐竹稲荷神社• 教育・医療 [ ] 大学 [ ] 専修学校 [ ]• (2014年に両国へ移転し、2018年に閉校)• 予備校 [ ]• 博物館 [ ]• (神田須田町。 (18年)閉館) 病院 [ ]• 日大病院• ガン検診センター 交通 [ ] 鉄道 [ ] 東日本旅客鉄道 [ ]• 神田駅 - 秋葉原駅間の高架線路の上にさらに高架線路を通すJR東日本の計画()に対し、住民が建設差し止めの訴えを起こしていた。 東京メトロ [ ]• (神田駅、)• (御茶ノ水駅、)• (秋葉原駅) 都営地下鉄 [ ]• つくばエクスプレス線 [ ]• 秋葉原駅 道路 [ ]• 行事 [ ]• 神田祭(5月第二土曜日から日曜日、日本三大祭りのひとつ)• 神田古本まつり(10月下旬) 神田出身の著名人 [ ]• - 作家• - 推理作家• - 推理作家• - 俳人• - 元プロ野球選手・監督• - 俳人• - 俳人• - 詩人• - ドイツ文学者• - 女優• - 役者• - 俳優• - タレント、コメディアン、司会者、俳優、演出家• - マジシャン• - 歌手• - 落語家• - 浮世絵師• - 画家• - グラフィックデザイナー• - 映画監督• - 競馬騎手、調教師• - 映像評論家• - 歌手• - 日本画家• - 女優• - 法学者、弁護士、慶應義塾大学名誉教授 神田に縁のある架空の人物 [ ]• - 神田明神下に居住する岡っ引き。 半七 - 神田に居住する「」()の主人公。 岡っ引き。 また半七の妹・お粂は神田明神下で常盤津を教えている。 松平右近 - テレビ時代劇『』『』の主人公。 長崎帰りの町医者・薮太郎として、初作では浮世小路の某長屋に、次作では神田・稲荷小路のいろは長屋に住んでいたと言う設定だった。 - 『』に登場する、神田生まれの人物。 - の作品にしばしば登場するキャラクター。 神田生まれで、本名は伴俊作(ばん しゅんさく)。 なめくじ長屋 - 「なめくじ長屋捕物さわぎ」シリーズ()の主人公・砂絵のセンセーたちが住んでいる「なめくじ長屋」は現在の東神田(旧橋本町)にあったとされている。 ピョン吉 - 『』に登場する蛙。 神田の生まれという設定(ひろしが転んでシャツにくっついたのは)。 神田に関する言葉 [ ]• 江戸の「神田鍛冶町の角の乾物屋の勝栗買ったが、固くて咬めない。 返しに行ったら、勘兵衛の内儀(かみ)さんが帰ってきて、癇癪(かんしゃく)起こして、カリカリ咬んだら、カリカリ咬めた。 」 神田に関する小話 [ ]• 「かがみみせ」- ある田舎男がこの地にあった「かがみみせ」を「かかみせや」と勘違いして妻に紹介し,怪しんだ妻が「かがみみせ」でに映る自分を見て「夫がこんな不細工な女を買うはずがない」と誤解。 それだけではなく近くにあった「ことしゃみせんしなんじょ」 指南所 を「今年は見せん。 まだ死なん。 」と宛も商売をする気がないようにこれまた誤解し,江戸を変な場所だと思い込んだ話。 脚注 [ ] [].

次の

らくスパ1010神田

神田 う の

乗り入れ路線 [ ] JR東日本の各線(後述)と、東京メトロのが乗り入れ、接続駅となっている。 また、JR東日本の駅には「 KND 」のが付与されている。 JR東日本:各線(後述)• 東京メトロ: - 「 G 13」 JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上はとの2路線である(詳細は路線記事および「」参照)。 中央本線は、旅客案内上は「」と呼ばれ、当駅より東北本線上の中央線専用線路を介してまで乗り入れている。 当駅には中央線電車のほか、東北本線を走行する電車と電車が停車するが、「東北(本)線」の名称は旅客案内では使用されていない。 また、や、東京駅発着の中央本線特急・は当駅を通過する。 そのため、当駅 - 東京駅間にの特例が設定されている。 :電車線を走行する東海道本線・の近距離電車。 から根岸線へのも実施している。 - 「 JK 27」• :電車線を走行する - 駅番号「 JY 02」• :当駅のとなっており、かつ当駅を起点としている。 八王子駅・高尾駅方面の列車と、からへ直通する列車も運行 - 駅番号「 JC 02」 当駅はにおける「」および「」に属している。 歴史 [ ]• (8年):中央本線 - 東京駅延伸開業に伴い、中央本線の途中駅として開業。 (大正14年):東北本線秋葉原駅 - 神田駅延伸開業に伴い、東北本線の駅として開業。 乗り換え駅となる。 (6年):(現在の東京メトロ銀座線)の駅が開業。 (昭和16年):東京地下鉄道が路線を(営団地下鉄)に譲渡。 (昭和24年):が発足。 (昭和62年):に伴い、国鉄の駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。 (昭和63年):京浜東北線の快速運転開始に伴い、日中は京浜東北線が通過するようになる。 (13年):JR東日本で「」の利用が可能となる。 (平成16年)4月1日:帝都高速度交通営団(営団地下鉄)民営化に伴い、銀座線の駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。 (平成19年):東京メトロでICカード「」の利用が可能となる。 (平成27年)• :京浜東北線の快速が停車するようになる。 :銀座線ホームにを導入。 (平成28年):山手線(2・3番線)ホームでの使用を開始。 (元年):京浜東北線(1・4番線)ホームでホームドアの使用を開始。 (令和2年):東京発着の中央線電車が終日快速運転となるため、当駅に停車する中央線各駅停車がなくなる。 駅構造 [ ] JR東日本 [ ] JR 神田駅 かんだ Kanda KND 所在地 二丁目13-1• 営業運転上はが起点 3面6線を有するで、京浜東北線南行の線路の東側にが、上層にの高架が並行する。 はホームと北改札との間を連絡するが、ホームと南改札との間には設置されていない。 3・4番線に通じるエスカレーターは1階からそのままホームへと通じている。 は南北に2か所。 北改札(秋葉原・御茶ノ水寄り)から東口と北口が、南改札(東京寄り)から西口と南口が利用できる。 銀座線への乗り換えは北改札の北口側からとなる。 が設置されており、東口にはが存在する。 は、北口の営業が2013年2月23日をもって終了し、以降は南口のみの営業。 上野東京ラインの工事に合わせ、ホームと改札を連絡するエスカレーターの大幅増設とエレベーターの新設工事、および南口コンコースと出入口を連絡するエレベーターの新設工事が行われた。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 京浜東北線 南行 ・・方面 2 山手線 外回り 東京・品川・方面 3 内回り ・・方面 4 京浜東北線 北行 上野・・方面 5 中央線 上り 東京方面 6 下り ・・方面 (出典:)• 当駅に停車する中央線電車(橙色帯の電車)はすべて快速または特別快速・通勤快速であり、各駅停車(黄色帯の電車)は停車しない。 中央線などで運用されている車内のLCD案内では京浜東北線の表示がされているものの、自動放送による乗換案内はされていない。 JR中央線は、前半(2021年度以降の向こう5年以内)をめどに快速電車に2階建てグリーン車を2両連結させ12両編成運転を行なう。 そのため中央線の電車が停車する5・6番線は、ホームの12両編成対応の改築工事が行われる。 中央線では隣の東京駅が京浜東北・山手線等よりも高い3階にあり、なおかつ新幹線をはじめとした各方面から利用者数も多い関係で当駅よりも乗り換えに多少の時間を要することが多いため、朝ラッシュ時を中心に中央線東京行から山手線外回り(東京・品川方面行)または京浜東北線南行に乗り換える乗客が多く見られる。 に銀座線がまで開業すると途中駅となったため、線路は途中まで南口の地下通路を挟んでいる。 なお、南口地下通路に直結する2番出口はビルと直結している。 改札口はホームの前後にあり、浅草寄りにある須田町方面改札口は上、渋谷寄りにある内神田方面改札口は同一階に設置されている。 エスカレーターは設置されていない。 JR線への乗り換え通路は渋谷寄りにある。 地下通路とJRコンコースを連絡する階段は天井高さが非常に低い。 浅草寄りの須田町方面改札口は始発から21時まで営業している。 その改札口を出た先には現在の銀座線を建設したが経営していた「」に通ずるが設けられていた。 その名残りとして2011年1月までや、和装小物店が細々と営業を行っていた。 これらがある地下通路をそのまままっすぐ進んだ先の出口は6番出口で、付近は須田町交差点であり、の南端に近い。 須田町交差点はかつて最大級の要衝であり、都電からの乗り換え客の利便および地下鉄ストアへの利用客誘致のために長い地下通路が設けられた。 6番出口は地下鉄ストア解体後も存在し、現在建ってあるビルの建設時には閉鎖されていたが、2011年の竣工時に再開し、エレベーターが設置された。 のりば [ ] 番線 路線 行先 1 銀座線 ・方面 2 ・方面• 地下鉄出入口と神田駅北口交差点 発車メロディ [ ] 2015年6月20日から、の「」をアレンジしたものを発車メロディ(発車サイン音)として使用している。 メロディはスタマックの制作で、編曲はが手掛けた。 利用状況 [ ]• JR東日本 - 2018年度の1日平均は 106,091人である。 JR東日本管内の駅の中ではに次いで第35位。 2016年度は6年ぶりに10万人を上回った。 東京メトロ - 2018年度の1日平均は 62,029人である。 東京メトロ全130駅中67位。 銀座線で乗り換え路線のないや、よりも少ない。 年度別1日平均乗降人員 [ ] 近年の1日平均乗降人員推移は下表の通り(JRを除く)。 西口側には神田駅西口があり、昔ながらの商店街が現在も残っているほか、の街として知名度が高く、コストパフォーマンスの高いも多い。 また西口周辺には、東京都内で最初に建設された()の一部が現在も機能している。 東口から中央通り沿いに南下すると()・(・銀座線)に到着する。 銀座線の浅草寄り出口は・が交わる須田町交差点に面し、秋葉原電気街の南端に近い。 は当駅ではなくが最寄りである。 バス路線 [ ] 最寄りのは「 神田駅前」と「 須田町」および「 東日本銀行神田支店」となる。 神田駅前(駅北口前)・須田町(東京メトロ6番出口前)• :行/行• 休日は終日神田駅前停留所、須田町停留所にバスが乗り入れないため、葛西駅前行は、秋葉原駅前行は一丁目停留所を利用になる。 S-1:行/行(土曜・休日のみ) 東日本銀行神田支店(駅北口東方向)• 千代田区「」• 内神田ルート 岩本町一丁目・神田錦町・方面• 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のよりアーカイブ。 2020年4月23日閲覧。 日本語 プレスリリース , 営団地下鉄, 2004年1月27日 , の2006年7月8日時点におけるアーカイブ。 , 2020年3月25日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , PASMO協議会/パスモ, 2006年12月21日 , の2020年5月1日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月5日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2014年12月19日 , p. 10, の2020年2月3日時点におけるアーカイブ。 , 2020年3月25日閲覧。 , 2020年3月7日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2019年4月3日 , p. 2, の2019年4月6日時点におけるアーカイブ。 , 2020年4月22日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2019年12月13日 , p. 6, の2019年12月13日時点におけるアーカイブ。 , 2020年2月29日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2015年2月4日 , の2019年9月24日時点におけるアーカイブ。 , 2020年4月21日閲覧。 新聞記事 [ ].

次の